新型アクアの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

carlineup_aqua_exterior_top_pic_04_01_pc

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型アクアの口コミから、評価や評判がわかります。

新型アクアの口コミ評価と評判などをまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

新型アクアの概要

トヨタのハイブリッド専用コンパクトカーアクア。

高い燃費性能とコストパフォーマンスから、根強い人気のあるクルマです。

このBセグメントコンパクトカーには、日産のノートe-POWERや、ホンダのフィットハイブリッド、マツダのデミオクリーンディーゼルなど強敵がひしめいていて、競争の激しいクラスでもあります。

このクラスのクルマのパイオニアであるアクアですが、市場での評判はどうなのでしょうか?

口コミなどから評判を探っていきましょう。

なお、市場での評価をそのままお伝えしたいので、良い点も悪い点も包み隠さずレポートします。

スポンサードリンク

エクステリア

他のトヨタ車と異なり、おとなしめのエクステリアにまとまっているアクアですが、その評判はどうなのでしょうか?

  • コンパクトカーの中では最も優秀な美しいエクステリアデザインだと思います。
  • デザイン的にはプリウスの弟という感じですがプリウスとは違い、全体のバランスはいまいちだと思います。
  • エクステリアデザインは個性が無いかもしれませんが、誰からも嫌がられることの無い優秀なデザインだと思います。
  • アクアの顔つきが好きで何年乗っても飽きません。
  • リアのラインが格好いいと思います。
  • エクステリアデザインに関しても安っぽい感じが伝わるので、もっとコストをかけてもらいたかった。
  • 大ヒットしたモデルとなり町中にアクアが走っているのにはうんざりする。
  • ヴィッツの方が高級感がある。

口コミでは賛否両論といったところでしょうか?

無難なエクステリアから、万人受けするような感じがしますが、個性の無いところが欠点なのかもしれません。

いずれにしてもいろいろな意見があるということは人気の裏返しと言えます。

これだけ世の中に出回っているクルマだからこそ、厳しい評価を受けるのも宿命なのかもしれません。

エクステリア

エクステリア

引用:http://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior

スポーティーパッケージ

スポーティーパッケージ

引用:http://toyota.jp/aqua/customize/sportypackage/?padid=ag341_from_aqua_top_customize_sportypackage

スポンサードリンク

インテリア

エクステリアでは賛否両論でしたが、インテリアに関しての評判はどうなのでしょうか?

こちらも口コミからいろいろな声を拾ってみました。

  • 荷物の積載性に関しては大きくはないが、十分なレベルで、3人で旅行に行く程度の荷物は積載可能です。
  • 必要なものは一応すべてそろっていて特に不満はありません。
  • インテリアに関しては特別な点が無く不満も無いので無難だと思います。
  • シートの形状は悪くなく、長距離を移動しても腰が痛くなることはありません。
  • コスト削減というよりもみすぼらしいレベルだと思う。
  • 後席の天井の高さが非常に低く、快適には過ごせないです。
  • インテリアの質感は平均的なレベルだと思うけど、デミオよりもかなり安く見えます。
  • 室内に入るロードノイズがうるさい。

全体的にあまり高い評価ではないようです。

ライバル車に比べてインテリアの質感に劣るというのが大方の意見でしょうか?

大変厳しい評価だと思います。

ただし、この評判にはマイナーチェンジ前のものも交じっています。

今回のマイナーチェンジでかなり改善されているようですので、もう少し評価は高いものになると思います。

まだマイナーチェンジ間もないので新型アクアに関する評判があまり多くなく、今後しばらく見守っていく必要があります。

どうやら、競争の激しいクラスだけあって、ライバル車もかなり頑張っています。

お客様の眼というのもかなり肥えているのでしょう。

ライバル車と比較して見劣りしてしまう部分というのが目立ってしまうのかもしれません。

しかしながら、実際の市場での売れ行きを考えてみれば、このインテリアを受け入れてくれている人の方が大多数だとも言えます。

インテリア

インテリア

引用:http://toyota.jp/aqua/interior/?padid=ag341_from_aqua_navi_interior

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース (サイドビュー)

ラゲッジスペース2

ラゲッジスペース (リアビュー)

引用:http://toyota.jp/aqua/interior/space/?padid=ag341_from_aqua_in_space02#

コクピット

コクピット

引用:http://toyota.jp/aqua/interior/?padid=ag341_from_aqua_navi_interior

走行性能

ハイブリッド車となると、エンジンとモーターの両方の動力源で走るので、走行性能というのも非常に気になります。

アクアの走行性能に関する評判を見てみましょう。

このクラスの中ではパワーがあって静かで非常に良いハイブリッドシステムだと思います。

  • ハイブリッドのモーターのパワーもプラスされるので力強い加速感を味わえます。
  • 思ったよりも軽快に走ってくれて、街中でも高速でもこのクラスとしては標準的なレベルだと思います。
  • 他のトヨタの1.5Lのエンジンと比べて加速性能が劣っている。
  • もう少しパワーがあっても良いのではないか。

同じクルマの評判かと疑いたくなるくらい賛否が分かれています。

満足していただいている方にとっては力強いパワートレインで、ぐんぐん走るというイメージを抱かれているようです。

半面パワー不足といった声もありますので、人それぞれに感じ方が違うのかもしれません。

アクアは燃費を追求したクルマですので、走りに関しては最重要の課題ではありません。

燃費性能を確実なものにしつつ、その領域の中で出力も追及しているというクルマですから、もともと飛ばして走るクルマではないということを理解しておかないといけません。

燃費走行を心がけるのであれば、申し分のない走行性能を有していると言えます。

ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステム

引用:http://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

乗り心地

普段使いの足であったとしても、クルマの乗り心地というのは重要です。

遠出をするのであれば尚更重要になってきます。

アクアの乗り心地はどうなのでしょうか?

  • 乗り心地は少し硬めなので、好みがわかれるのではないでしょうか。
  • 足回りが意外と硬めで、カーブもすいすい曲がれるので、予想外にスポーティーなクルマです。
  • ステアリングの初期反応が優秀で、ハンドルを切った際の初動のノーズの動きがクイックについてきます。
  • ハンドリングが素晴らしく、ワインディングなどで少し速い速度で走ってもアンダーステアの挙動が無く、怖い場面が訪れない。

乗り心地についてはおおむね好評のようです。

多少硬めの足回りが安定したコーナリングを生んでいるようです。

操作性

低重心ボディ

引用:http://toyota.jp/aqua/performance/performance/?padid=ag341_from_aqua_perf_performance02

燃費

新型アクアの一番の売りは何といっても燃費性能です。

他車を凌駕する燃費性能が、アクアの人気の要因です。

実際に買われた方の評判はどうなのでしょうか?

  • 街乗りには必要十分な性能を持っている。低燃費を実現していてお薦めできるクルマだと思う。
  • カタログ燃費まではいかないがそれでも十分なほどの数字を出してくれている。
  • 実燃費に関してはカタログ値を大きく超えることもあり非常に高性能。
  • 高速道路を多用する人には、モーター走行の場面はほとんどなく、ハイブリッドの意味がない。
  • エアコンを使わなければ35km/L程度、夏場は28km/L、冬場は25km/Lで走ってくれます。
  • 燃費は非常に良く、何度か40km/Lを出したことがあります。

流石に一番の売りだけあって、非常に高い燃費性能を有しているようです。

アクアを買われた方は概ねその性能に満足されているようです。

燃費

燃費性能

引用:http://toyota.jp/aqua/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_aqua_perf_performance_eng_hv

スポンサードリンク

アクアの評判まとめ

新型アクアに関しては、賛否両論で、極端にどちらかに寄っている評判ばかりでした。

これも人気があり、たくさん売れているからこそであり、またライバル車とし烈な競争を繰り広げているからこそなのでしょう。

目の肥えた方たちの厳しい評価は、マイナーチェンジで改善されつつあります。

どちらかといえば高評価の方々の評判を参考にされた方が良いでしょう。

このクラスのクルマはそれぞれの特性があり、車ごとに特長が異なります。

よく吟味して自分のニーズに最もマッチした1台を選んでください。

⇒ 新型アクアを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スタイリングパッケージ

スタイリングパッケージ

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/?padid=ag341_from_aqua_top_customize#

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク