ミライースとディズ比較!俺ならこう選ぶ!価格・燃費などを比較してみた

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ミライースとディズは、いろいろな意味で差のある車種同士ですが、デザインを客観的に見た感じでは、ミライースはスポーティに感じますしダイハツでも結構人気のある車種です。

デイズも初代と比較して外観も内装もマイナーチェンジで、何度か変更されまくって改良されまくっていますが、他の軽自動車にはない斬新なデザインは評価されるべき部分だと言えます。

一生懸命ライバル車とは違う何かを、軽自動車に取り入れようという意思は、ハッキリと伝わる車だと言えます。

そんなデイズとミライースの値段や実燃費、そして内装の装備などを紹介していきます。

ミライースとディズ 価格比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/:https://www.daihatsu.co.jp/

ミライースの値段は2WDで「842,400円~1,225,800円」で、4WDで「972,000円~1,347,840円」で販売されています。

ミライースは価格的にもリーズナブルで、一昔前の軽自動車の値段とほぼ変わらない良心的な価格設定です。

デイズはターボとノンターボを選ぶことができますが、当然ターボモデルのほうが値段が高いです。

デイズのノンターボは「1,157,760円」~1,509,840円」で、ターボモデルの新車価格は「1,520,640円」です。

デイズには他の軽自動車にはない装備があったので、値段相応の車だと感じます。

デイズの値段とミライースの値段を比較すると、大きな差がありますがデイズは実際に乗ってみると、「あ、なるほど」とうなずけるくらいこの値段の意味が感じれると思います。

駆動方式新車値段
ミライース2WD842,400円~1,225,800円
4WD972,000円~1,347,840円
デイズ2WD1,157,760円~1,520,640円
4WD1,318,680円~1,641,600円

ミライースとディズ 燃費比較

ミライースのカタログ燃費は「34.2km/L」ですが、デイズは「25.8km/L」です。

カタログ燃費ではミライースのほうが上で、車が少ないワインディングロードなどでは、「20km/L」を超える場合もあります。

過去に、ノンターボの初代デイズに乗っていたことがありますが、同じワインディングロードを、ミライースと同じ条件で走行すると同じような実燃費になったことがあります。

初代デイズでの市街地での実燃費は「23km/L」を、マークしていたことが多かったのを覚えています。

燃費駆動方式カタログ燃費実燃費
ミライース2WD34.2km/L17.21km/L~27.43km/L
4WD32.2km/L16.51km/L~21.83km/L
デイズ2WD25.8km/L13.74km/L~25.81km/L
4WD22km/L8.32km/L~16.38km/L
デイズ(ターボ)2WD23km/L11.77km/L~21.66km/L
4WD21.8km/L15.98km/L~20.97km/L

現在販売しているノンターボデイズの実燃費は、「8.32km/L~16.38km/L」となっています。

私が所有していた初代デイズは当たりロットだったのかもしれませんが、他のデイズは新しくても燃費が悪いことに驚いています。

私は燃費を意識した走りをしたことがないですが、アクセルを吹かしまくって乱暴な運転をしたとしても、燃費は最低「16.38km/L」でした。

逆にデイズでそれ以上悪い燃費にするのは、ちょっと難しい感じです。

デイズの実燃費に関する口コミは以下のとおりです。

デイズの実燃費に関する口コミ

・高速道路 17km/L通勤(アップダウン多) 24km/L とそこまで悪くは無いんじゃないかな?と思いました

・通勤でアップダウンの道乗りで実燃費22.7km/l

・450キロほど走った平均燃費(買ってからのトータル燃費)はリッター14.7キロ

・最悪です。死にたくなります

・この車で燃費を高評価してる人はアクセルを踏まない人

デイズの実燃費は賛否両論ですが、デイズは当たり外れの差が大きすぎるようです。

燃費に関しては道路の状況や求める燃費によっても、大きく変化します。

デイズのスパークプラグは「イリジウムプラグ」のような感じですが、普通のプラグと同じように交換しないと燃費が悪くなります。

デイズに関して言わせていただければ、渋滞の道を走行して旧型デイズなら、「14km/L」まで燃費が落ち込んだこともあります。

口コミでも現行型デイズで市街地走行をしても「22.7km/l」ほど、燃費をマークするという口コミは多いです。

とくに、デイズで燃費が悪いという評価を出す人は、渋滞を走行する機会が多いのか都市部に住んでいる人なのかもしれません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

田舎道の場合はスイスイ走れるので、燃費が悪いというデイズでも、普通にスイスイ走行して「14km/L」以下になることは少ないと言えます。

燃費が悪いと感じたら、あなたが毎日走行する道路はどういう状況なのかや、車は長距離走るのか短距離しか使わないのかを思い起こしてみましょう。

もし、短距離しか走行しないとか渋滞の道が多いと言うなら、燃費はどんな車でも悪くて当然ですよ。

次に、ミライースの実燃費ですが「17.21km/L~27.43km/L」となっています。

デイズと比較しても実燃費は、かなり良いように思えます。

ミライースの実燃費に関しての口コミは以下のとおりです。

ミライースの実燃費に関する口コミ

・通勤時約一キロの長く急な坂道が有る、4キロほどの近距離で16km/L~20km/L

・燃費走行を意識しないと11km/Lくらいになるときがあります

・市街地も17㎞/Lで十分満足

大体の車は短距離走行をしても、それほど燃費は良くないですが口コミでは、4キロ走行で「16km/L~20km/L」という口コミがありました。

特に燃費を意識しなくても、16km/L~20km/Lくらいの実燃費は出せるのではないでしょうか。

都市部のような車が多い地域の場合は、燃費が悪い傾向にあるので燃費の良いミライースでも、満足できる燃費にはならないかもしれません。

燃費に関しては道路状況や車の状態によって、変化することが多いです。

ミライースとディズ カラー比較

ミライースのボディカラーは、9種類の中から選ぶことができます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

とくに「スプラッシュブルーメタリック」は、爽やかなブルーがボディ全体をスポーティに演出してくれます。

さらに「レモンスカッシュクリスタルメタリック」も、ミライースのスポーティなデザインを引き立ててくれるボディカラーとなっています。

デイズのボディカラーは全部で「14種類」選ぶことができ、その中でも「レモンライム」は薄いグリーン色で、個性的なデイズを演出します。

デイズには「オーシャンブルー」というボディカラーもありますが、オーシャンブルーはデイズをスポーティに引き立てる色合いで、かっこ良さが引き立ちます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

ミライースとディズ 内装・装備比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/

ミライースとディズの内装と内装装備を比較していきますが、デイズの内装はとにかく機能性が高いといえます。

ただ、エアコンのタッチボタンが遠いので、エアコン操作しにくいです。

旧型デイズのときは操作しにくかったのですが、現行モデルもまだ改良はされていないように感じます。

まずは、ミライースとデイズの内装を比較していきます。

ミライースとデイズの内装比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/:https://www.daihatsu.co.jp/

ミライースの内装は黒がメインでダッシュボード周辺には、ベージュのような色で2トーンカラーになっています。

ミライースはデジタルメーターを採用しているので、スピードメーターの視認性はとても高いといえます。

対してデイズの内装はグレードによって内装が4種類にあり、座席の色もグレードによって4種類になります。

ただ、1つのグレードで複数の内装色を選べるわけではありません。

ですが「プレミアムコンビネーションインテリア」を注文すると、アイボリーとエボニーの2トーンカラーを選択できるようになります。

メーターに関しては「ハイウェイスター」は先進的なデザインをしたメーターですが、ハイウェイスター以外は普通のアナログメーターとなります。

内装はとにかく他の軽自動車とは違う部分が多いので、斬新な車だと感じます。

ミライースとデイズの室内装備比較


引用:https://www3.nissan.co.jp/

ミライースとデイズの室内装備を比較すると、デイズは収納ポケットが非常に多いです。

しかし、デイズの室内装備にシートバックも、ショッピングフックがあると便利なのですが残念ながらついていません。

ミライース室内装備デイズ室内装備
シートリフター(運転席)
リクライニング(運転席・助手席)
インストセンターロアボックス
チルトステアリングインストアッパーボックス
インパネロングアッパートレイ(助手席)インストポケット(助手席)
センターフロアトレイグローブボックス
掘込み式インパネドリンクホルダー
(運転席/助手席)
インストポケット(運転席)
グローブボックスカップホルダー(2個)〔細いドリンク缶対応〕
ドアポケット(フロント)フロントドアポケット
(ボトルホルダー付)
リヤドアポケット
(ボトルホルダー付)
ショッピングフック(インパネ)買い物フック〈センタークラスター下〉
ドアポケット&ボトルホルダー(リヤ)助手席シートバックポケット[グレード別設定]
サンバイザー〈バニティミラー)助手席シートアンダーボックス[グレード別設定]
バニティミラー〈運転席・助手席〉[グレード別設定]
アラウンドビューモニター

ミライースにないシートバックポケットは、デイズには付いているのでポケットが必要な人にとっては、ありがたい装備だと得います。

デイズはドリンクホルダーが収納できるので、ダッシュボード周辺は収納していればスッキリします。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

ミライースの場合は一つのデザインとなっているので、収納はできません。

収納タイプのドリンクホルダーのメリットは、不要なときに収納できるので室内のデザインを損なわなくて良いですし、ダッシュボード周辺も出っ張りがないのでスッキリします。

デメリットは壊れたときは、修理費が高そうですね。

また、室内にはアラウンドビューモニターが、装備されています。

ルームミラーにモニターが映し出されるので、かなり斬新に感じてしまいます。

ミライースとディズ 比較まとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/:https://www.daihatsu.co.jp/

ミライースとディズはカテゴリーが違う軽自動車ですが、どちらを買おうか迷っているなら、迷わずミライースにしたほうが良いです。

デイズはいろんな装備が取り付けられているので、お得感はありますが同じノンターボでも、ミライースのほうが快適に感じてしまいます。

一時期、ミライースとデイズを同時に所有していたことがありますが、デイズの燃費はミライースとほぼ変わりませんが、デイズのノンターボは加速の悪さでストレスがたまります。

ただ、市街地での走行はデイズでも普通に走行しますし、バック駐車もとてもやりやすいし運転はしやすいですよ。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

ターボ車ならかなり快適に走行は可能でしょう。

私がミライースとデイズのどちらかを選ぶとすれば、実用性とデザインだけを比較して考えるならデイズが良いと感じます。

2019年にモデルチェンジもしますからね。

理由は、デザインや機能性は文句無しでデイズのほうが、遥かに良いからです。

ミライースもデイズも利点と欠点を持っているので、実際に見て乗り比べをしたほうが良いでしょう。

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/:https://www.daihatsu.co.jp/

この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。
色んな車を乗るのも見るのも好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1