BMW 5シリーズの色・カラーをご紹介!人気のカラーはこれだ?内装色との相性は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

BMW5シリーズはセダンとツーリングの2種類があります。

BMWは世界でも有名な自動車メーカーで、「駆け抜ける歓び」というコンセプトの元に多種多様な車が作られています。

その中からBMWのブラックといえばは、5シリーズのボディカラーや内装色について詳しく調査していきます。

スポンサーリンク

BMW 5シリーズの全色ボディカラーとその特徴

Capture5

引用:https://www.bmw.co.uk

なんと5シリーズのボディカラーは全部で22色もあります。

このボディカラーはセダン、ツーリングどちらも共通となっています。

どんな色があるのか見ていきましょう。

全カラー-600x360

引用:https://www.bmw.co.jp

  • ブラックⅡ(668)※1
    (ソリッド・カラー)
  • ブラック・サファイア(475)
    (メタリック・カラー )
  • ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト(A90)
    (メタリック・カラー )
  • カシミヤ・シルバー(A72)※1
    (メタリック・カラー )
  • アルピン・ホワイトⅢ(300)※2
    (ソリッド・カラー)
  • インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト(A89)※1
    (メタリック・カラー )
  • アトラス・シーダー(C2P)※1
    (メタリック・カラー )
  • グレイシャー・シルバー(A83)※1
    (メタリック・カラー )
  • メディテラニアン・ブルー(C10)
    (メタリック・カラー )
  • ジャトバ(B65)※1
    (メタリック・カラー )
  • ブルーストーン(C2Y)
    (メタリック・カラー )
  • ミネラル・ホワイト(A96)※1
    (メタリック・カラー )

メタリック・カラーは別途料金90,000円が発生します。

※1 Standard Luxuryにのみ対応
(MSportを選択した場合、※1がついているカラーは選択することが出来ませんので注意してください)

※2 Standard、M Sportにのみ対応

余談ですが、メタリックカラーのアトラス・シーダーの由来はアトラスシーダーという植物からきています。

1

引用:https://www.bmwofgainesville.com/

アトラスシーダーは、北アフリカのアトラス山脈を原産地とするヒマラヤスギの仲間で、その名前がボディカラーにそのまま採用されています。

くすみがかったグリーンが葉や木々をイメージしているのではないでしょうか。

木-494x600

引用:https://ja.wikipedia.org

BMW INDIVIDUAL(カラー)

BMW INDIVIDUALというのは、自分で好きなようにボディカラー、シート等を選び、世界に1台だけの車を作ることが出来ます。

素材からデザイン、どんなことでも叶えてくれるオーダーメイド・プログラムとなります。

豊富なラインアップの中から自分の理想に合った1台を作り上げましょう。

INDIVIDUALで選ぶことの出来るカラーは全部で10色になります。

BMW-5series-sedan-design-individual-01-L-600x338

引用:https://www.bmw.co.jp

  • ロードナイツ・シルバー(X17)
  • シャンパン・クオーツ(X08)
  • アルマンディン・ブラウン(X14)
  • アズライト・ブラック(S34)
  • ブリリアント・ホワイト(490)
  • フローズン・ブリリアント・ホワイト(490)
  • ピュア・メタル・シルバー(490)
  • フローズン・カシミヤ・シルバー(490)
  • フローズン・ダーク・ブラウン(490)
  • フローズン・アークティック・グレー(490)

BMW INDIVIDUALは全てメタリック・カラーになっています。

スポンサーリンク

BMW 5シリーズのボディカラー人気ランキング

こんなにもたくさんボディカラーがあるBMW 5シリーズの中で、一体どの色が人気なのでしょうか。

第1位 アルピン・ホワイトⅢ

キャプチャ-2-600x352

引用:https://www.bmw.co.jp

 こちらのアルピン・ホワイトⅢはMSport限定色となり、どうしてもこの色にしたい場合はMSportを選ぶ必要があります。

それだけMSportの人気が高いということも分かります。

BMWの中でもMSportはシリーズに関係なく、特に人気があります。

ソリッド・カラーなので、メタリック・カラーに比べてペイント料金がかからないのも人気のひとつかもしれません。

やはりホワイトはどのメーカー、車種においても人気の高いカラーになっています。

第2位 ミネラル・ホワイト

b51ccec3a978169cb2b9949cc400a65f8ca0ed680dbc8f063fd7c93dbadc4c95-600x367

引用:https://www.bmw.co.jp

続いて第2位もホワイト系統のカラーになっています。

アルピン・ホワイトはMSportsでしか選択することの出来ないカラーとなっている為、MSports以外のLuxury等のグレードを選んでいる人がこのミネラル・ホワイトにしているようです。

ボディカラーがたくさんあり、グレードによっても設定できる色が違うため、今回は2タイプのホワイトが1位と2位になっています。

名前も素敵で、ミネラルと付いているのでミネラルウォーターのように透き通っているようなクリアなイメージがあります。

第3位 ブラック・サファイア

下の画像はごく最近新登場したBMW 5シリーズのBLACKOUTです。

ボディカラーをブラック・サファイアにして、キドニー・グリル、インテリア、ホイールすべて黒に統一しています。

cq5dam.resized.img.585.low.time1548387208212

引用:https://www.bmw.co.jp

BMWのブラックといえばこのブラック・サファイアが人気です。

ホワイトに次いで定番カラーですが、ブラックはシンプルにかっこよく、迫力があります。

BMWではブラックⅡ、ブラック・サファイア、ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクトの3色がブラック系統になりますが、この3色の中でもやはりブラック・サファイアが一番重厚感のあるブラックに見えます。

スポンサーリンク

BMW 5シリーズの内装色は?

インテリアカラー-600x457

引用:https://www.bmw.co.jp

内装はグレードによってシートやインテリアカラーが変わってきます。

インテリアカラーはブラック、キャンベラ・ベージュの2色となります。

シートカラーはアンソラジット、ブラック、アイボリー・ホワイト、キャンベラ・ベージュの4種類になります。

MSport、Luxuryでは専用のステッチが施されているものもあり、ちょっとしたアクセントになっています。

グレードによっては標準装備のものや、オプション装備のもの、設定によっても違うものがありますので注意してください。

・Standard
Capture6

・MSport
Capture2

・Luxury
Capture3
※専用ステッチ付

下の画像ははMSport専用のブラック・ダコタ・レザー・シートです。

さりげなくシートの左側にMSport専用のステッチが付いているのがスポーティな印象になっています。

キャプチャ-3-600x281

引用:https://www.bmw.co.jp

Luxuryの専用ステッチは下の画像のようにひし形模様のデザインとなっています。

インテリア・パネルも木目調のものを合わせていて Luxuryのエレガンスさを引き立てています。

Luxury-600x267

引用:https://www.bmw.co.jp

BMW INDIVIDUAL(内装)

ボディカラーと同様に、シートにもBMW INDIVIDUALがあります。

こちらで選べるシートには綾織のようなステッチが施されていて、パイピングはひとつひとつ手織りでつくられています。

シート一つにしてもここまでこだわりがある車はなかなかありません。

ボディーカラー、シートとの組み合わせると考えるとまさに無限です。

MSPort、Luxury
Capture4

  • INDIVIDUAL
indi-600x341

引用:https://www.bmw.co.jp

また、内装色のほかにもアンビエントライトという照明が装備されています。

グイーン、パープルの他にもブルー、レッド、オレンジ、ホワイトなどの色があり、自分で色を変えることができます。

内装色と合わせてシックな色合いで合わせたり、気分によって明るい色にしてみたり、多種多様な組み合わせを楽しむことができます。

  • グリーン
グリーン-600x292

引用:https://www.bmw.co.jp

  • パープル
パープル-600x290

引用:https://www.bmw.co.jp

いかがでしたでしょうか。

こんなにもボディカラーや内装色が豊富な車もなかなかないのではないでしょうか。

ただ、色は多いですが、グレードによって選べない色もあるので気をつけてください。

5シリーズを検討している人はじっくり悩んで自分のお気に入りの車でドライブを楽しみましょう。

アイキャッチ画像引用:引用:https://www.bmw.co.jp

この記事を書いた人

marukuma
娘たちとの食べ歩きや一人息子(?)の愛犬を乗せてのドライブを楽しみとしています。
どこに行くにも車の生活なので、家族1人に付き1台の車が必要な環境です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1