エクストレイル vs ヴォクシー徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

エクストレイルvsヴォクシーということで、今回は日産で人気のSUV「エクストレイル」と同じくトヨタで人気のミニバン「ヴォクシー」を比較していきます。

どちらも新車価格が比較的お手頃でファミリー層から若者に人気です。

皆さんも街中でよく見掛けるのでご存知の方も多いはずかと思います。

エクストレイルは2000年に発売が開始され他社のSUVに高級志向の物が増える中、未だに当初のお手頃な四駆というコンセプトを貫いているSUVです。

新型には3列シート7人乗りとハイブリッドモデル設定され、より好みの選択ができるようになりました。

対してヴォクシーもエクストレイルの販売開始時期に近い2001年に発売が開始されました。

ミニバンながらもスタイリッシュな見た目で父親だけではなく若者にも人気を博し、現在も乗っている人が多い一台です。

こちらも新型からハイブリッドの設定が増え、デザインもグリルが大きくなったことによりワイルドさが増しました。

今回はこちらの2車種を車中泊に重点を置いて紹介します。

→燃費

→室内空間

→フルフラットさ

上記で対決していきます。

スポンサーリンク

エクストレイル vs ヴォクシー燃費を比較

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

車中泊だけではなく普段使いでも気になる燃費の対決です。

ミニバンとSUVはどちらも燃費が悪くなることが多いですが、ハイブリッドモデルが搭載されたことでどこまで改善されているでしょうか。

JC08(国土交通省審査値)で発表されている燃費を下記してみました。

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

・ガソリン

16.4km/L(2WD)16.0km/L(4WD)

・ガソリンHV

20.8km/L(2WD)20.0km/L(4WD)

ヴォクシー

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

・ガソリン

16.0km/L(2WD)15.0km/L(4WD)

・ガソリンHV

23.8km/L(2WD)

最も燃費が良いグレードを比較するとヴォクシーの方が良いですね。

ハイブリッドの燃費差が3.0km/Lあるので今回はヴォクシーに軍配です。

ヴォクシーのHVには4WDの設定がないので、雪山へスキーに行く時や山へキャンプに行く時はエクストレイルの方がよりアクティブに行けますね。

1年でどの位の差が出るか試算してみました。

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

・ガソリン4WD

10.000km÷(16.0km/L×70%)×144円/L=128.571円

・ハイブリッド2WD

10.000km÷(20.8km/L×70%)×144円/L=98.901円

ヴォクシー

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

・ガソリン4WD

10.000km÷(15.0km/L×70%)×144円/L =137.142円

・ハイブリッド

10.000km÷(23.8km/L×70%)×144円/L=86.746円

レギュラー1L当たりの金額を全国平均144円として年間走行距離10000km、平均燃費をカタログ値の70%走ると仮定して算出しました。

ハイブリッドモデルで年間1万円以上の差が出ています。

あまり大きな差ではないですが、自動車税を入れるとどの程度変わるでしょうか。

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

・ガソリン4WD

128.571円+39.500円(2.0L自動車税)=168.071円

・ハイブリッド2WD

98.901円+39.500円(2.0L自動車税)=138.401円

ヴォクシー

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

・ガソリン4WD

137.142円+39.500円(2.0L自動車税)=176.642円

・ハイブリッド

86.746円+39.500円(1.8L自動車税)=126.246円

今回の試算では年間10.000km走る人はエクストレイルで14万以上、ヴォクシーが13万以上必要になります。

今回の試算では計算しませんでしたがその他にも任意保険や整備費用、その他税金が掛かってくるので余裕を持って計算するのが良いでしょう。

ディーラーでのキャンペーンや減税などによって金額が異なってくるので、気になった方はディーラーに確認をしてください。

維持費は差の少ない良い対決になりました。

それでは内装はどのくらい変わるのでしょうか、紹介していきます。

スポンサーリンク

エクストレイル vs ヴォクシー室内空間はどっちが広い?

