ジャガーFタイプ 納車時期情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ジャガーレンジローバージャパンが2013年発売したジャガーFタイプですが現行モデルは2018年発売のモデルとなります。

今回はこのジャガーFタイプ2018年モデルの購入から実際に納車されるまでの時期や輸入車特有の納車体制、また納車時の注意点などお伝えしていきます。

ジャガーFタイプ2018年モデルの特徴

無題引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/f-type/specifications/index.html

 新たなラインナップとして最高出力300㎰を発揮する2リットル4気筒エンジンを加して予約を開始したジャガーFタイプ2018年モデルですが主な変更点としては、LEDヘッドランプやフロントバンパーのデザイン変更、軽量マグネシウムフレームの採用による軽量化(車両重量-8㎏)などが挙げられます。

無題引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/f-type/specifications/index.html

またコネクティビティを大きく改良してFタイプでは初となるインフォテイメントシステム「インコントロールタッチプロ」を全グレードに標準装備しました。

無題

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/f-type/features/in-car-technology.html

オプションでは緊急時にオペレーターと会話ができる通信機能の設定やアプリを介して車両位置の確認やドアの開閉状況などの確認なども可能になりました。

またGoPro社との共同開発により誕生した「ReRun」により走行データ(速度、スロットルポジション、ギア選択、加速度、制動力)などをあらかじめ設定したスマートフォンにダウンロードして各種ソーシャルメディアで共有できる機能など追加しました。

無題

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/f-type/features/in-car-technology.html

エンジンは300PS400Nm~575PS700Nmの範囲で合計6種類展開されボディータイプはクーペとコンバーチブル、ミッションはATとMT、駆動方式は前輪駆動後輪駆動となっています。

それぞれの組み合わせによりその合計は全部で28種類にも及び自分好みの一台を設定することが可能です。

「400スポーツ」では3リットルV6スーパーチャージャーエンジンの出力を400PSにアップして2018年限定モデルとして、最上級モデル「FタイプSVR]では特別注文部門のスペシャルビーグルオペレーションズが手掛けるなどプレミアム感の高いグレード展開されています。

その他ボディーカラーはソリッドカラー3種類、メタリック7種類、プレミアム2種類、スペシャルエフェクト3種類、ウルトラメタリック15種類とオプションを含めて合計30種類にも及びます。

ジャガーFタイプの購入から納車までの期間

calendar-660670_960_720

実際にジャガーFタイプを購入して手元に届く納車までにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

エンジンタイプやカラーなどあれだけ設定できますので購入するグレードやオプションなどで大きく変わってきそうですが納期は早くて3か月、遅い場合だと1年近くかかかります。

やはり国産車に比べて輸入車の場合納期に時間がかかってしまいます。

また購入した段階でもその納期がはっきりとわからない事も多く購入から半年後にディーラーからの電話でおおよその納期がわかるような事もよくあります。

そのくらいジャガーFタイプの納期はバラバラで不確かな部分があるのです。

ではなぜそのよに納期が遅いのか、また確実な納車日がわかりずらいのか解説したいと思います。

ジャガーFタイプの納期が遅い理由

基本的に国産車の場合ですと車の受注を受けてから生産する仕組みとなっていますが現実的には「見込み生産」といって売れそうなグレードやボディーカラー、オプション装備などの車種を前もって大量に生産しています。

受注される前に予想で製造して製造された車をある程度ストックすることにより納期を大きく短縮することができます。

国産車の新車購入から納車まで数週間から一か月程度の場合はこのケースに当てはまります。

人気車種や特別な装備、希少なボディーカラーの場合はこれに当てはまらず、「受注生産」となり早くても1か月、どんなに長くても3か月~4か月程度で納車となります。

ごく稀に国産車でも人気車やプレミアムカーなどで6か月~1年待ちとなる車両もありますがそこまで納期が長くなることはあまり一般的とは言えないでしょう。

しかし輸入車の場合納車までの環境は大きく異なります。

ジャガーFタイプの場合は製造工場はイギリスになりますので日本までの輸送手段として船舶での輸送となりその輸送日数だけでも1か月以上かかります。

Sabrina_I_cropped

引用:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d4/Sabrina_I_cropped.jpg

またジャガーFタイプは上記で記載した通りグレードやオプション装備ボディーカラーなど選択肢の広いモデルなっているため国産車の様に見込み生産での製造に適してはいません。

