クラウンロイヤルサルーン/Gの違いや乗り心地、ハイブリッドの評価は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日本代表といってもいい程の高級車トップブランド「トヨタクラウン」、今回は2018年の最新型に切り替わるまで使われていた、クラウンロイヤルのグレードとその違い、乗り味と評価についてみていきます。

クラウンロイヤルのグレードごとの違いは?


引用:https://gazoo.com/article/keyperson/151001.html

クラウンロイヤルには、グレードが数多く存在します。

ここでは、それぞれのグレードの違いについて説明していきます。

まず、大きく分けると、クラウンロイヤルには、ハイブリッドなのかハイブリッドではないかの違いがあります。

引用:https://gazoo.com/article/keyperson/130830.html

エンジンの排気量は、両グレードとも同じ2,500ccのエンジンが搭載されています。

ハイブリッドとそうではないグレードの違いとしては、駆動系の違いがあります。

クラウンロイヤルハイブリッドグレードのミッションには、CVTが採用されており、ハイブリッドではないクラウンロイヤルはATです。

ほとんどの方が、ミッションはマニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)の2種類を想像されると思いますが、実はMTとATは自動か人間が操作するのかの違いがありますが、機構的にはギアを使って変速をするので厳密的には、種類は同じです。

しかし、CVTは、ギアが存在しません。

CVTは無段変速機と呼ばれるもので、本来はCVTに何速という考え方はありませんが、使い勝手に関する側面から、何速CVTという表現をされているものがあります。

ATとMTは、車が停まっている状態から発信させますので、1速の歯車が1番力を持っていますが、CVTには歯車自体がなく滑車のようなプーリーなどを使って無段階で連続的に変更ができますので、ミッションの変速ショックと呼ばれるものがないのが特徴です。

ハイブリッド車には、モーターや発電機がCVTの役割を果たすものもあり、トランスミッション自体がないものも存在します。

続いてのグレード違いですが、グレードに「Four」という名前がついているものがあります。これは、4WDなのかそうではないのかの違いです。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/121201_1.html

今度は、細かいグレードの違いを見ていきます。
ハイブリッドグレードの通常グレードも同じですが、最も高価なグレードは、「ロイヤルサルーンG Four」というグレードです。

ハイブリッドグレードの中でも「ロイヤルサルーンG」の4WDが最も高価なクラウンロイヤルです。

その下に、「ロイヤルサルーン」「ロイヤル」と続き、それぞれのグレードに2WDのモデルと4WDのモデルが存在する構成です。

各グレードの違いですが、値段にも表れている通り、「G」は最上級グレードですから「G」にのみ搭載される装備や機能が多く、フル装備のクラウンロイヤルということが出来ます。

例えば、インテリジェントAFSと呼ばれるハンドル操作や走行状況に応じてヘッドライトを変化させる機能がついていたりします。

また、1番下のグレードであるロイヤルはオーディオレスなど機能面での装備がカットされいる印象です。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/121201_1.html

クラウンロイヤル・サルーン・サルーンGの乗り心地は?

続いて、乗り心地などの面を見ていきましょう。
それぞれのグレードで乗り心地に大きな差はないというのが著者の印象です。

乗り心地や走行性能については、クラウンロイヤルという全体で同様の乗り心地を実現しており、各グレードの差は、社内の快適性の違いや装備の違いに表れています。

なので、大きな違いを味わいたい方は、路面の凹凸を感じさせない乗り心地と静粛性を備えたロイヤルか、スポーティーな乗り心地のアスリートかという比較検討もおすすめします。

前述した通り、クラウンロイヤルの乗り心地はその静粛性と路面の凹凸を感じさせないほどのショック吸収性がとても高い乗り心地です。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/121201_1.html

ロールと呼ばれる車が曲がるときに車体が沈み込む感覚もとてもマイルドで自然な印象を運転手および同乗者に与えてくれます。

その恩恵を与えているのが、新開発された足回り(ショックアブソーバー)です。
車体とタイヤをつなぐこの部品が新しく開発され、あえて剛性を落とし、その代わりにバネとのバランスをとることで、この乗り心地を実現しています。

乗り心地は快適そのものであり、ゆったりと快適にドライブを楽しむ方にはオススメのグレードです。

シートも体全体を包み込むような印象でソファーに座っているような感覚になります。足回りのマイルドな印象がシートまで一貫して快適性を高めています。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/121201_1.html

クラウンロイヤル・サルーン・サルーンGのハイブリッド車の評価は?

続いて、ハイブリッドグレードを見ていきます。
この車の評価は、快適性に加えて当時最先端のトヨタ技術を結集させたと言っても過言ではないくらい世界初の機能などがふんだんに盛り込まれています。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/121201_1.html

ハイブリッドですから、基本的には乗り込んでエンジンをつけてもエンジン音はせず、電子メーターが点灯するだけでとても静かです。

ハイブリッド車には「ノーマル」「パワー」「エコ」と3種類の走行モードが搭載されておりハイブリッドならではの特徴であるモーターを使った加速を味わうこともできます。

この車の評価としては、やはりハイブリッドなので燃費性能が挙げられます。

クラウンロイヤルのハイブリッド燃費は21キロから23キロで、実燃費は15キロから16キロという評価です。

ハイブリッドではないクラウンロイヤルでは、冬場では実燃費が10キロを下回るという評価もあり、その観点から言うと燃費の高さはハイブリッドグレードの大きな特徴といえます。
4WDなのか2WDなのかによっても多少燃費性能は変わってきますが、ハイブリッドは基本的には15キロ前後の実燃費を達成しています。

あとこれは中古車を選ぶ際の基準として参考にしていただきたいことですが、クラウンハイブリッドの新車納車から3年経過した燃費の変化についてコメントされている方の評価をご紹介すると、新車の時は実燃費が22キロほどあったそうですが、3年が経過して30,000キロ程度走行した状態では、実燃費で20キロを超えることがなくなったとのことなので、中古車選びの際は走行距離についても念頭に置かれると良いでしょう。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/121201_1.html

走行距離と燃費の関係は、この他にも10万キロを超えたクラウンロイヤルハイブリッドの実燃費が6キロと言う方もいらっしゃったので要注意です。

とはいえ、全体的な評価ではクラウンアスリートのグレードではなくロイヤルのハイブリッドだとしても結構走行性能が高いという評価が多く見られ、ハイブリッドは高級車ならではの静粛性や快適性を備えながら走行性能も高められているという評価が多く見られます。

この他、インテリアについてはシートの素材が合わず滑りやすいという評価があります。

もともと激しい走行を想定された車ではなく、高級車ならではの快適性をもとに考えられたシートなのですが、シート形状と素材については人によって違う部分ですので、乗ってみて合うか合わないかを確かめられることをお勧めします。

クラウンロイヤル種、各グレードの違いのまとめ?

以上見てきましたが、結論としてまとめると、各グレードの値段の差は快適装備の充実度の違いで、燃費を考えるとハイブリッド、寒い地域など走行に安心感をプラスしたい場合は、4WDを選択するということで、各グレードの違いを念頭に置きながら選ぶというのが良いかと思います。

現在のクラウンは、ロイヤルとアスリートというグレードが廃止されていますので、ロイヤルを購入検討される場合は中古車で探すということになります。

新車販売当時のコストパフォーマンスは、Gではないロイヤルサルーンが人気がありました。

安全装備、快適装備がフル搭載された最上級グレードのGを選ぶのか、適度に快適装備が搭載されたロイヤルサルーンなのか、快適装備はいらないけれどクラウンらしい乗り心地とエンジンを味わいたいのならロイヤルでも可というようにどのような乗り方を想定するかによってグレードの違いを検討してみてください。

この記事を書いた人

ぜろよん
竜郷町在住、毎日エメラルドブルーの海を眺めてくらしています。

アイキャッチ画像URL:https://gazoo.com/article/keyperson/151001.html

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1