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

燃費と同じく車中泊だけでなく普段使いで気になる室内空間を比較します。

今回は乗員数が同じモデルの比較です。

エクストレイル 

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

外寸:4690/1820/1740

内寸:2555/1535/1270

ヴォクシー 

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

外寸:4710/1735/1825

内寸:2930/1540/1400

上は長/幅/高(mm)で表記しています。

結果としてはヴォクシーに軍配です。

どうしてもSUVとミニバンの対決だとミニバンが有利になりますね。

この2車種の比較だとヴォクシーが大きいですが、エクストレイルの内装の広さにも驚きです。

しかし内寸に対してSUVは真四角の箱型とは程遠いので注意が必要です。

ミニバンは内寸に対して箱型に近いので中腰で立ち上がることや、高さのある荷物が楽々積めます。

エクストレイルはアクティブに使うことを想定されているのでシートやラゲッジルームはもちろん、シートまで防水加工が施されています。

シートも乗り心地にこだわって造られており長距離も快適に運転できるので、夏場の海や冬のゲレンデも安心です。

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

ヴォクシーも内装の広さを生かし3列シートなのは勿論、3列目を格納して2列シートのように使うことも可能です。

2列目シートを後ろまでスライドすることでちょっとしたリムジン気分を味わえます。

足元が810mmまで広がるのでちょっとした手荷物はリアハッチを開けずに足元に置くのも便利です。

3列シートや中の広さはヴォクシー、走破性や内装の使い勝手はエクストレイルと両極な2台になります。

内装の広さに関しても燃費対決同様、良い対決になりましたね。

どちらも車中泊するには申し分ないスペックです。

それでは車中泊ではかなり気になるであろう“フルフラットさ”の対決です

スポンサーリンク

エクストレイル vs ヴォクシー『フルフラットさ』比較

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

筆者がお勧めする車中泊方法である“後席をフルフラットにしての睡眠をとる方法”で必要になるフルフラットさについて紹介します。

結論から言うとエクストレイルに軍配です。

ヴォクシーはミニバンなので3列シートを常用できるようにシートの格納スペースが少なくなっています。

ヴォクシーでフラットにするにはシートをリクライニングする方法になります。

フラットにした時に座面が上になるので柔らかさはありますが、フルフラットと呼ぶには難しいです。

シートをギリギリまで格納して床で寝るとしてもホームページの写真を見る限り、小さめの自転車程度の奥行きしかないのでかなり窮屈です。

エクストレイルは2列目シートを格納するとラゲッジルームからほぼフルフラットになるので快適に車中泊ができます。

フルフラットにした時の後部の内寸が1745/1305/845(奥/幅/高mm)になっているので、平均的な背丈の成人男性が眠れる位の広さです.

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

両車種どうしてもフラットにした時に多少の凹凸や材質が出てしまうので、車中泊するにはシートマットを持参しましょう。

シートマットは表面の材質に気を取られず睡眠を取れ、シートの保護にもなります。

荷物としてもあまりかさばらずに積んでおけるので、稀に車中泊をする方は常備がお勧めです。

最後に今回の比較のまとめをします。

スポンサーリンク

エクストレイル vs ヴォクシー車中泊比較まとめ

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

エクストレイルvsヴォクシーを車中泊に焦点を置いて比較しました。

・燃費対決 ヴォクシー勝利

・室内空間 ヴォクシー勝利

・フルフラットさ エクストレイル勝利

結果は上記の通り、ヴォクシーの勝利になりました。

筆者からすると、どの対決も一長一短でどちらもかなりの完成度のクルマに仕上がっている印象です。

人気が衰えない理由もわかりますね。

どちらも様々なオプションやグレードが準備されているので、自分の好みに合った一台をオーダーできます。

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

旧型に乗っていたけどちょっと不満があった方も、両車種確実に進化しているので迷ったらディーラーに見に行っては如何でしょうか。

筆者は、お子さんや家族を乗せる機会が多い方には「ヴォクシー」、稀に5人以上を乗せる方は「エクストレイル」をお勧めします。

どちらも人気車種なので安全装置や装備の選択肢が多く使う環境に合わせて購入すればどちらを買っても間違えありません。

気になった方はディーラーへ足を運んでは如何でしょうか。

アイキャッチ画像引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

アイキャッチ画像引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク