ルノー・ルーテシアの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

クルマのデザインと同様に、ボディカラーも印象を大きく左右します。

今回は、ルノー・ルーテシアについて、色見本の見方や、カラーバリエーションをご紹介します。

クルマの人気カラーとルノー・ルーテシアの色見本について

ルー9

引用:https://www.renault.jp/

まずは世界的なクルマの人気カラーについて検証し、ルノー・ルーテシアの色見本についてチェックポイントをご紹介します。

クルマの人気カラーの傾向

ルー14

引用:https://www.renault.jp/

車種やボディタイプによっても、色の印象は変わってきますが、どの車種にも共通してホワイト系とブラック系は圧倒的な人気があります。

人気が見込めるためか、世界中のどんな車種でも、ホワイト系・ブラック系・シルバー系の色は、ほぼラインナップされています。

これらは定番の人気カラーと言えますが、世界的に見るとその地域独自の人気もあるようです。

ルノーのお膝元でもあるヨーロッパでは、ブルーが人気の傾向にあります。

確かにフランスの車はブルーの印象が強いですよね。

反対に、アメリカを中心とする北米では、ホワイト・ブラックに匹敵するくらいにレッド系の人気が高いようです。

アメリカ映画で出てくるスポーツカーは、レッドのボディカラーが目立ちますよね。

アジアに目を向けて見ると、中国ではブラック系、インドではグレー系の人気が高いと傾向にあります。

そして、ここ日本では、ほぼ半数のユーザーがホワイト系とブラック系を選んでいるとのことです。

駐車場を見ると、確かにこの2色が多いですよね。

クルマの人気色には時代的なトレンドなども影響しますが、どの時代においてもこの2色は普遍的な人気を持っていると言えるでしょう。

ルノー・ルーテシアのボディカラーは色見本でチェック

ルー12

引用:https://www.renault.jp/

ルノー・ルーテシアには、5色のボディカラーが設定されています。

ただこの5色のボディカラー全ての、ルノー・ルーテシアが販売店に揃っていることはほぼありません。

そのため、どの色にするか検討する際には、色見本が重要になってきます。

色見本とは、画像システムの色彩再現性をチェックするなど色の比較・測定に用います。

主に、チラシや看板デザインなど、広告・印刷系の現場で見ることが一般的です。

ただクルマに使用される色も、非常に精密な配合がされていて、それぞれカラーコードが設定されています。

全体的なイメージはカタログで確認しつつ、実際の色合いはこの色見本で比較すると良いでしょう。

クルマは光が当たると、色の見え方が変わることもあるので、店内だけでなく、外でもチェックすることをオススメします。

ルノー・ルーテシアのボディカラー

ルー7

引用:https://www.renault.jp/

続いてルノー・ルーテシアのボディカラー全5色をご紹介します。

 ルージュドゥフランスM

ルー1

引用:https://www.renault.jp/

フランスを象徴する深みのある赤が印象的なこの色は、大人な遊び心を感じさせてくれます。

赤ワインや淑女が使用するルージュのような色合いなので、遊び心の中にも深みがある印象です。

ブルーアイロンM

ルー2

引用:https://www.renault.jp/

ヨーロッパでは人気の高い青系のカラーですが、メタリックベースのため、他の輸入車と少し違った色合いを見せています。

鮮やかなその色味は、まるで鍛えられた鉄のような美しさを感じさせてくれます。

 グリチタニアムM

ルー3

引用:https://www.renault.jp/

ブラック系かと思われそうな見た目ですが、青みがかったチタングレーの色味になります。

光に当たった時の色の見え方が違うので、ルノー・ルーテシアの持つ個性をさらに引き立たせてくれるカラーです。

 ブランナクレM

ルー4

引用:https://www.renault.jp/

ホワイト系のブランナクレMも、先に紹介した3色と同様にメタリック系のカラーとなります。

ルノー・ルーテシアは遊び心のあるデザインが印象的ですが、この色味を纏うことにより、上品かつ優雅な側面も見せてくれます。

ブラングラシエ

ルー5

引用:https://www.renault.jp/

こちらもブランナクレMと同じホワイト系ですが、ルノー・ルーテシアの中では唯一ソリッド仕上げとなっています。

本来の色味に忠実なので、よりクリアで洗練された雰囲気を感じることができます。

ルノー・ルーテシアのおススメカラーは?

