CX-8vsアウトランダー徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地も比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ファミリーカーとしても使いやすいSUVとして、CX-8とアウトランダーは外せません。

どちらも3列シートが設定されており、大人数での移動もこなせる上、シートアレンジがしやすく荷物も載せやすい大変使い勝手のいい車です。

そんなCX-8とアウトランダーについて、維持費や乗り心地などを比較してどちらが買いなのかを調べてみました。

CX-8 vs アウトランダー 価格比較

K0000962484

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

K0000432362

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

CX-8とアウトランダーには、2WD仕様と4WD仕様がラインナップされているので、それぞれの価格帯を見てみましょう。

2WD

  • CX-8:2,894,400~4,228,200円
  • アウトランダー:2,668,680~3,083,940円

4WD

  • CX-8:3,607,200~4,460,400円
  • アウトランダー:2,940,840~3,356,100円 

全体的に、CX-8の方が価格帯も広く、ベースグレード同士でも大きな価格差があります。

アウトランダーの場合は、全グレードで2WDと4WDの両方を選択できますが、CX-8はグレードによってはどちらか一方しか選択できません。

4WD同士で比較すると、その価格差は約66万円にもなります。

両者の駆動方式ごとの価格差は、CX-8がおよそ23万円、アウトランダーは27万円ほど4WD仕様が高くなっています。

cx8engine

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8にはガソリンモデルの他にクリーンディーゼルモデルが用意されていますが、アウトランダーは2.0Lもしくは2.4Lのガソリンエンジンのみです。

CX-8の場合、ガソリンエンジンは共通して2.5Lですが、2WDがNAエンジンなのに対して、4WD仕様車は2.5Lのターボエンジンになっています。

それに加えて、マツダお得意のクリーンディーゼルエンジンがどちらの駆動方式でも選択できるので、単純なエンジンスペックではCX-8の方が上です。

2019-01-20

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

一方で、アウトランダーでは、2WD仕様が2.0L、4WDでは2.4Lのエンジンが搭載されます。

最近ではあまり見かけなくなったSOHCエンジンということで、スペックを気にされる方も多いようですが、SOHCエンジンは低中速域で力を発揮しやすく、それでいてDOHCエンジンよりも重量が軽くなり開発コストもかなり抑えることができます。

このSOHCエンジンに、三菱の可変バルブシステムであるMIVECが搭載され、出力的には以前のモデルで採用されていたDOHCエンジンと同等の性能を発揮します。

SOHCエンジンというだけで馬鹿にする方がいますが、エンジン出力を落とすことなく燃費もコストも抑えることができているという実はすばらしい技術の結晶なのです。

CX-8 vs アウトランダー 維持費比較

img_mainvisual_01_pc

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

続いて、CX-8とアウトランダーの維持費を比較していこうと思います。

※ガソリン代は、年間1万キロ走行すると仮定し、執筆時点(1月20日)の全国平均価格(レギュラー:137.1円/軽油:119.1円)で計算しています。また、保険料と駐車場代については条件によって大きく異なるため同じ金額にしています。

CX-8の維持費

181025_cx8_exterior_img_01.ts.1810250229370000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8には、ガソリン仕様とクリーンディーゼル仕様がラインナップされているので、それぞれで維持費を計算してみました。

ガソリンモデルについては、2WD仕様の2.5L NAエンジンの燃費で計算しています。

cx8

やはり、ガソリン車に比べるとクリーンディーゼル車の方が年間の維持費を安く抑えることができるようですね。

クリーンディーゼル車にはエコカー減税が適用されるので、燃費だけでなく税金の面でもかなりお得です。

しかしながら、どちらも排気量が2.0~2.5Lの区分になるので、エコカー減税が適用されない場合は毎年それなりの出費を覚悟しておく必要があります。

長期的な維持費を考えると、クリーンディーゼルモデルを選択するのが賢い選択かもしれません。

アウトランダーの維持費

exterior_02

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーには、2WD仕様の2.0Lエンジンと、4WD仕様の2.4Lエンジンがあるので、それぞれを比較してみました。

outlander

両者の間で大きな違いが出るのは、税金面ですね。

2.0Lの2WD仕様の税金は39,500円なのに対して、2.4Lの4WD仕様では45,000円になってしまいます。

また、車重が1,490kgの2WD仕様では重量税が12,300円ですが、1,500kgを超える4WD仕様では16,400円まで上がってしまいます。

どちらの駆動方式でもエコカー減税によって重量税が軽減されますが、自動車税については軽減なしなので一応この点は頭に入れておいた方がいいかと思います。

ガソリンエンジンの燃費については、CX-8よりもアウトランダーの方が優れているので、ガソリン車の維持費で見ればお得ではありますが、エコカー減税や燃費などの面からもCX-8のクリーンディーゼル車にはかなりの差をつけられるという結果になりました。

