ヴェルファイア車中泊情報!キャンピングカー仕様に改造!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ヴェルファイア車中泊情報ということで、キャンピングカー仕様に改造することにフォーカスしました。

今回はヴェルファイアの車中泊情報について紹介していきます!

車中泊したいけど、ヴェルファイアにも乗りたいなぁという人、諦めないでください。

乗り心地だけではなく装備も充実しているので長距離運転が快適ですが、調べてみると車中泊にも使える装備がありました。

それでは早速確認をしてきましょう!

スポンサーリンク

ヴェルファイアの室内空間

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

初めに室内空間から紹介します。

ヴェルファイアはトヨタの最高級ミニバンとして有名ですが、室内空間は他とどのように違うのでしょうか。

結論から言うと、ヴェルファイアの室内空間は国産ミニバン最上級です。

乗り心地もミニバンではトップクラスで、要人の送迎にも使われるほどです。

シートレイアウトの自由度も高く様々なシーンに合わせて使うことができます。

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

アルファード、ヴェルファイアは日本国内だけではなく東南アジアでも評価が高いこともでも有名です。

高級ミニバン業界をけん引していると言っても過言ではありません。

収納に関してはスペアタイヤがないモデルは床下収納最大148Lを確保しています。

床下収納の拡大により、クオリティーの居住空間と多い積載量を両立させています。

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

足を楽に伸ばせるオットマンや多くの小物入れを備えていることを見ても、移動だけではなく車中泊にも向いていると言えるでしょう。

しかしレザーシートのモデルが多く、寝心地は良いとは言えないのが唯一のネックです。

そんな寝心地問題を解決してくれるアイテムが存在します。

さらにはキャンピングカー仕様に改造するポイントもありますので次はそちらを紹介します!

スポンサーリンク

ヴェルファイアのキャンピングカー仕様に改造したポイントは?

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

キャンピング仕様への改造といっても様々な仕様があります。

やり方を調べると星の数ほどあり、どの方法が自分に合っているか判断するのは難しいです。

今回はその中でも代表的な方法を紹介していきます。

ベットキットを使っての改造

睡眠に特化した改造です。

人気車種には専用ベットキットが作られていることが多いです。

ヴェルファイアには穴をあけるなどの加工なしで2列目以降をベッドにすることができるベットキットが販売されていました。

ナンバーの変更も必要なくお手頃に寝心地を確保できる手段です。

ベッドの取り付け金具が気にならない方にお勧めです。

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

本格キャンピングカー仕様の改造

サブバッテリーやコンロを付けて本格的なキャンピングカーに改造する方法です。

自分で改造するのは難しいので専門業者さんにお願いするのがお勧めです。

受注生産にはなってしまいますが、かなりのクオリティーで出来上がります。

受注生産ならではの自由度も魅力です。

シートの色や装備などをオーダーして自分好みの一台に仕上げてくれます。

プロによる仕上げですので純正さながらのクオリティーもアピールポイントの一つです。

ネックとしては高額で5人乗り仕様になること、ナンバーが変わってしまいます。

購入時に車中泊を想定しているのならば、購入時にお願いする方が良いです。

上記した部分を我慢できる人は専門業者にお願いするのがお勧めです。

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

シートマットを積んでのお手軽仕様

もっともお手軽な車中泊方法です。

シートをセミフラットにして上にシートマットをひきます。

突然の車中泊や長距離ドライブの休憩のときに便利です。

シートマットも様々な種類があり、小さく畳めるタイプもあるので気軽に車中泊が楽しめます。

大概の車種に使える方法なので長く使える、好みの物を選びましょう

改造や特別な手間が少ないところがポイントです。

初めての車中泊はこの方法で試してみましょう。

今回は3種類の車中泊方法を紹介しました。

車中泊の準備をしておくとクルマのシートを傷める心配がなく、寝心地も良くなります。

これで車中泊に大切な寝床は準備できました。

さらにヴェルファイアでの車中泊を快適にするグッズを探してきたので紹介します。

スポンサーリンク

ヴェルファイアの車中泊便利グッズ

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

改造の時にも一部紹介しましたが、ヴェルファイアにお勧めの車中泊便利グッズを紹介します。

シートマット

改造の時にも紹介したシートマットです。

シートマットを使用することによって寝心地の改善だけではなく、シートの保護にもなります。

改造をせずお手頃に車中泊をするには必須です。

車中泊用だけではなくアウトドア用も使えるので、クルマに合うサイズや自分に合った物を調べて購入しましょう。

車中泊の際に睡眠で疲れが取れなくては意味がありません。

より快適に睡眠をとるためにも準備をすることをお勧めします。

空気を入れるタイプの物がかさばらず便利なのでお勧めです。

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

毛布

枕と同じくより快適に睡眠をとるために準備をした方が良い一つです。

夜になると寒くなることがあるので、いざという時の為にも準備しておきましょう。

ポータブルバッテリー

場所によっては夜中にエンジンをかけておけない場所があります。

スマートフォンを充電するために持っておくことをお勧めします。

充電だけではなく、クルマのバッテリーがあがったときに活躍するジャンプスターター付きの物もあるので常に持って置いて損はしません。

ブラインドカーテン

車内に人がいるからと言って車上荒らしに合わないという保証はありません。

睡眠中のプライバシー保護の為にもブラインドカーテンを付けておくことをお勧めします。

ブラインドカーテンはプライバシー保護だけではなく、ガラスから入ってくる外気を防いでくれるため外の気温に影響されづらいのも大きな魅力です。

トヨタから出ている純正品もあるので迷ったら純正品を選びましょう。

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

インスタント食品

24時間やっているお店は増えましたが備えておいて損はありません。

出先で何があるか分からないので準備しておきましょう。

かさばらないお菓子などがお勧めです。

折りたたみテーブル

改造をしていない車内は平らな所が少なく、食事をするのが難しいです。

快適に車内で食事をしたい時にはテーブルは必需品になります。

大き過ぎないコンパクトな物を選びましょう。

懐中電灯

夜中に外に出る時に重宝します。

スマートフォンをライトとして使う方法もありますが、光量やバッテリーのことを考えると備えるに越したことはありません。

お勧めグッズをいくつか紹介しました。

車中泊の時に持っていく道具はしっかりと考え準備しましょう。

最後にヴェルファイアの車中泊情報についてまとめます。

スポンサーリンク

ヴェルファイアの車中泊情報まとめ

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

今回は高級ミニバンのヴェルファイアの車中泊について紹介しました。

驚くことに調べてみると車中泊しやすそうなクルマという印象でした。

ヴェルファイアをキャンピングカー仕様に改造している画像をいくつか見ましたが、車中泊に関しては向いていると言えます。

筆者は車中泊=ハイエースしかないと思っていましたが、乗り心地なども考えるとヴェルファイアの方が良いという考えに変わりました。

ハイブリッド仕様があるので燃費の面でも車中泊の旅がはかどりそうですね。

ネックとしては悪路走行を想定して作られていないため、道の悪いキャンプ場や山奥は注意が必要です。

乗り心地が良く車内も広いので舗装された上での車中泊には最適です。

車中泊は周りに迷惑をかけず安全に楽しみましょう。

アイキャッチ引用画像:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク