ジムニーとジムニーシエラを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

コンパクトな本格派オフローダーとして根強い人気があるスズキジムニージムニーシエラですが比較してみた場合が気になる方も多いと思います。

今回はジムニージムニーシエラの大きさや乗り心地、燃費などの維持費に関する情報を検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

ジムニーとジムニーシエラの乗り心地や大きさはどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

まずは大きさから比較してみます。

ジムニーの大きさを調べてみました。

全長3395mm

全幅1475mm

全高1725mm

ホイールベース2250mm

室内長1795mm

室内幅1300mm

室内高1200mm

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

ジムニーシエラの大きさを調べてみました。

全長3550mm

全幅1645mm

全高1730mm

ホイールベース2250mm

室内長1795mm

室内幅1300mm

室内高1200mm

大きさを比較してみるとジムニーシエラはジムニーに対して145mm長く、170mm広く5mm高くなっています。

基本的に車体は同じですから軽自動車枠のジムニーにバンパーとフェンダーを装着した分がシエラの寸法となりました。

そういった成り立ちから室内の寸法は両車ともに全く同じとなっています。

今回モデルチェンジするにあたり、既存のユーザーからは出来るだけイメージを変えないで欲しいと要望があったそうで、エクステリアデザインはエッジの立ったスクエアな本格派にリファインされました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/interior/

室内に目を移すとジムニーとジムニーシエラのインテリアデザインは殆ど同じになっていますね。

質実剛健と言った言葉が当てはまる空間は飾り気のない実用色が映えていてインパネは切り立ったスクエアな形状でいかにも強そうな印象になっていますね。

運転席と助手席はシートの出来もよく快適で長距離も苦にならないでしょう。

後部座席は充分な広さはありますが2ドアということで利便性は少し犠牲になっています。

このクルマは林業に携わる方も使う、プロ仕様でなくてはなりませんから、飾る事よりも信頼性と実用性なのです。

初心者の方が街乗りをしても不快に感じる事はないレベルの乗り心地と快適性は確保しつつ道無き道をも走破してしまう高性能 4WDはフルタイムではなく、パートタイム式の本格派です。

サブフレームを仕様してリジットアクセルのサスペンションは硬めになりがちなところを長年の技術で快適に仕上げてきていますね。

高速道路を使って遠出をするなら1.5Lエンジンを積むジムニーシエラを選択すべきで、それ以外なら軽自動車0.66Lターボでも充分なパワーを持っていると思います。

スポンサーリンク

ジムニーとジムニーシエラの維持費はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

ここまではスズキジムニーとジムニーシエラの大きさや乗り心地についてお知らせさせて頂きました。

ここからはジムニーとジムニーシエラのランニングコストなどの維持費について検証してみたいと思います。

クルマを維持するには様々なコストが必要です。

維持費の中でもジムニーとジムニーシエラの税金関連はどうなっているのか調べてみました。

ジムニーはグリーン化税制とエコカー減税の対象にはなっていないようです。

自動車税は購入時は月割りで納付し、翌年度からは5月までに納付する様になっています。

ジムニーの購入翌年度の自動車税はグリーン化税制の適用になりませんので軽自動車枠の10,800円となっています。

重量税は購入時に3年分、車検ごとに2年分納付します。

ジムニーの購入時3年分の重量税はエコカー減税の対象にはならずに9,900円となっています。

購入時には合わせて自賠責保険も支払いますがジムニーでは3年分で36,920円となっています。

初回車検ではどのくらい費用がかかるのでしょうか。

重量税2年分6,600円+自賠責25,070円+印紙1,800円=法定費用33,470円

ここに整備費用と部品代がプラスになります。

格安車検で20,000円、ディーラーですと30,000円〜100,000円とですから法定費用と合わせて53,470〜133,470円くらいの幅になります。

ジムニーはタイヤサイズが特殊ですから通常の軽自動車よりも交換費用が高くなります。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

ジムニーシエラは1.5Lガソリンエンジンの普通車になりますがグリーン化税制とエコカー減税の対象にはなっていないようです。

ジムニーシエラの自動車税はグリーン化税制の対象にはなっておらず購入翌年度は34,500円納付する様になっています。

ジムニーシエラの重量税は購入時3年分で36,900円となっています。

購入時には合わせて自賠責保険も支払いますがジムニーシエラの場合は3年分で39,120円となっています。

初回車検費用はどのくらいかかるのでしょう。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

重量税2年分24,600+自賠責2年分25,830円+印紙1,800=法定費用52,230

整備費用と部品代で格安車検で20,000、ディーラーで30,000〜100,000円程度ですから合計で82,230〜152,230円となります。

ジムニーシエラはオフロードタイヤを選択するとタイヤ価格があがり、40,000〜60,000円程度は考えておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジムニーとジムニーシエラの燃費はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

ここまではスズキジムニーとジムニーシエラの大きさや乗り心地、維持費などをお知らせさせて頂きました。

ここからはジムニーとジムニーシエラの燃費に関する情報を検証してみたいと思います。

ジムニーのカタログ値の燃費を調べてみました。

0.66Lガソリンターボ5MT

WLTCモード16.2km/L

市街地モード14.6km/L

郊外モード17.5km/L

高速道路モード16.5km/L

0.66Lガソリンターボ4AT

WLTCモード13.2km/L

市街地モード11.2km/L

郊外モード13.9km/L

高速道路モード14.2km/L

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/luggage/

ジムニーシエラのカタログ値の燃費を調べてみました。

1.5Lガソリン5MT

WLTCモード15.0km/L

市街地モード12.8km/L

郊外モード15.8km/L

高速モード15.9km/L

1.5Lガソリン4AT

WLTCモード13.6km/L

市街地モード11.2km/L

郊外モード14.7km/L

高速モード14.6km/L

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/interior/

ジムニーの実燃費はどうなのでしょう。

0.66L 5MTでは14.0km/L

0.66L 4ATでは10.8km/L

ジムニーシエラの実燃費はどうなのでしょう。

1.5L 5MTでは実例がまだありませんでした。

1.5L 4ATでは11.8km/L

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/luggage/

WLTCモードは市街地モード、郊外モード、高速モードの3つの走行モードとそれぞれを総合して平均した数値で表していますから今までのJC08モード よりも実際の燃費に近い値が示されるようになりました。

オフロード性能を重視しているためにジムニー、ジムニーシエラにはハイブリッドやアイドリングストップ機構は採用されていません。

ミッションと燃費には不利な4ATですから最近のエコカーと比較しては不利かもしれません。

年間走行距離一万キロとした場合の燃料費を出してみました。

ジムニー0.66Lガソリンターボ

4ATの場合実燃費が10.8km/Lですから10,000÷10.8=925×130=120,250円という結果になりました。

1カ月あたりでは10,020円になります。

ジムニーシエラ1.5Lガソリン

4ATの場合実燃費が11.8km/Lですから10,000÷11.8=847×130=110,110円という結果になりました。

1カ月あたりでは9,175円になります。

車重も重くなくエンジンの素性も悪くない割には燃費は厳しい結果になりました。

アイキャッチ画像引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク