エクストレイルとアウトランダーを徹底比較!どっちが買い? 維持費、燃費、乗り心地などを検証!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2018年度の最多販売台数のミニバンは日産のセレナでしたが、エクストレイルも実はSUVの売り上げ台数ではトップ3に入るヒット車です。

また三菱自動車のアウトランダーも、販売不振の三菱自動車の中では牽引車的役割で、発売してから時間がたっているものの、改良を重ねて魅力をキープしています。

今回はこのエクストレイルとアウトランダーの魅力を比較してみましょう。

スポンサーリンク

エクストレイルとアウトランダー、ライバル対決!

まず、両車の概要を説明します。

日産・エクストレイル

引用:https://www3.nissan.co.jp

エクストレイルは初代と2代目はややクロカンよりの悪路走破性を重視した性格でしたが、3代目はクロスオーバー的な性格を強くして、よりカジュアルになりました。

ガソリンエンジンとハイブリッド、FFと4WD、5人乗りと7人乗りというように、国内SUVの中でも屈指のバリエーションの多さで、様々な用途に対応でき、かつ価格に割安感があり、好調なセールスに結びついているものと思われます。

三菱・アウトランダー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

アウトランダーは販売が低迷する三菱自動車のエース的な存在で、正攻法的に作り込まれた真面目な商品です。

PHEVは国内ではトヨタ・プリウスに次ぐ2番目の導入で、EVに強い三菱自動車の面目躍如といったところですね。

マイナーチェンジで三菱自動車のアイデンティティーを感じさせる外観になり、今後も販売の主力であり続けるものと思われます。

両車を代表するグレードは?

両車の比較ですが、様々なバリエーションがあるので、両車の特徴である「3列シート」を選び、出来るだけ近い価格の車種を選び出しました。

エクストレイル20x(3列)(2,724,840円)を、アウトランダーG(2,805,300円)を選び出しました。どちらも2000㏄ガソリン、FF、7人乗りの中間グレードです。

予想はしていましたが、驚くほどスペックが良く似ていますね。

全長は5ナンバー枠いっぱいで押さえて取り回しの良さを確保するとともに、全幅は1800mmを超えて、余裕ある居住性を確保しています。

日産と三菱自動車の関係を考えると、この2車は次期型で統合される可能性が極めて高いです。

スポンサーリンク

エクストレイルとアウトランダー、維持費の比較

両車の維持費を見ていきましょう。

まずは購入時の費用です。

購入時の費用

排気量も価格も重量も似ているので、諸費用はおよそ1万円の差、総額でおよそ10万円ほどアウトランダーが高いという結果になりました。

購入する際は、アウトランダーの方が値引きが大きいとの情報もあり、購入時の費用は実質的には同等と言えます。

それでは購入後の維持費はどうでしょうか?

維持費について

※ 車検費用、任意保険は一例です。

※ ガソリン代は年間走行距離10,000㎞、単価140円/Lで計算しています。

※ オイル、タイヤ、バッテリーなどの消耗品は計算していません。

こちらもほぼ同等で、およそ20,000円/月見当になります。

スポンサーリンク

エクストレイルとアウトランダー、燃費、実燃費は?

両車の走りはどのような違いがあるでしょうか?

動力性能の比較

これまたスペック的にはほぼ同等です。

一般的にはパワー・ウエイト・レシオが10以下なら十分俊足なので、どちらも動力性能は十分と言えます。

エクストレイルは出足にもたつき感があるものの(CVTが原因?)、走り出してしまえばトルクを感じさせる走りをしますし、想像以上に静かで高速ツーリングも苦になりません。

引用:https://www3.nissan.co.jp

アウトランダーも同様の印象で、出足を除けば街中では十分なパワーですし、たいへん静かであることも同様です。

う~ん、この2車は本当は兄弟車ではなかろうか。比較するのに困るなぁ(笑)。

燃費の比較

カタログ燃費と実燃費を比較してみましょう。

※ 価格.comなどのデーターを基に独自集計してた値です。

ほぼ同等ですが、実燃費はややアウトランダーの方が良い値になりました。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

しかし、どちらもデーター数が少ないので実燃費の精度はあまりよくありませんから、参考程度にしてください。

スポンサーリンク

エクストレイルとアウトランダー、乗り心地比較!

ここまでとてもよく似た結果を出してきた両車ですが、この項目でそれぞれの個性を発揮します。

乗り心地の比較

エクストレイルはサスペンションのストロークが深く、しかも初期の動きが敏感で、荒れた路面でもトトトトトという感じで柔らかくしなやかにいなしてしまいます

引用:https://www3.nissan.co.jp

このような乗り心地を”ネコ足”といい、イギリスのジャガーに代表される味なのですが(ジャガーならネコではないですが(笑))、エクストレイルはそれを身近な価格で実現しており、玄人にも評価される乗り心地となっています。

また、全席防水シートというのもなかなか珍しく、汚れ防止の観点から言ってもアウトドア好きにはたまりませんね。

アウトランダーは2018年のマイナーチェンジで、車両全体に接着剤による補強を施し、ボディ剛性が大幅に向上しました。

おかげでカチッとした乗り心地になり、欧州車のような剛性感溢れるものですが、エクストレイルのネコ足と比べると好みが分かれますね。

個人的にはエクストレイルのネコ足が気に入っているのですが、ボディのやつれを含めて経年劣化でどのように変化するのか、ちょっぴり心配です(恐らく問題になることはないと思いますが)。

ハンドリングの比較

エクストレイルはしなやかなサスペンションから想像される、ちょっと曲がりにくいキャラクターではなく、鋭角的なコーナーでも一発でフロントの方向を決められる機敏さを備えています。

スポーツモデルのようにビシッ!ピタッ!というハンドリングではもちろんありませんが、しなやかさと安心感を両立したシャシーで、個人的には高い評価をしています。

アウトランダーもこの種の車としては機敏で、安定感抜群ですが、カッチリしていてロールも少なく曲がるのは、エクストレイルを見ると当たり前すぎて個性にかけるような、贅沢な批判をしてしまいたくなります。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

両車の個性が最もはっきり表れたのが乗り心地とハンドリングでしたが、「柔」のエクストレイル「剛」のアウトランダーであり、ここは必ず両者を試乗して確かめていただきたいですね。

エクストレイルとアウトランダーの比較まとめ

さて、まれにみる好勝負となったエクストレイルとアウトランダーですが、どちらを選ぶべきでしょうか?

ズバリ、アウトランダーをおすすめします。

なぜなら、エクストレイルは自慢の「プロパイロット」などの運転支援システムが、中間グレードのGではオプション扱いで、サイドエアバックなどもオプションなのです。

これらのオプション、すなわち運転支援関係とサイドエアバックをオプションすると、なんと55万円も高くなるので、アウトランダーと同じ土俵で比較できません。

エクストレイルは良い点も多いのですが、今のご時世、運転支援システムや安全装備はせめて売れ筋グレードにはすべて標準装備したうえで価格設定してほしいものです。

もちろん、エクストレイルにも走りの良さ(乗り心地など)があるため、そちらを重視した選択も良い選択ですが、出費が多くなることは受け入れなければいけません。

また、3列目シートの居住性はアウトランダーがやや良好(横幅が広い)なので、せっかく3列シートを選ぶならアウトランダーの方が満足できそうです。

アウトランダーの弱点はその古めかしい内装で、よく言えばシンプルですが、まるで一昔前のアメ車のように粗雑で、インパネは運転するたびに眺めるものだから気になるかもしれません。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

とはいえ、7人乗りで走りも満足でき、価格もリーズナブルな両車は貴重な存在です。

ミニバンの不安定な走りに満足できない方は、エクストレイルやアウトランダーを積極的に検討なさることをおすすめします。

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp & https://www.mitsubishi-motors.co.jp

この記事を書いた人

marukuma
娘たちとの食べ歩きや一人息子(?)の愛犬を乗せてのドライブを楽しみとしています。
どこに行くにも車の生活なので、家族1人に付き1台の車が必要な環境です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1