高級スポーツカーとしてこだわりのあるオーナー様の要求を満たす意味でもオーダーされてかの製造が基本となるためその時の製造工場の稼働率で完成までの日数は大きく変わります。

ただし日本国内のメーカーやディーラーなどに国内在庫として売れそうなモデルを前もって納品している場合もあるため国産車同様にある程度の見込み生産も行っている側面もあります。

ジャガーFタイプの場合納品日が購入から1か月前後の場合は国内在庫から3か月以上となった場合は受注生産からと考えていいでしょう。

img_01

引用:https://n-link.nissan.co.jp/NOM/PLANT/

どうしても納期を短縮して早くジャガーFタイプに乗りたい方などは購入時に担当セールスにその旨を説明すれば希望日に沿った形て車両を探してくれるので細かい部分では妥協することになりますが納期は大幅に短縮することが可能です。

また新車にこだわらないのであれば中古車という選択肢も考えられます。

さすがにジャガーFタイプ2018年モデルの中古車とはいきませんが2017年モデルなどの1年落ちの車両なら在庫数もあり選択肢も広がります。

納期も最短で10日~2週間程度、長くても1か月はかからないので納期が気になる方にはメリットは大きいと思います。

ジャガーFタイプ納車時の確認ポイント

pointing-finger-3170418_960_720

納車日は直接ディラーに出向きその場で確認したいポイントが何点かあります。

1.車体の傷やへこみの確認
hail-damage-1272031_960_720

航路で輸送され長い距離を移動してきたわけですから道中何かしらのトラブルは考えられます。

ジャガーFタイプは高級車のため移動にも細心の注意を払っているとはいえ購入者様自らの確認は絶対にした方が良いでしょう。

後から発見した傷やへこみはディラーとのその後の信頼関係に水を差す可能性もありますから気になる箇所はその場でディラーと確認するのが最良と言えます。

またこの場合天気の良い野外での確認がベストです。

夕方や曇りや雨天時など薄暗い状態での納車は細かい傷やへこみなどに気が付きづらく対応が後手に回ってしますことがあるからです。

2.オプション装備の確認

指定したオプション装備が設定されているか納品書の項目と金額などと合わせて確認します。

またその場で作動可能なオプションについては作動方法と合わせて説明書を確認しながらの動作確認も必要です。

3書類や保証書の確認

writing-1149962_960_720

自賠責保険や車検所など記載に不備がないか確認しておきましょう。

不備があった場合訂正書類の作成や再提出などわづらわしい作業が増えてしまいます。

納車時の確認作業はとにかく担当セールスの方と2人で行うようにしてください。

もしも問題があった場合はその場で担当セールスと共有することで値引きや部品交換、修理などの対応が確実にできるからです。

ジャガーFタイプは高額な車両となるため大衆車よりは納車時のトラブルは圧倒的に少ないでですがディラーとの今後の関係も考慮してこの確認は確実に行った方が良いでしょう。

まとめ

school-2276269_960_720

ジャガーFタイプ2018年モデルには実に様々なオプションが設定可能なため自分好みの1台をこだわりぬいて設定できる反面輸入車ならではの理由により納車までの期間は国産車と比較にならないほど長期間になることがあります。

納期までの期間、胸を高鳴らせながら待ち続けて実際に納車当日にジャガーFタイプに対面した時の喜びは車を購入するとういう行為の中でも最高の瞬間の一つといえるのではないでしょうか。

しかし油断は禁物です。

浮足立つ気持ちをグッと抑えて納車時の点検は確実に行ってください。

時間をかけて確認することで購入後のトラブルは無くなり担当していただいたセールスマンとも末永く良好な関係が築けると思います。

この記事を書いた人

うぐいす
車のことをよりよく知って、シェアして、ハッピーでアクティブなカーライフを目指そう。車も備えあれば憂いなしです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1