CX-8 vs アウトランダー 燃費比較

181025_cx8_safety_hero.ts.1810250229380000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8とアウトランダーの燃費を比べてみたいと思います。

  • CX-8:12.0km/L [NA] / 13.4km/L [ターボ] /17.0~17.6km/L [ディーゼル]
  • アウトランダー:16.0km/L [2WD] / 14.6km/L [4WD]

燃費性能を全体的に比べてみると、CX-8よりもアウトランダーの方が優秀であることがわかります。

CX-8のクリーンディーゼル車も、1,850kgある車重を考えるととても優れた燃費性能だと言えますが、アウトランダーも1,500kgの車重があることを考えれば、ガソリン車でこれだけの燃費をたたき出しているのはすばらしいですね。

この時代にあえてDOHCエンジンを捨てて、SOHCエンジンを採用した三菱の決断が燃費の面で強く活きた結果だと思います。

CX-8 vs アウトランダー 乗り心地は?

181025_cx8_interior2_hero.ts.1810250229350000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8もアウトランダーも、3列シートを備えたSUVということで、ファミリーカーとして使うことを検討されている方も多いようです。

ここでは、両者の乗り心地について詳しくまとめてみようと思います。

CX-8の乗り心地

cx-8-interior

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8の乗り心地は、SUVでありながらも比較的普通の乗用車に近い感覚です。

内装も、プレミアム路線を目指すマツダらしく、シンプルでありながら高級感のあるデザインになっています。

全幅が1,840mmあるおかげで、フル乗車時でも隣の同乗者との間にゆとりができ、窮屈に感じることは少ないです。

また、ホイールベースが非常に長いおかげで、前後の間隔も確保されており、後部座席の乗り降りもしやすく感じます。

とはいえ、3列目シートに関しては、足元スペースが若干狭いと感じることもあり、大人の男性が長時間座り続けるのは苦しいかもしれません。

181025_cx8_interior1_hero.ts.1810250229300000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8は、ドライバーが最適な運転姿勢をとりやすいように設計されているおかげで、長時間の運転でも疲れを感じにくいようになっています。

また、騒音や振動が気になるディーゼルエンジンですが、実際に運転してみるとディーゼルエンジンに乗っているという感覚はほとんどなく、普通のガソリンエンジンのような感覚で運転することができます。

車内の静粛性も非常に高いので、運転手だけでなく同乗者にも喜ばれそうです。

アウトランダーの乗り心地

interior_01

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーには、CX-8のような高級感はありませんが、アウトドアに使っても汚れが目立ちにくいような内装になっています。

ボディサイズ自体は、CX-8よりも若干小さくはなりますが、それでも室内空間は十分に広いスペースが確保されています。

3列目シートの快適性についても、CX-8同様に大人の男性が乗るには少々厳しい部分もありますが、小柄な女性やお子様であればロングドライブでも十分座れそうです。

2019-01-20 (6)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーの一番の特徴は、その4輪統合制御システムにあります。

元々、パジェロやランサーエボリューションといった、4輪駆動車に定評があった三菱だけにアウトランダーでもその技術が惜しみなく生かされています。

4WD仕様車にオプション設定されている、「S-AWC」はランサーエボリューションXなどにも採用されたシステムで、雪道などの荒れた路面でも安心して運転することができます。

interior_02

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

CX-8と比べると、内装のデザインや乗り心地からSUVらしいゴツゴツとした無骨さを感じることができますね。

アウトランダーは、上手くコストを抑えながらもSUVらしい部分を主張できており、大人数でも移動できるファミリーカーとして十分な乗り心地を備えた車でもあると言えます。

CX-8 vs アウトランダーの比較まとめ

cx-8_VS_out

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

CX-8もアウトランダーも、大人数で移動できるSUVという点は共通していますが、車本来の目的としては少々違いがあります。

CX-8は、今流行りの都会的なクロスオーバーSUVであるのに対して、アウトランダーは、ラリー競技に使用されるなどアウトドアでもガンガン使っていける本格的なSUVです。

その分、乗り心地や高級感などの面では、CX-8の方が優れているように思いますが、普段の運転からSUVとしての性格を感じさせてくれる乗り味が特徴のアウトランダーも非常に楽しい車だと思います。

街乗りや長距離のドライブが多い方にはCX-8がオススメですが、キャンプやスキーなどのアウトドアを思いっきり楽しみたいという方にはアウトランダーを強くおすすめしたいです。

アイキャッチ画像引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/・https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

この記事を書いた人

まさ
小さいころから車が大好きで、
当時はすれ違う車の名前はほとんど全部言えました。

これから車の詳しい情報をわかりやすくご紹介していきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1