2019年ダイハツミライースマイナーチェンジ予想!ターボは来るのか?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2019年ダイハツミライースマイナーチェンジで、ミライースにターボモデル「TR-XX」というターボモデルが追加されるとか、いろいろな憶測がネット上に出回っています。

2019年ダイハツミライースマイナーチェンジついて、根拠に基づいたマイナーチェンジのタイミングや、どこがどう変わるのかなど予想するとともに、どういうモデルが追加されるのかも予想していきます。

ダイハツミライース マイナーチェンジはいつ頃?

ミライース1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

ダイハツミライースがマイナーチェンジをするなら、どういうタイミングでするのかと言えば、やっぱり消費税増税前ではないでしょうか。

消費税増税とともに、自動車取得税が廃止され環境性能割という税金が、自動車購入時に取得税の代わりに登場します。

環境性能割とは、従来の自動車税を種別割として残し、新たな税金として登場します。

さらに簡単に言えば、環境の悪い車を買ったら、税金を増額するよっていう制度です。

この制度では排ガスが少なくて燃費の良い車の場合は、税金が少ないのです。

基本的に環境に優しいミライースの場合は、環境性能割に関してはほぼ関係ないと思えます。

自動車取得税が廃止され「環境性能割」が登場しても、2019年10月1日から消費税が10%になるならユーザーの税負担は増えます。

たとえば、消費税抜きの200万円で販売される車を買った場合は、消費税を足すと220万円となります。

残り2%を足せば4万円の増税となるというイメージです。

つまり、自動車取得税が廃止され「環境性能割」が、登場したとしても負担が大きいと気がついた人は、車を買うように思えてなりません。

ミライース2

なので2019年でミライースがマイナーチェンジをするなら、駆け込み需要を狙うようにも思えるのです。

確かに、現在ミライースには「特別仕様車」が販売されています。

しかし、ミライースの売上が落ちているので、特別仕様車を投入したとも考えられます。

だとすれば、ミライースのマイナーチェンジはいつ頃なのかと言えば、駆け込み需要を狙った消費税増額の前後ではないかと予想します。

つまり、ミライースのマイナーチェンジは消費税増税の、10月前後だと考えられます。(あくまでも予測ですが)

ダイハツミライース マイナーチェンジ予想ここが変わる?

ミライース3

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

初期型ミライースのマイナーチェンジでは、フォグランプの部分を変えたりテールランプを、クリアにしてみたりして若干の変更がありました。

新型ミライースでの外観の変更は、一部バンパー形状が異なるような気がします。

さらに、テールランプの現在赤い部分が、クリアになる可能性も否定できません。

ただ、ボディ全体はそれほど変化はないように思えます。

内装はカップホルダーが、収納式になるような気もします。

ムーブカップフォルダー

※ムーブのカップフォルダーです

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/04_interior.htm

ムーヴなどでも採用しているので、ミライースにも採用されるのではないかという期待も込めて予想します。

ダイハツは燃費ではなく快適性にこだわると公言しているので、燃費が上がるということはないと考えられます。

もし、ダイハツがスマートアシスト4というのを開発しているなら、ミライースに搭載される可能性もあります。

そもそも、ダイハツがスマートアシスト4を開発しているという情報がないのですが、搭載されればなぁ問感じで予想してみました。

さらに、現行型ミライースの前席はヘッドレストが分割に出来ないので、この辺も変更されそうな気がします。

ダイハツミライース 追加モデルはあるの?

ミライース4

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

ダイハツミライースで追加モデルが出るなら、スポーツモデルを出してほしいですね。

トヨタのアクアやプリウスには「GR」という、スポーツモデルがあるのでミライースにも、そういうモデルを設定してほしいです。

しかし、現行型のデザインはどう考えても「TR-XX」の存在を、思い浮かべてしまいます。

つまり、ダイハツはターボモデルのミライースを、出すつもりではないかという見方もできます。

もし、「ミライース TR-XX」というグレードが、追加モデルとして登場するのではないかという気もします。

ミライース5

引用:https://www.carsensor.net/

ダイハツがどうして燃費競争をやめたのか、ひょっとしたらターボモデルを出すつもりで公言したのではないかとも思えます。

私がミライースにターボモデルが登場するのではないかと思っている理由には、過去にミラには「ミラTR-XXアバンツァートX4・X2」というモデルを、過去にダイハツは販売していてファンもかなり多いと聞きます。

ミライースの重量は「650kg」なので、もしターボ車が登場すると面白い加速が期待できそうです。

ミライース ヘッド

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/05_driving.htm

そのままのボディでスポーツ仕様のミライースが登場すれば、そのままサーキットに持ち込んでフリー走行をすると、絶対に楽しいはずですよ!

「TR-XX」の名前を復活させて、ミライースにターボモデルを出してほしいところです。

そして、もう一つの予想ではミライースに、ハイブリッド車を搭載するのではないかという見方もあります。

しかし、ダイハツは燃費高層をしないということを大々的に発表しているので、ハイブリッドのミライースを出すと批判の嵐になるかもしれませんね。

でも、スズキのハイブリッドシステムがミライースに搭載されれば、さらなる燃費アップが期待できそうですけどね。

ミライース6

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

ハイブリッドはマイナーチェンジ後には登場しなくても、ターボモデルか何らかのスポーツモデルが登場すれば、買う人も多少はいるかもしれません。

つまり、追加モデルとなりそうなのは、ターボモデルが登場するかもってことですね。

さらに、以下はダイハツのスタッフブログからの引用です。

こちらは往年のミラTR-XXを彷彿とさせるスタイルの一台です!!

なかなかカッコいいですよね~!!これもみんなの反響が大きければ

商品化もありえるかもしれませんね!!スズキさんもワークス復活しましたし…

引用:http://www.daihatsu-chiba.co.jp/staffblog/102181/

ダイハツのブログで「東京オートサロン2018」に、行ってきたという内容が書かれていて、その内容の中にとても意味ありげな言葉も書かれていて、ひょっとしたらターボモデルのミライースが、登場するのではないかとも思ってしまします。

また、普通のターボモデルではなくシフトレバーのところに、「+-」があるマニュアルモードを選べる、ミライースが追加されるかもしれません。

MTという設定もあるのではないかとも思いましたが、コストの関係上でMTはないように思えます。

ダイハツミライース マイナーチェンジまとめ?

ミライース7

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

ダイハツミライースは、諸費税増税前後の駆け込み需要を狙って、10月前後にマイナーチェンジをする可能性があると予想します。

マイナーチェンジではバンパー形状の変化があると考えられますが、グリル部分が一部変更されそうな気もします。

テールランプの部分も現在赤い部分が、クリアになるのではないでしょうか。

ひょっとしたら変化球で流れるウインカーを標準装備して、登場する可能性もありますね。

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

マイナーチェンジでターボモデルが登場すれば、ミライースのデザインが良いと思っている人も、ターボを買うのではないかと予想します。

私自身もミライースにターボモデルが登場すれば、初代ミライースから新しいミライースに乗り替える可能性もありますよ。

現行型のミライースの車両重量で、ターボモデルが登場すると加速がとても良い車になりそうです。

アルトワークスの対抗車種としてミライースタボが出ると良いなぁと、私は少し期待しているんですよ。

ダイハツは古くからスズキをライバル視してきたので、そろそろターボモデルが出てきてもおかしくないと考えられます。

2019年でミライースマイナーチェンジ後は以下のような変更がされるかもしれません。

ミライースのマイナーチェンジ予想はこれだ!

・バンパーのグリル部分が若干変更される・テールランプの赤い部分がクリアになる

・流行りの流れるウインカーを標準装備にする

・ハイブリッド車が登場するかも

・ターボモデルが登場する

2019年ミライースがどの様にマイナーチェンジしていくか予想をしてみました。

また近くなってきたら追記していきたいと思います。

アイキャッチ引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/02_grade.htm

ミライースとN-WGN比較!俺ならこう選ぶ!価格・燃費などを比較してみた

 この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。
大きなミニバンから軽自動車まで、乗るのも見るのも乗せてもらうのも好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1