ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでのメリットやデメリットは?口コミ、お勧めポイントも!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでのメリットやデメリットは?口コミ、お勧めポイントも!ということで、今回はヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えの際に気になることに紹介します。

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えを考えている人だけではなく、ヴォクシーかヴェルファイアで購入を悩んでいる方必見です!

今回は下記について焦点を当てていきます。

・ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えるメリット、デメリット

・ヴェルファイアに乗り換える際のお勧めカラー、オプション

・ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えた人の口コミ

トヨタのミニバンの中でも若者に人気の絶えない2車種ですが、比較してみると大小様々な違いが見えてきました。

違いや使用用途ごとへのお勧めも紹介していきます。

スポンサーリンク

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えるメリットとデメリットは何?

引用先:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

ヴォクシーとヴェルファイアは比較するとどう違うのでしょうか?

筆者はヴェルファイアに乗り換えてデメリットはないと思っていましたが、調べてみるとデメリットもいくつかあるようです。

実際にヴォクシーからヴェルファイアに乗り換える際のメリット、デメリットを紹介していきます!

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでのメリットは?

引用先:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

→内装が広い

外から見てもらってもわかる通り、中がヴォクシーよりも広く造られています。

そのため三列目に大人が乗っても窮屈さを感じづらいです。

→パワーがあり、乗り心地が良い

エンジン排気量が大きいため力強く走ります。

シートも肉厚で人数の多い長距離ドライブには最適です。

→装備が充実

価格帯が違うため装備の選択肢が多くあります。

ヴォクシーではなかったオプションがあり、より快適な運転を演出できます。

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでのデメリットは?

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

・維持費が高い

エンジン排気量が大きいので自動車税が高くなります。

ヴォクシーよりも燃費が悪いため、ガソリン代も高いです。

・大きくなるので運転がにがてなひとには大変&駐車場

見たことがある人はわかるかと思いますが、ヴェルファイアはヴォクシーよりも大きいです。

そのため狭い市街地や駐車場では慣れていないと苦労する人もいます。

・金額高い

皆さんもご存じかと思いますが車体自体が比較的高くなります。

メリット、デメリットは人によって異なりますが代表的なものをあげてみました。

メリットやデメリットは使用する環境によって大きく変化しますのでしっかり考えることが大切です。

次は乗り換えたいと思った人にヴォクシーからヴェルファイアに乗り換える時のお勧めカラー、お勧めオプションを紹介します。

スポンサーリンク

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでのおすすめカラー、オプションは何?

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

ヴォクシーもヴェルファイアもオプションが多く、高い自由度が売りの一つです。

そんな両車種ですが実際にヴォクシーからヴェルファイアに乗り換える時、つけておいた方が良い装備は何でしょうか。

調べると驚きのオプションもあったのでそちらも紹介します。

ヴェルファイアに乗り換えでのおすすめカラーは?

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

→ブラック、ホワイト

日本で人気の2色です。

クルマを手放す時も金額が付きやすく目立ち過ぎないので、迷ったらどちらかを選んでおけば間違えのない色と言えます。

→ダークレッドマイカメタリック

ヴェルファイアならではの色です。

ヴォクシーには同系色がないのでヴェルファイアらしい色と言えます。

乗っている人も少ないので個性的になること間違いなしです。

ヴェルファイアに乗り換えでのおすすめのオプションは?

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

→サウンドシステム

壁だけではなく天井にまでスピーカーがあり、5.1chの大迫力サウンドが楽しめます。

音楽だけではなく映画も快適に楽しめます。

→リアモニター

人を乗せることが多い方にはサウンドシステムと合わせて付けておきたい装備です。

12.1型モニターで後ろに乗っている人も退屈せずドライブを楽しめます。

→ドライブレコーダー

もしもの時の為に絶対と言っていいほど付けておくべき装備です。

オプションで付けなくても社外の物でいいので付けておきましょう。

→シートヒーター、送風

シートヒーターとシート送風機能は車内をより快適にする機能の一つです。

特に長時間のドライブだと体とシートの接地面が蒸れるので送風機能はお勧めです。

シートヒーターは、冷房と併用ができるので女性にも嬉しい機能になります。

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

→アクセサリーコンセント

出先で携帯の充電がなくなったときに大変便利です。

コンセントタイプなので新旧問わず充電器があれば充電できます。

カタログだと1500wまで対応です。

車中泊の時にパソコンだけではなく、一部の家電でも使えますね。

→スマートキー一体型リモートスタート

冬場に暖気をしたい時や、夏場の車内を乗る前に涼しくするには必須です。

クルマに乗る前にリモコンでエンジンをかけることができます。

離れ過ぎていなければ屋内からエンジンをかけることも可能です。

→エアロ

外装を自分の好みに近付けることができます。

純正だけではなく「TRD」や「モデリスタ」も選択可能です。

TRDはよりスポーティーに、モデリスタはより迫力を出せます。

後から付けることもできますが、大きさや色見が多少変わることがあるので初めから付けるのがお勧めです。

今回お勧めした物の他にも多くのオプションがあるのであなたに合ったオプションを見つけましょう。

スポンサーリンク

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えた人の口コミは?

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

実際にヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えた人はネット上に多く見受けられました。

その中から良かったという口コミ、悪かったという口コミに分けて紹介していきます。

 

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでの良い口コミは?

内装の高級感が上がった。

乗り心地が良くなった。

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでの悪い口コミは?

ヴォクシーの方は乗り降りが楽な分、子供やお年寄りには評判だった。

燃費が落ちた。

口コミの中でも多く見られたもののみを抜粋しました。

特に乗り心地は評判が良いです。

その反面、後部座席の昇降は万人受けしないようでした。

最後に今回のまとめに入ります。

スポンサーリンク

ヴォクシーからヴェルファイアに乗り換えでのメリットやデメリットは?口コミのまとめ

引用先:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

ヴォクシーからヴェルファイアへの乗り換えに焦点を当ててみました。

今回調べてみてトヨタがヴォクシーとヴェルファイア、それぞれに特徴を持たせていることが分かりました。

筆者が実際に乗ってみた感想は慣れてしまえばヴェルファイアの大きさも気になりません。

ヴォクシーもヴェルファイアも運転席の目線が高く、大きさを感じないほど乗りやすかったです。

乗り換えるべきかどうかと言ったら、お年寄りや小さいお子さんがいる家庭で女性が普段使いすることが多い場合はヴォクシーをもう少し乗り続けるべきです。

引用先:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

お子さんがいても大きくなって、長距離のドライブが多い場合はヴェルファイアへの乗り換えをお勧めします。

今回は紹介しませんでしたが、少人数で乗り心地を最優先したい人には「ヴェルファイア ロイヤルラウンジ」一択です。

ヴォクシーにも荷物が多く乗る「ヴォクシー マルチユーティリティー」という5人乗りのスタイルがラインナップされています。

ヴォクシー、ヴェルファイアの両車種とも様々なカスタマイズができるので、気になった方は下記の比較サイトを利用してからディーラーに見に行っては如何でしょうか。

購入の際には家族と話し合い、みんなが満足できる一台を買いましょう。

アイキャッチ引用画像:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_top_exterior_exterior

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク