BMW M2の値引き情報! 相場や交渉術は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2016年に生産が開始されたBMW M2。

日本でも根強い人気を誇り、同年12月には日本カー・オブ・ザ・イヤー・エモーショナル部門を受賞しました。

新車価格は他のMシリーズに比べて安めの設定金額ですが、購入時における値引きは期待出来るのでしょうか。

M2における値引き交渉も踏まえて、詳しく見て行きましょう!

スポンサーリンク

BMW M2の新車販売価格と値引き額はどのくらい?

2016年の1月から7速DCTモデルの初期オーダーが開始され、同年の5月ごろから納車が次々と行われていました。

さらに10月からは、6速MTの受注も開始されていました。

その新車販売価格は6速MTで768万円、7速DCTで770万円でした。

今現在でも、M2をディーラーから新車購入する事は可能ですが、その際の値引きは発売当時と比べて、どのくらいあるのでしょうか。

結論から言うと、M2の値引き額は0~60万円くらいまでは可能です。

実際に新車で購入した人たちも、この幅くらいで値引きをされているようです。

発売当初と今現在でもこの値引き額はそこまで変わっていないようで、営業マンや交渉の仕方で変わってくるようです。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/382708/blog/37876093/

スポンサーリンク

M2コンペティションの値引きは出来ない?

2018年8月にM2にもついにコンペティションモデルが誕生しました。

その最大出力は410馬力、高いエンジン性能と機動性が高く、ラジエーターやオイルクーラーも追加されて冷却性能も格段に上がり、M3やM4と同等のスペックを誇っています。

注文から納車まで半年近く掛かる車ですが、販売台数は100台だけで、価格以上にプレミアム感の高い車となるでしょう。

そしてその新車販売価格は873万円~898万円とまで言われます。

かなり高額であることには間違いないですが、他のMシリーズは1000万円越えをしているので、そう考えると値段設定は少し下回ります。

気になるM2コンペティションに対する値引きですが、残念ながらほとんどありません。

法人契約であれば、消費税の8%を値引きとしてくれる場合もあるようですが、稀なケースでしょう。

個人契約の場合だと、値引きしなくても売れる車なので、生産台数が少ないモデルという事もあり、期待出来る値引きは無いようです。

引用:https://ameblo.jp/m2competition/entry-12400833920.html

スポンサーリンク

M2を売る時は値引きされる?

「値引き」という言葉は少し違うかもしれませんが、M2を手放すとなった時に、どのくらいの価格で売れるのでしょうか。

なるべく高い金額で売却したいのがオーナーの考えではありますが、購入時には値引きがしっかり付くM2は、その査定額も安くなってしまうのでしょうか。

比較的まだ年式も新しい車であり、リセールバリューが高いと言われているM2ですが、その査定額は約450万円~550万円程です。

もちろん走行距離や車両の状態、どこで買い取ってもらうかでその金額に差は大きく出ますが、そこまで極端に値が落ちるという事も無いようです。

むしろ、450万円~550万円の査定額が付けば、下取りとして次の車の車体価格に丸々当てる事だって可能になります。

そしてM2の中古販売価格は約415万円~760万円程が平均的な価格帯なので、決して損をするような金額にはならないでしょう。

引用:https://kakaku.com/kuruma/used/spec/Maker=22/Model=33196/Prefecture=14/

スポンサーリンク

そもそも値引き交渉ってどうやるの?

M2の値引きは可能という事が分かりましたが、具体的にディーラーで購入すると決めた時に、どのようにして値引きを行うと良いのでしょうか。

営業マンも人間ですから、無理難題を押し付けるわけにもいきません。

効率よく、そしてお得にM2を手に入れるためにも、新車購入時における値引き交渉の仕方を見て行きましょう!

引用:http://dealer-blog.mini.jp/mini_central/urawa/2013/08/mini-1.html

①まずは見積もりを出してもら

ここはすべてのスタートラインです。

ディーラーに行って、M2のグレード、オプション、カラー、自分の要望を伝えて、しっかりと見積もりを出してもらいましょう。

ですが営業マンからしたら、本当に買ってくれる人なのか、すぐに買ってくれる人なのか、それともただ冷やかしに来ただけの人なのか、この段階では判断出来ません。

大切なのは、本当に買う気があり、すぐに購入を決めるという意思を見せる事が大切です。

あえてここでは値引きの話題ではなく、具体的に乗りたいグレード、使用目的、いつまでに納車したいかを、こちらから伝えるのです。

具体性を示せば、営業マンをなるべく早い段階で、納得させる事が出来ます。

ですが、ここでも注意したいのは、予算を伝えてはいけません!

先に予算を伝えてしまうと、せっかく今後出来る値引きも、その予算まででストップしてしまう可能性もあるからです。

予算を伝えるのは商談がある程度進んだ、詰めの部分まで取っておいてください。

引用:http://www.cybaron.net/category/%E8%BB%8A/bmw-m2/

②最初の値引き交渉は断られる金額をあえて提示する

見積もりを出してもらって、最初の値引きを交渉する時は、あえて断られる金額を持ち出してください。

販売価格の20%~30%程が妥当かと思います。

新車価格770万円のM2であれば、20%の値引き額は100万を超えます。

これだけの値引きは、まず絶対にあり得ません。

営業マンは当然断って来ますので、そしたら「じゃあ、幾らまでなら値引きは出来るか」と問いかけるのです。

そうすると、営業マンは初めて自分から値引きの額を提示せざるを得なくなります。

営業マンは何もアクションが無いのに、自ら値引き額を提示するのを嫌いますし、何よりプロですからある程度の値引きは既に用意されています。

ですが、営業マンも商売ですからすぐに自ら手の内を明かすような事は、絶対にしてこないのです。

ここで出された値引き額が、今後の軸となり、目安になるので大切に取っておきましょう。

引用:https://www.webcartop.jp/2016/11/54854

③競合車種との見積もりは最大の武器

見積もりの段階で出された値引き額は、ある程度営業マンも予想している金額です。

大幅な値引きを狙うには、他メーカーの競合車種の見積もりを持ち出して交渉を進める事です。

ここで気付いた方もいるかもしれませんが、お店には2回目の来店をしています。

あまり間隔を開けずに、尚且つ他メーカーの見積書まで持参しているわけですから、営業マンに「本気度」を示す何よりも強いアピールになるのです。

「他メーカーの向こうはここまで頑張ってくれるらしいけど、私はここであなたから買いたい」という言う感じで相談を持ち掛けましょう。

大事なのは、ここですぐに決めたいけど、どうしても値段だけが気になっているという事をアピールする事です。

そして、ここまで来てようやく「〇〇〇万円くらいまで値下げしてくれたら・・・」と具体的な金額を提示するのです。

必要であれば、テーブルに印鑑を出しておいて、応じてくれたら今日すぐここで契約の印鑑を押しますよという意思表示もしましょう。

そうすると、営業マンは必ず店長に相談をしてきます。

営業マンも自分から買って欲しいし、店長も売りたい一心ですから、値引きされた金額を提示してくるでしょう。

もちろんここで購入まで踏み切っても良いですが、もう一押しする事も出来ます。

引用:https://www.carmag.co.za/news/industry-news/bmw-vs-mercedes-benz-which-is-winning-in-2016/

④あえて悩むフリ

もちろん値引きには限界がありますし、お店の利益もありますから、あまりにも時間をかけて値引き交渉を長引かせて、営業マンに呆れられては本末転倒です。

ですが、ここまで値引きが上手く行ったわけですから、少し沈黙で悩んだフリをするのも効果的です。

この沈黙は営業マンにとっては、とても不安で「このまま帰られてしまうのか」、「ライバル会社を選ばれるのか」と心配になります。

何を考えているのか分からない状態ですから、営業マンの方から何かしらアクションを起こして来るでしょう。

そこで、さらに少額程度ではあると思いますが値引きが出来れば、それに越したことは無いですからね。

ここまで来たら、営業マンの頑張りに感謝の言葉を忘れずに契約まで進みましょう。

引用:https://www.kurumaerabi.com/car_mag/list/3512/

まとめ

ここまで、M2の値引き額や、値引き交渉の仕方まで様々な観点から見て来ました。

正規ディーラーでも中古車販売店でもM2の値引きは期待出来ます。

それぞれにバラつきはあれど、お得にM2を購入出来るよう、いろいろな所を回るのも楽しみの1つかもしれません。

ですが、値引きにおいて何より大事なのは、営業マンとの相性です。

M2を購入した後、その営業マンと長い付き合いになるわけですから、金額だけに目が行ってしまい、購入後のサービスがお粗末な物では、あまり気持ちの良い感じはしません。

引用:http://www.ibaraki-bmw.co.jp/jp/ibaraki-bmw/ja/dealer/find_us/introduction.html

営業マンも人間ですから、交渉の段階から世間話や、趣味の話などをして営業マンと良い関係を築き、このお客さんになら値引きと良いサービスをしてあげたいと思わせる事が大切です。

営業マンとの相性の良さは、金額以上の効果をもたらす1番の値引きなのです。

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1