新型ジムニーの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スズキの新型ジムニーの色・カラーは何色あるでしょうか?

新型ジムニーの色・カラーの情報や、人気のカラーをご紹介します。

スポンサードリンク

ジムニーとは

1970年に誕生した、軽自動車でありながら本格的な四輪駆動車です。

山間部や豪雪地帯等での郵便配達、警察のパトロールなどにも使用されており、仕事のパートナーとしても、信頼できる一台です。

また、アウトドアを愛するユーザーや、トライアルなどの競技にも利用され、広く支持されている車と言えます。

誕生して40年を超えるこのベストセラーは、
2008年に、(財)日本産業デザイン振興会によるグッドデザイン賞の中で「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞しました。

「人々に愛され支持され続けた道具や機器を、明日の生活という視点から再評価し、顕彰することにより、ものづくりと私たちの生活を見直す契機を提供する。」という賞の目的に沿って、

長い間支持されてきたジムニーへの特別賞です。

History

(引用: http://www.suzuki.co.jp/jimny/#/history)

ジムニーは、日本だけでなく海外でも販売されてきました。
アメリカ、欧州、インド、オーストラリア、インドなどでもジムニーを原型とする車が人々を助けてきました。

なぜ、長期に渡って信頼を得ているのか、それは、まず高い走破性にあります。
ラダーフレームを使用し、例えば車体がボコボコになったとしても帰ってこられるという頑丈さ。
それが過酷な地域での働く車としても、信頼になっているのでしょう。

そして、固定軸サスペンション。これも、悪路に対して強い味方となります。
片方が跳ねたら、もう片方が地面をしっかりキャッチします。

そんな伝統の働く車の技術がジムニーには受け継がれています。

グレード

  • ジムニー

ジムニーのグレードは

ベースのXG
上級グレードのXC

の2種類になります。

それぞれ、4ATと5MTの設定があります。

  • シエラ

ジムニーの兄貴分と言っていいでしょうか、1.3リッターのジムニーシエラがあります。
ジムニーワイドとして活躍していましたが、「山脈」の意味の「シエラ」と名付けられました。グレードは、1タイプのみになります。

  • 特別仕様車 ランドベンチャー
    • ジムニーランドベンチャー
    • シエラランドベンチャー

ジムニーランドベンチャーは、ジムニーXGをベースに作られた特別仕様車です。それぞれ、専用の装備が用意されています。実用的でありながら、少しドレスアップした様子は、ONでもOFFどちらにでも似合う存在感のある印象です。

スポンサードリンク

カラーバリエーション

購入時に迷いながら選ぶのも楽しいボディカラー。
どんな色があるのでしょうか。

ジムニー

ジムニーには3色のボディーカラーが設定されています。

  • ノクターンブルーパール(ZJP)

カラー1

(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/?data=b )

濃い感じの青と言えますね。

  • シルキーシルバーメタリック(Z2S)
カラー2

(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/?data=b )

シルバーは取り扱い易いカラーのひとつと言えます。

  • スペリアホワイト(26U)
カラー3

(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/?data=b )

白も清潔感あふれる感じになっています。

シエラ

兄弟車のシエラは、大き目な車両で存在感がありますが、どの様なカラーがあるのでしょうか。

  • スペリアホワイト(26U)/シルキーシルバーメタリック

シエラカラー1


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/index.html)

シエラは、ツートンカラーのバリエーションです。とても立体感があって素敵です。

  • ノクターンブルーパール(ZJP)/シルキーシルバーメタリック

シエラカラー2


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/index.html)

こちらは、きらきら×きらきらと言ったメタリックな印象がクールです。

  • シルキーシルバーメタリック(Z2S)

シエラカラー34


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/index.html)

 ジムニーにとっては、定番色と言えるでしょう、シルバー色です。

ジムニーランドベンチャー

専用のカラーが用意され、特別な存在感をアピールします。

  • クールカーキパールメタリック(ZVD)

ランドカラー1


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index.html)

この色は、個人的にはジムニーの「はまり色」ではないかと思っています。ONOFF気取らず、どちらにもおしゃれです。

  • スチールシルバーメタリック(ZVC)※

ランドカラー2


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index.html)

定番色のシルバー色です。しかし、通常版のシルキーシルバーメタリック(Z2S)よりも、よりメタリックを強く出した専用色です。

  • パールホワイト(Z7T)※

ランドカラー3


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index.html)

出ました、日本人が好きなパールホワイトの登場です。華やかさではナンバーワン。

  • ノクターンブルーパール(ZJP)

ランドカラー4]


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index.html)

濃いめのブルーは若々しさを感じます。

  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

ランドカラー5


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index.html)

ブラックも、日本でとても人気のある色です。

ランドベンチャー専用の色になります。

※パールホワイト、スチールシルバーメタリック塗装車は21,600円高(消費税込み)です。

シエラランドベンチャー

兄貴分のシエラランドベンチャーの色は、全部で4色になります。

  • スチールシルバーメタリック(ZVC)※
ランドシエラカラー1

(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index_sierra.html)

通常版のシルキーシルバーメタリック(Z2S)よりも、よりメタリックを強く出した専用色です。

  • パールホワイト(Z7T)※
ランドシエラカラー2

(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index_sierra.html)

男らしいフォルムに、パールの華やかさがとても軽やかです。

  • ノクターンブルーパール(ZJP)

ランドシエラカラー3


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index_sierra.html)

このノクターンブルーパールも、ジムニーの定番色となっています。ボーイズな印象です。

  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

ランドシエラカラー4


(引用: http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/detail/index_sierra.html)

艶やかなブラックは、大人の印象を受けますね。オンオフと切り換えの出来る大人のジムニー、という所でしょうか。

※パールホワイト、スチールシルバーメタリック塗装車は21,600円高(消費税込み)です。
⇒ 新型ジムニーを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気のカラーは

参考の一つとして、中古車市場で出回っている2014年以降の現行ジムニーの色の割合を調査しました。

割合
ブラック 27%
パールホワイト 22%
ホワイト 21%
シルバー 13%
カーキ 11%
ブルー 6%
合計 100%

(参考: http://www.carsensor.net/usedcar/search.php?SKIND=1&fed=toppcfws20150707001ta&KW=%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%BC)

ブラックが1位、パールホワイトが2位、続いてソリッドのホワイトでした。
これは、日本人の好みそのものと言えます。逆に言えば、日本人の定番色を踏まえて抑えていると言えるでしょう。

ランドベンチャーのカーキなどは個性的と言えますが、基本的には定番の色設定に感じます。
長く愛されるには、シンプルで主張しすぎないというような事でしょうか。「実力で勝負」のジムニー、お気に入りの一台をどうか見つけて下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク