ハイゼットトラック中古車選びのポイント!グレード別に徹底解説

ハイゼットトラック

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ハイゼットトラックは、ダイハツが製造・販売する軽トラックです。

初代モデルは1960年に発売され、現在では日本で一番売れている軽トラックなのです。

最もスタンダードな軽トラックということもあり、そつなく使えて初めて軽トラックを運転する方にも選ばれています。

そんな人気軽トラのハイゼットトラックは、中古車市場にかなりの数が流通しておりニーズに合わせたチョイスがしやすいのも嬉しいところ。

ハイゼットトラックの中古車購入を考えている方のために、中古車選びのコツを解説していきます。

ハイゼットトラックの中古車相場

ハイゼットトラック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

現行ハイゼットトラックは10代目となり、グレード展開は全6種類で、価格差も大きいです。

人気の軽トラックということもあり中古車市場の流通台数は多いですが、現行モデルは2014年発売なので中古車でも価格は高めです。

現行モデルの中古車で流通台数が多いグレードは、エアコンとパワステ装備の「スペシャル」で、走行距離が1万km程度です。

走行距離1万km以下のハイゼットトラックでは中古車価格の相場は80万~90万円が中心となっています。

ハイゼットトラック中古

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU0882588901/index.html?TRCD=200002

実用性十分で価格を抑えたいなら9代目ハイゼットトラックでも問題ないでしょう

走行距離5万km以下でエアコンとパワステ装備のグレードでも中古車価格の相場は60万円程度で、中には50万円以下で探すことも可能です

ジャンボだと価格はやや上がりますが、それでも80万円以下で購入も可能です

特に9代目ハイゼットトラックは、発売してから15年以上と息の長いモデルですから、年式にこだわりがないならより安い価格&走行距離が短いモデルを購入することもできます

ハイゼットトラック中古車の現車チェックポイント

ハイゼットトラック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

ハイゼットトラックの中古車を購入するうえで、実際に現車チェックはすべきですが、どこをどうみれば良いのかわからないという方が多いのではないでしょうか?

ここでは、ハイゼットトラックの中古車チェックポイントを解説していきます。

外装のチェックポイント

  • キズ・へこみの程度

ハイゼットトラックは高剛性素材を使用していますが、業務車両として使用することがほとんどです。

そのため、多少の傷や凹みは仕方のないことです。

外装をチェックする上で重要なのは「仕様に問題ないレベルの凹み・傷なのか」「どんな状況でついて凹み・傷なのか」を販売店に聞いてみてください。

中古の軽トラは、基本的に現状のまま引き渡しとなるので、傷・凹みについて明確に答えられない販売店では購入はおすすめしません。

  • 車検・点検済みステッカーは貼ってあるか?
点検

フロントガラスには、車検・点検済みを証明するステッカーははられているかチェックしましょう。

特に重要なのは点検整備済みステッカーで、そのハイゼットトラックがきちんとメンテナンスを受けている車両菜乃花判断しやすくなります。

業務車両は安全性が重要ですから、きちんとメンテナンスされているハイゼットトラックを選びたいですね。

  • タイヤのコンディション
タイヤ

軽トラの代表的な消耗パーツがタイヤです。

ハードな使い方をしていれば、摩耗や消耗は早まりやすいので、現車を見る際はタイヤ溝がどれぐらい減っているか必ずチェックしましょう。

特に気をつけたいのが偏摩耗の有無です。

偏摩耗があるタイヤを使用している場合、ホイールバランスが崩れていたり、車両に大きな負担がかかる使い方をしていた可能性があるからです。

つまり、その他の機関部分に大きなダメージを追っているかもしれないということです。

  • 荷台・荷室の状態

軽トラは荷台・荷室を使ってなんぼのもの。

特にチェックすべきは、荷台四隅のフックが錆びていないかどうかです。

他には、荷台のドア開閉がスムーズにできるかも確認しておきましょう。

内装のチェックポイント

  • 車内の臭い
くさい

軽トラックの運転は神経を使います。

そのため、常に車内は快適な状態でありたいもの。

不快な臭いがするハイゼットトラックは避けたいところです。

あまいにも不快な臭いがある場合は、納車前のクリーニングで解消できるか確認し、できないようであればそういった車両は避けることをおすすめします。

  • エアコンが稼働するか?

軽トラで少しでも快適に作業するためには、エアコンは必須の装備です。

冷房・暖房問題なく稼働するか確認しましょう。

エアコンが可動しなかったり効きがいまいちの場合、ラジエーター関連がトラブルを起こしている可能性が高いです。

販売店に修理してもらえないか確認し、無理な場合は避けるべきでしょう。

  • 警告灯・表示灯は点灯するか?
メーター

メーターパネルは、車両の稼働状況やトラブル発生を通知する重要な部品です。

キーを回して各種表示灯・警告灯がきちんと点灯するか、またそれぞれの意味を確認しながらチェックしましょう。

ハイゼットトラックの中古車は必ず試乗すること

ハイゼットトラック

外装・内装をチェックし何の問題がなくても、いざ走らせてみたら不具合があった…なんてケースはよくあること。

駆動系の状態は、実際に運転してみないとわからないものです。

一通りのチェックが済んだら必ず試乗して駆動系や機関類に問題ないか確認しましょう

  • エンジンの始動具合と発生音に問題はないか?

クルマの心臓部分でもあるエンジンに不具合があると、購入してからエンジントラブルを引き起こす可能性があります

キーを回した時にスムーズに始動し、発生音も異常がなければ問題なしです。

すぐにエンジンが始動しない場合や走行中に異音がする場合はエンジンに問題ありと考えるべきです。

  • 排気音は適正か?

特に年式が古いハイゼットトラックは注意してほしい部分です。

経年劣化によってマフラーに穴が空くことは珍しいことではありません。

マフラーに穴が空いていると、排気音がおかしくなり走行中にトラブルを起こす可能性もあります。

  • ブレーキの効き具合

コーナリング時や減速時など安全性に直接関係してくるブレーキ。

方効きのブレーキはハンドリングに悪影響を及ぼし危険です。

ブレーキを掛けた時に異音がしたり、効きが悪い場合はブレーキパッドを交換してもらえないか販売店に相談してみましょう。

ハイゼットトラックってどんなクルマ?

ハイゼットトラック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

軽トラック市場は、ダイハツ・ハイゼットトラックとスズキ・キャリーが二分しています。

そのため、軽トラを購入する際、この両車どっちを買うかで悩む方も多いです。

ハイゼットトラックの大きな特徴は、女性でも乗りやすい・運転しやすい軽トラだということです。

軽トラックのボディカラーは基本的にホワイトが多く、いかにも商用車っぽい見た目が女性から敬遠される原因の一つでした

ハイゼットトラック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

しかし、ハイゼットトラックは、軽トラでは珍しくオレンジや薄ピンク、水色など女性でも思わず乗ってみたい運転してみたいと思わせるカラーを用意しています。

「ビューティーパック」というメーカーオプションを選ぶと、UVカットガラスやサンバイザーにバニティミラーが装備できることです。

また女性は男性に比べて小柄なため、足がペダルに届きにくく運転しにくいことがあります。

それも考慮して、ハイゼットトラックではシートを140mmスライド調整可能にしているのです。

ハイゼットトラック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

ハイゼットトラックは女性向け装備や機能が際立っていますが、もちろん使い勝手は抜群によく、たっぷり積載できる男前な軽トラックです。

荷台には、ロープフック19ヶ所、L字型フック2ヶ所、T字型フック2ヶ所などとにかく荷台の使い勝手が良いのが人気の要因です。

また、作業灯も備わっており夜間でも視界良好で積み下ろしができるのも嬉しいところ。

たとえば、りんごコンテナは48個、ポリタンクは40個積載可能と立体的で広い造りであることも特徴です。

ハイゼットトラックまとめ

代替テキスト

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

様々な目的・用途で使用される軽トラ。

仕事はもちろん、個人用として購入する方も多く1台あると重宝しますよね。

中でもハイゼットトラックは、軽トラックのスタンダードモデルで癖がなくて使い\\やすいとして人気です。

現行モデルは、豊富なカラーラインナップで女性向けの装備を用意している点も見逃せませんね。

ハイゼットトラックの中古車は、現行モデルも流通台数は多いですが、比較的新しいモデルのため中古車としては高めの価格設定が目立ちます。

価格を抑えて実用性を重視するなら9代目ハイゼットトラックでも十分活躍できます。

中古車を購入する際は、今回ご紹介したチェックポイントを参考に、車両に不備や問題がないかきちんと確認した上で購入するようにしてくださいね。

キャッチ画像引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

この記事を書いた人

ちくわ
僕の住んでいる信州ではクルマは贅沢品ではなく生活必需品!!
だからこそいろいろと情報収集して楽しく車に乗りたいです!(^^v

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1