新型ミニクーパーの燃費情報! 実燃費はどれぐらい?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

BMWの新型ミニクーパーの燃費はどうでしょうか?

新型ミニクーパーの燃費、実燃費などの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ミニクーパー、カタログ燃費

nenpi_02

引用:https:/www.mini.jp/ja_JP/home.html

【MINI 3ドア(F56)】

6AT(6MT)

・ガソリン

◆ONE:19.2km/L(20.2km/L)

◆COOPER:18.3km/L(19.6km/L)

◆COOPER S:17.6km/L(15.8km/L)

◆JOHN COOPER WORKS:16.6km/L(14.8km/)

・ディーゼル

◆COOPER D:23.9km/L

◆COOPER SD:23.8km/L

nenpi_03

引用:https:/www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-convertible.html

【MINI 5ドア(F55)】

・ガソリン

◆ONE:19.2km/L

◆COOPER:18.3km/L

◆COOPER S:16.4km/L

・ディーゼル

◆COOPER D:23.9km/L

◆COOPER SD:23.8km/L

nenpi_04

引用:https:/www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-convertible.html

【MINI コンバーチブル(F57)】

・ガソリン

◆COOPER:16.7km/L

◆COOPER S:16.3km/L

◆JOHN COOPER WORKS:15.6km/L

【MINI クラブマン(F54)】

・ガソリン

◆ONE:17.2km/L

◆COOPER:17.1km/L

◆COOPER S:16.6km/L

◆COOPER S ALL4:14.9km/L

◆JOHN COOPER WORKS:16.6km/L(14.2km/)

・ディーゼル

◆COOPER D:22.0km/L

◆COOPER SD:22.7km/L

nenpi_05

引用:https:/www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-crossover.html

【MINI クロスオーバー(R60)】

・ガソリン

◆ONE:17.2km/L

◆COOPER:16.6km/L

◆COOPER S ALL4:16.2km/L

スポンサーリンク

燃費の口コミから実燃費を見る

MINI3ドアクーパーS

小さなサイズの割に安定して飛ばせる車です。

ドイツ車的な乗り味が好きな人にはおススメです。

軽さや軽快感が欲しい人にはおススメ出来ません。

街乗り8キロ、高速11キロくらいです。ちょっと悪いかな。

MINI3ドアクーパー

2代目からの乗り換えで購入しました(主に妻用)

先代の不満点がほぼ改善されていて満足度は高くなったと思います。

乗り味も先代は低速でぎくしゃくしましたが、3代目は非常に乗りやすく普通の車になったという感じです。

ダウンサイジングターボに期待していましたが、先代のノンターボとほぼ変わらず。

街乗りは10km/L前後でしょう。

nenpi_06
引用:https:/www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-crossover.html

MINI3ドアクーパーS

営業マンさんの話だと14km/L以上は走るそうです。

ただし、ハイオクはお財布に優しくないので、燃費と燃油コストをトータルで考えれば、ぎりぎり許容範囲といったところです。

燃費は悪くない。

車体小さいメリット充分。

なんにも言うことないです。

高速中心でカタログと同じくらい。

市街地では12km/l程度。

積極的にアイドリングストップする割に、すごく良いわけではない。

1000kmほど乗ったが、高速走行ではリッター18km以上を記録し予想以上に良好だ。

アイドリングストップ機能は、スムーズに停止始動が繰りかえされるが、信号待ちをする時間程度でも始動してしまいエコストップの効果が半減する。

JOHN COOPER WORKS

平均10km/Lあるので問題なし

いい車です、飽きないですし☆

nenpi_07
引用:http://cp.mini.jp/mini_style/urban/

クーパーの6MT

燃費は、渋滞のある街中での通勤使用でおとなしく走って13km/Lくらい。高速道路を制限速度で走って16~17km/Lくらいでした。

国産車に比べ、値段的には高かったですが非常に満足しており、10年間、できれば15年くらい乗り続けてもいいと思っています。

通常13km/L

短距離走ですと8km/Lくらいにまで落ち込みます^^;

かなりスポーティーに攻めても結構正直に答えてくれるマシンです^^

サス硬さも少し固めですね^^

街乗り中心で11km/L(AT)は、許容範囲かと。

今はやりのエコカーではないですが、走行距離が多くない生活スタイルだと、あまり関係はないとおもいました。

運転が楽しくなるくるまだとおもいました。

nenpi_08
引用:https:/www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-5-door-hatch.html

市街地7~9km/L、 高速11~14km/L

あのBMWの関わったエンジンとしては、ガサツな音、振動、回転ですが意外とパワフルで、踏まなければ燃費も良好です。

しかし、ATのシフトプログラムは最悪で市街地ではひたすら高いギアを選ぼうとしてギクシャクの嵐。

街乗り通勤時で7~8km/L、高速のみで14km/Lくらいです。

ちなみに現行ダイハツタント(ターボ)では、高速13km/Lくらいだったので、高速走行ではかなり優秀です。

nenpi_01
引用・出展:http://review.kakaku.com/review/70102410304/Page=2/#tab

燃費に関してのオーナーたちの評価は5点満点中4.33点と悪くないようです。

ただしガソリンはハイオクとなりますので、割高感があります。

ディーゼルだとどのような感じでしょうか。

スポンサーリンク

ディーゼルの実燃費

ミニクロスオーバーとミニペースマンにしか設定されていなかったクリーンディーゼルが、3ドア、5ドア、クラブマンに搭載されることになりました。

クリーンディーゼルのメリットは加速力に優れ、燃費が良く、ガソリンよりも安い軽油が使用できることです。

一方デメリットとしてエンジン音が大きく、独特の振動があるといいます。

クーパーの燃費は17.9km/L、クーパーD(ディーゼル)では23.9km/L。

価格差は20万円ほどですが、ハイオクと軽油の価格差を考えると、ディーゼルはかなり経済的だといえるでしょう。

ディーゼルの実燃費口コミもありますので、参考にしてみてください。

クーパーSD

真夏にエアコンをかけると14km/Lを割り込むくらい。

良いときは16キロ以上走る。高速は19km/Lくらい。

今までの最高は自宅(平塚)から千葉へドライブに行ったときに記録した22km/L。

運転すると、いい車だなぁと思います。

クーパー D

急加速だけ気を付ければ、街乗り16km/L、高速18km/Lは優に発揮します。

某国産FRスポーツからの乗り換えなので、若干物足りなさはありますが、燃費もよくバランスが取れた車なのではないでしょうか。

nenpi_09

引用:https:/www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-5-door-hatch.html

⇒ 新型ミニクーパーを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

新型ミニクーパーの燃費情報まとめ

国産車のコンパクトエンジンが低燃費至上主義で開発されているのとは違い、ミニクーパーは走ることを忘れないBMWのプレミアムコンパクトを貫いたクルマです。

そのうえで燃費を見てみると、悪くない、むしろいいといってしまっていいでしょう。

コンパクトでよく走るといわれているマツダデミオXD Touringですら最高出力92~116ps、ミニクーパーでは116~231psと同クラスでも桁ちがいのパワー差です。

アクアに至ってはモーター出力をプラスしても113psと国産車の標準がそのような状況でミニクーパーは国産コンパクト同様の燃費なのですからすごいことです。

nenpi_10

引用:http://cp.mini.jp/mini_style/urban/

またヨーロッパでは、燃費測定が日本より高速走行の値が使用されるため、日本車より高燃費となっています。

そのカタログ燃費については、現在JC08モードが基準となっていますが、WLTP(国際調和排出ガス・燃費試験法)の導入が決まりそうなのです。

国際的に基準を統一する目的なのですが、このWLTPでは日本車はかなり不利になってくるといわれています。

特にハイブリッド車はJC08モード以下の燃費値になるようです。

ハイブリッドが高速域での燃費があまり良くないことが繁栄されるためです。

さらにアイドリングストップの測定時間が短く設定されていること、エンジンが冷えている状態から測定することなどからもJC08モードとはかけ離れた結果になるかも知れません。

nenpi_11

引用:http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/shoene_shinene/sho_ene/jidosha_wg/2015/pdf/001_07_00.pdf

WLTPでの燃費測定が日本でも標準となった場合、ミニクーパーのようなギア比やシフトスケジュールが適正なクルマの燃費は想像以上に良くなってくる可能性が高いですね。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク