ハイブリッドのおすすめコンパクトカーを比較! 人気ランキング2019

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

最近になり「コンパクトカー」という言葉をよく耳にすることが多くなりました。

コンパクトカーの中でも「車両価格が安い車」や「燃費が優れている車」「車内スペースが広い車」など特徴のある車がたくさんあります。

あなたはそれぞれのコンパクトカーの中でもトップ10の車を知っていますか?
実際は115万円の少ない金額で車を購入することもできます。

「それって本当!?」と思った方に今回は「ハイブリット・コンパクトカー」の価格、燃費、広さの10のランキングについて紹介していきます。

ぜひ参考にしてみましょう。

安さ重視のコンパクトカーランキングトップ10

ここではコンパクトカーの中でも、「安さ重視のコンパクトカー」を紹介します。

ランキング形式になっていますので、車の安さにこだわりたい方はぜひ参考にしてみましょう。

ランキングNo10:ホンダ・ヴェゼルハイブリッド

引用:honda.co.jp

シエンタ・ハイブリットに続きランキングNo10番目の車です。

車両価格は2,270,000円~2,886,000円とランキングの中では7番目の車になります。

全長を抑えたコンパクトサイズのSUVなので運転がしやすくなっています。

また、と緊急自動ブレーキシステムは車両や歩行者だけでなく道路標識までも検知してくれる高い安全性を持っているのも特徴の一つです。

安全走行に加え、運転しやすさを好む場合にはおすすめする車です。

ランキングNo9:トヨタ・シエンタハイブリッド

引用:toyota.jp

ランキングNo9の車が「トヨタ・シエンタハイブリット」です。

車両価格は2,226,763円~2,329,855円とランキングの中では6番目に安い車になります。

ミニバンの中で最もコンパクトで重量が軽いので燃費が良いです。

1500ccのハイブリッドをラインナップしています。

燃費性能 + 車両価格で選ぶなら、この車が1番です。

ランキングNo8:トヨタ・ヴィッツハイブリッド Jewela

引用:Toyota.jp

安さ重視のランニングの中では8番目におすすめする車が「トヨタ ヴィッツハイブリッド Jewela」です。

車両価格は1,90,0800?222,3450円となっており、スズキ・ソリオハイブリットの次に安い車になっています。

2017年1月からはハイブリッドモデルが追加され、燃費がさらに向上し、購入しやすい価格帯のハイブリッドカーとして魅力的な車です。

一部改良で設定された特別仕様車は、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」を採用し、安全性を高めています。

安くて、安全性能に優れた車を求めたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo7:スズキ・ソリオハイブリッド

引用:Suzuki.co.jp

日産 ノートe-POWERに続く、ランキングNo7が「スズキ・ソリオハイブリット」です。

車両価格は1,917,000円~2,122,200円と安さランキングの中で5番目の車になります。

コンパクトカーですが室内が広いので後席でも快適です。

また、後席にはスライドドアが装着されているので乗り降りがしやすい車としても特徴があります。

車両価格の安さに加え、室内の広さにこだわる方にはおすすめの車です。

ランキングNo6:日産・ノートe-POWER

引用:nissan.co.jp

安さランキングNo6の車が「日産・ノートe-POWER」です。

車両価格は1,772,280円~2,458,080円からと、ハイブリット車の中では4番目に安い車になります。

e-POWER」は優れた燃費性能を持っているだけでなく、静粛性や加速性能も優れているので快適な走行ができます。

そして、コンパクトカーの中では車内が広いので居住性が高いです。

車両価格だけでなく、燃費や居住性に優れた車を希望するにはおすすめの車になります。

ランキングNo5:トヨタ・アクア

引用:toyota.jp

フィット・ハイブリットやスイフトハイブリットに続く、No5のハイブリットコンパクトカーです。

車両価格は1,78万5,240円~2,08万9,800円とハイブリット車の中では3番目に安い車になっています。

アクアの特徴は価格が優れているだけでなく、軽量で空気抵抗が少なく低重心なので安定した走行ができます。

そして、コンパクトサイズで取り回し性が優れているので街中や高速道路でも走りやすい車です。

車両価格が安いことはもちろんのこと、運転性能にもこだわりたい方にはおすすめの車になります。

ランキングNo4:スズキ・スイフトハイブリッド

引用:suzuki.co.jp

ホンダ・ハイブリットに続き、ランキングNo4のコンパクトカーが「スズキ・スイフトハイブリット」です。

車両価格が1,70万9,600円~1,94万9,400円とハイブリット車の中では格安の車になっています。

優れたハンドリング性能や足回り、5速AGSやパドルシフトなどによってスポーティーな走りを楽しめます。

走行性能だけでなく、前後の誤発進抑制機能も付いていますので、安全面も優れています。

「スポーティーな走り車両価格にこだわりたい」方にはおすすめの車です。

ランキングN03:ホンダ・フィットハイブリッド

引用:honda.co.jp

ハイブリットコンパクトカーの中でNo3が「ホンダ・ハイブリット」です。

車両価格が1,69万9,920円~2,36万7,360円とハイブット車の中では、最も安い車になっています。

安全面では、歩行者を検知する緊急自動ブレーキや前後の誤発進抑制機能、クルーズコントロールなど先進の技術を搭載しており、走行性能は抜群です。

運転がしやすく実用性や燃費性能に優れているコンパクトカーの人気車種になります。

とにかく安くハイブリットコンパクトカーに乗りたい」という方にはおすすめの車です。

ランキングNo2:トヨタ・ルーミー

引用:toyota.jp

スズキのイグニスの次に安い車が「トヨタ・ルーミ」です。

車両価格は146,3000円?196,5600円となっています。

排気量は1.0Lと小さいですが、ターボ設定もあるので、高速道路の利用頻度の多い方は、ターボモデルを選択することで1.5L並みのパワーでの走行が期待できます。

燃費性能に関しても平均以上の水準になっています。

車両価格に加え、燃費にもこだわりたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo1:スズキ・イグニス HYBRID MG

引用:suzuki.co.jp

安さランキングNo1が「スズキ・イグニスHYBRID MG」です。

車両価格は、138,2400?151,99560 円となっており、車にお金をかけたくない方にもおすすめの一台です。

スイフトのスポーティな雰囲気と、デザインのベースとなったスズキ アルトの顔を併せ持つデザインが魅力的な車になっています。

とにかく安さ重視という方にはおすすめの車です。

燃費重視のコンパクトカーランキングトップ10

次は「燃費重視のコンパクトカーランキングトップ10」です。
見事ランキングNO1に輝くコンパクトカーはどれでしょうか?

詳しくみていきましょう。

ランキングNo10:【燃費:24.6km/l】トヨタ・ルーミー・タンク

引用:toyota.jp

燃費性能ではランキングNo10の車です。

ーミー・タンクは、ハイブリッド車はなく、ガソリン車のみです。燃費は24.6km/Lです。

燃費性能に関しては、とても優れています。

排気量は1.0Lと小さいですが、ターボ設定もあるので、高速道路の利用頻度の多い方は、ターボモデルを選択することで1.5L並みのパワーでの走行が期待できます。

性能に加え、室内の広さにこだわる方にはおすすめの車です。

ランキングNo9:【燃費:27.0km/l】ホンダ・ヴェゼルハイブリッド

引用:honda,co.jp

燃費ランキングでは9番目におすすめしたい車です。

燃費ではJC08モード燃費27.0km/lの低燃費を実現させています。

緊急自動ブレーキシステムは車両や歩行者だけでなく道路標識までも検知してくれる高い安全性を持っています。

それに加え、室内や荷室が広く安全性が高いのでSUVですがファミリーカーとしても人気のあるモデルです。

安全性能や燃費性能にこだわる方にはおすすめの車です。

ランキングNo8:【燃費:27.2km/l】トヨタ・シエンタハイブリッド

引用:toyota.jp

燃費ランキングでは8番目におすすめしたい車です。

燃費ではJC08モード燃費27,2km/lの低燃費を実現した車です。

ミニバンの中で最もコンパクトで重量が軽いので燃費が良いです。

1500ccのハイブリッドをラインナップしています。

低燃費のミニバンに乗りたい方にはぜひともおすすめしたい車です。

ランキングNo7:【燃費:28.8km/L】スズキ・イグニス HYBRID MG

引用:Suzuki.co.jp

燃費ランキングの中では7番目におすすめしたい車です。

スズキ イグニスは、2016年2月に発売されたばかりの「コンパクトSUV」というジャンルのコンパクトカーです。

燃費ではJC08モード燃費28.8km/Lの低燃費を実現しています。

スポーティーさデザインと燃費性能に優れた車になっています。

ランキングNo6:【燃費:32.0km/l】スズキ・ソリオハイブリッド

引用:suzuki.com

スズキ・スイフトハイブリットいん続くランキングNo6の車です。

燃費ではJC08モード燃費32.0㎞/Lの低燃費を実現しています。

内装の質感が高く後席は、左右独立型のシートでスライド機能も付いているのでアレンジしやすいです。

またコンパクトカーですので、室内は広くなっています。

燃費性能に加え、室内空間の広さにこだわりたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo5:【燃費:32.0km/l】スズキ・スイフトハイブリット

引用:suzuki.com

日産ノートに続き、ランキングNo5の車です。

燃費効率を徹底的に高めたデュアルジェットエンジン・アイドリングストップシステムなどの搭載により、スイフトはFF車でJC08モード燃費32.0㎞/Lの低燃費を実現しています。

1.2LモデルであるXGが車両本体価格1,316,520円のプライスでなっているスイフトですが、内装の質感・装備の充実しており、控えめな価格でお得感はあります。

燃費性能に加え、車両価格のこだわる方にはおすすめの車です。

ランキングNo4:【34.4km/L】トヨタ・ ヴィッツハイブリッド Jewela

引用:toyota.jp

燃費ランキングでは、4番目におすすめしたい車です。

トヨタ ヴィッツはトヨタの普通車ラインナップの中でも最もコンパクトな車です。

2017年1月からはハイブリッドモデルが追加され、燃費がさらに向上し、購入しやすい価格帯のハイブリッドカーとなっています。

お手頃な価格で優れた燃費性能を求めたい方にはおすすめの車です。

ランキングNO3:【燃費:37.2km/L】日産・ノートe-POWER

引用:nissan.co.jp

トヨタ・アクアとホンダ・フィットハイブリットに続く、No3のコンパクトカーが日産 ノートe-POWERです。

新型ノートは、1.2L車でJC08モード23.4km/L~26.2km/L(4WD車は18.2km/L)・e-POWERで34.0km/L~37.2km/Lと低燃費を実現しています。

優れているのは、燃費性能だけでなく、全(長4,100mm×幅1,695mm×高1,520mm)の新型ノートは、室内(長2,065mm×幅1,390mm×高1,255mm)とコンパクトカーの中でもトップクラスの広さです。

またシートは厚みがあり、クッション性も良く長時間のドライブでも快適に過ごす事が出来るのも魅力です。

燃費性能に加えて、乗り心地を求めたい方にはおすすめの車です。

ランキングNO2:【燃費:37.2km/L】ホンダ・フィットハイブリッド HYBRID

引用:honda.co.jp

燃費重視のコンパクトカーの中でNo2は「ホンダ・フィットハイブリット」です。

フィット ハイブリッドモデルの燃費はJC08モードで36.4km/Lと、コンパクトカーではトヨタのアクアに次ぐ高燃費性能になっています。4WDモデルの燃費29.0km/Lで、1500cc以上の乗用車の中ではトップの燃費効率です。

フィット ハイブリッドモデルの価格は168万からと、アクアに比べると8万円程、価格の安さが魅力です。

「燃費が優れていて、車両価格が安い車がいい」という方にはおすすめのコンパクトカーです。

ランキングN01:【燃費:38.0km/L】トヨタ・アクア

引用:toyota.jp

燃費重視の車の中でダントツのNO1コンパクトカーは「トヨタ・アクアL」です。

アクアは、2011年12月に発表され、2012~2016年まで新車販売台数第1位の人気車種となっていました。

人気もある車としても有名ですが、アクアといえば「燃費性能」ではないでしょうか?

マイナーモデルチェンジされたアクアは、ライバル車であるホンダフィットハイブリットモデルの燃費36.4km/Lを抑え、JC08モードの走行燃費値37.0km/Lと、同クラスで世界トップレベルの燃費性能を実現しました。

車で毎日通勤するサラリーマンや学生におすすめの低燃費コンパクトカーです。

広さ重視のコンパクトカーランキングトップ10

最後に「広さ重視のコンパクトカーランキングトップ10」を紹介します。

家族で出かける時や大人数で乗車することが多い方にとっては、車内の広さは重要ですよね。そんな方はぜひ参考にしてみてください。

車内広さの容量は、室内長×室内高×室内幅で算出しました。

ランキングNo10:トヨタ・アクア

引用:toyota.jp

広さ重視のランキング第10位はトヨタ・アクアです。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 2015×1395×1175mmとなり容量は3.302㎥です。

オプションで自動ブレーキシステムを搭載できる所も魅力の一つです。

あとは何と言っても低燃費車なので、お財布に優しい車です。

車内の広さや低燃費車にこだわりがある方にはおすすめしたい車になります。

ランキングNo9:トヨタ・ヴィッツハイブリッド Jewela

引用:toyota.jp

ランキング第9位はトヨタ ヴィッツハイブリッド Jewelaです。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 1920×1390×1240mmとなり容量は3.309㎥です。

室内の広さは不自由なく過ごせる空間になっています。

燃費性能にも優れていますので、お財布に優しい車です。

室内空間と燃費性能にこだわりたい方にはおすすめの車になります。

ランキングNo8:スズキ・イグニス HYBRID MG

引用:suzuki.co.jp

ランキング第8位はスズキ イグニス HYBRID MGです。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 1945×1365×1250mmとなり容量は3.318です。

スイフトのスポーティな雰囲気と、デザインのベースとなったスズキ アルトの顔を併せ持つ車です。

室内空間も申し分ないスペースになっています。

スポーティー性と車の広さにこだわりたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo7:スズキ・スイフトハイブリッド

引用:suzuki.co.jp

広さ重視のランキングでは、第7位の車です。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 1920×1425×1225mmとなり容量は3.410㎥です。

ですが、優れたハンドリング性能、足回り、5速AGSやパドルシフトなどによってスポーティな走りなど広さ以外にもスイフトを楽しめる箇所がたくさんあります。

車内の広さと優れたハンドリング性能を求めた方にはおすすめしたい車です。

ランキングNo6:日産 ノート・ハイブリット

引用:nissan.co.jp

広さ重視の中でNo6のコンパクトカーが「日産・ノート」です。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 2065×1390×1255mmとなり容量は3.602㎥です。

後部座席では、身長170cmの大人4名が乗車した状態で頭上空間がこぶし1個程度・足元空間は3個程度を確保しており、大人の男性が座っても余裕のある設計となっています。

ランキングNo5:ホンダ・ヴェゼルハイブリッド

引用:honda.co.jp

広さ重視のランキング第5位は、ホンダ・ヴェゼルです。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 1930×1485×1265mmとなり容量は3.625㎥です。

フィットをベースとして作られているので同じように燃料タンクを前席の下に配置することで室内と荷室を広くしてあります。

室内や荷室が広く安全性が高いのでSUVですがファミリーカーとしても人気のあるモデルです。

ファミリーカーとして使いたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo4:トヨタ・ルーミーハイブリット

引用:toyota.jp

日産ノートに続き、No4のコンパクトカーが「トヨタ・ルーミー」です。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 2180×1480×1355mmとなり容量は4.371㎥です。

室内の広さに関しては十分すぎる車になります。

また、ルーミーの荷室は、2列目をダイブダウン方式で格納可能なので奥行き1,550mmのフラットな空間として使えます。

「大きな荷物を載せることが多い方」や「大人数で乗車することが多い方」にはおすすめの車です。

ランキングNo3トヨタ・シエンタハイブリッド

引用:toyota.jp

広さ重視のランキング、第3位はトヨタ・シエンタです。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 2535×1470×1280mmとなり容量は4.769㎥です。

シートアレンジが多彩なので実用性が高いです。(3列目シートを倒すと自転車を立てて積めるほど荷室が広くなります)。

室内空間を広々と使いたい場合にはおすすめの車です。

ランキングNo2:スズキ・ソリオハイブリッド

引用:suzuki.co.jp

ランキング第2位はスズキ・ソリオです。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 2515×1420×1360mmとなり容量は4.856㎥です。

また、コンパクトカーならではの、室内空間が広いことも特徴の一つになります。

後席にはスライドドアが装着されているので乗り降りがしやすいです。

室内空間とスライドドアにこだわる方にはおすすめしたい車です。

ランキングNo1:ホンダ・フリードハイブリッド

 

引用:honda.co.jp

広さ重視のコンパクトカーランキング第一位は「ホンダ・フリードハイブリット」です。

室内容量は室内長×室内幅×室内高 3045×1455×1275mmとなり容量は5.648㎥です。

また、高剛性リアサスペンションと設計の低重心化の結果、大人数であらゆる道を走っても安定した安心できる走りができるのも、魅了の一つです。

車内の広さに加え、走行性能を求めたい方には、おすすめの車になります。

まとめ

引用:toyota.jp

今回はコンパクトカーの中でも「安さ重視」「燃費重視」「広さ重視」の3つの内容について紹介してきました。

自分の目的にあった最適なコンパクトカーを見つけられましたか?

この記事の内容を上位3位までまとめました。

【車両価格が安いランキング】

1:スズキ・イグニス

2:トヨタ・ルーミー

3:ホンダ・フィットハイブリット

【燃費ランキング】

1:トヨタ・アクア

2:ホンダ・フィットハイブリット

3:日産 ・ノートe-POWER

【広さ重視ランキング

1:ホンダ・フリードハイブリッド

2:スズキ・ソリオハイブリッド

3:トヨタ・シエンタハイブリッド

 

この記事の内容を理解して、あなたに合った車を見つけましょう。

ハイブリット車は全体的に価格が安く、燃費性能が優れています。
どの車を購入しても満足していただけると思います。

キャッチ画像引用:toyota.jp

この記事を書いた人

マーサ
定年を過ぎ時間をもて余しています。たまのドライブには湘南・鎌倉・箱根エリアを乗りまわしています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1