CX-8 vs BMW X3徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

今回はCX-8vsBMW X3を徹底比較していきます!

今回はそんな2車種を車中泊視点で比較です。

・燃費性能

・室内空間

・フルフラットさ

上記の3点で対決します。早速燃費対決から紹介します。

スポンサーリンク

CX-8 vs BMW X3燃費を比較

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

車中泊だけではなく、どんな場面でも気になる燃費を紹介します。

CX-8はデザインで評判が高いマツダから出ている人気3列シートSUVです。

2017年12月に発売が開始され、2018年には3列シートSUVの中で販売台数日本1位になっています。

マツダならではのクリーンディーゼルエンジンもラインナップされており、環境性能も期待できます。

そんなCX-8と比較するのはBMWのX3です。

BMW X3はBMWで初めて発売されたSUV「X5」の成功を受け、BMWから発売された2台目のモデルになります。

BMWのX5と比較するとコンパクトに造られており、老若男女問わず乗りやすい印象です。

2.0Lガソリンエンジン

2.0Lディーゼルエンジン

3.0Lディーゼルエンジン

上記の3種類のエンジンがラインナップされています。

SUVは車体が大きく、タイヤも大きくなる傾向があるため他のスタイルよりも燃費が低い印象があります。

そんなSUVですが、この2車種の燃費はどうでしょうか。

引用先:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/at-a-glance.html

CX-8

→ガソリンエンジン: 

12.4km/L(2WD)

11.6km/L(4WD)

→ディーゼルエンジン:

15.8km/L(2WD)

15.4km/L(4WD)

BMW X3

→2.0Lガソリンエンジン:

13.5km/L(4WD)

→2.0Lディーゼルエンジン:

17.5km/L(4WD)

→3.0Lディーゼルエンジン:

14.9km/L(4WD)

上記のようにBMWのX3は4WDのみのラインナップになっています。

結果としてはBMWのX3に軍配です。

BMWのX3は4輪駆動のみのラインナップながらも燃費が良いのは驚きですね。

年間に掛かる燃料代はどの位か一部グレードを試算してしました。

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8

→ガソリンエンジン

:10.000㎞÷(11.6km/L×70%)×144円/L=177.339円

→ディーゼルエンジン

:10.000㎞÷(15.4km/L×70%)×125円/L=115.955円

BMW X3

→ガソリンエンジン

:10.000㎞÷(13.5km/L×70%)×144円/L=152.380円

→2.0Lディーゼルエンジン

:10.000㎞÷(17.5km/L×70%)×125円/L=102.040円

→3.0Lディーゼルエンジン

:10.000㎞÷(14.9km/L×70%)×125円/L=119.846円

燃料は全国平均を参考としてレギュラー144円/L、軽油125円/Lと仮定しました。

年間走行距離1万㎞、平均燃費をカタログ値の70%として試算しました。

BMWのX3ディーゼルエンジンは燃料代が軽油で安いだけではなく、燃費も良いので年間にすると驚きですね。

それではこの結果に自動車税を加えてみます。

引用先:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/at-a-glance.html

CX-8

→ガソリンエンジン

: 177.339円+45.000円(2.5L自動車税)=222.339円

→ディーゼルエンジン

: 115.955円+45.000円(2.2L自動車税)=160.955円

BMW X3

→ガソリンエンジン

: 152.380円+39.500円(2.0L自動車税)=191.880円

→2.0Lディーゼルエンジン

: 102.040円+39.500円(2.0L自動車税)=141.540円

→3.0Lディーゼルエンジン

: 119.846円+51.000円(3.0L自動車税)=170.846円

基準となる自動車税を加算しました。

どちらの車種もディーゼルエンジンとガソリンエンジンとで5万円以上の差がありますね。

日本ではハイブリッドが注目されていますが、欧州ではディーゼルエンジンが注目されているので、その差がこの結果に出ています。

年間で1万㎞以上走る方はCX-8で16万円以上、BMWのX3で14万円以上必要ということもわかります。

引用先:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/at-a-glance.html

今回は年間の燃料代と自動車税の身の試算でしたが、その他にも任意保険料や整備費用等が掛かってくるので、余裕をもった計算が大切です。

減税多少になっているグレードや、ディーラーでキャンペーンをやっている場合があるので細かい数字が気になる方はディーラーに聞きましょう。

燃費はどちらも悪くなく感じます。

燃費はどちらも問題ですが、室内空間はどの位変わるのでしょうか。

スポンサーリンク

CX-8 vs BMW X3室内空間はどっちが広い?

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

車中泊での利用だけではなく、燃費と同様に気になる室内空間を比較します。

まずは室内空間の目安となる外寸を見てみましょう。

CX-8:4.900/1.840/1.730

BMW X3:4,720/1,890/1,675

上記は長さ/幅/高さ(mm)で表記しています。

全体的にみると、僅かにCX-8の方が大きいです。

内寸がどちらも比較できる数字が発表されていないので、口コミやレビューで多くみられる意見を抜粋して、紹介します。

引用先:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/at-a-glance.html

CX-8

・内装デザインがとても良い。

・小物入れが少ない。

・3列目の長時間利用は厳しい。

BMW X3

・コストパフォーマンスがとても良いと思える内装。

・乗り心地が固め

・5人乗りとしては広い。

上記の口コミが多く見られます。

日本でCX-8 の購入者が多いので、合わない点などの口コミもありました。

価格差を考えても評価は同じくらいといったところです。

環境や使用用途で好みが変わってきますが、今回は車中泊視点ということでCX-8に軍配です。

引用先:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/at-a-glance.html

BMW X3もかなり評価は高いですが、車中泊でCX-8の3列シートは自由度が上がります。

2倍以上の価格差でお手頃なのも魅力の一つです。

BMW X3の乗り味は硬めになっていて、オフロードではなく道路上での走りを意識しています。

BMW X3乗った感想としても道路での安定性が際立っていました。

厳しいことを言うと、個性的とはとてもいえず無難な造りというイメージです。

初めての外国車で後悔したくない人はBMW X3をお勧めします。

室内空間対決は僅差でCX-8に軍配でしたが、ラゲッジルームや後部座席の動きは、どのように違うのでしょうか。比較します。

スポンサーリンク

CX-8 vs BMW X3『フルフラットさ』比較

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

車中泊は「リアシートを倒してラゲッジルームを拡大、寝室にする」という方法が最もメジャーでお手軽です。

「リアシートを倒してラゲッジルームを拡大、寝室にする」という方法で、リアシートを倒した際にフルフラットになるに越したことはありません。

そんなフルフラットさを比較します。

CX-8は6人と7人乗り、BMWのX3は5人乗りのモデル展開です。

結果からするとBMWのX3に軍配です。

引用先:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/at-a-glance.html

かなり良い勝負ですが、CX-8の6人乗りモデルは2列目に隙間ができます。

CX-8の7人乗りモデルは隙間なく倒せますが、BMWのX3は全グレードがほぼフルフラットになるので勝利です。

BMWのX3は後部座席がほぼフルフラットになるだけではなく、左右中で3分割のリクライニングが可能です。

場面や乗員人数で細かいシートレイアウトが選べるのは、5人乗りでも流石と言えます。

CX-8の7人乗りとBMWのX3はどちらもほぼフルフラットになりますが、シートマットを利用することをお勧めします。

睡眠が快適になるだけではなく、シートの保護にもなるので車中泊をする方は常備しても便利です。

それでは後部座席を倒した時のラゲッジルームの広さを比較してみましょう。

CX-8: 572L

X3: 550L

上記は3列目を格納した際の広さです。

CX-8も容量が多いですが、BMWのX3も1列少ないながらもかなりの容量が確保されています。

車体の大きさを考えると5人乗り以上必要ない方はBMWのX3が使い勝手が良いでしょう。

5人以上での利用が多い方はCX-8を選びましょう。

最後にまとめです。

スポンサーリンク

CX-8 vs BMW X3車中泊比較まとめ

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

今回のCX-8 vs BMW X3車中泊比較は下記の結果になりました。

・燃費対決 BMW X3 勝利

・室内空間 CX-8 勝利

・フルフラットさ BMW X3 勝利

総合でBMW X3の勝利です。

乗車定員以外、コンセプトが似ている2台の比較をしました。

新車時の価格差が2倍以上あるのでCX-8には厳しい対決になると思っていましたが、驚きの結果です。

普段使いや車中泊ではどちらも不自由しない程のスペックを持ち合わせています。

大きさも他のSUVと比較して大き過ぎず、日本での使い勝手はかなり良い2台です。

CX-8は3列シートSUVの中でも燃料費を含めた維持費がお手頃に抑えられ、BMWのX3も「外国車SUV=維持費が高い」を払拭したクルマと言っても過言ではありません。

どちらも日本人がクルマに欲している物を詰め込めるだけ詰め込んだような出来なので、機会があればぜひ試乗をしてみてください。

SUVの購入を考えていた方は試乗して損はありません。

アイキャッチ画像引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

アイキャッチ画像引用先:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/at-a-glance.html

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク