トヨタ・ホンダ・日産のおすすめミニバン比較!人気ランキング2018

エス玖ファイア

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ミニバンメーカーは、トヨタ・ホンダ・日産の3社が市場を独占!そういえば、マツダは撤退、三菱デリカは”ミニバン”というよりも”本格SUVミニバン”で、独自路線を独走中。

スバルは生産せず、スズキやダイハツは5人乗りまでしかラインナップなし。(実際には、スズキは”セレナ”OEMのランディがありますが……)

ここでは、年々激しくなる競合ミニバンをメーカー対抗で比較してみましょう。

スポンサードリンク

負けられない3メーカー!車種を増やさず、性能アップ競争が熾烈に!

publicdomainq-0001093oid

用:http://publicdomainq.net/images/201609/28s/publicdomainq-0001093oid.jpg

ミニバンは現在”フルサイズ”と”ミドルサイズ”、そして”小型ミニバン(7人乗り)”の3グレードが展開しています。

フルサイズとは

フルサイズミニバンは、全長5m前後。乗員は7~8人で、各社最高級の風格のあるミニバンです。

●トヨタは”アルファード””ヴェルファイア”
●日産は”エルグランド”が当てはまります。

フルサイズの特徴は、ファミリーカーとしての用途のほかに”VIP”専用の特別パッケージがあること。豪華なラウンジを持つ4座仕様もあり、価格は軽く1,500万円を超えるクラスがカタログモデルとして存在します。

スポンサードリンク

アルファード(アル/ヴェル)vs エルグランド

1

引用:http://fsv2.autoc-one.jp/images/article/201712/26110112980_2_o.jpg

引用:https:/udn.webcartop.jp/wp-content/uploads/2015/02/bdda8ab20b4ad39d4c7b9c56fe8d50cc.jpg

トヨタ アルファード/ヴェルファイア:335~750万円
全長×全幅×全高(mm):4,950×1,850×1,950
ホイールベース(mm):3,000
最小回転半径(m):5.6~5.8
排気量(cc):2,493/3,456/2,493+モーター

日産 エルグランド:321~806万円
全長×全幅×全高(mm):4,975×1,850×1,815
ホイールベース(mm):3,000
最小回転半径(m):5.7
排気量(cc):2,488/3,498

トヨタ アルファードとヴェルファイア(略称 アルヴェル)と日産 エルグランド、サイズ感は同じですが、車高とエンジンサイズがかなり違います。

全高*アルヴェルは1,950mm、エルグランドは1,815mm
最低地上高*アルヴェルは165mm、エルグランドは150mm

乗降のしやすさは、エルグランドのほうが楽、乗り込んで車内移動はアルヴェルが楽。ドライビングでは、アルヴェルとエルグランドの差は”車高の高さで上から目線”のアルヴェル、”セダンの高さと同じ目線”のエルグランド……と、大きな違いがあります。

↓アルファードの室内。Bピラー形状が太く、ボディ剛性に一役買っている。この豪華さは一度乗ると病みつきに…という一例。凄い!!

キャプチャ

引用:https:/toyota.jp/alphard/interior/

↓エルグランドのレザーシートと室内。全長5mにもなるミニバンだけあって、3rdシートが550mm前後移動できる。

キャプチャ

引用:https:/www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand/exterior_interior.html

走りの比較は、エンジン。2.5Lのアルヴェルとエルグランド、両方ともロングストロークエンジンですが、エルグランドは3,900回転でトルクのピークが出ることから”もうひと押し”が欲しいユーザーは3.5Lがお勧め。

アルヴェルの場合は、ハイブリッド、2.5、3.5と3種類のラインナップですが、存在感があることから”3.5Lでないと走りが細い”感覚になりがち。実際にはちゃんと走っているのですが、ドライビング的にはそう”感じさせる”のがポイントでしょう。

スポンサードリンク

ミドルサイズミニバン比較!エスティマ vs オデッセイ

続いて、ミドルサイズの2台。トヨタ エスティマホンダ オデッセイですが、両車ともガソリンエンジンとハイブリッド仕様を持つハイパフォーマンスさがいい勝負です。

1

引用:https:/response.jp/imgs/thumb_h2/1088010.jpg

引用:https:/dime.jp/genre/files/2018/01/884.jpg

トヨタ エスティマ:327~492万円
全長×全幅×全高(mm):4,820×1,810×1,730~1,760
ホイールベース(mm):2,950
最小回転半径(m):5.7~5.9
排気量(cc):2,362/2,362+モーター

ホンダ オデッセイ:298~415万円
全長×全幅×全高(mm):4,840×1,820×1,685~1,715
ホイールベース(mm):2,900
最小回転半径(m):5.4
排気量(cc):1,993+モーター/2,356

燃費で見る、エスティマとオデッセイ

ミドルサイズの場合、乗り心地・パワー・燃費の3つが重要。フルサイズには及ばないものの、コストパフォーマンスは比較対象です。

エスティマハイブリッド:17.0~18.0km/L(カタログ値)、11.49km/L(e燃費実測)
オデッセイハイブリッド:24.4~26.0km/L(カタログ値)、14.95km/L(e燃費実測)

エスティマ:11.4~11.6km/L(カタログ値)、8.90km/L(e燃費実測)
オデッセイ:12.4~14.0km/L(カタログ値)、9.35km/L(e燃費実測)

この2車種は、”よく乗り比べないと”わからない。特に、オデッセイハイブリッドはモーター主体でエンジンは加速要員。エスティマハイブリッドとは逆の発想です。

また、安全性能はHonda SENSINGとToyota Safety Sense Cで細かな違いがあります。2006年デビューの改良型エスティマと2013年デビューの改良型オデッセイ…基本設計年がだいぶ違うことを考えると、乗り心地などではオデッセイの方に分があると言えるでしょう。

キャプチャ

引用:https:/toyota.jp/estima/?padid=tjptop_menu_carlineup-h_h-bdt-MVN

キャプチャ

引用:http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

女性モデルの使い方で、クルマのイメージがこんなに違う!

↓左:エスティマ、右:アルファード。女性モデルの服装が物語るクルマのイメージですが、エスティマだとカジュアルなスタイルが似合うようです。一方のアルファードだと……こんな素敵なドレスの女性が乗ってくれる!凄い!!

1

引用:https:/toyota.jp/alphard/

引用:htps://toyota.jp/estima/?padid=tjptop_menu_carlineup-h_h-bdt-MVN

小型ミニバンは7車種戦国時代!トヨタ・日産・ホンダが激戦

キャプチャ

引用:http://www.rurubu.com/news/images/article/main_1288_LL.JPG

小型ミニバンは”ワンボックスタイプ”が、3社で5車種発売されています。トヨタは販売店用に3車種分けて生産発売されていますが、中身は同じ。日産セレナはスズキランディとしてOEM供給されていますが、スズキ車は割愛します。

5車種の下に位置するのが、ホンダフリードとトヨタシエンタ。5人乗員と7人乗員用があり、7席設定車だけをラインナップします。

トヨタ(ヴォクシー/ノア/エスクァイア) vs 日産セレナ vs ホンダステップワゴン

大激戦の7‐8人乗りコンパクトサイズミニバン。中でもトヨタ3兄弟と日産セレナ、ホンダステップワゴンは車の出来がどれも凄いことになっています。

トヨタはそのパッケージ。豪華なマスクやどっしりとしたインテリアの風格。なんといっても”値引きの大きさ”はディーラーの頑張りが利いています!

日産はD型のステアリングとシートアレンジ。ウォークスルーに話題にプロパイロットとオートスライドドア。最後にe-POWERも真打登場!と出てきています。

ですが、評判がじわじわと上がっているのはホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッドでしょう。何しろパワーがあって燃費もいい。ハイブリッド機能がモーター主体と今まで苦労したホンダ技術の結集となっています。

価格は高くなっていますが、クルマの出来はホンダがやはり高い。2018年はホンダに注目と言えそうです!

キャプチャ

引用:https:/toyota.jp/voxy/

トヨタ
ヴォクシー/ノア/エスクァイア:246~336万円
全長×全幅×全高(mm):4,695×1,695×1,825~65(=5ナンバー)
全長×全幅×全高(mm):4,710×1,735×1,825~65(=3ナンバー)
最小回転半径(m):5.5
排気量(cc):1,986/1,797+モーター
※エスクァイアは5ナンバーのみ

日産 セレナ:243~382万円
全長×全幅×全高(mm):4,695×1,695×1,865(=5ナンバー)
全長×全幅×全高(mm):4,770×1,740×1,865(=3ナンバー)
最小回転半径(m):5.5~5.7
排気量(cc):1,997/1,997+モーター/1,198+モーター(e-POWER)
※その他に全長4,810mmのAUTECHがある

1

引用:https:/www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ホンダ
ステップワゴン/スパーダ/スパーダハイブリッド
:228~366万円
全長×全幅×全高(mm):4,690×1,695×1,840(ステップワゴン5ナンバー)
全長×全幅×全高(mm):4,760×1,695×1,825~40(スパーダ/スパーダハイブリッド)
最小回転半径(m):5.4~5.8
排気量(cc):1,993+モーター/1,496

111

 

引用:http://kakaku.com/item/70100210084/   

引用:http://kakaku.com/item/K0000280200/

引用:http://kakaku.com/item/K0000994727/

スポンサードリンク

小型7車種の最後、シエンタとフリードも見逃せない!

最後の最後、トヨタ シエンタとホンダ フリード。顔かたちはまるで違う2車種ですが、一番の違いはシートアレンジ。

シエンタはサードシートを”前に倒して、セカンドシートの下に格納”。フリードはサードシートを左右壁側に跳ね上げしてフック留め。どちらが楽か、好みかはディーラーで確認。これは形で好き嫌いが90%!!といったところでしょう。

1

引用:https:/toyota.jp/pages/contents/sienta/002_p_002/image/exterior/top/carlineup_sienta_exterior_top_pic_01_03_pc.jpg

引用:https:/d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16783018/rc/2017/05/11/a31ded99e9e82facb0f9f06c4f5e4a284c351da3_xlarge.jpg

トヨタ シエンタ/シエンタハイブリッド:168~246万円
全長×全幅×全高(mm):4,235×1,695×1,675
最小回転半径(m):5.2
排気量(cc):1,496/1,496+モーター

ホンダ フリード/フリードハイブリッド:188~315万円
全長×全幅×全高(mm):4,265×1,695×1,710~35
最小回転半径(m):5.2
排気量(cc):1,496/1,496+モーター

トヨタ・日産・ホンダ……ミニバンは小型からプレミアムまで、選りすぐりの1台が必ず見つかるはず。ぜひ気に入ったクルマにしっかり試乗で確認しておきましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク