アウディA6の車中泊を快適に!荷室容量や必要なアイテムを紹介

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

アウディの人気車種である「Audi A6 Avant」は、プレミアムワゴンタイプなので室内がとても広い作りになっています。

また公式HPにも記載されている通り、ワゴンタイプならではのあらゆるライフスタイルに合うように設計されています。

では、実際に車中泊をしてみると快適なのでしょうか?

そこで、今回は「Audi A6 Avant」の車中泊を快適にするための様々な情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アウディA6の車中泊を快適に!荷室容量やシートアレンジは?

アウディA6に限らず、車中泊を快適にするためには、荷室容量やどのようなシートが向いているのかは非常に重要です。

車中泊をするにはどの程度のスペースが必要でしょう。

アウディA6 アバントは、4940㎜×1890㎜×1470㎜(全長×全幅×全高)のボディですが、大人1人か2人が寝るためには1,950㎜×1000㎜×1,200㎜(長さ×横幅×高さ)程は必要です。

そこで、まずはアウディA6の荷室容量やシートアレンジについてご紹介したいと思います。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

まず荷室容量ですが、リアシートを倒す前と倒した後で変わってきます。

・リアシート(立):565ℓ

・リアシート(倒):1,680ℓ

リアシートを立てたままだと「565ℓ」なので、三脚付きのカメラや小型の脚立を寝かせれば載せることが出来ます。

また、リアシートを倒してしまえば、一気に「1,680ℓ」まで荷室容量が広がるので、ファミリーカーほど広くはないものの、ゴルフバックなども載せることは出来ます。

ただ、大きな荷物を常時載せるには少し狭く感じると思います。


次にシートアレンジについてです。

アウディA6アバントは、リアシートを倒すことで多少の傾斜は出来るものの、ほぼフルフラットの状態にすることが出来ます。

すると、176~193cm(室内長)・103~110cm(室内幅)の空間が確保できますので、SUV車程の高さはないですが、車中泊は可能でしょう。

以上の点から、アウディA6アバントは「リアシートを倒せば荷室容量が増え、大人一人分が横になれるほどのスペースは確保できる」ということが分かります。

スポンサーリンク

アウディA6の車中泊を快適に!これだけは揃えたいアイテムは?

アウディA6の車中泊を快適にするためには、いくつか必要なアイテムがあります。

そこで、ここでは車中泊を快適にするために必要なアイテムをいくつかご紹介したいと思います。

1.寝具・シェード

車中泊とは、文字通り車の中で寝泊まりをするので、寝具は必ず必要になってくると思います。

キャプテンスタッグ キャンピングFDマット100×200cm


金額は7,000円(税抜)です。

特徴としては、シートの凸凹とした部分にフィットした作りになっているため、快適な睡眠をサポートしてくれます。

また折りたたんで枕としても使用することも可能です。

コンパクトに収納できるようになっているため、場所も取らず車中泊に向いている寝具となっています。

FIELDOOR 車中泊マット 奥行き195cm x 幅 60cm x 厚み10cm


金額は6,000円(税抜)~から販売されています。

こちらは、拡張性が抜群でバルブを回すと自動的に空気が入り、エアーベットのようになります。

また、空気量の調節も可能なので自分の好みの柔らかさに調整することが出来るのも便利だと思います。

カラーラインナップも豊富で、「ブラウン/オレンジ/ブラック/カモフラージュ」の4種類を取り揃えています。

寝具のマットに関しては2種類ご紹介してきましたが、口コミなどを見てみると2つ目のFIELDOOR 車中泊マット の方が高評価の口コミが多かったです。

空気を入れて自分の好みの硬さに調整出来る点が使い勝手が良く、快適という口コミが多く見られました。

ですので、FIELDOOR 車中泊マットの方がおすすめではあるでしょう。

ただし、長さ的には、折りたためるキャンピングFDマットの方が、アウディA6アバントには適していると思います。

マルチシェード・ブラッキー/ブラック リア5枚セット


プライバシー保護や冬場の断熱効果もある「マルチシェード」は、車中泊では必需品ともいえるアイテムです。

リアシート部分のみやフロント部分のみと言った個別で購入することが出来るため、かなり高評価の口コミが多かった商品です。

クライミッ スリーピングバッグ


こちらは、寝袋になります。

車中泊は、ちょっとしたキャンプのようなものなので、寝袋を用意しておくだけでも快適さは全然違うと思います。

また、寝袋は外部の空気を通さない作りのものが多いため、冬場の車中泊でも重宝するため用意しておいて損はないでしょう。

2.電源・電気製品

車中泊をする際に、ルームランプを長時間使用してしまうとバッテリーが上がってしまう可能性があります。

そこで、おすすめしたいのが「BESTEK カーインバーター 300W シガーソケット 車載充電器 USB 2ポート ACコンセント 2口」というインバーターです。


金額は2,980円(税込)~となっています。

こちらは、車のシガーソケット部分に差し込むことで使用することが出来るインバーターになります。

通常、車は12Vの電源しかないので、家電製品や暖房器具などを車内で使用することは出来ません。

しかし、インバーターを使用することで、AC100Vの電源を作り出すことが出来ます。

つまり、インバーターを使えば、車内でケトルや暖房器具などを使用することが出来るようになるため、車中泊をする際には必需品と言えるアイテムだと思います。

しかし、インバータは電力を変える機器なので、インバーター自体が電源ではありません。

車のバッテリーが劣化していない新しいもので、しっかり充電されていていれば、短い時間ならシガーソケットにインバーターを繋げて使っても大丈夫でしょう。

しかし、長時間の仕様ではエンジンをかけて、バッテリーの充電をしながらでないと、いざ車のエンジンをかける時にバッテリー切れになってしまいます。

そこでおすすめしたいのがサブバッテリー Moongo ポータブル電源です。



このサブバッテリーは、重量が2.7㎏と軽い上にコンパクトなので持ち運びが簡単です。

また、大容量のリチウムイオンバッテリーを採用したポータブルバッテリーでもあります。

しかも、ソーラーチャージャー搭載なので車のバッテリーに接続しなくても太陽光で充電させることが出来ます。

このサブバッテリーはAC100VのほかにUSB出力やDC出力もあるので、車のバッテリーをわざわざ使わずに、車内で家電もスマホ充電も直接使うことが出来ます。

車中泊だけではなく、キャンプや災害時にも活躍するアイテムなので、1台準備しておいて損はないと思います。

他にも、夜になると車内も外も暗くなるためライトも必ず必要になると思います。

そこでおすすめしたいのが「ブラックダイヤモンド ヘッドランプ」です。


金額は7,020円(税抜)~です。

こちらは、USB充電でも乾電池でも利用することが出来る多機能ライトとなっています。

もちろん防水加工もされていて、災害時にも役立ちます。

車中泊の際に、読書をしたりトイレに行く際の足元を照らす時などにはかなり重宝するアイテムなので、かなりおすすめです。

また、このブラックダイヤモンドシリーズは様々な用途に合わせたライトを販売しているため、自分の好みのライトを見つけるのも良いと思います。

3.その他

車中泊をする際は、最低限の準備として「寝具」と「電気製品」は必要になってくると思います。

その他に準備しておくと便利なアイテムが「ビクトリノックス トラベラー」です。


金額は4,000円(税抜)~です。

日本だと「十徳ナイフ」と言われているアイテムです。

缶詰を空けたり、ドライバーが付いていたりとかなり便利な多機能アイテムです。

一本あれば様々な場面で活用できるので準備しておいて損はないと思います。

また車内で食事をする際におすすめなのが「キャプテンスタッグ アルミロールテーブルコンパクト」です。


金額は3,500円(税抜)~です。

車内で食事をする際には、ミニテーブルが一つあるだけでかなり重宝します。

しかも、この商品は折り畳み式なので、使わない時はコンパクトになるためかさばることもなく場所も取りません。

車中泊をする際には、ぜひ使用するのをおすすめします。

アウディA6の車中泊を快適に!注意点は?防寒対策は?

車中泊を快適にするためには、ルールやマナーを守るのは絶対です。

そこで、ここでは車中泊をする際の夏と冬のマナーやおすすめの防寒対策方法などをご紹介したいと思います。


引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

夏の車中泊の注意点

夏の車内は、夜になっても暑苦しかったりするため冷房を付けたまま車中泊をする人も多いと思います。

もちろん、熱中症などになってしまっては大変なので冷房をつけておくことは必要です。

しかし、高速のSAや道の駅と言った公共施設の駐車場での車中泊は、他人の迷惑にならないように配慮しなければなりません。

また、近年は車中泊ブームもありマナーの悪い車中泊が増えてしまったため、道の駅などは「車中泊を禁止」を掲げている場所も多いです。

しかし、逆に「車中泊OK」の道の駅もありますし、高速のSAもマナーやモラルの範囲内ですと注意されることは少ないと思います。

もし車中泊の場所に困った際は、「地名+車中泊」で検索すると全国の様々な車中泊の出来る場所が出てくるので、ぜひ活用してみてください。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

冬の車中泊の注意点

冬の車中泊は、想像以上に寒くなると思います。

すると、どうしても使用してしまうのが暖房ですが、積雪の多い地域や積雪は無くても地形によっては車内にガスが溜まりやすい場所などもあります。

そう言った場所で暖房を使用し続けてしまうと、排気ガスが室内にたまり一酸化炭素中毒死する恐れがあります。

ですので、冬の車中泊をする際は暖房を付けるよりも自分で防寒対策をしておいた方が良いと思います。

そこで、冬の車中泊にもおすすめなのが寝具の所で紹介しました寝袋の他、電気毛布や車載用ファンヒーターです。

電気毛布 ひざ掛け


コンパクトに折りたためる上に、自宅で洗濯することも出来るため車中泊にもおすすめの商品です。

家庭用電気毛布なので、通常であれば車内で使用することは出来ません。

しかし、電源のところでご紹介したインバーターを準備していれば、100Vの電気毛布も使用することが出来ます。

車載用 小型 ファンヒーター


ダッシュボードに取り付けることも出来たり、暖房から送風に切り替えることも出来る万能な車載用ファンヒーターです。

朝の肌寒い車内ではとても重宝しますし、ハンドルを回せばドライヤーとして使用することも出来ます。

また、シガーソケットタイプなのでインバーターに接続しなくても使用できる点も、かなり便利だと思います。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

また、車載用ファンヒーターは車の電力に合わせた12Vで設定されているため、寒い季節の防寒対策にはかなり重宝すると思います。

夏の車中泊と比べると、冬の車中泊は防寒対策が必要なので手間が掛かることは間違いありません。

しかし、冬の車中泊ならではの澄み切った星空を眺めたりすることが出来る魅力もあるので、挑戦してみたい方はきちんと準備をしてから冬の車中泊を楽しんでください。

アウディA6の車中泊を快適に!のまとめ

今回は、アウディA6アバントの車中泊を快適にする方法をご紹介してきました。

正直、SUV車などと比べると車中泊には少し不向きな印象もありますが、後部座席をフルフラットにすれば車中泊は可能です。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

ただ、アウディA6アバントに限らず車中泊をする際は、色々準備をしておいた方が良いと思います。

また、公共施設などの駐車場を利用する場合は、ネットなどにも「車中泊マップ」などがあるので事前に確認することをおすすめします。

車中泊は、日本ならではの季節感を体験することが出来るため、近年とてもブームになっています。

ですので、家で寝る時やホテルで寝る時とはまた違った楽しみがあるので人気ですが、マナーやルールなどをきちんと守って利用するようにしましょう。

アイキャッチ画像引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1