CX-8 vs アルファード徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

どちらもメーカーのフラッグシップモデルであるCX-8とアルファード。

今は室内空間の広さと装備が、販売台数に比例すると言っても過言ではない時代ですね。

アルファードは、高級車でありながらヴィッツ並みに売れ、CX-8も販売台数こそ劣るものの、子育て世代にも売れ、そして売れる理由がその広さに表れています。

ここでは、その広さを活かした車中泊にスポットを当ててご紹介していきます。

スポンサーリンク

CX-8 vs アルファード燃費を比較

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8もなかなかデカイですけど、どう考えもアルファードのほうが燃費は悪いでしょう!

でも、ハイブリッドがありますから、どこまで善戦するのか?

両車のスペックと実燃費を紹介しますので、見ていきましょう。

CX-8アルファード
290~446万円価格338~750万円
SUVタイプミニバン
4900×1840×1730外観

(mm)

4935×1850×1950
2200・2500cc排気量2500・3500cc
190~230馬力152~301
FF・4WD駆動FF・4WD
軽油・レギュラー燃料レギュラー・ハイオク
6~7名定員7~8名
12~17.6km/Lカタログ燃費10.4~18.4km/L

CX-8は、ディーゼルターボが2200cc、ガソリン車は2500ccのラインナップ。

アルファードは、ハイブリッドが2500cc、ガソリン車は2500・3500ccとなっています。

CX-8もアルファードも、グレードによっては、実燃費が10km/Lを下回ってくるでしょう。

では次に、実燃費を見ていきましょう。

CX-8

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

2.2Lディーゼル・・12~13km/L

2.5Lガソリン・・・9km/L

アルファード

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

2.5Lハイブリッド・・15km/L

2.5Lガソリン・・・・8~9km/L

3.5Lハイオク・・・・5~6km/L

さすがディーゼル車だけあって、このサイズのSUVではトップクラスではないでしょうか。

そんな1番人気グレードのディーゼル車ですが、メリット・デメリットがあります。

ディーゼル車のメリットを紹介します。

①ガソリン価格が安い

②低速域の加速が良いので街乗り向き

③ガソリン車に比べて燃費が良い

デメリットも合わせてみておきましょう。

①車両価格がガソリン車より高い

②高速域での伸びが悪い

③オイル交換費用が高い

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

こんな所でしょうか?

高速をメインで使うような方ですと、走りには満足しませんね。

次にアルファードですが、ハイブリッドは確かにこのボディの割に、かなり燃費が良いですね!

ただし、ハイブリッドオーナーの口コミでは、パワー不足という声が多数。

また、全てのグレードを試乗した方は、そのパワーに惚れ、3.5Lを買う方が多いようです。

知り合いのディーラーさん曰く、

『昔は、いつかはクラウンと言われていたが、今はいつかはアルファードと言われている』との事。実際、クラウンから乗り換える人も増えているそうですよ。

また、家族が増えてミニバンを検討する方の中では、ヴォクシーを買うにしても300万オーバーするならば、思いきってアルファードを購入するといったパターンも多いんですよ。

確かにそうですよね。リセールバリューも見込めるアルファードですから、私も思いきって購入しちゃうでしょうね。

さて、いかがでしたでしょうか?

燃費の比較は、アルファードのハイブリッドに軍配が上がりました。

スポンサーリンク

CX-8 vs アルファード室内空間はどっちが広い?

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

これはもう、室内空間の王様であるアルファードで間違いないでしょうけど。

早速、広さと居住性を見ていきましょう。

CX-8アルファード
2690×1540×1250室内サイズ(mm)3210×1590×1400
500mmラゲッジ奥行400mm

結論から言いますと、室内空間の広さはアルファードに軍配が上がります。

しかし、CX-8も数値では劣りますが、あのランドクルーザーとそう変わらない広さですから!十分な広さだという事が分かるでしょう。

また、セカンドシートが120mm前後にスライドしますので、足元を広々と使え、ゆったり座れます。これは同クラスSUVではトップクラスの空間に。

その他、シート厚もあり他社に比べて座面も広い事から、座着感が良く疲れにくい設計にもなっていますよ。内装は見るからに高級感溢れています。

3列目は床下にガソリンタンクがある影響から、若干床が高くなっていますので、2列目程の快適さは無いものの、大人が座っても窮屈にならないだけの広さがあります。

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

アルファードは、2列目にオットマンが装備され、なんと前後に1160mmのスーパーロングスライド機能を持ちます。

後ろにスライドさせれば、高級リビングで寛いでいる空間のようになるではありませんか!

CX-8のスライド幅が120mmですから、どれだけ凄いか分かりますよね。

これなら、クーラーボックスを置いても足元は広々ですし、すぐに飲み物も出せますから、旅行などで活躍する事間違いなし。

また、両車とも高級車ですし、柔らかくしっとりとしたナッパレザー仕様のグレードを選ぶ事で、より優越感に浸ってみてはいかがでしょうか?

余談ですが、私がまだシートの重要性に気づいていなかった若い頃、4ナンバーの軽バンで温泉地へ旅行をしましたが、2度と行くか!と誓う位の疲労で(笑)

この両車でしたら、包み込むようなシート設計と上質な乗り心地で、きっと満足しますよ。

スポンサーリンク

CX-8 vs アルファード『フルフラットさ』比較

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

さあ、高級車はフルフラットも最高な仕上がりなのか!?

どんな展開をするのか見てみましょう。

CX-8

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

2列目・3列目を前に倒す事でフルフラットになりますが、荷室にかけて若干の傾斜があります。

どこでも寝れちゃう!という方なら、この状態でも寝れるレベルですが、シート間に隙間があったりしますから、長座布団を敷くなどすれば大丈夫です。

また6人乗りですと、2列目のコンソールがそのまま山となってしまいますので、ベンチシートとなる7人乗りが必須。

奥行きは2320mmになりますから、大柄な方でも余裕の広さ!

大人2名と小さなお子様1名が寝られるスペースとなります。

アルファード

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

こちらは2列目・3列目をリクライニングする事でフルフラットになりますが、その高級なシート設計が裏目となり凸凹だらけに。でも、傾斜はありませんよ!

これは布団だけでは解消しませんから、専用のマットシートで対策しましょう。

今はマットを広げただけで自然に吸気して膨らみ、収納する時は筒状に丸めて小さくなる物があり、とてもおすすめです。

奥行きは2320mmと、CX-8と10mmしか変わりませんが、室内幅と高さがある事で、数値以上の解放感が。

子供2人と一緒でも寝れるという口コミもありますから、広さも一流です!

ご覧頂いた通り、フルフラットについてはCX-8に軍配が上がります。

ただし、スペースの広さではアルファードが上回りますね。

市販のシートマットを使えば、どちらも安眠できるレベルになりますから、後はお子様の人数などに合わせて検討してもらえれば良いでしょう。

スポンサーリンク

CX-8 vs アルファード車中泊比較まとめ

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

いかがでしたでしょうか?

アルファードは、フルフラットにした時に、座面の凹凸が出てしまう以外、全てCX-8を上回りましたね。

まあ、アルファードと比べられるのも可哀想ですけど!(笑)

しかし私は、CX-8はクロスオーバーSUV車の王様だと断言します!

内装だって本革を使用し、インパネからシート周りまで洗練された高級感が漂い過ぎてますからね。外観だってそうでしょう。

人数を乗せたいけど、ミニバンは好きじゃないって方がCX-8を選ぶというのも、納得できます。

今回は車中泊で比較をしましたが、どちらを選んでも問題なく車中泊はできます。

あとはオフロードメインなのか、平地がメインなのか?など行く先の路面なども考慮して選んで頂ければ失敗しませんよ。

アイキャッチ画像引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

アイキャッチ画像引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク