ハイブリッドのおすすめコンパクトカーを比較! 人気ランキング2019

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

コンパクトカーでも燃料が長い期間持つのは、大変ありがたいことです。

ハイブリッド車と言えば、かなり高いというイメージが強いです。

しかし、コンパクトカーに搭載されるハイブリッドは、かなり安いですよ。

このページでは、安さや燃費や室内の広さを重視した、コンパクトカーの紹介をしていきます。

スポンサーリンク

安さ重視のコンパクトカーランキングトップ10

ハイブリッド車でも値段が安いコンパクトカーは、どんなのがあるのか気になりませんか?

安さを求めているハイブリッドの、コンパクトカーを紹介していきます。

ランキングNo10:ホンダ・ヴェゼルハイブリッド

引用:https://www.honda.co.jp/

ヴェゼルハイブリッドの新車価格は、「2,460,000円~2,926,000円」です。

ヴェゼルハイブリッドの後部座席は、ミニバン並みにゆとりを持った空間です。

身長185cmの人が後部座席に座っても、ゆったりと座ることが出来ます。

運転席も上質な感じがします。

ボディサイズが「全長4340mm全幅1790mm全高1605mm」です。

緊急ブレーキシステムは車や歩行者だけではなく、道路標識まで検知するので安全性は高いと言えます。

ボディサイズもそれほど大きくないので、とても運転しやすい車です。

ランキングNo9:トヨタ・カローラスポーツ(ハイブリッド)

引用:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツにも、ハイブリッドモデルがあります。

カローラスポーツハイブリッド仕様の新車価格は、「2,419,200円 ~2,689,200円 」です。

車内はスポーツというくらいなので、スポーティでとてもかっこ良いです。

グレードによっては「シートヒーター」や「ステアリングヒーター」が、標準装備されます。

ボディサイズは「全長4,375mm全長1,790mm全高1,460mm」で、コンパクトサイズで運転しやすいです。

グレードによりますが「カラーヘッドアップディスプレイ」が、標準装備されます。

これは、運転に必要な情報をウインドシールドガラスの、見える範囲に投影されます。

車の速度やナビと連動したルート案内などを、フロントガラス面に表示します。

ランキングNo8:フリードハイブリッド

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダフリードの新車価格は、「2,256,000円~3,152,520円」です。

コンパクトカーとは思えないようなくらい、室内はオシャレです。

ドリンクホルダーも助手席と運転席にも付いているので、ドリンクホルダーを買う必要がありません。

メーターの照明色を自由に選ぶことが出来ます。

ボディサイズは「全長4290mm全幅1695mm全高1710mm」です。

ボディもコンパクトサイズなので、狭い道でもスイスイ走れそうですね。

最小回転半径は「5.2m」なので、小回りがよくききそうです。

ランキングNo7:トヨタ・シエンタハイブリッド

引用:https://toyota.jp/corollasport/

シエンタハイブリッドは5つのグレードで、1500ccしか設定はありません。

新車価格は「2,187,000円~2,532,600円」となっています。

シエンタのボディサイズは「全長4,260mm全幅1,695mm全高1,675mm」です。

結構コンパクトなサイズですが、7人乗りと5人乗りの設定があります。

さらに、シエンタには「フロントシートウォークスルー」があるので、1列目と2列目の行き来がとてもやりやすいです。

運転席や助手席から一旦外に出なくて良いので、子供がぐずったりしても側にすぐに行くことが出来ます。

ランキングNo6:日産・ノートe-POWER

引用:nissan.co.jp

ノートe-POWERの新車価格は「1,901,880円~2,453,760円」です。

ボディサイズは「全長4,140mm全幅1,705mm全高1,540mm」で、コンパクトサイズなので運転はしやすいです。

安全装備の「インテリジェント クルーズコントロール」は、グレードにより装備されませんがかなり便利な機能だと言えます。

長距離での運転での疲労を、軽減することができます。

もちろん、こうした昨日に頼り切るのは危険ですが、運転の支援として利用すると考えれば大変よい機能だと言えます。

室内は値段を感じさせないほど、かっこ良い仕上がりになっていると感じます。

ハンドル部分も丸ではなく楕円形に近い感じで、ハンドルを回しやすそうです。

ランキングNo5:トヨタ・ヴィッツハイブリッド Jewela

引用:Toyota.jp

ヴィッツハイブリッドは、「1,819,800円~ 2,318,760円」です。

ボディサイズは「全長3.945mm全幅1.695mm全高1.500mm」です。

コンパクトカーでもそれほど大きくないので、運転はやりやすいです。

車内はそれほど安っぽい感じはなく、スポーティな感じになっています。

ランキングNo4:クロスビー・ハイブリッド

引用:https://www.suzuki.co.jp/

クロスビー・ハイブリッドの新車価格は、「1,765,800円~2,003,400円」です。

1000ccのターボなので、坂道でもストレスなく走行ができます。

グレードは「MX」「MZ」を選べますが、どちらもターボしかありません。

ハイオクではなく、レギュラーガソリンなのでお財布に優しいです。

燃費はどちらのグレードも同じで、「22.0km/L」となっています。

ボディサイズも「全長3,760mm全幅1,670mm全高1,705mm」と、非常にコンパクトで運転しやすいです。

ランキングNo3:スズキ・ソリオハイブリッド

引用:Suzuki.co.jp

ソリオハイブリッドはコンパクトカーですが、室内はとても広い車です。

新車価格は「1,703,160円~2,179,440円」となっています。

スライドドアなので駐車場の乗り降りも、隣の車のことを気にしなくても良いメリットがあります。

開口幅も「640mm」なので赤ちゃんを抱いたまま、乗り降りが楽々できてしまします。

ソリオハイブリッドには「ワンアクションパワースライドドア」が、装備されています。

これは、スイッチを押すと、スライドドアが自動で開きます。

携帯リモコンはカバンやポケットに入れておいたままでも、操作ができてしまいます。

パワースライドが作動中に、ドアハンドルのスイッチを押すと好きな位置でドアを止められます。

ランキングNo2:トヨタ・アクア

引用:toyota.jp

コンパクトカーのハイブリッド車では、結構有名な方だと感じます。

アクアの新車価格は「1,785,240円~2,052,000円」です。

室内も安っぽい感じは全くしなくて、このクラスの中ではスポーティで高級感を感じます。

ボディサイズは「全長4,050mm全幅1,695mm全高1,455mm」です。

ボディサイズは大きくないので、運転はやりやすいです。

メーター周辺はデジタルメーターなので、細かい速度もチェックできて未来感が漂います。

ランキングNo1:ホンダ・フィットハイブリッド

引用:honda.co.jp

新車値段は「1,699,920円~2,419,200円」なので、安いことは安いのですけどね。

燃料タンクは通常は後部座席の方にあるのですが、フィットの場合は前席の下に移動させています。

その結果、室内の広さとシートアレンジの自由度が、かなり向上しています。

コンパクトカーは軽自動車と同じく、狭いのを我慢するのが一般的ですが、フィットの場合は車内は意外に広いです。

フィットハイブリッドのボディサイズは、「全長3,990mm全幅1,695mm全高1,525mm」です。

ボディサイズはそれほど大きくないので、とても運転がやりやすそうですね。

全長もそれほど長くないので、バック駐車もやりやすそうです。

スポンサーリンク

燃費重視のコンパクトカーランキングトップ10

次は「燃費重視のコンパクトカーランキングトップ10」です。
見事ランキングNO1に輝くコンパクトカーはどれでしょうか?

詳しくみていきましょう。

ランキングNo10:【燃費:22.0km/l】クロスビー・ハイブリッド

引用:https://www.suzuki.co.jp/

クロスビーのカタログ燃費は「22.0km/l」です。

クロスビーもハイブリッドシステムが搭載されていますが、加速をするときはモーターの力でエンジンをアシストします。

発電効率に優れているISGによって、減速をしたときのエネルギーを利用して発電をします。

アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用の、リチウムイオンバッテリーに充電します。

ランキングNo9:【燃費:27.0km/l】ホンダ・ヴェゼルハイブリッド

引用:honda,co.jp

燃費ランキングでは9番目におすすめしたい車です。

燃費ではJC08モード燃費27.0km/lの低燃費を実現させています。

緊急自動ブレーキシステムは車両や歩行者だけでなく道路標識までも検知してくれる高い安全性を持っています。

それに加え、室内や荷室が広く安全性が高いのでSUVですがファミリーカーとしても人気のあるモデルです。

安全性能や燃費性能にこだわる方にはおすすめの車です。

ランキングNo8:【燃費:27.2km/l】トヨタ・シエンタハイブリッド

引用:toyota.jp

燃費ランキングでは8番目におすすめしたい車です。

燃費ではJC08モード燃費27,2km/lの低燃費を実現した車です。

ミニバンの中で最もコンパクトで重量が軽いので燃費が良いです。

1500ccのハイブリッドをラインナップしています。

低燃費のミニバンに乗りたい方にはぜひともおすすめしたい車です。

ランキングNo7:【燃費:28.8km/L】スズキ・イグニス HYBRID MG

引用:Suzuki.co.jp

燃費ランキングの中では7番目におすすめしたい車です。

スズキ イグニスは、2016年2月に発売されたばかりの「コンパクトSUV」というジャンルのコンパクトカーです。

燃費ではJC08モード燃費28.8km/Lの低燃費を実現しています。

スポーティーさデザインと燃費性能に優れた車になっています。

ランキングNo6:【燃費:32.0km/l】スズキ・ソリオハイブリッド

引用:suzuki.com

スズキ・スイフトハイブリットいん続くランキングNo6の車です。

燃費ではJC08モード燃費32.0㎞/Lの低燃費を実現しています。

内装の質感が高く後席は、左右独立型のシートでスライド機能も付いているのでアレンジしやすいです。

またコンパクトカーですので、室内は広くなっています。

燃費性能に加え、室内空間の広さにこだわりたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo5:【燃費:32.0km/l】スズキ・スイフトハイブリット

引用:suzuki.com

日産ノートに続き、ランキングNo5の車です。

燃費効率を徹底的に高めたデュアルジェットエンジン・アイドリングストップシステムなどの搭載により、スイフトはFF車でJC08モード燃費32.0㎞/Lの低燃費を実現しています。

1.2LモデルであるXGが車両本体価格1,316,520円のプライスでなっているスイフトですが、内装の質感・装備の充実しており、控えめな価格でお得感はあります。

燃費性能に加え、車両価格のこだわる方にはおすすめの車です。

ランキングNo4:【34.4km/L】トヨタ・ ヴィッツハイブリッド Jewela

引用:toyota.jp

燃費ランキングでは、4番目におすすめしたい車です。

トヨタ ヴィッツはトヨタの普通車ラインナップの中でも最もコンパクトな車です。

2017年1月からはハイブリッドモデルが追加され、燃費がさらに向上し、購入しやすい価格帯のハイブリッドカーとなっています。

お手頃な価格で優れた燃費性能を求めたい方にはおすすめの車です。

ランキングNO3:【燃費:37.2km/L】日産・ノートe-POWER

引用:nissan.co.jp

トヨタ・アクアとホンダ・フィットハイブリットに続く、No3のコンパクトカーが日産 ノートe-POWERです。

新型ノートは、1.2L車でJC08モード23.4km/L~26.2km/L(4WD車は18.2km/L)・e-POWERで34.0km/L~37.2km/Lと低燃費を実現しています。

優れているのは、燃費性能だけでなく、全(長4,100mm×幅1,695mm×高1,520mm)の新型ノートは、室内(長2,065mm×幅1,390mm×高1,255mm)とコンパクトカーの中でもトップクラスの広さです。

またシートは厚みがあり、クッション性も良く長時間のドライブでも快適に過ごす事が出来るのも魅力です。

燃費性能に加えて、乗り心地を求めたい方にはおすすめの車です。

ランキングNO2:【燃費:37.2km/L】ホンダ・フィットハイブリッド

引用:honda.co.jp

燃費重視のコンパクトカーの中でNo2は「ホンダ・フィットハイブリット」です。

フィット ハイブリッドモデルの燃費はJC08モードで36.4km/Lと、コンパクトカーではトヨタのアクアに次ぐ高燃費性能になっています。4WDモデルの燃費29.0km/Lで、1500cc以上の乗用車の中ではトップの燃費効率です。

フィット ハイブリッドモデルの価格は168万からと、アクアに比べると8万円程、価格の安さが魅力です。

「燃費が優れていて、車両価格が安い車がいい」という方にはおすすめのコンパクトカーです。

ランキングN01:【燃費:38.0km/L】トヨタ・アクア

引用:toyota.jp

燃費重視の車の中でダントツのNO1コンパクトカーは「トヨタ・アクアL」です。

アクアは、2011年12月に発表され、2012~2016年まで新車販売台数第1位の人気車種となっていました。

人気もある車としても有名ですが、アクアといえば「燃費性能」ではないでしょうか?

マイナーモデルチェンジされたアクアは、ライバル車であるホンダフィットハイブリットモデルの燃費36.4km/Lを抑え、JC08モードの走行燃費値37.0km/Lと、同クラスで世界トップレベルの燃費性能を実現しました。

車で毎日通勤するサラリーマンや学生におすすめの低燃費コンパクトカーです。

スポンサーリンク

広さ重視のコンパクトカーランキングトップ10

最後に「広さ重視のコンパクトカーランキングトップ10」を紹介します。

家族で出かける時や大人数で乗車することが多い方にとっては、車内の広さは重要ですよね。そんな方はぜひ参考にしてみてください。

車内広さの容量は、室内長×室内高×室内幅で算出しました。

ランキングNo10:トヨタ・アクア

引用:toyota.jp

広さ重視のランキング第10位はトヨタ・アクアです。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 2015×1395×1175mmとなり容量は3.302㎥です。

オプションで自動ブレーキシステムを搭載できる所も魅力の一つです。

あとは何と言っても低燃費車なので、お財布に優しい車です。

車内の広さや低燃費車にこだわりがある方にはおすすめしたい車になります。

ランキングNo9:トヨタ・ヴィッツハイブリッド Jewela

引用:toyota.jp

ランキング第9位はトヨタ ヴィッツハイブリッド Jewelaです。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 1920×1390×1240mmとなり容量は3.309㎥です。

室内の広さは不自由なく過ごせる空間になっています。

燃費性能にも優れていますので、お財布に優しい車です。

室内空間と燃費性能にこだわりたい方にはおすすめの車になります。

ランキングNo8:スズキ・イグニス HYBRID MG

引用:suzuki.co.jp

ランキング第8位はスズキ イグニス HYBRID MGです。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 1945×1365×1250mmとなり容量は3.318です。

スイフトのスポーティな雰囲気と、デザインのベースとなったスズキ アルトの顔を併せ持つ車です。

室内空間も申し分ないスペースになっています。

スポーティー性と車の広さにこだわりたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo7:スズキ・スイフトハイブリッド

引用:suzuki.co.jp

広さ重視のランキングでは、第7位の車です。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 1920×1425×1225mmとなり容量は3.410㎥です。

ですが、優れたハンドリング性能、足回り、5速AGSやパドルシフトなどによってスポーティな走りなど広さ以外にもスイフトを楽しめる箇所がたくさんあります。

車内の広さと優れたハンドリング性能を求めた方にはおすすめしたい車です。

ランキングNo6:日産 ノート・ハイブリット

引用:nissan.co.jp

広さ重視の中でNo6のコンパクトカーが「日産・ノート」です。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 2065×1390×1255mmとなり容量は3.602㎥です。

後部座席では、身長170cmの大人4名が乗車した状態で頭上空間がこぶし1個程度・足元空間は3個程度を確保しており、大人の男性が座っても余裕のある設計となっています。

ランキングNo5:ホンダ・ヴェゼルハイブリッド

引用:honda.co.jp

広さ重視のランキング第5位は、ホンダ・ヴェゼルです。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 1930×1485×1265mmとなり容量は3.625㎥です。

フィットをベースとして作られているので同じように燃料タンクを前席の下に配置することで室内と荷室を広くしてあります。

室内や荷室が広く安全性が高いのでSUVですがファミリーカーとしても人気のあるモデルです。

ファミリーカーとして使いたい方にはおすすめの車です。

ランキングNo4:クロスビー・ハイブリッド

引用:https://www.suzuki.co.jp/

クロスビーの室内サイズは、「全長2,175mm全幅1,365mm全高1,280mm」です。

メーターに光が当たると、クロスビーの小さいのが表示されるなど、遊び心が満載の車です。

座席の縁の色を「シルバー」「イエロー」「オレンジ」の3色から、選べるようです。

室内自体はそれほど狭くはないです。

ランキングNo3トヨタ・シエンタハイブリッド

引用:toyota.jp

広さ重視のランキング、第3位はトヨタ・シエンタです。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 2535×1470×1280mmとなり容量は4.769㎥です。

シートアレンジが多彩なので実用性が高いです。(3列目シートを倒すと自転車を立てて積めるほど荷室が広くなります)。

室内空間を広々と使いたい場合にはおすすめの車です。

ランキングNo2:スズキ・ソリオハイブリッド

引用:suzuki.co.jp

ランキング第2位はスズキ・ソリオです。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 2515×1420×1360mmとなり容量は4.856㎥です。

また、コンパクトカーならではの、室内空間が広いことも特徴の一つになります。

後席にはスライドドアが装着されているので乗り降りがしやすいです。

室内空間とスライドドアにこだわる方にはおすすめしたい車です。

ランキングNo1:ホンダ・フリードハイブリッド

引用:honda.co.jp

広さ重視のコンパクトカーランキング第一位は「ホンダ・フリードハイブリット」です。

室内サイズは室内長×室内幅×室内高 3045×1455×1275mmとなり容量は5.648㎥です。

また、高剛性リアサスペンションと設計の低重心化の結果、大人数であらゆる道を走っても安定した安心できる走りができるのも、魅了の一つです。

車内の広さに加え、走行性能を求めたい方には、おすすめの車になります。

スポンサーリンク

まとめ

引用:toyota.jp

今回はコンパクトカーの中でも「安さ重視」「燃費重視」「広さ重視」の3つの内容について紹介してきました。

自分の目的にあった最適なコンパクトカーを見つけられましたか?

この記事の内容を上位3位までまとめました。

【車両価格が安いランキング】

1:ホンダ・フィット

2:トヨタ・アクア

3:スズキ・ソリオハイブリッド

【燃費ランキング】

1:トヨタ・アクア

2:ホンダ・フィットハイブリット

3:日産 ・ノートe-POWER

【広さ重視ランキング

1:ホンダ・フリードハイブリッド

2:スズキ・ソリオハイブリッド

3:トヨタ・シエンタハイブリッド

この記事の内容を理解して、あなたに合った車を見つけましょう。

ハイブリット車は全体的に価格が安く、燃費性能が優れています。
どの車を購入しても満足していただけると思います。

キャッチ画像引用:toyota.jp

この記事を書いた人

マーサ
定年を過ぎ時間をもて余しています。たまのドライブには湘南・鎌倉・箱根エリアを乗りまわしています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1