ウェイクvsピクシスメガ徹底比較!維持費や燃費・乗り心地はどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツ・ウェイクにはトヨタ・ピクシスメガという姉妹車があります。

ピクシスメガはウェイクのOEM車ということで外観も内装も全く同じです。

そのため、ウェイクとピクシスメガがどっちがい良いのか?と購入を迷う方は少なくないです。

そこで今回は、外観や内装以外の部分で比較して、両車は本当に違いがないのか比較していきます。

比較項目は「維持費」「燃費」「乗り心地」です。

スポンサーリンク

ウェイクvsピクシスメガ維持費はどっち?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

見た目や造りが一緒なら、せめて維持費が安い方を選びたいところでしょう。

ダイハツ・ウェイクとトヨタ・ピクシスメガ、維持費が安いのはどっちでしょうか。

「自動車税」「任意保険料」「車検代」「ガソリン代」の4項目を合計して、年間の維持費を算出しました。

自動車税

車種排気量自動車税
ウェイク660cc10,800円
ピクシスメガ660cc10,800円

自動車税は車両の排気量によって税額が定まっていますが、軽自動車の場合はそれに関係なく一律10,800円になります。

自動車税の場合、グリーン化特例の条件をクリアしていると減税が適用されます。

ただ、ウェイクとピクシスメガどちらもグリーン化特例適用はないので、減税はないです。

任意保険

車種任意保険料
ウェイク60,000円
ピクシスメガ60,000円

自動車保険は自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険は強制加入なのに対し任意保険は加入するかどうかはドライバー自身で決めます

ただ、基本的に自賠責保険だけでは十分に賄えませんので、できれば加入しておいたほうが良いですね。

任意保険の料金は、様々な条件により左右されるのでウェイクとピクシスメガの任意保険は平均で出しています。

車検費用

車種法定費用車検基本費用合計
ウェイクエコカー減税対象
14,685円/年
エコカー減税対象外
15,085円/年
20,000円/年エコカー減税対象
34,685円/年
エコカー減税対象外
35,085円/年
ピクシスメガエコカー減税対象
14,685円/年
エコカー減税対象外
15,085円/年
20,000円/年エコカー減税対象
34,685円/年
エコカー減税対象外
35,085円/年

車検費用には法定費用・車検基本費用・部品交換費用が含まれます。

  • 法定費用

法定費用には、印紙代、自賠責保険、自動車重量税が含まれます。

印紙代は1,800円、自賠責保険は軽自動車の場合一律25,070円/2年となります。

重量税は文字通り車両の重量によって税額が決められます。

車種車両重量重量税
ウェイク990~1060kgエコカー減税対象
2,500円/2年
エコカー減税対象外
3,300円/2年
ピクシスメガ990~1060kgエコカー減税対象
2,500円/2年
エコカー減税対象外
3,300円/2年

ただし、軽自動車は重量に関係なく一定額と定められています

エコカー減税対象なら2,500円、エコカー減税対象外なら3,300円です。

  • 車検基本費用

車検基本費用には24ヶ月定期点検料、測定検査料、車検代行手数料の3つが含まれます。

これには人件費が含まれており、当然業者によって金額は異なります。

車検基本費用は車検する業者ごとに料金が異なるので、今回は平均で出しています。

  • 部品交換費用

部品交換費用は、走行距離や車両の状態によって金額が左右されますので、今回は車検代に含めていません。

ガソリン代

車種燃費ガソリン代
ウェイク23.8km/L58,823円
ピクシスメガ23.8km/L58,823円

ガソリン代は、カタログ燃費をもとに計算しています。

年間に走り距離を10,000km、燃料費はレギュラーガソリンは140円/Lで算出するとします。

  • ウェイク

10,000km÷23.8km/L×140円=58,823円

  • ピクシスメガ

10,000km÷23.8km/L×140円=58,823円

さすが、軽自動車だけあってガソリン代は安いですね。

維持費の比較項目と合計額は以下の通り。

項目ウェイクピクシスメガ
自動車税10,800円10,800円
任意保険60,000円60,000円
車検代エコカー減税対象
34,685円/年
エコカー減税対象外
35,085円/年
エコカー減税対象
34,685円/年
エコカー減税対象外
35,085円/年
ガソリン代58,823円58,823円
年間維持費合計エコカー減税対象
164,308円
エコカー減税対象外
164,708円
エコカー減税対象
164,308円
エコカー減税対象外
164,708円

年間維持費は見事なまでに一緒という結果になりました。

維持費が安い方を買いたいという人にとっては、ちょっと困ってしまいますね。

価格もグレードも同じ!?

引用:https://toyota.jp/pixismega/

新車購入の場合、多くの方が分割払いを選びますが、そうなると月々の購入価格の支払いも気になるところ。

維持費として考えた場合、車両本体価格が安い方を選びたいところですが・・・

実は、ダイハツ・ウェイクとトヨタ・ピクシスメガは車両本体価格も同じです。

しかも、グレード構成も全く同じです

グレード車両本体価格
Gターボ “SA 3”1,674,000円~
Gターボ “SA 3” レジャーエディション“SA 3”1,717,200円~
L “SA 3”1,555,200円~
L “SA 3” レジャーエディション“SA 3”1,598,400円~
D1,350,000円~
D ”SA 3”1,414,800円

通常、OEM車の場合、グレード構成や価格はオリジナル車と異なることが多く、基本的にOEM車のほうが価格は高めです。

しかしウェイクとピクシスメガはグレードも価格帯も同じです。

スポンサーリンク

ウェイクvsピクシスメガ燃費対決

より燃費性能が優れている方を選びたいところですが、燃費はどちらが良いのか比較してみましょう。

車種燃費
ウェイク23.8~25.4km/L
ピクシスメガ23.8~25.4km/L

薄々わかっていましたが・・・やはり燃費性能も同じですね。

ちなみにタンク容量も同じなので、ガソリン満タンで走行可能な距離も同じです。

燃費対決は引き分けです

スポンサーリンク

ウェイクvsピクシスメガ乗り心地を比較

ダイハツ・ウェイクとトヨタ・ピクシスメガは使用しているパーツや造りが同じです。

そのため、基本的には乗り心地も同じと考えて良いです。

念の為、ユーザーによる乗り心地の評価をご紹介します。

【ウェイク】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

  • 段差は特に衝撃が来ます。軽自動車だから仕方ないと割り切るしか無いですね。
  • タントとは違って足回りは硬めですね。
  • 背高いから足回りを固くして横揺れを防いでくれるようですね。
  • 路面の状況がもろ伝わってきます。これはなかなかの不快です。
  • 特にリアシートは厚みがないから、余計に乗り心地を悪くしてます。

【ピクシスメガ】

引用:https://toyota.jp/pixismega/

  • ウェイクも試乗したけど、全然違いがわからないくらい乗り心地はヒドイです。
  • 軽自動車だから、路面からの衝撃はきついですね。
  • 安定性は結構高いけど、その分乗り心地は犠牲になってますね。
  • 後席がここまでヒドイと、子供は乗せられないですね。
  • ファミリーカーとして使うのをためらうほど乗り心地は良くないです。

やはり乗り心地に関してもどっちも評価は同じようなもの。

全体的に低評価が多く、乗り心地を重視する方には不向きな車です。

特に両車は、後席の乗り心地が酷く長時間ドライブは向いていないです

あくまでも積載力に力を入れている車なので、ファミリーカーとして購入を考えているなら新型タントを選ぶほうが良さそうですね

スポンサーリンク

ウェイクvsピクシスメガ比較まとめ

ダイハツ・ウェイクとトヨタ・ピクシスメガは、

  • 維持費
  • 燃費
  • 乗り心地

すべて同じ結果となりました。

そうなると、本気でどっちが良いのか迷ってしまい決められませんよね。

唯一、違う部分はエンブレムぐらいです。

トヨタエンブレムのほうが価値があるという方もいますが、普通車であればそうかもしれませんが、軽自動車の場合はダイハツが本家です

ウェイクはCMも流しているので、知名度はウェイクのほうが上でしょう。

また全軽自協の集計によれば、2018年度の販売台数はウェイクが焼く29000台に対し、ピクシスメガは他のピクシスシリーズを含めて計26000台程度となっています。

このことからもわかるとおり、知名度はウェイクが勝っているため、リセールバリューにも差が出るのではないでしょうか

後々、高く売ることを考えるならピクシスメガではなくウェイクを買ったほうが良いでしょうね。

アイキャッチ画像の引用:左 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm 右 https://toyota.jp/pixismega/ 

この記事を書いた人

よっちん
ボーっと、缶コーヒー飲みながら車を運転するのが大好きです。

長距離を走ると、疲れるので乗り心地は気になります。

車、大好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1