新型アルファードの値引き情報! 相場や交渉術は?

8

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型アルファードの値引きはどうなっているでしょうか?

新型アルファードの値引き相場や、値引き交渉の方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

アルファードの値引き情報

今、もっとも値引きがいいワケ

nebiki_01

引用:http://www.goo-net.com/car/TOYOTA/ALPHARD.html

「アルファードを買うなら今か、マイナーチェンジの後か?」そんな議論がちまたでささやかれる今は、値引き条件が、最もいい時です。

マイナーチェンジは2017年末、もしくは2018年といわれていて、内容はというとかなりビッグなものになりそうです。

昨年末のトヨタのプレスリリースで「TNGAによりエンジン・トランスミッションを一新しスムースでキビキビとした“思い通り”の走りを追求」とありました。

これが意味するものは新型アルファードのマイナーチェンジはエンジンとトランスミッションまでもを設計しなおすということなのです。

新エコカー減税に向けての改良ともいわれていますが、具体的には現行6速ATがFF用で8速AT、FR用が10速ATの新開発オートマミッションになります。

また2.5Lガソリンエンジン車に直列4気筒直噴エンジンを搭載するとも。

そして新型レクサスRXに搭載されたToyota Safety Sense Pがいよいよアルファードに採用される可能性が高いのです。

マイナーチェンジがビッグなだけに、現行の売り上げの失速が予測されると同時に、値引きがいい感じで引き出されるといえます。

nebiki_02

引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/ALPHARD_COLLECTION.html

出展:http://new-alphard.com/2015/04/2018.html

値引き相場はどうなっている?

2016年12月契約の口コミから値引き状況を見ていきたいと思います。

【ガソリン2.5LS“Cパッケージ”:417万円】

◆車両25万引、オプション25万引(大阪府)

◆車両35万引、オプション10万引(熊本県)

◆車両10万引、オプション25万引(東京都)

◆車両25万引、オプション15万引(三重県)

◆車両70万引、オプション15万引(大阪府)

◆車両35万引、オプション0(京都府)

◆車両35万引、オプション15万引(兵庫県)

nebiki_03

引用:https:/toyota.jp/alphard/grade/grade8/

【ガソリン2.5LS“Aパッケージ”TypeBlack:392万円】

◆車両40万引、オプション30万引(宮城県)

◆車両30万引、オプション15万引(福岡県)

【ガソリン2.5LS“Aパッケージ”:392万円】

◆車両40万引、オプション10万引(長野県)

◆車両20万引、オプション10万引(岩手県)

【ガソリンExecutive Lounge:652万円】

◆車両20万引、オプション5万引(京都府)

◆車両10万引、オプション5万引(静岡県)

以上がだいたいの相場です。

車両価格から70万円引きという口コミがありましたが、さすが大阪人だと感心しました。

なんでもディーラーでトラブルがあったそうで、この男性は納期を譲ってあげたそうです。(1ヶ月)

そのため、大幅に値引いてもらえたそうです。

契約後、追加したオプション代15万円も無料にしてくれたとのこと。

やはりいいことをすると、いいことがあるのですね。

大阪人だなんていってごめんなさい。

nebiki_04

引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/ALPHARD_COLLECTION.html

相場から見る値引き目標は車両本体から35万円、オプションから15万円くらいですね。

オプションについては、総額によってかなり変わってきますが、最低でも総額の20%~30%は値引きを取りたいものです。

スポンサードリンク

値引き交渉には事前準備が大事

外堀から埋めろ」

「外堀から埋めろ」とは敵の城を攻めるには、まず外側の堀から埋める、ある目的を達成するためには、周辺の問題から片づけていくという意味です。

これは値引き交渉にも当てはまります。

面倒なようですが、値引きを引き出す近道でもあるので、まず外堀から埋めていきましょう。

この場合、ライバル車があげられます。

アルファードを購入予定なら、エルグランデ、オデッセイ、ヴェルファイアの見積もりはいい武器になります。

さらに、他ディーラーのアルファードの見積もりもあれば十分でしょう。

nebiki_05

引用:http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

とはいえ、簡単なことでもありません。

労力も時間もかかります。

それに、それぞれのライバル車を真剣に検討している前提で交渉し、そこそこ頑張ってもらった見積もり書を手に入れなくてはなりません。

虎穴に入らずんば虎子を得ず

面倒なことは苦手だし、だいたいあちこちのディーラーに行く時間もない、という人には直球勝負が向いているでしょう。

ただ、値切りに行くのではありません。

購入グレード、オプションを決めて購入価格、諸費用、下取り車の金額と値引きを差し引いた目標総支払額「予算」を出しておくのです。

予算に合わなければ、あきらめる(サービスしてもらう)オプションまで決めておきます。

nebiki_06

引用:http://toyota.jp/service/estimate_simulation/dc/estimate

ここまで決めておけば、ディーラーでの交渉は格段に短時間となってきます。

そして、あらかじめ相場などから目標とした、妥当な値引き額をもとに交渉するのですから、あとは微調整の相談となるでしょう。

隣の芝生は青い

隣の芝生が青いというのは、自分の家も隣の家と同じように芝生の手入れをしているのに、なぜか隣の芝生の方が青々としていてきれいに見える、という意味です。

nebiki_07

引用:http://commonpost.info/?p=123806

クルマも同じことで、下取りの時にはなぜか自分のクルマを過小評価してしまいます。

ですのでほとんどがディーラーの営業マンの言った通りの価格で納得してしまいます。

「いや、もっと高くで下取りしてもらえませんか?」といったとしても、営業マンの「いや、めいっぱいです。」との言葉にしょんぼり。

いえいえ、しょんぼりしている場合ではありません。

数万円の値引きにあんなにがんばったのに数十万円損するかもしれないの下取り額を言いなりになるのは、あまりにももったいないことなのです。

では、どうすればいいのか。

それは、自分のクルマの正しい価値を知ることです。

営業マンが20万円と査定したのなら、本当に20万円なのか、近所の中古車屋にでもいって査定してもらい確かめるべきです。

それが、今まで乗ってきたクルマにしてあげられる最後の思いやり、というのはちょっとオーバーでしたね。

nebiki_09

引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/ALPHARD_COLLECTION.html

⇒ 新型アルファードを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

新型アルファードの値引き情報まとめ

ポイントは今がマイナーチェンジ前ということです。

値引きを引き出すためにも現行型を購入するか、またはToyota Safety Sense Pの搭載や2.5Lターボを待つかの分かれ目ですね。

2015年1月のフルモデルチェンジ後の値引きというのは、車両本体値引きが5万円~10万円、オプション値引きは0円~10万円といった具合でした。

ということは、やはりマイナーチェンジ後の値引きはかなり渋くなると予想されます。

nebiki_10

引用:http://www.saitama-toyopet.co.jp/new/alphard/

自分ならどうするかといえば、今、購入します。

なぜなら、アルファードの進化はこれからも止まりそうにありませんし、マイナーチェンジしたらしたらで、また次のモデルチェンジが気になって仕方ないからです。

それでは、いつまでも購入の機会を逃がしてしまいそうです。

というのは冗談としても、3代目となってもうすでに完成度が高く十分満足できるスペックだからです。

そして今なら、値引きがいい分、オプションを追加できるかなって思います。

人それぞれですが、掲示板などでは、購入は今かマイナーチェンジ後かでは、だいたい半数半数でした。

少しでも多く値引きをしてもらってアルファードが購入できるといいですね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク