ベンツGクラスの値引き情報! 相場や交渉術は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2018年8月から、ベンツGクラスが約40年ぶりとなる、モデルチェンジを経て日本での発売を開始いたしました。

対象モデルは「G550」と「メルセデスAMG G63」の2車種となりますが、販売価格はそれぞれ15.930.000万円20.760.000円となっています。

SUV車の最高峰に存在する、この車は価格もとびぬけて高価です。

今回、このベンツGクラスを実際に購入するにあたって、値引きが幾らぐらい適用されるか、また値引できるポイントや値引きがされやすい環境など、いくつかのポイントを紹介していきます。

ベンツGクラスの値引き額

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/lineup.module.html

高額な車両価格から、お金持ちや芸能人が乗るイメージがあるため、値引きはおこなわれないのではないかと思われがちな、ベンツGクラスですが実際には少し状況は違います。

値引き幅は、購入車種や購入時期の違いで上下しますが、値引きに関しては行われています。

肝心の値引きの金額ですが、2018年モデルで約50~70万円、中には100万円近くの値引きをされた方もいるようです。

また新型ベンツGクラスが、発売なったことにより、それ以前のモデルの値引き幅が大きくなる傾向もあります。

https://pixabay.com/ja/illustrations/割引-パーセント-保存し-利点-1015443/

それ以前のモデルでは100万円以上の値引もありうるこの時期は、現行モデルにこだわらないのであればとてもねらい目な時期と言えます。

ましてや40年ぶりのフルモデルチェンジが、行われたばかりという状況を加味すると、販売のメインは大きく2018年モデルに集中することが予想されるため。

それ以前のモデルが在庫として販売店に残ってしまうことが考えられます。

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/off-road-detail.module.html

とにかく在庫を嫌う販売店では、この様な在庫車を通常より大きく値引きして販売する傾向があるため、旧モデルから大きな値引きを引き出すには最適な時期といえるでしょう。

値引きのおおよその目安として、車両価格から現行車種で3~5%前後、それ以前のモデルでは6~8%前後の値引きは十分に可能と言えます。

ベンツGクラスの値引き幅が大きくなる時期

https://pixabay.com/ja/illustrations/販売-割引-バナー-市場-1067126/

輸入車を購入するにあたりディーラーで、購入するのが一般的ですが、このディラーには一年を通じて大きく販売価格を割り引いてでも、車を売らなけらばならない時期があります。

それは会社の決算時期にあたる月です。

一般的には、3月がその月に相当することが多く、その為新車を買うなら3月が一番お買い得だと言われています。

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/lineup.module.html

それでは何故、決算時期に販売店が利益を減らしてでも販売台数を増やさなければいけないのか、それには以下の様な販売店の事情があるからです。

各自動車メーカーは販売店に対して販売台数ノルマを設定し、ノルマ達成でその達成率に応じて奨励金を出しています。

販売台数を増やすことで、この奨励金をメーカーから獲得できれば販売店としては、大幅な増益となるため車一台分の利益が多少、少なくなろうが、全体の利益を優先し普段より大きな値引きをして購入してもらいます。

この様な事情から、ベンツGクラスの様な値引きに厳しい高級車であろうと決算時期なら、普段より高額な値引きが引き出せる可能性は大きくなるわけです。

それ以外の時期では中間決算が行われる9月、夏のボーナス需要を見越しての6~7月、冬のボーナスを見越しての12月も大きな値引きが引きだしやすいと言われています。

ただし輸入車の場合は、国産車を取り扱うディーラーと違い決算時期が3月とは限らない場合もまれにあるため、事前の下調べは必要となります。

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/introduction.module.html

他社ディーラーどうしを競合させ値引きを引き出す

https://pixabay.com/ja/photos/ヤギ-競争-紛争-692660/

少しでも多くの値引きを引き出したい場合、競合するディーラーから見積もりをもらいその見積書を提示して多くの値引きを引き出すことが可能です。

ディラーは同じ車種を取り扱っていても、別々の会社である場合も多くお住いの地域に複数の販売店がある場合は、事前に会社が別であることを調べておけば競合店の有無がわかります。

A店でもらった見積書が100万円、B店でもらった見積書が95万だった場合はB店でもらった見積書をA店に持参して。

値段交渉することによりB店の95万円より値引いてくれる可能性は十分にあります。

https://pixabay.com/ja/photos/電卓-カウント-計算する方法-1232804/

どうしても車両価格から、これ以上引けない場合などは、その他の装備を無料でつけてもらえたり、オプション装備から同等の値引きを引き出せたりと、その後の交渉がスムーズに進む場合も多くあります。

しかし都市部では、ディーラーの数も多く競合する販売店は多いのです。

これが地方都市となると極端にディーラーの数が少なくなり、他社ディーラーを探そうと思うと、他県まで遠征しなければならないこともあり時間や手間もかかってしまいます。

事前にディーラーに出向く際には、予約などが必要な場合もありますので計画的な行動が求められますが、得られるメリットも多く是非実践していただきたい交渉方法です。

最後の値引き交渉では

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/off-road-detail.module.html

値引き交渉も大詰めを迎え、ディーラーと購入者ともに、価格についておおよそで折り合いがついた最終段階ですが、最後にダメ押しで数万円程度のディーラーオプションを付けていただけないか、担当セールスにお願いしてみましょう。

その場合は、希望の装備オプションをさりげなく提示して「オプションを付けていただければ今日この場で契約できます」と伝えてみて下さい。

在庫がある場合や、それほど高価なオプションでもない限り今日契約いただけるのなら、といった具合に無料でオプションを付けてもらえることが多くあります。

担当セールスの方も、最後を良い商談で締めくくり末永く良いお付き合いをお願いしたい、と考えるものなのでこの方法は効果的です。

下取りか価格からの値引き交渉

https://pixabay.com/ja/illustrations/コンサルティング-情報-トーク-2204253/

車両価格や装備品から、値引き交渉をする訳では無いため、値引き交渉とは正確には言えないかもしれませんが、現在の車の下取り価格を大幅にアップして、総額で大きく支払価格を下げる事ができることをご存じでしょうか。

ディーラーで、ベンツGクラスの値段交渉をした場合、そのほとんどは、現在所有している車もそのまま担当セールスの言い値で下取りに出してしまう方は、多いと思います。

しかし実際には、このディーラーが最初に提示してくる下取り価格のほとんどは、市場価格より安く提示されることがほとんどです。

そうならないために、事前に現在の車の価格を買い取り業者から、見積もりをもらい把握しておくことで、ディーラーと下取り価格の交渉をすることができるようになります。

最近ではインターネットを使い複数の買取業者から、一斉に買取価格を提示してもらえるシステムもあります。

その中から、一番買取価格が高額な業者の見積もりをもって、ディーラーと下取り価格の交渉をすることで大幅に下取り価格をアップすることができます。

勿論車種や年式、走行距離にもよりますが、50万円下取り価格が上がるなども、ざらにありますので大変効果的に支払い総額を下げる事が可能となっています。

まとめ

https://pixabay.com/ja/photos/コンピューター-オフィス-3109537/

さすがに国産の大衆車の様な値引きとはいきませんが、ポイントを押さえればベンツの最高級SUVであるGクラスと言えど値引き交渉は可能という事がわかって頂けたと思います。

車両価格が、高額となるためたとえ数パーセントの値引きと言えども金額にすると、数十万となりこの浮いた金額を頭金に入れることもできます。

諦めかけていた高額なオプションを搭載することも可能です。

また下取り価格の交渉もインターネットで、見積もりを貰えるので、車両価格を値引きしてもらう作業に比べとても簡単にできてしまいます。

ネットでの申し込みなどは、3分程度でできるのでそれだけの労力で数十万も支払総額が、安くなる事がありますので是非活用してみて下さい。

高額で富裕層向けの車種である、ベンツGクラスですが値引き行為は、決して恥ずかしい行為ではありません。

高額な販売価格なだけに、長く乗り続けることとなるでしょう。

それだけに後悔の無い買い物をしたいものです。

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1