アウトランダー VS エクリプスクロス 比較!どっちを選ぶ?維持費・燃費・乗り心地を比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

時代は今まさに、空前のSUVブームとなっています。

国内に限らず欧州や新興国を含め世界的な流れが加速しています。

とうとうランボルギーニやロールスロイスまでもが「売れるので作ります」と言わんばかりにSUVを発表しています。

それならウチも次のクルマはSUVにしようかな、とお考えの方も多いかもしれません。

今回はそんな数あるSUVの中から三菱アウトランダーと三菱エクリプスクロスの2台の維持費、燃費、乗り心地の面で比較していきたいと思います。

アウトランダーとエクリプスクロスの維持費を比較

IMG_0101

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/exterior/

IMG_0109

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/exterior/

・アウトランダーとエクリプスクロスの概要

維持費を比較する前に、2台がどんな車なのか簡単に見ておきましょう。

アウトランダー
エクリプスクロス
車両価格
¥2,668,680~
¥2,563,920~
排気量
2.0/2.5L
1.5L
変速機
6CVT
8CVT
乗車定員
7人
5人
駆動方式
FF/4WD
FF/4WD
車両重量
1,490kg
1,460kg

※排気量や重量はエントリーモデルの値です。

アウトランダーの方が当然サイズは大きくなるのですが、その他のスペックは予想以上に似通っています。

実際にはアウトランダーは販売のほとんどをPHEVが占めるので棲み分けできている、ということなのでしょう。

それではまず、アウトランダーとエクリプスクロスの1年間の維持費を見ていきましょう。

・維持費比較表

アウトランダー
エクリプスクロス
自動車税
¥45,000¥34,500
自動車重量税(1年)
¥9,225¥12,300
自賠責保険(1年)
¥11,983¥11,983
任意保険
¥80,000¥80,000
駐車場代
¥120,000¥120,000
燃料代
¥83,312¥88,867
合計
¥349,520¥347,650

※燃料代は、年間走行距離を1万キロとし、レギュラーガソリン単価は原稿執筆時(2月19日)での全国平均価格133.3円/lで計算しています。

※任意保険と駐車場代については条件により変動するため、一般的と思われる額に統一しています。

※自賠責保険は3年契約価格の1年分です。

outlander001

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/usp/performance.html

・維持費はほぼ互角

維持費はエクリプスクロスがほんの僅か安くなっていますが、ほとんど誤差と言える程度です。

意外だったのは車格の大きなアウトランダーが燃費で健闘し、エコカー減税の対象に食い込んでいる点です。

燃費が良いとエコカー減税によって自動車税や自動車重量税、自動車取得税が減免されるのですが、アウトランダーは自動車重量税のみ25%軽減されています。

・エクリプスクロスはエコカー減税対象外

エクリプスクロスはせっかくダウンサイジングターボを導入したのに燃費が悪いためにエコカー減税対象外となっています。

せっかく排気量を抑えて稼いだ自動車税額の差も、燃料代や自動車重量税に消えてしまっています。

ちょっともったいないですね。

維持費対決は引き分けと言っていいでしょう。

アウトランダーとエクリプスクロスの燃費を比較

IMG_0102

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/exterior/

eclipse cross001

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/usp/

次に、アウトランダーとエクリプスクロスの燃費を比べてみましょう。

・燃費比較表

アウトランダー
エクリプスクロス
カタログ燃費(JC08)
16.0km/l15.0km/l
実燃費
11.0km/l11.84km/l

※実燃費は人気燃費サイトを参考にしています。

・実燃費ではエクリプスクロスが健闘

カタログ燃費で劣っているエクリプスクロスですが、実燃費は意外にも検討しています。

一昔前のターボは運転状況によって物凄く燃費が悪化したものですが、エクリプスクロスのターボは日常運転での燃費を考慮したセッティングといえそうです。

日常運転には充分なパワーを確保しつつ、燃費を稼ぐダウンサイジングターボの本領発揮と言ったところでしょうか。

IMG_0107

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/exterior/

・ユーザーは燃費に期待していない!?

燃費比較サイトを見ても、あまり実燃費レポートが無い点が2台に共通しています。

これはおそらく、燃費を期待するユーザーは迷わずアウトランダーPHEVを選んでいるためだと考えられます。

その証拠に、燃費サイトにはアウトランダーPHEVのレポートが山ほどあることが挙げられます。

アウトランダーとエクリプスクロスを検討するときは、燃費の事は気にしなくて良いのかもしれません。

参考までにアウトランダーPHEVとランドクルーザーを比較した記事もありますので燃費等の情報を知りたい方はこちらからどうぞ⇒ランドクルーザーVS アウトランダーPHEV比較!どっちを選ぶ?維持費・燃費・乗り心地を比較

アウトランダーとエクリプスクロスの乗り心地はどうなの?

IMG_0103

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/exterior/

IMG_0111

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/exterior/

続いて、アウトランダーとエクリプスクロスの乗り心地を口コミサイトを参考に比較したいと思います。

・静粛性に定評のあるアウトランダー

購入の決め手にもなっているアウトランダーの特徴に、高い静粛性が指摘されています。

トヨタハリアーより断然良いという口コミがあります。

設計自体ハリアーより新しいということも影響しているとも考えられますね。

ガソリンモデルでもエンジン音があまり気にならないというのは快適性にとって重要なポイントです。

また、前席だけでなく後席もクッション性が良くなって、快適な乗り心地になったという声もあります。

どの席も乗り心地が改善され、さらに足元も広く取られていて足を伸ばすことができるようです。

・越高感を感じさせない走りのエクリプスクロス

エクリプスクロスは、峠などでカーブを曲がった時にも姿勢の変化が少なく、思い通りに走れるという評価がされています。

加えて、アウトランダーと同様に静粛性や遮音性が高いので乗り心地は総じて高いレベルにあるようです。

また、総じて固めの乗り心地と言う声もありますが、不快な硬さではなく走りと乗り心地を両立したフィーリングのようです。

アウトランダーもエクリプスクロスも、快適性と走行性能を高い次元でバランスした、真面目なクルマ作りがなされていると感じました。

結論として、乗り心地は引き分けと言えそうです。

アウトランダーとエクリプスクロスの比較をまとめてみた

IMG_0104

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/exterior/

IMG_0110

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/exterior/

さて、ここまでアウトランダーとエクリプスクロスの維持費、燃費、乗り心地を比較してきましたが皆さんはどんな感想をお持ちになりましたか?

今回は両車とも三菱自動車製で同ジャンルの車となりましたが、最後に比較のまとめに入りたいと思います。

・性能面は大差ないから使い方で選ぼう

どっちのクルマが良いかと言われれば、どちらもしっかり作り込まれたなので両方オススメです。

性能面を比較するとどちらも大きな差は無いといってもいいでしょう。

エクリプスはアウトランダーのプラットフォームを譲り受けているので当然かもしれませんね。

外観のデザインは好みが分かれるところですが、エクリプスはアウトランダーの機能を持ち合わせた、よりスタイリッシュに仕上げたSUVと言う位置づけになっています。

一方のアウトランダーは、外装、内装とも堅牢で実用的な印象ですが、決して武骨と言うわけではなく、良い意味で三菱らしさが際立つ1台となっています。

あとは、トランクスペースを沢山使いたい、時々3列目シートを使うという方はアウトランダー、駐車スペースの関係で小さめが良いという方はエクリプスクロス、といった選び方で良いのではないでしょうか。

アイキャッチ画像引用:引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/exterior/https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/exterior/

この記事を書いた人

マッチャマン
車好きなアラフィフのおっさんです。
若かりし頃はS13シルビアで峠を攻めていましたが、
子供ができてからは専らファミリーカーで大人しくしていました。
子育ても終盤に差し掛かり、スポーツカーへの返り咲きを
画策している今日この頃です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1