ウェイク パーツ情報!【エクステリア、インテリア、快適装備 別】

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツから販売されているウェイクという車は、使い勝手が非常に良い軽自動車になります。

軽自動車とは思えないほど広い車内なので、非常に人気のある車となっています。

今回はそんなダイハツ・ウェイクのパーツなどを見ていきましょう。

ダイハツ・ウェイクのエクステリアパーツ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

まずはダイハツ・ウェイクに装備できるエクステリアのパーツを見てみましょう。

ダイハツ・ウェイクには本当に様々なパーツを付けることができ、その幅広さがこの車の良さになります。

なので、多種多様にあるため、全てを紹介することはできないので、今回はオススメのパーツだけを紹介していきます。

自分にあったニーズに合わせてパーツを選んでみては如何でしょうか。

早速みていきましょう。

アルミホイール

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/wake/accessory/book.html#

ダイハツ・ウェイクには様々なホイールが用意されており、スタイリッシュなホイールが用意されています。

車にとってホイールは見た目だけではなく、車の性能にも大きく関係しており、燃費の向上やブレーキの排熱処理などを行ってくれています。

またスチールホイールに比べて、アルミホイールの方が軽いので、車の燃費が良くなることと同時に、足元が軽いので軽快な走りになります。

そして、タイヤへの負荷が少なくなるので、サスペンションなどの設定も柔軟に設定できるので、一番わかりやすい部分で言えば、乗り心地が良くなります。

なので、見た目と同時に車の走りに関してもアルミホイールは欠かせないものなので、オススメのパーツになります。

ボディステッカー

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/wake/accessory/book.html#

ダイハツ・ウェイクは非常にアクティブな人にオススメな車で、実際にCMなどでは使い勝手の良い車であることを宣伝しております。

またそれに合わせて、公式ホームページでもウェイクの使い勝手の良さを全面的に出しており、車の魅力に触れることができます。

それに合わせて、車のアクティブさを表現することができるステッカーがあります。

車を使うシーンや自分の好みに合わせて、ボディにステッカーを貼ることができますので、自分らしさを出すことができます。

ドアエッジプロテクター

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/wake/newitem.htm

こちらはよく車あるあるですが、ちょっとした不注意でドアを開けてしまった時に、縁石や塀などにドアをぶつけてしまった際に守ってくれるものになります。

エッジの部分にプロテクターが装着され、ほんの不注意を守ってくれるパーツになります。

またドアのエッジの傷は傷がついても直さないままのことが多いので、このようなパーツがあると取り外すこともできますので、よくこのようなことをしてしまう人にはオススメのパーツになります。

もちろん、ボディと同色のパーツが装着されますので、目立たないで車を守ることができます。

車に傷かつくのは、かなりショックを受けてしまいますが、このようなパーツを装着しておくことで安心して車に乗ることができます。

ダイハツ・ウェイクのインテリアパーツ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

では続いて、インテリアのパーツを見てみましょう。

ダイハツ・ウェイクの場合ですと、このインテリアパーツがメインであり、この車の良さでもあります。

その全てを見ていく事はできないので、ここでは様々シーンで使えるという紹介になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプ仕様

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/wake/camping.htm

こちらはキャンプ仕様で車の車内をアレンジできるパーツになります。

その全てを取り付ける必要はありませんが、自分たちのニーズに合わせて、取り付けることができます。

ウェイクの良さは収納の多さにあり、軽自動車でここまでの収納スペースをしっかりと確保できているのは、長年軽自動車を作ってきているからこそできる車種なのです。

また他にもバックドアにタープを付けることもでき、全方位からの視線を隠すこともできますので、キャンプ先なので着替えることも可能になりますので、全ての機能を有効活用できるようにウェイクは作られています。

車中泊仕様

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/wake/trekking.htm

またダイハツ・ウェイクは広い室内をしっかりと確保されていますので、車内で寝ることができますので、車中泊もすることができます。

キャンプほどのアウトドアはしたくない人は、車中泊がオススメで、簡単な調理器具や電源バッテリーなどを用意すれば、簡単に車中泊をすることができます。

季節によって用意するものは変わりますが、大事なのは、しっかりと寝る場所を確保することなので、ダイハツ・ウェイクであれば大人二人が寝れるスペースはしっかりとありますので、オススメになります。

また先ほどのキャンプ仕様のオプションでも、車中泊の際は役にたつアイテムがあり、ラゲッジスペースの仕切板がそのままテーブルになるパーツもありますので、車中泊でどのように快適に過ごしたいかを検討して、パーツを決めても良いでしょう。

スノーボード/サーフィン仕様

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/wake/snowboarding.htm

またサマーレジャーやウィンタースポーツとして人気があるのが、スノボやサーフィンになります。

ウェイクはしっかりとこの辺もカバーされており、空が濡れた状態でも車に乗れるようにシートエプロンや車内全体を防水にできるカバーなども用意されています。

車をハードに楽しく使うのは良いのですが、海水などは車が傷みやすい原因になりますので、このようなカバーは必須になります。

またシートカバーと一緒にフロアマットもオールシーズン使えるものが用意されており、オールシーズンアウトドアを楽しむ人にとっては非常にありがたいパーツになります。

フロアマットは水など吸って汚れてしまうと、干したり、選択するのが大変で、乾かさずにそのままにしてしまうと、車内がカビ臭くなってしまうことがありますので、オールシーズンで使えるフロアマットも重宝します。

ダイハツ・ウェイクの快適装備

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

では最後に、ダイハツ・ウェイクに用意されている快適装備を紹介したいと思います。

快適装備とは、簡単に言ってしまうと車を乗るのが楽しくなることや、便利になるものとここでは指しています。

なくても問題ありませんが、あれば快適、というパーツになりますので、参考にしてみください。

LED車内灯

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/wake/plan.htm

こちらはLEDのライトになり、純正では電球色になりますが、こちらのオプションではLEDに変更することができます。

電球色でも問題なく、車内を照らしてはくれますで、LEDにすることで明るい車内にすることができます。

なので、車中泊の際は非常に便利なパーツと言えるわけで、真っ暗闇の中でも車内で、何かを探しものするときは作業をする際には明るい方が便利になります。

また電球よりも明るいのはもちろん、消費電力も少ないのでバッテリーに負荷を掛けず使用することができます。

もちろん、使いすぎはバッテリーが上がってしまいますが、電球よりは気にせずに使うことができます。

そしてLEDは高寿命なので、交換の心配もほとんどないので、非常に便利なパーツと言えます。

アンビエントLEDライト

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/wake/accessory/book.html#

こちらは車内を間接照明で照らしてくれるオプションになります。

先ほどの車内灯のLEDとは少し違い、こちらは車内を少しムーディーに演出してくれるものになります。

LEDは省スペースながら、高い光源を実現しており、しかも低電力で使うことができますので、このような雰囲気のあるものができるようになりました。

元々は欧州車の高級車のみで採用されていたもので、人間は色による心情の変化を受けやすいので、夜間で落ち着いた色で演出されていますと、リラックスして運転に望むことができます。

またただのアンビエントなライトなだけではなく、車内のドアノブにもこの光がありますので、暗い車内でもすぐにドアに手をかけることができますので、暗い車内でも目印になります。

この記事を書いた人

オノケン
車が大好きで新車が出るたびに試乗に行っちゃいます。
自分の感じたことを皆さんに伝えていきたいと思います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1