キャンプに最適なSUV比較!人気ランキング2019

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

現在は多くの車が登場し、多目的な車としてSUV車が国内で大人気となっています。

そんなSUV車ですからキャンプにに利用しようと考える人も多いと思います。

また、人によってはSUV車をテント代わりにキャンプを行うという人さえいるのではないでしょうか?

趣味要素の強いSUV車ならではの使用方法ですよね。

多くのSUV車が発売されている現在ですが一体どの車がキャンプに向いているのでしょうか?

今回はキャンプに使用できるおススメSUV車人気ランキングベスト5を紹介していきたいと思います!

キャンプに必要なSUV車の要素は?

おすすめの車を紹介する前にSUV車でキャンプをする上で外せないポイントが以下の通り!

大きな車内スペース
広いラゲッジスペース
汚れに強い
シートがフラットになる
高い走行性能

理由を順番に見て行きましょう!

大きな車内スペース

キャンプというアウトドアは複数名で行う機会が最も多いです。

となるとそれだけ多くの人を運べるSUV車が必要になっていきますよね。

また、後述する広いラゲッジスペースを確保する為にはどうしても車内空間が広い必要が出てきます。

複数名でキャンプを行うことを考えると大き目のSUV車が適していることは言うまでもないですよね。

広いラゲッジスペース

キャンプに行こうと思うと大量の荷物を車内に積み込む必要があります。

パッと思いつくだけで、テントや着替え、バーベキュー用のコンロや遊び道具などがあり、細かく考えるとさらにたくさんの荷物を運ぶことになります。

そうなると広いラゲッジスペースが必要になりますし、それに取って代わる積載性能は必須条件となりますよね。

シートがフラットになる

こちらはSUV車をテント代わりにキャンプを行いたい人には外せない要素です。

就寝時は横になって寝ないとなかなか寝付くことが出来ず、最悪の場合、不眠で一夜を過ごすことになる可能性もあります。

この状態を避ける為にフラットな就寝スペースはどうしても確保したいです!

また、ムリに同じ姿勢で長時間過ごすことになってしまいますと体が固まってしまい、就寝後も疲れが取れずに大きな疲労感を伴ってしまい、腰痛やエコノミー症候群の原因になる可能性もあります。

せっかく楽しいキャンプに来てこの様な症状の原因となるような行為は避けたいところです。

その為、シートがフラットになるSUV車がキャンプに適していると考えられます。

汚れに強い

アウトドアとなると汚れは付き物。

最近では高級志向のSUV車も登場していますが、この様な車でキャンプを行い車内を汚してしまってはせっかくの高級車が台無しになってしまいます。

SUV車には高級志向ではなくアウトドアに主眼をおいて開発されている車もありますので、キャンプに適しているのはこの様な車種ですよね。

高い走行性能

アウトドアの代表格ともいえるキャンプ。

アウトドアというほどですからキャンプ地に向かうまでは悪路の場面も多く、走破性が高い車が必要になっていきます。

元々高い走破性能がウリであるSUV車ですが、その中でもこの能力が高い車がキャンプに最適なのは言うまでもないですよね。

キャンプにおススメのSUV車人気ランキングベスト5は?

では、以上の点を踏まえてキャンプに向いているSUV車ベスト5を紹介していきたいと思います!

第5位

第5位として紹介したいのはスズキ ハスラー!

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/

軽自動車でありながらSUV車という新しいジャンルを切り開いたスズキを代表する車種です。

カラフルな外装や内装も人気の理由の1つですよね。

オシャレなデザイン以外にもSUV車というだけあり非常に高い走行性能をもっており、最低地上高が180mmと通常の車に比べて高めの設定となっていますので、多少の悪路なら問題ありません。

軽自動車というジャンルから大きな車内や広いラゲッジスペースの確保には不向きと思われますが、ハスラーには助手席シートアンダーボックスをはじめ様々な収納スペースが確保されていますので数名程度の荷物なら運ぶことも可能でしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

さらに、アクセサリーとしてラゲッジネットなども販売されており、スペースを余す事無く利用できる工夫も施されています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

また、ハスラーで車中泊を行うことも可能となっており、前席シートの背もたれを後方いっぱいに倒すことでフラットな就寝スペースを確保できます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ただし、この状態では身長が高い男性は少し体を傾けないと寝れないのが難点です。

この様な人は前席の背もたれを後ろ側に倒し、その後、後席の背もたれを前側に倒す事でしっかり足を伸ばして寝ることが出来るスペースを確保できます。

しかし、この状態ではシートがフラットにはならずやや寝にくいのでマットを引く必要が出てきますが、ハスラーのアクセサリーとしてベッドクッションが販売されていますのでこちらを使用することで快適な睡眠を取る事が出来ます。

ラゲッジネットやベッドクッションなどのアクセサリーが販売されている点からも、スズキがアウトドアを意識してハスラーを製作したのは一目瞭然ですよね。

また、軽自動車というジャンルに属しているハスラーですので、車体価格も安く、維持費も抑えられるというメリットもあります。

ハスラー単体では快適なキャンプとはいかなそうですが、車体価格や維持費の安さというメリットやスズキから発売されている専用のアクセサリーを使用することでアウトドアに最適な1台に様変わりします。

費用を抑え、キャンプに最適なSUV車の購入を考えている方には非常におススメです!

第4位

第4位として紹介したいのはスバル フォレスターです!

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

スバル車を代表するミドルサイズSUVで大人気車種となっている一台です。

2018年7月にフルモデルチェンジが実施され、5代目フォレスターが発売されています。

新型フォレスターにはアウトドア志向の強い「X-Breadk」も存在し、このグレードには撥水加工が施されたシートが採用され、多少の汚れは気にならずに使用することが可能です。

スバル車は走破性が非常に高い事で有名であり、当然フォレスターにもその性能は受け継がれており、常時四輪駆動での走行に加え、悪路でのスムーズな走りを実現するX-MODEも装備されています。

また、泥や砂利などの悪路だけではなく雪道に対しても非常に強い走行性能を持っています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/performance.html

ミドルサイズSUVという大きな車種となっていますのでラゲッジスペースも広く、様々な物を積み込む事も可能です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

ラゲッジ側面には、傷が目立ちにくいテクスチャー素材が採用されており、汚れもふき取りやすいため、アウトドアで使用した荷物も気軽に積み込めます。

さらに、ラッゲジ床下にも収納スペースが確保されており、小物のしまっておくのに非常に便利です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

また、セカンドシートを倒すことで段差の少ないフラットな就寝スペースを確保することも可能です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

室内長×室内幅×室内高=2110㎜×1545㎜×1270㎜というミドルサイズSUVとして十分な車内スペースも確保できており、フォレスターはキャンプで使用する上では適したSUV車と言って問題ないでしょう!

第3位

第3位にランクインしたのはトヨタ社のランドクルーザー プラド。

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

この車はSUV車でありながら、レジャー向けに作成されたRV車に属する車種である為、非常にアウトドアに適した車となっています。

その目的の為、車内スペースは非常に大きく車内幅は1,565mm、車内高さは1,240mm、そして車内長は7人乗りが2,520mm、5人乗りが1,825mmとなっています。

また、ガソリン車以外にもクリーンディーゼル車も用意されており、非常にパワフルなトルク性能を発揮してくれます。

さらに、最高級グレード TZ-Gのみ選べるメーカーオプションである、「マルチテレインセレクト」によりオフロード走行の支援が可能となっており、凹凸の激しい路面以外にも岩石の多い場面でさせ対応でき、走破性能を格段にアップさせてくれます。

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/?padid=ag341_from_prado_navi_performance

最高級グレードのみのメーカーオプションという点が残念ですが、オフロードの走行には最適のシステムですよね。

車体の大きさから想像できるように、大容量のラゲッジスペースを確保しており、7人乗りの場合、最大幅×最大長×再大高=1,380㎜×2,070㎜×860㎜、5人乗りで最大幅×最大長×再大高=1,390㎜×1,680㎜×1,040㎜となっており、フォレスターと比較してもかなり大きなことが分かりますよね。

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/interior/

これだけ広いラケッジスペースだと収納面で困る事は無いと言って良いのではないでしょうか?

また、当然ですがゆったりとした就寝スペースを確保する事も可能となっており、車中泊にも困りません。

7人乗りの場合はサードシートをフロアに収納することが可能であり、この状態でセカンドシートを前に倒すとフラットなシートアレンジとなります。

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/interior/space/?padid=ag341_from_prado_in_space01#

5人乗りの場合はセカンドシートを倒すだけで簡単に就寝スペースを作り出すことが可能です。

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/interior/space/?padid=ag341_from_prado_in_space01#

この状態では段差とラゲッジの硬さが気にな為、車中泊用のマットが必要となってきますがゆっくり寝る事が出来るスペースが作り出せるのは大きな魅力となっていますよね。

走行性能の高さやラゲッジスペースの容量、さらに車中泊も快適に送る事が出来るランドクルーザープラドはキャンプに最適の1台となっています。

第2位

第2位として紹介したいのは日産 エクストレイル。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior.html

日産車を代表する車種であり、ミドルサイズSUVという大きめな車で「エクストレイル=アウトドア」という図式が成り立つほどアウトドアに特化した車種です。

あらゆる路面に対して最適なトルク制御を行ってくれる「インテリジェント 4×4」や車体の上下動を予測し、デコボコ道で振動を抑制してくれる「インテリジェント ライドコントロール」をはじめ、様々な先進技術が使用されており、非常に高い走行性能を誇っています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance_safty/nim.html

その走行性能の高さを示すように、雪道などの悪路での走行機会が多い北海道や東北地方でのエクストレイル人気は非常に高く、2018年の北海道でのSUV登録車販売台数No.1を記録している程です。

また、アウトドアに特化した車というだけあり、車内の防水対策もバッチリで全グレードで防水シートや防水加工フロアが標準装備されており、汚れに対しても非常に強い内装となっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/luggage.html

ミドルサイズSUVという大きな車体となっている為、ラゲッジスペースの大きさも広く、最大幅×最大長×再大高=1,305㎜×1,745㎜×845㎜とクラストップレベルの積載量を記録しています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/luggage.html

当然車体サイズも大きく、エクストレイルには3列シート7人乗りモデルも用意されている程です。

3列目シートは狭く、成人男性が長距離を移動するのには不向きと言われていますが、小さなお子さんなどなら十分に使用可能なスペースとなっていますので、子供とキャンプに行こうと考えている人にとっては使い勝手は良いのではないでしょうか?

また、フラットなシートアレンジも行えますので、車中泊も問題ないです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/luggage.html

ただし、現行のエクストレイルはシートをフラットしてもやや傾斜がかかってしまうようで、マットなどで補正する必要がある点のみが残念な部分です。

実は2代目エクストレイルまでは完全なフラットにシートアレンジを行う事が出来たのですが、現行モデルである3代目へのフルモデルチェンジを機にやや傾斜がかかる仕様となってしましい、残念に思うという声もあがっていました。

しかし、この傾斜は車中泊用のマットなどで十分補正が可能な物となっており、快適な車中泊を送る事が出来るという声が多くあがっているのも事実です!

遠出やスキー、旅などアウトドアと名の付くものなら何にでも対応可能なエクストレイルはキャンプにはもってこいの一台ですよね。

第1位

第1位として紹介したい車種は三菱のアウトランダーPHEV。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/exterior/

この車種は他の車と決定的に違う点があり、車自体を電源として使用する事が可能であり、ホットプレートやポット、電気毛布など様々な家電製品をキャンプ場で使う事が出来ます。

特に冬場などの寒い時期にキャンプを行いたい時は防寒対策が重要となってきますので、電気毛布などの暖をとる家電製品を使用できるのは大きなメリットですよね。

そもそもPHEVとはプラグインハイブリッドを意味し、ハイブリッドカーの進化版の事です。

通常のハイブリッド車ではエンジンの力で発電した電気を利用しモーターを回転させEV走行を行いますが、PHEV車はこの方法以外にも走行前に外部電源よりバッテリーを充電する事が可能であり、この電気を走行など様々な場面で使用する事が出来ます。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/usp/electricity.html

バッテリーも通常のハイブリッド車以上の大容量の物が搭載されており、アウトランダーPHEV車を電源として使用する事が可能で、その為、車内にはバッテリー電力を取り出せるコンセントが装備されています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/usp/electricity.html

まさに動く大容量の電源という訳です!

しかし、いくら大容量のバッテリーといっても使過ぎるとすぐに電池切れを起こしてしまうのでは?と思っちゃいますよね。

そんな心配もなく、アウトランダーPHEV車は満充電の状態で一般家庭の最大約1日分の電力を、エンジンでの発電も合わせれば約10日分の電力を供給する事が可能となっています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/usp/electricity.html

余談ですが、先日北海道で起こったブラックアウト時にアウトランダーPHEVから電源を供給し、開店しているコンビニを見かけました。

それだけの容量を持っているという事ですね。

また、走行性能も高く、S-AWCと呼ばれるシステムにより前後のモーターで常に4輪の駆動力を最適制御し、非常に高い操縦性と安定性を実現しています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/usp/sawc.html

この機能によりキャンプ場近くの曲がりくねった山道や砂利道も快適に走行する事が可能です。

さらに、ミドルサイズSUVという大きさの車種となっていますので積載性能も高く、最大幅×最大長×再大高=1,305㎜×1,685mm㎜×865mmとエクストレイルと比較しても見劣りしないラゲッジスペースが存在します。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/utility/uti_02.html

就寝スペースの確保もバッチリで、2列目シートを前に倒すだけでフラットなスペースが完成します。

シートの裏面にわずかな傾斜があるようですが、ほぼフラットに近く大変寝やすいそうです。

積載性能や走行性能、車中泊に加え家電製品も使用可能となっているアウトランダーPHEV。

最大のネックは先進車となっている事もあり、車体価格が高い点で最低でも400万円を超える事になりますが、PHEV車は燃費性能も高く、日常で使用する上でも非常にメリットは高いです。

むしろこれだけの先進装備にも関わらず、この値段で購入できる事を考えると費用対効果は非常に高いと評価する声も多く、購入した方からは価格面に対しても好評となっていまいた。

また、アウトランダーPHEVを使用してキャンプを行った人からはとても快適だったという意見も目立っています。

キャンプを行う上で必要な要素を全て満たし、さらにプラスαも与えてくれるアウトランダーPHEVがキャンプに向いているSUV No,1である事は納得ですよね!

キャンプに向いているSUVについてまとめると

今回は数あるSUVの中からキャンプに最適なSUVをランキング形式でご紹介させて頂きました。

筆者がおススメしたいキャンプに最適なSUVベスト5は以下の通り!

第5位:ハスラー
第4位:フォレスター
第3位:ランドクルーザープラド
第2位:エクストレイル
第1位:アウトランダーPHEV

どの車も素晴らしく、キャンプをはじめアウトドアに使用するには非常に適している車種ばかりです。

特に今回第1位にランクインしたアウトランダーPHEVはキャンプに必要な要素を全て満たしているだけではなく、プラスαとして電源としての使用が可能という非常に優れた車となっています。

この車でキャンプを行ったという人からは非常に高評価な声がたくさんあがっていました。

もしアウトドアを目的にSUV車の購入を考えている人がいらっしゃいましたらアウトランダーPHEVを選択肢に入れてみても良いのではないでしょうか?

その他の車も各車特色があり、電源という点ではアウトランダーPHEVに劣りますが、走行性能や積載性能などの面から考えてキャンプ目的で使用するにはなんら問題がありません。

せっかくSUVを購入しようと考えているのでしたらこの様な使用方法も考えてみてはいかがでしょうか?

大好きな車と非日常を体験する事はきっといい思い出になってくれるはずです!

キャッチ画像引用:https://toyota.jp/spade/style/

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1