ルー8

引用:https://www.renault.jp/

続いて、ルノー・ルーテシアのオススメカラーを紹介します。

お手入れしやすい色や人気の高い色は、一体どれなのでしょうか。

お手入れがしやすいボディカラーは?

ルー6

引用:https://www.renault.jp/

クルマのボディカラーを検討する際に、自分の好みの色以外の決め手として、お手入れのしやすさというのも重要になってきます。

クルマの外装は、常に外気と接していて、屋根がない駐車場だと、雨やホコリにさらされた状態になってしまいます。

そのため、定期的な洗車は欠かせません。

ホワイトやブラックは人気色ではありますが、塗装の仕上げ具合によっては、汚れが目立ちやすい色でもあります。

常に外装を綺麗に保ちたいのであれば、毎週末は丁寧に洗車するくらいの覚悟も必要かもしれませんね。

近年では、パール系やメタリック系を配合して、お手入れのしやすいカラーバリエーションを展開している車種が増えました。

特にメタリック系は、汚れや傷が少しついたとしても目立ちづらい色味になっています。

クルマを長い間所有していると、汚れ以外に傷なども気になってきます。

メタリック系は、少しくすんだ深みのある色が特徴のため、傷や汚れによる変化はわかりづらいのです。

雨が降った後の水垢だらけの状態でも、メタリック系の色であれば、目立ちにくいとも言われています。

ルノー・ルーテシアのボディカラーは、ブラングラシエ以外の4色はメタリック仕上げとなっています。

各ボディカラーの名称を見ると、最後にMがついていますが、これはメタリックの略称となります。

こういったカラーバリエーションを見ても、ルノー・ルーテシアは非常にお手入れのしやすいクルマだと、言えるのではないでしょうか。

クルマは外装の汚れが目立つと、せっかく素敵なクルマでも色褪せてしまいます。

少しでも長くルノー・ルーテシアを綺麗に保ちたいのであれば、メタリック系の4色の中から選択することをオススメします。

また、運転に少し自信のない方や、あまりお手入れをこまめにしたくない方も余程のこだわりがない限りはメタリック系のカラーを選択すると良いでしょう。

リセールバリューの高いボディカラーは?

ルー13

引用:https://www.renault.jp/

ルノー・ルーテシアは中古車市場でも一定の人気がありますが、中古車相場ではボディカラーも値段の決め手となります。

中古車市場には、ユーザーの人気度が反映されます。

同じ年式で同じ走行距離であっても、ボディカラーの人気度によっては、買取価格で数十万円程度差が出ることも珍しくありません。

したがって、ルノー・ルーテシアを手放す時に高く売りやすい色は、人気色であることが挙げられます。

ルノー・ルーテシアの人気色の傾向を見ると、あまり大きな差は感じられませんが、ルージュドゥフランスM・ブルーアイロンM・ブランナクレMが、少しユーザー数が多い印象です。

お手入れがしやすいメタリック系でもあり、この3色を選ぶと、リセールバリューの面でも、大きく損をすることはなさそうです。

ただ、人気色がリセールバリューに反映されるのは、購入から10年未満と言われます。

ルノー・ルーテシアを売却する時期が早ければ早いほど、金額差は大きいですが、10年過ぎた後はあまり大きな影響はなさそうです。

長くルノー・ルーテシアに乗ることを想定しているユーザーは、好きなボディカラーを選択すると良いでしょう。

ルノー・ルーテシア色・カラーまとめ

ルー10

引用:https://www.renault.jp/

今回はルノー・ルーテシアのボディカラーについて、ご紹介しました。

ルノー・ルーテシアは深みのあるメタリック系のラインナップが多いですが、お手入れがしやすく、他の車種にはない色味に仕上がっています。

また、ボディカラーによって、まったく違う表情を見せるので、ルノー・ルーテシアの様々な魅力を楽しむことができます。

ボディカラーを選ぶのは、悩むポイントではありますが、様々な側面から検討してあなたに合ったボディカラーを選択してください。

この記事を書いた人

うぐいす
車のことをよりよく知って、シェアして、ハッピーでアクティブなカーライフを目指そう。車も備えあれば憂いなしです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1