車の鍵紛失や閉じ込め対処法!キー作成・交換の料金費用、防止策をご紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

車の鍵を紛失した時や車の中に閉じ込めてしまった場合はどうしたらいいの?

車の鍵を紛失したり、車の中に閉じ込めてしまうと想定していなかったことに動揺してしまいますよね。

出先やお出かけの際には、特に困ってしまいます。

しかし、対処法を知れば、その不安も半減しますよ。

車の鍵の紛失や閉じ込めてしまった場合の具体的な対処法をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

車の鍵紛失時の対処法

車の鍵を紛失してしまった場合、車が開かないことと鍵をどこにやってしまったのか?という二重の不安に襲われますよね。

しかし、そのような場合できることは決まっています。

あせらずに、冷静になってできることを考えていきましょう。

対処法①警察へ連絡

車の鍵を紛失してしまった場合は、まず警察へ連絡しましょう。

鍵の特徴や考えられる紛失場所を伝えておくことで、車の鍵が見つかる可能性もあるからです。

鍵が見つかるまでに時間はかかりますし、また確実に見つかるという保証はありませんが、黙って待っているよりはマシです。

また、紛失だけでなく盗難の可能性もあるため、警察には必ず連絡しましょう。

もし紛失していた鍵を自分で見つけられた場合は、一言その旨を警察に伝えてくださいね。

対処法②JAFに連絡する

車の鍵を紛失してしまった場合、一番確実なのがJAFに連絡をすることです。

JAFに車を開けてもらう場合は、JAFの会員でなければ15,000円ほど料金がかかってしまいます。

しかし、背に腹はかえられない状況なので、仕方ないでしょう。

ただし、JAF会員の場合は、無料で車を開けてもらうことができます。

こういったピンチの時には、涙が出るほど嬉しいサービスですね。

ちなみに、JAFが到着するまでに1時間以上待たなければいけないこともあります。

時間がかかってしまう点だけは理解しておきましょう。

車の鍵閉じ込め時の対処法

車に鍵を閉じ込めてしまった場合には、大きく分けて3つの方法が考えられます。

まずは落ち着いて、どの方法が自分の現状に適しているのか確認してみましょう。

対処法①スペアの鍵を使う

スペアキーがあれば、車に鍵を閉じ込めてしまった場合でもあせる必要はありません。

出先であっても、カバンなどに入れて持ち歩いている場合は特に、鍵閉じ込めの場合でもすぐ問題解決することができます。

しかし、スペアキーを家に置いている場合、出先では困ってしまいますよね。

その場合、家族や友人に頼んで、スペアキーを届けてもらえないか確認してみましょう。

ちょっと迷惑をかけてしまうことにはなりますが、身近な人を頼れば、ほかの方法に比べて料金もかけずに済みます。

借りを作ることにはなりますが、あとでお礼と感謝を伝えればOKです。

対処法②ディーラーに相談する

車の鍵を閉じ込めてしまった場合、「スペアキーがあれば最初から悩んでいないよ!」という方も多いでしょう。

そのようなスペアキーがない場合、ディーラーの方に鍵を開けてもらうことができないか相談してみるのも一つです。

もちろん、ディーラーは鍵開けサービスを請け負ってくれているわけではないので、確実に鍵を開けてもらえるという保証はありません。

また、運よく鍵を開けに来てもらえるとしても、時間がかかることも承知の上お願いしましょう。

このような点から、ディーラーの方には、あくまで「相談」の形で、車を開けてもらえないか確認してみることです。

そして、この機会にスペアキー作成をお願いしてみるのも良いのではないでしょうか。

対処法③JAFに連絡する

車の鍵を紛失してしまった場合同様に、車に鍵を閉じ込めてしまった場合でもJAFに連絡して開けてもらうのが確実です。

本当に、こういう時はJAFが心強いですよね。

JAFに連絡する場合、以下の点を伝えるようにしましょう。

  • 車のメーカー
  • 年式
  • 場所
  • 鍵のタイプ
  • イモビライザーがついているかどうか

また、JAF会員でない場合はちょっと高めの料金を要求されることと、時間がかかってしまう点だけは理解しておきましょう。

車の鍵の作成・交換の料金費用

車の鍵を新たに作成・交換する場合、その料金費用は「どこに依頼するか」によって変わってきます。

また、車の鍵のタイプによっても、作成・交換の料金費用は変わってくるので注意が必要です。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

ディーラーに依頼する場合

車の鍵の作成・交換をディーラーに頼む場合のメリットとしては、

  • 正規品が手に入る
  • 料金費用が比較的安め
  • どんな鍵のタイプでも作成・交換可能

といった特徴があります。

しかし、作成・交換が完了するまでに少々時間がかかることがデメリットです。

場合によっては、一週間以上かかることもあります。

ディーラーに依頼した場合の車の鍵作成・交換料金費用は、具体的には10,000円以上かかると考えておきましょう。

もちろん、鍵のタイプによるので50,000円以上かかる場合もあります。

また、イモビライザー付きの鍵の場合は、さらに料金費用が高くなるので注意しましょう。

鍵の専門店に依頼する場合

鍵の専門店に、車の鍵の作成を依頼する場合のメリットは、すぐに対応してくれることです。

しかし、その分料金費用が高めになることは覚悟しておかなければなりません。

また、鍵のタイプによっては対応できないこともあります。

そのほか、鍵の専門店では鍵交換は受け付けていないことが多いので注意が必要です。

鍵の専門店を利用した車の鍵作成の料金費用は、最低でも20,000円で外車の方が高上がりです。

また、イモビライザーがついている場合は、別途見積もりが必要となります。

そのほか、車の鍵開けも合わせて依頼したり、時間外料金などでさらに費用がかかることもありますので理解しておきましょう。

車の鍵の紛失・閉じ込めの防止策

車の鍵の紛失・閉じ込めの防止策はアナログなものだと、

  • 車の鍵を置く(入れる)場所は決めておく
  • 鍵を無意識に扱わない(確実に置くよう意識する)
  • 車の鍵に、鈴や大きめのキーホルダーをつける

などが挙げられます。

当たり前のことのように感じますが、車の鍵を紛失したり車に閉じ込めてしまう場合は、このような配慮がされていないことが多いのです。

これらを意識するだけでも、車の鍵の紛失・閉じ込めの確率はずいぶん減るので、まずはここから対策をしてみましょう。

そして、ちょっと高度な紛失防止策になりますが、車の鍵に紛失防止のタグをつけておくのも一つです。

スマホとBluetoothで連携させて、車の鍵を管理することができますよ。

万が一、スマホと車の鍵が離れてしまったら、スマホに通知が届きます。

そのため、車の鍵を紛失しやすいうっかりさんにおすすめの紛失防止策といえますね。

車の鍵の紛失・閉じ込め時の対処法や料金、防止策のまとめ

車の鍵を紛失したり閉じ込めてしまうと、思いのほか、あせってしまうことが多いものです。

そのため、まずは一旦落ち着いて冷静になることが必要です。

なぜなら、意外と紛失したと思っていた車の鍵がカバンの奥底に入っていたり、ズボンのポケットに入っていたりするものだからです。

ですから、車の鍵を紛失したと思っても、もう一度鍵がありそうな場所を考えてみましょう。

また、最後に鍵を見た場面を思い出してみるのも有効です。

それでもダメなら、お伝えした対処法を実践するようにしましょう。

そして、これを機にスペアキーを作成するのもおすすめです。

いざという時に頼りになるので、車の鍵の紛失・閉じ込め防止策と合わせて検討してみてくださいね。

この記事を書いた人

yamazaki

乗っている車はマニュアル車です。車検などでオートマに乗るときは、左足をどうしたらいいのか分からなくなります・・・。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1