アウディQ7のオプション紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アウディから販売されているQ7はラグジュアリーSUVとしての人気を確立している車種になります。

スタイリッシュなデザインへとモデルチェンジし、最新のテクノロジーを搭載した車種になります。

今回はアウディ・Q7のオプションについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

アウディ・Q7とは

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html#layer=/jp/web/ja/models/q7/q7/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.2.html

まずはアウディのQ7がどのような車なのかを見ていきましょう。

Q7はアウディから販売されているSUVの最上位クラスのものになり、装備や性能は非常に高いものへと仕立て上げられています。

今回はアウディ・Q7の少し裏側の魅力を話していきます。

アウディ・Q7のデザイナーは日本人

引用:https://autoc-one.jp/audi/q7/report-424142/

アウディ・Q7の販売が開始されたのは2006年のことで、当時としましては画期的なSUVで、大型のSUVでサルーンのような乗り心地を実現したものはあまりなく、なおかつスタイリッシュなデザインがされているSUVはありませんでした。

そんな車のデザインをしたのは実は日本人で、和田智氏がデザインを手がけました。

この方は他にもアウディ・A5/A6/A7などのデザインを手がけており、この頃はアウディのチーフデザイナーとして働いておりました。

特にA5はドイツで最も名誉のある「ドイツ連邦デザイン大賞」を受賞しているほどで、アウディ史上、最も美しい車、と言われるほど絶賛された車でもあります。

またA7のデザインはほぼ会社を退職する直前に手がけたもので、ほぼ和田智氏のデザインを継承したまま、販売がされ、彼の退職後にこの車の完成を見たときには一安心したというエピソードもあります。

また何と言ってもアウディの顔ともなった「シングルフレームグリル」この方のデザインなどで、アウディがスタイリッシュな車を販売するようになった影には日本人がいたのです。

このデザインは初代Q7になるのですが、その意志を継いで、その10年後にモデルチェンジを行い、より洗練された直線を生かしたデザインへと変化を遂げました。

姉妹車はポルシェ・カイエンとVW・トゥアレグ

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-turbo-models/cayenne-turbo/

かなり知れ渡っている話かもしれませんが、アウディ・Q7には姉妹がおり、それはポルシェのカイエンとVWのトゥアレグになります。

3台とも同じシャーシを使用しており、そこからそれぞれのメーカーの特徴を出すようにしてあります。

引用:https://www.autocar.jp/firstdrives/2018/05/17/289544/

最近ではVWの参加のメーカーとしてのベントレー・ベンティガも同じシャーシを使用しております。

今回はアウディ・Q7なので、Q7の魅力を少しだけ触れますと、やはり大型SUVなので、空間の広さは別格になります。

またアウディらしい剛質な作りで、空間の守られている感じはなんとも言えないものになります。

そして何と言ってもアウディのクアトロの性能も非常に洗練されており、日本のような天候が急変する国でも安心して走ることができ、また日本の国土の7割は山ですから、アップダウンでのコーナリングも安心して乗ることができます。

ではそんなアウディ・Q7のオプションについては次の項に預けたいと思います。

スポンサーリンク

アウディ・Q7のエクステリアオプション

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/special_offer/limited_edition/q7_black_styling.html#layer=/jp/web/ja/special_offer/limited_edition/q7_black_styling/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.1.html

まず最初にアウディ・Q7のエクステリアに装備できるオプションから見ていきましょう。

アウディには多彩なオプションが良いされており、その組み合わせは10万を超えるものとなってしまいます。

その全てを紹介するのは不可能なので、ここではオススメのオプションを紹介していきます。

よりアウディ・Q7という車を楽しむことができるオプションになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

マトリクスLEDヘッドライト

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/special_offer/limited_edition/q7_black_styling.html#layer=/jp/web/ja/special_offer/limited_edition/q7_black_styling/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.2.html&data-innerlayer=true

こちらのライトシステムは照射パターンが約10億通りというもので、対向車の光や、前を走る車や歩行者など検知して、光のパターンを変えるものです。

また速度に応じてライトのパターンも変わりますし、東北道や圏央道などのくらい高速道路でも自動でハイビームになり前の車を感知するとその部分だけ光が当たらないようにする仕組みになっています。

夜間の運転は視界の悪さからの疲労があり、昼間に比べて疲れが溜まりやすくなります。

車の運転においての情報入手源は目からのものになり、その割合は90%と以上になります。

なので目で見える情報が車の運転にとっては非常に重要なので、夜間でのこのマトリクスLEDヘッドライトは非常に助かるオプションとなっております。

21インチアルミホイル

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/exterior.html

アウディ・Q7にはオプションで21インチのホイールが用意されています。

車のファッショナブルな面を担いつつも、車の重要な性能も発揮するホイールにこだわる方も多いのではないでしょうか。

またもう一つのアルミホイルが以下の画像になります。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/exterior.html

ブラックグロスのホイールか機械的な彫り込みがされているホイールの二つになります。

2枚目のホイールはモジュールインレイ・ホイールと言われており、多面的にデザインがれていますので、ドイツらしい機械的な雰囲気が欲しい方にオススメです。

Audi exclusiveカラー

引用:https://www.audi.se/dam/nemo/models/misc/audi-exclusive/audi-exclusive-catalogue-new.pdf

こちらのAudi exclusiveカラーは専用カラーになり、種類豊富で選びきれないほどの量の中からカラーを選ぶことができます。

そのモットーは「世界に一台だけのあなただけの車」というもので、車は機械的に生産されていますが、そこにしっかりとパーソナル要素を出すことで同じ車を生産することへの差別化がなされています。

またこのカラーリングは非常に綺麗に発色されており、陽の当たり方によって色が変化するカラーも用意されております。

例えばブルーなどでは晴れた日は本当に綺麗なパール色のブルーなのですが、夜になると凛としたブルーに変化するなど味のあるカラーリングになります。

他の人と同じカラーリングにしたくない人にはオススメのオプションになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アウディ・Q7のインテリアオプション

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/interior.html#jslayer=renderingLayer.interior

では続いて、アウディ・Q7に用意されているインテリアオプションを見ていきましょう。

エクステリア同様、インテリアも多彩に用意されていますので、参考にしてみください。

コンフォートシートパッケージ

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/interior.html#jslayer=renderingLayer.interior

アウディ・Q7にはコンフォートれシートパッケージが用意されており、上質なレザーを楽しむことができます。

カラーはブラックやブラウンなどラグジュアリーSUVにふさわしい上品な色合いになり非常に落ち着いた空間をカラーで演出してくれます。

またQ7にはSlineパッケージというオプションもあり、こちらはスポーティなインテリアになり、シートのショルダーの部分にはSlineのエンブレムであるマークがエンボス加工されていますので、上質なインテリアのコンフォートシートか、黒でスポーティで内装を仕立てるかなど、お好みで選んでみてください。

バーチャルコックピット

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/equipment.html#layer=/jp/web/ja/models/q7/q7.mediathek_infolayer.MMFA9S8.html

こちらはアウディの先進技術を取り入れたもので、メーターパネルではなくディズプレイとなっており、速度表記など全てがデジタル映像となるオプションです。

このオプションの最大の利点は、ナビなどの表記をこの画面に写すことができるので、運転中にナビゲーションの画面を見る必要がなく、目線の移動を少なくして情報の確認をすることができます。

なので、交差点が多い道でもしっかりとどこの車線を走るのかの案内も表示されますので、知らない道でも安心して走ることができます。

バングアンドオルフセンオーディオ

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/equipment.html#layer=/jp/web/ja/models/q7/q7.mediathek_infolayer.MLSE8RF.html

こちらのオプションは老舗オーディオメーカーが仕立てるオーディオオプションになります。

バングアンドオルフセンのサウンドの特徴としては、何と言ってもきめ細やかな音になります。

例えばアーティストの歌声の息づかいまで聞こえてくるほど、鮮明に音の表現をしてくれるので、かなり本格的なオーディオルームなほどのサウンドを提供してくれます。

このオーディオオプションはQ7専用設計なので、走っている時のロードノイズなども計算されているので、ほぼ完全にスピーカーや音質となっているので驚くほど素晴らしいサウンドとなっています。

車内で素晴らしい音質でドライブを楽しみたい方にはオススメのオプションです。

この記事を書いた人

オノケン
車が大好きで新車が出るたびに試乗に行っちゃいます。
自分の感じたことを皆さんに伝えていきたいと思います。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク