冬対策を侮るな!雪国の私のおすすめカー用品・車載グッズと人気商品は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

去年もそうでしたが、今年も雪が凄まじく降っていましたよね。

「近年、雪の降る量が増えているよな~」

そう思ったあなたは車の冬用対策していますか?

雪国住みの私から冬用対策のご紹介!

雪国の私のおすすめゴム製タイヤチェーンの威力とは?

まず、タイヤチェーンの種類として、見出しの通りゴム製のタイヤチェーンがあります。

他には、金属製・布製のタイヤチェーンがありますよね。

私からゴム製以外のタイヤチェーンのことは簡単に説明させて頂きます。

「えっ・・・、他のチェーンは簡単な説明なんだ・・・」

そう思わなくていいですよ!

簡単でも内容見たらゴム製タイヤチェーンの威力を知ることになりますから!

まず、金属製のタイヤチェーンは“頑丈かつ低コスト”と良い理由もある反面、騒音・振動など乗り心地が悪い上、装着が難しいという欠点があります。

そして、 布製タイヤチェーン はまず“低コストであることと装着も簡単”と良い点は素晴らしいですが、 耐久性がかなり低い のが欠点です。

耐久性が低いためか自治体や警察によっては、タイヤチェーン扱いにならない可能性もあります。

「着けるのは難しいし簡単でもチェーン扱いにならないなら意味ないじゃん」

確かに布製タイヤチェーンはそう今思いますよね!

それに対してゴム製のタイヤチェーンは、装着のしやすさ、乗り心地のよさ、たまにしか使わない人までにもオススメ出来ます。

「そうしたら、ゴム製タイヤチェーンだけでもいいじゃん」

間違いなくそう思ったでしょう!?

その通り!

しかもスパイクピン付きならアイスバーン状態でもグリップ力を高め車が止まります。

チェーンなので路面が通常状態の場所では取り外すことによって、路面を傷付けることがありませんよ!

他にも “良い点”としては、浅い雪・深い雪・坂道・凍った路面・乾いた路面まで対応 できる上、ゴム製タイヤチェーンは 寿命が長い ため買っておいて問題ありません!

但し、一部では金属や布製が上回るところも確かにありますが、総合的に見てゴム製タイヤチェーンが勝っているとみて間違いないでしょう。

敢えて欠点を上げるとすれば、お値段が少々高いとこですね・・・

ただ、その値段も 雪の中で苦労して金属製タイヤチェーンを装着することを考えたらお値段が少々高くても購入するべき だと私は考えます。

その中で、雪国の私が“一押し”するゴム製タイヤチェーンは、バイアスロン クイックイージーです。

国内販売台数No.1で国産メーカーの純正品として採用されています!

雪道でのちゃんとした実績もあり、お手頃な価格で性能とバランスが取れているからこそ販売実績にも繋がっているのでしょうね!

冬体躯の必需品!おすすめの車載グッズベスト5

「グッズ?ゴム製のタイヤチェーンを装着しておけば、問題ないでしょ?」

そんなことはありません!

確かにタイヤについては対策をしましたが、車内の対策も聞きたくありませんか?

毎年の大雪をテレビやラジオ等で取り上げられ、「この大雪で車なんて動かすことなんてできるの?」

もちろんできます!

無理する必要はないですが、必要にかられて運転をしなくてはいけない仕事等あるでしょうから。

そのために車載グッズを紹介します!

大規模な積雪や路面凍結によって起こる、立ち往生や玉突き事故、スリップを起こす原因が自分の運転している愛車では嫌でしょう?

そのためのおすすめ車載グッズを紹介します。

その1:スプレー式タイヤチェーン「TYRE GRIP」

画像引用:https://www.amazon.co.jp/

予測も出来ないような降雪時にお守りとして最低でも1本持っておき、車に置いておくことは当然雪国の人ならしていることでしょう!

本格的なタイヤチェーンとは違い車の中でスペースも取らず保管できますからね。

金額は3,000円しないくらいとリーズナブルではありますがタイヤチェーンではないので、効果は“その場しのぎ程度”でありますが 緊急時には助かること間違いない でしょう。

その2:解氷スプレートリガー500ml

画像引用:https://www.amazon.co.jp/

車のガラス面に氷結した雪や霜をスプレーするだけで素早く溶かし、朝の忙しい時間にかなり有効だと思いますよ!

お値段は300円前後でお手軽ですから毎年購入している人も多いでしょう。

その3:雪対策 車用 凍結防止 カーフロントカバー

画像引用:https://ymall.jp/store/quickspeed/

固定用に耳とロープが付属しており、カバー下部には風飛び防止用の磁石が内蔵されているので、簡単に飛ぶことはありません!

この商品を使うことで解氷スプレーの消費量を減らせますことができます。

しかも!

冬だけでなくこの商品は紫外線や日焼け防止も可能なので年中通して活用できますよ!

お値段は1,500円ほどになります。

その4:メルテック スノーブラシ

この商品はシャフトの長さとヘッドの調節ができるので使い勝手が上がってます!

積雪時には必須アイテムになるので、ぜひ本格的な積雪の前には揃えておきたいものですね。

お値段は1,500円ほどになります。

その5:スタックステップ スノーヘルパー

思わぬ大雪で動けなくなってしまい雪道でスタックしたときからの脱出時に大いに役立ちます。

「スタックって何?アクセルを強く踏めば雪道なんて脱出できるでしょう?」

スタックとはタイヤが空転してしまって動かすことができなくなってしまうことなので、アクセルを強く踏んでも脱出はできませんよ!

画像引用:https://ymall.jp/store/quickspeed/

この商品を使うことによって、雪道だけでなく砂道だの悪路でも活用できるのですよ!

よくお出かけする方は常備されていても問題ないと思いますよ。

お値段は1,300円ほどになります。

以上、個人的なベスト5とさせて頂きます。

また、年中使える物もあるので、シーズンオフに買ってもいいかもしれません。

安くなっていたら、ラッキーでしょ?

雪国の人にチョー人気のカー用品ベスト5

雪国での夏は涼しいと思っていませんか?

南国と同じように“暑い”ですよ!

但し、冬は寒いです。

「本当にたまらないくらい、滅法寒いんですよ。」

その中、雪国で“チョー”人気のカー用品を紹介しますね!

その1:後付け シート ヒーター2席分 4枚 LEDスイッチ付 5段階調整可能 G174

画像引用:https://ymall.jp/store/quickspeed/

価格は10,000円程で背中やお尻にかけて全身を温めてくれます。

運転席・助手席別々に操作可能で、イルミネーションもついているので夜間の操作も楽々です。

欠点と言えば、取り付けが素人には難しいことかもしれませんね。

但し凍えてしまってからでは遅いですので早めに装着をしましょうね!

冬の寒さをなめてはいけませんよ!

簡単に取り付け出来るシート ヒーターもあるのでご自身にあったものをお選び下さいね。

その2:SOJOY 電気ブランケット

画像引用:https://ymall.jp/store/quickspeed/

操作は簡単でシガーソケットに直接接続するだけです。

「えっ、それだけなの?」

そう思っている人もいるでしょうが、その簡単さが人気の一つです。

車内の温度によって電気ブランケットも温度調節できますが、“電気を点けるまでもないけど少し寒いな”と感じるときは、普通のひざ掛けとしての利用できる便利なやつです!

お値段も3,500円ほどで購入しやすいとこも魅力です。

その3:セイワ ボトル電気ケトル。

画像引用:https://ymall.jp/store/quickspeed/

寒くなると温かいものを飲み、「あったかいんだから~」と歌いたくたくなりますね。

使い方は簡単で、シガーライターソケットにつないでスイッチを入れるだけで「あったかいんだから~」が手に入りますよ!

“途中温かいものを買う場所がなくても”“寒くて車外に出たくないと思っても”これがあったら温かい飲み物が飲めますが“沸騰”はしません。

「カップラーメンが食べたいな~」

そう思ったら、熱過ぎない温度でご賞味下さいね!

お値段は2,500円ほどなので、何回もコンビニ等でホットコーヒーを買いに立ち寄る人にもオススメですね!

その4:アンサーバック リモコンエンジンスターター

画像引用:http://www.carmate.co.jp/products/list.php?category_id=67

ンサーバック機能がメインのモデルで、ややこしい機能が苦手で“シンプルな機能”だけでいいと思う私みたいな人にはこれで十分でしょう。

価格は12,000円ほどで、実用通信距離は約500mです。

寒いときに家でエンジンをかけておき、車内を温めてから出発できますね。

その5:モバイルバッテリー

「モバイルバッテリーなんて、車に関係ないでしょ?」

確かに車に直接関係ないですね。

ですが考えてみて下さいよ!

「緊急時にスマホの電池が切れて電源が入らないどうしよう!?」

そんなときに、四次元ポケットからモバイルバッテリーが出てきた!

なんということはないでしょうが、モバイルバッテリーが緊急時には大いに役立ちます。

雪の中では命に直結していくことも多々あることでしょう。

スマホに充電できれば生存の確認、ライトの代わり、一番必要な今の情報を仕入れることもできます!

直接関係あるといえばあります。

車のバッテリーが上がってしまったときにも“モバイルバッテリー”があれば車のエンジンをかけることも出来ちゃうんですよね!

モバイルでも“バッテリー”には変わりないので出来るのです!

画像引用:https://ymall.jp/store/quickspeed/

イメージだけだと、モバイルバッテリーはスマホや周辺機器のイメージですが。

「エンジンがかからない。バッテリーがあがったか!?」

焦らなくて大丈夫!

モバイルバッテリーを持ってさえいれば、 “安全かつ簡単” にエンジンがかかりますよ!

まずは、ブースターケーブルをマイナスとプラスに繋ぎます。(赤色のブースターがプラス)そして、ブースターとモバイルバッテリーを繋ぎます。

安全な理由として救援車を使ったブースターケーブルと違って、反対側がクリップではなくモバイルバッテリーなのでショート起こす心配が少ないからです。

エンジンをかける前に注意しよう!

“モバイルバッテリーが振動によって、エンジンの下に落ちてしまってはどうしようもないので安全な場所に置いてくださいね。”

後はエンジンをかけるだけです!

ねっ、簡単でしょ?

終了です。

金額はスマホ用のモバイルバッテリーなら500円~2,000円くらいでしょう、

でも、車のエンジンをスタートさせるジャンプスターター付きモバイルバッテリーは4,000円~8,000円くらいです。

基本問題はありませんが、車種や年式など違いはあると思うのでメーカーに確認と行う際は自己責任で!

このモバイルバッテリーを持っていればエンジンもスマホの充電も出来ますし、ライト付までもありますよ。

雪の対策はもちろんですが、近年多い自然災害も含めて準備されていてもよい物だと思います。

ゴム製タイヤチェーンって必要?スタッドレスだけじゃダメ?

「タイヤチェーンの巻き方なんて知らないし、スタッドレスのみでいいじゃん!」

そう考えるのも分かります。

確かにスタッドレスタイヤの性能の進化は目を見張るものがあります。

話を戻し少し説明をします。

2018年12月上旬より、一部の地域で チェーン装着者以外は通行禁止 という規制が施行されました。

「立ち往生が懸念される区間」のみチェーン装着が必要と記載があります。

記載はありますが、早とちりしやすい内容のためにチェーンを絶対に購入しなければならないと勘違いした人も多かったはず!

実際はどの程度で規制を実地するかは現場判断です。

「現場判断ってなんだよ!」

もちろん、そう思いますよね。

今回の規制は、国土交通省が定める特定の道路において、道路管理者や警察など諸機関の判断によってチェーンの装着を義務化することができるという内容です。

今後の経験などに影響されるでしょうが、私的には思っているより早く判断されると思います。

理由としては、最近の豪雨時の警告が早めに発表されているからです。

発表された規制の場所ではチェーンの装着をしないと違反になりますよ。

以前は金属ピンを埋め込んだスパイクタイヤが主流でしたが積雪のない道路に使用されると舗装された道路を傷めてしまったため、 ピンで傷めないスタッドレスタイヤ が主流になりました。

確かにスタッドレスタイヤは凍結時に車体を滑らせることなどを減らし、積雪でも強いことは強いですが、あまりに深い雪や新雪になるとスタッドレスタイヤだけでは進むことができずチェーンの着用が必須になります。

状況によって、使い分けが必要になってきますよね。

結果としては大半の道路でスタッドレスタイヤだけで問題ないですが、国土交通省が出した新しい規制により、必ずチェーン装着が必要な場所もあります。

冬対策のカー用品や車載グッズのまとめ

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

もうお分かりでしょうが、冬の車対策はちゃんと考えていかなければなりません!

例えばスタッドレスタイヤにしても一年中装着しておくわけにはいきませんので保管場所が必要になってきます。

「えっ、なんで着けっぱなしはいけないの?」

いけません!

「着けたままにしておく楽だし、保管場所も考えなくていいから楽でしょ?」

“楽”だけを求めてはいけません!

スタッドレスタイヤは冬の路面状態を考え柔軟な素材が使われているため、夏用の対策はしていません!

夏と冬では、そもそも路面状態が真反対ですよ!

夏の路面温度が高いときには100℃にもなるんですよ!

柔軟なスタッドレスタイヤが100℃の路面を走ると摩耗が早くなり、タイヤの状態悪化が早くなります。

そのあとのことは考えただけで怖いですよね・・・

また、水溜りにも弱く滑りやすくなりますよ。

結果、スタッドレスタイヤの着けっぱなしは事故のもと!

ちゃんと付け替えはしましょうね!

「タイヤの交換はしたがタイヤの保管場所がない!」

そのような人はレンタル倉庫を借りたり、保管サービスを利用したりすることもいいでしょう。

レンタル倉庫はサイズ・場所と違いはありますが、月額2,000円~7,000円くらいで保管サービスについては、年間を通して8,000~12,000円掛かります。

ご自身の生活に合わせて選ぶことが大切でしょうね。

ただ、専門会社に頼むことでスタッドレスタイヤをよりよい状態で保管され、次の冬に備え安全に使うためには一番の保管方法でしょう。

冬対策のカー用品は雪国に住むものとしては必ず準備をしておかなければなりません。

そのカー用品があることによって、大事故に陥らずに済む場合もありますし、カー用品は快適に冬でも利用できる環境を作っています。

また上記では紹介していませんが車外での作業に手袋はかかせません。

「手袋がなかったら、手が凍えてしまうでしょ!」

確かにその通りですね・・・

但し、普通の手袋では、水がしみて冷たくなるので、外での作業に対応でいるような保温力や防水性を備えた物も出ているので手に取って確かめて下さい。

ここ近年は雪国に住んでいる私達でも驚くような冬の状況下にあります。

ですが備えあれば憂いなしとあるように、大問題になる前に備えることが大切だと身に染みて感じてきました。

もし、初めて雪の降る地域に来られる方の参考になれば幸いですし、同じ地域に住んでいる方々にはさらに気を引き締め油断しないように生活していきましょう。

また、いざとういう時冬対策のために車保険の見直しも忘れずに!

青キャッチ画像:https://www.photo-ac.com

この記事を書いた人

ブルスカ
車のことはあまり詳しくはないのですが、次の車購入の参考になればと思い、勉強を兼ねて
自動車情報サイト参加中!! と言っても車に関するオモシロ情報やお役立ち情報を発信します。
たまには見にきてくださいね v^ ^)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1