SX4 S-CROSSの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

新世代四輪制御システム「ALLGRIP」搭載したことにより注目のスズキの【SX4 S-CROSS】。

エスクードのプラットフォームを使用したコンパクトSUVとして一部では不人気車ともいわれてるそんなSX4 S-CROSSのカラーをご紹介します。

SX4 S-CROSSの色・カラーバリエーション!

SX4 S-CROSSの色、カラーバリエーションは全4色となっています。

最近のクルマにしてはかなりシンプルですね!詳しく見ていきましょう。

■クールホワイトパール(ZNL)+21,600円

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/styling/index.html

男女ともに人気のホワイトパール日本では基本カラーの一つですね!

ソリッド系のホワイトではないので安っぽくならないのがパール系のいいところです。

■コスミックブラックパールメタリック(ZCE)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/styling/index.html

大多数の人はホワイトかブラックで悩むのでは無いでしょうか?

そのくらいメジャーなカラーですね。

■スフィアブルーパール(ZQ4)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/styling/index.html

スフィアとは???と一瞬考えてしまいましたが、英語で天体・星などの意味があるようです。

吸い込まれそうなブルーはポイント高いですね!

■エナジェティックレッドパール(ZQ5)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/styling/index.html

こちらも英語の意味を調べてみました。

エネルギッシュや活気に満ちたという意味のようです。

スポーティなレッドのイメージぴったりですね。

以上がSX4 S-CROSSのカラーバリエーション4色です。

カラーバリエーションが最近の車にしてはかなり少ないですね。

残念との声も多くあり・・・確かにグリーン系はあってもよかったかな?と思います。

人気のホワイトパールについては、日本での支持率の高さを見込んでか+21,600円という価格設定となっており強気な姿勢です。

しかしながら、全色パール系にも関わらず追加料金がホワイトだけというのは優しい設定ですね。

外装に続いて内装も見ていきましょう。

SX4 S-CROSS 内装カラーバリエーション

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/interior/index.html

シンプルな内装のカラーバリエーションはブラック1色、スバルならではのシンプルさを追求したスタイルになっています。

強いて言えば、シートカバーがオプションにあるくらいで、インテリアパネル等はないようです。

外装カラーが4種だったので少ないとは思いましたが、グレード違い等もないんですね・・・残念ですが、これがスバルスタイルなのでしょう。

スピードメーターも近年よくあるゴチャゴチャした印象はなく、スポーティーなデザインのスピードメーターとタコメーターシンプルに配置しています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/safety/index.html

内装でうれしいポイントとしては、リアシートのリクライニング機能やフロント足元ランプの装備が標準であることシンプルだけど使いやすい仕上がりとなっています。

カラーバリエーションは、内外装共に非常にシンプルという結果になりましたが、現役のスバリストたちの評価はどうなのでしょうか?

SX4 S-CROSS ユーザーレビュー

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/safety/index.html

満足ポイント

同じクルマになかなか遭遇しない
すなわち不人気車なので中古車相場は安価です。その割には装備が快適
自動ブレーキ、アイドリングストップのついてるエスクードと比較されて見劣りされるが収納スペースや快適性はsx4に軍配が上がると自分は思う。

1.ほとんど他に見ないクルマ、自分の車に限れば同じカラーのクルマを今まで見たことが無い。
2.足回りがよく、ALL GRIPは雪国では最高。
3.シンプルな装備がかえっていい。
4.燃費も悪くないと思います。
5.意外と室内は静かで広い。

乗り心地も良くエンジンノイズも低く燃費もよくて給油回数が少なくなりました。
遠出ではいい仕事しますね。
そして他人とほぼ被らない、走りもモード変更でかなり変わり楽しい車ですね。

ユーザーレビューでオーナー自信が、不人気車と表現してしまうところが個人的に共感が持てます!

私も人と被らない車に乗りたい派なので同じ車種でのかぶりが少ないのは高ポイント。

カラーについては販売台数が少ないことにより同じカラー同じ車種を見かけないとの声もあり意外と希少車扱いになるようですね!

そして先ほど説明したように、あえてのシンプルな作りが高評価ポイントとなっていました。

残念なポイント

スピーカーがオプションでフロントドア二枚しかついてないのは残念
CVTは伸びがイマイチ、参考になるマッチングデータが少ない。

1.購入1年半くらいから異音が…リアのドライブシャフト?の腐食が原因、保証にて対応だったが、また起こるのではと不安。(他にも不具合が出ないかと心配)
2.バッテリーが特殊。欧州車と同じ? 整備関係は高く付きそう。
3.リモコンスターターなど社外で取り扱っているものがあまり無い

先進サポートが付いてない。(これがあればもっと売れると思います)
1.6Lは高速の登りは非力を感じます。
ホイールナットではなくボルトであること。(冬のタイヤ交換時に苦労しそう)
車の認知度が低く友人への説明が面倒。。。

なんと・・・純正スピーカーがフロント部分だけ…今時そんなことあるのか!?というわけで調べてみました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/equip.html

ありました…本当に純正スピーカーはフロントのみのようです。

これは、残念としか言いようがないですね。

是非オプション設定で追加しておくことをお勧めします!

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/equip.html

ちなみにオプションスピーカーのメーカーは3社から選べるので自分好みをチョイスできます。

さて、ここまでカラーやレビューレビューについてお話してきました。

シンプルな作りが良い点として評価されていることが分かりましたね。

実際に購入する際はほかの車と比較することが多いですよね。

そこでSX4 S-CROSSと一緒に候補に挙がることの多いプラットフォームにもなっているエスクードについても調べてみました。

SX4 S-CROSSとエスクード カラーの違いは?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

エスクードのカラーは全6カラー、SX4 S-CROSSに比べると2カラー多いですね。

エスクードカラー内訳

■アイスグレーイッシュブルーメタリックブラック2トーンルーフ
■ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ
■サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ
■ギャラクティックグレーメタリック
■コスミックブラックパールメタリック
■クールホワイトパール

カラーの特徴は2トーンの設定がある事、SX4 S-CROSSにも設定を入れてほしかった!

改めてもう少しカーバリエーションはあってもよかったのかなと思いますね…

そして、アイボリーもSX4 S-CROSSにはないカラーとなっています。

比べてしまうと…やはり残念な印象です。

ちなみに乗り出し価格はSX4 S-CROSSが206万円~なのに対しエスクードは265万円~となっています。

価格差としては約60万円!あくまでもカラーだけで考慮した場合、私なら断然SX4 S-CROSSをチョイスすると思います。

SX4 S-CROSSの色・カラーまとめ

今回はSX4 S-CROSSのカラーについて調べてみました。

最近の車は様々なカラーバリエーションが用意されていることが多い中、あえて4カラーしか設定がないのがスバルらしいなと思いました。

内装やメーターについてもシンプル!を追求したクルマと言えるでしょう。

しかしながら、プラットフォーム車両のエスクードに比べるとカラーバリエーションの少なさが残念な印象はぬぐい切れません。

そして、シンプルがゆえにスピーカーも簡素な仕上がりえと…価格が200万円程度ということを考慮すると納得なポイントなのかもしれません。

総評としてはシンプルものを追求したい方には是非おすすめのクルマです!

検討材料としてエスクードと比較してみるのも有効かと思います。

自分にベストマッチする車両をゲットしてくださいね!

この記事を書いた人

あかりね
自動車企業に20年以上勤めていました。
女ですが車好きなんです!
気になる車情報の参考になれば嬉しいです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1