ボルボV60の燃費情報! 実燃費はどれぐらい?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

北欧デザインのステーションワゴンといえば「ボルボV60」

ボルボのステーションワゴンは、販売台数も多い人気の車ですが燃費はどうなのでしょう?

スポンサーリンク

ボルボV60の燃費はどお?

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/trims/momentum

ワゴンモデルの「ボルボV60」の燃費情報をチェックしてみました。

ボルボV60の「燃費」に関してチェックしていきます。

月のガソリン代に関わるのが、燃費です。

ステーションワゴンで大きめなボディを持つ、ボルボV60の燃費はどれくらいなのかをチェックしてみました。

まず、現行型のボルボV60には、4つのグレードがあります。

<ボルボV60グレード>

  • T5 モメンタム:4,990,000円
  • T5 インスクリプション:5,990,000円
  • T6 ツインエンジン AWD インスクリプション:7,490,000円
  • T8 ツインエンジン AWD インスクリプション:8,190,000円

グレードによって装備はもちろんですが、エンジンも異なります。

「T6 ツインエンジン」、「T8 ツインエンジン」は、プラグインハイブリッドモデル(PHEV)です。

ボルボV60に搭載されるエンジンは、すべてが過給機付きの2リッター4気筒。

エンジンは、2種類あります。

<ボルボV60のエンジン>

  • 2.0Lインタークーラー付きターボチャージャー
  • 2.0Lインタークーラー付きターボチャージャー&スーパーチャージャー+電気モーター

2リッターの4気筒直噴ガソリンターボエンジンには、「T5 モメンタム」、「T5 インスクリプション」があります。

2リッターエンジンで、街乗りから高速道路までスムーズな走りを楽しめ、トルクもあり高回転域の優れたレスポンスが特徴。

<ボルボV60の馬力と燃費>

「T5 Momentum(モメンタム)」

2.0Lガソリンターボエンジンを搭載。

  • エンジン最高出力187kW(254ps)/5500rpm
  • エンジン最大トルク350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm
  • 燃費:12.9km/L

「T5 Inscription(インスクリプション)」

2.0Lガソリンターボエンジンを搭載。

  • エンジン最高出力187kW(254ps)/5500rpm
  • エンジン最大トルク350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm
  • 燃費:12.9km/L

ボルボV60のエンジンは、最大トルクは350Nmで、1500-4800rpmという幅広い回転域でトルクを発生します。

T5 MomentumとT5 Inscriptionは、同じ2.0Lガソリンターボエンジンを搭載し2つのグレードの燃費は同じ。

ボルボV60の燃費:12.9km/L(JC08モード)

現行型ボルボV60には、可変バルブタイミング機構、筒内直接噴射、アイドリングストップ装置などの燃費向上技術が使用されています。

ガソリンは、無鉛プレミアム(ハイオク)を使用しています。

レギュラーガソリン使用ではないため、ガソリン代は割高なのはマイナスポイント。

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/trims/momentum

また、ボルボV60には、プラグインハイブリッドモデル(PHEV)があります。

※プラグインハイブリッドモデルは、2019年春以降の発売予定。

プラグインハイブリッドモデルは、2.0L直噴ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせた「T8」と「T6」。

<プラグインハイブリッドモデル>

  • T8 ツインエンジン AWD インスクリプション
  • T6 ツインエンジン AWD インスクリプション

「T8 Twin Engine AWD Inscription」

プラグインハイブリッドの2.0Lスーパーチャージャー&ターボエンジン搭載。

  • エンジン最高出力233kW(318ps)/6000rpm
  • 最大トルク400Nm(40.8kgm)2200-5400rpm

プラグインハイブリッドモデルは、2019年春の発売予定で、燃費の公表はされていません。

確実に、通常モデルのボルボV60よりも、プラグインハイブリッドの方が燃費はいいですが、燃費の数値は不明です。

今後のプラグインハイブリッド展開が気になる車です。

スポンサーリンク

ところでボルボV60ってどんな車でしょうか?

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/trims/momentum

ボルボV60は、スウェーデンデザインのステーションワゴン形状の乗用車。

2010年に販売され、現行型のボルボV60は、2代目のモデルです。

<ボルボV60>

  • 初代(2010年 – 2018年)
  • 2代目(2018年 – )

初代のボルボV60は、2010年から2018年まで販売。

2代目は、2018年に発売され現在の型に続いています。

ボルボV60は、全長が長いデザインを持ったステーションワゴンです。

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/trims/inscription

<ボルボV60のボディーサイズ>

  • 全長:4760mm
  • 全幅:1850mm
  • 全高:1435mm

ボルボV60の全長は4760mm。

縦に長いボディを持ち、初代のV60より全長が125mm長くなりました。

しかし、全幅と全高は小さくなっていてスマートに感じます。

初代のボルボV60と比べても、横幅が小さくなったので、機械式駐車場にも対応でき、乗りやすいサイズになりました。

ボルボV60は、全高が低いので、スタイリッシュなステーションワゴンです。

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/trims/inscription

また、ボルボは、安全性能が高い自動車メーカーです。

車の頑丈さが強みで、衝突した時の衝撃吸収により乗員を守れる作りで、衝突安全評価もトップレベル。

「シティセーフティ」という追突の危険を察知すると、自動的にクルマを減速・停止させるシステムも搭載。

安全性と快適性も併せ持つボルボV60は、日本でも人気の車です。

日本での販売台数も増え、人気が高まっているのが「ボルボV60」となります。

スポンサーリンク

ボルボV60の旧型の燃費

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBV60#/media/File:Volvo_V60_T3.JPG

ボルボV60には、現行型以外にも、前型の初代ボルボV60があります。

ボルボV60の初代型は、価格も下がってきているため購入しやすい価格になってきています。

価格は下がってきているため、ボルボV60を手に入れたいと思うのであれば、前の型のV60購入するのもいいかもしれません。

初代ボルボV60は、発売年数が約8年間と長く、グレードのバリエーションも豊富な車。

初代のボルボV60もグレードによって燃費も異なります。

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/trims/momentum

<ボルボV60のグレード(参考)>

  • T4 AT
  • T4 SE AT
  • D4 SE ディーゼルターボ
  • D4 Rデザイン ディーゼルターボ
  • T5 SE
  • T5 Rデザイン
  • T5 クラシック
  • T6 AWD SE 4WD
  • T6 AWD Rデザイン
  • ポールスター

「ボルボ・V60」のグレードには、ガソリン車として、「T5 SE」、「T5 R-デザイン」、「T6 AWD R-デザイン」などがラインナップ。

ボルボV60の燃費は、8.5~20.2km/Lです。(JC08モード)

中でも、燃費が悪めなのはガソリン車の「T6 AWD SE」や「T6 AWD Rデザイン」

「T6 AWD SE」や「T6 AWD Rデザイン」の燃費は、8.5km/L。(JC08モード)

ポールスターは、V60のガソリン車の「ハイパフォーマンスモデル」の特別限定車。

ポールスターの燃費は、11.2km/L(JC08モード)


引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBV60#/media/File:Volvo_V60_T3_Heck.JPG

一方、ディーゼル車としては「D4 SE」、「D4 R-デザイン」などがラインナップ。

「ボルボ・V60 D4シリーズ」は、V60を代表する「ディーゼルシリーズ」となっています。

燃費はディーゼル車がいいです。

「D4 SE」、「D4 R-デザイン」の燃費は、20.2km/L(JC08モード)

ディーゼルエンジンを搭載したモデルは、燃料は軽油のため、ガソリン車よりも燃料代を抑えることができます。

燃費や維持費を気にする場合は、ディーゼル車の購入がオススメです。

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/trims/inscription

スポンサーリンク

ボルボV60の燃費情報! 実燃費はどれぐらい?まとめ

今回は、ボルボV60の「燃費」をチェックしてみました。

ボルボの現行型の燃費は、12.9km/L(JC08モード)

燃料タンクは、55Lです。

現行型ボルボV60は、それほど燃費がいい車ではありませんが、燃料タンクは55Lの容量があるため、ロングドライブも可能。

燃費で計算すると約700kmほど走ります。

また、プラグインハイブリッドモデルの発売の予定がありますが、2019年春以降の発売予定のため、燃費は不明。

初代モデルのボルボV60は、「ガソリン車」と「ディーゼル車」があり、燃費がグレードにより異なります。

ボルボV60の燃費は、8.5~20.2km/L(JC08モード)です。

初代ボルボV60にはディーゼル車があり、燃費は、ディーゼルの方がいいです。

燃費重視なら、ディーゼル車を選択するのがいいかもしれません。

燃費は車の維持費に関わる重要な部分です。

購入後の維持費のことも考えて、購入前に車の燃費を把握しておくことは大事なことですね。

この記事を書いた人

キューエム
自称、車のマニアです。車の情報を実際のディーラーで集めたり、雑誌やインターネット、ネットでの海外のモーターショーでも情報を集めて楽しんだり各種ブログで記事を書いて情報発信もしています。役立つ情報をじっくり楽しんでくださいね。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1