RAV4vsエクストレイル徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日本での販売が復活したRAV4と、日産で1番売れているSUVのエクストレイル

RAV4は、女性にも受けそうな外観になりましたね。売れる予感がしてなりません!

エクストレイルは、若い世代に支持され、海に山に川にと活躍するイメージが強いですよね。

どちらもアウトドア志向が強い車ですから、今回は車中泊シーンをポイントとして紹介していきます。

とても気になる内容ですので早速チェックしていきましょう!

RAV4 vs エクストレイル燃費を比較

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

国内の同サイズSUVで、オフロードの走破性に特化して開発された車の代表とも言える両車。

どうせ燃費悪いでしょ?と思いますよね。私、思ってますから!

気になりますから、両車のスペックと実燃費の口コミを紹介していきますので、早速見ていきましょう。

RAV4 エクストレイル
260.8~381.8万円 価格 219.8~384.5万円
SUV タイプ SUV
4610×1865×1690 他 外観

(mm)

4640×1820×1715 他
2000~2500cc 排気量 2000cc
171~178 馬力 147~173
FF・4WD 駆動 FF・4 WD
レギュラー 燃料 レギュラー
5名 定員 5名・7名
15.2~21.4km/L カタログ燃費 16.4~20.8km/L

 

どちらもハイブリッドのグレードがありますから、SUVらしからぬ燃費ですよね。

ガソリン車の燃費だって、これなら十分でしょう。

では、実燃費はどうなんでしょう?

口コミを見ていきましょう。

RAV4 

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

・買い物で使う位で13km/L。燃費は良いですね。

(X  4WD  2.0L)

・週末に一般・高速道路を使って15km/L

(ハイブリッド 4WD 2.5L) 

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

・街乗りで11km/L、高速道路で15km/L

(20X  5人乗り  4WD)

・高速道路を100kmで維持して走ると、18km/L走ります。

(20Xi  5人乗り  4WD)

・街乗りメインで13km/L位。燃費重視の車じゃないので、気にしない。

(ハイブリッド)

いかがでしたか?

両車、走りを重視した車だけあり、ハイブリッド車だからといって、突き放すような数値にはなりませんね。

これはモーターの力を燃費の為より、走りの力強さにプラスさせた結果です。

RAV4は、2500ccにハイブリッドを搭載した結果、クラウン並みの走りをすると評判になってますよ。

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイルは2000ccですが、そこにモーターの力が加わるために、上記の表のように馬力に差がでるんですね。

口コミを見ても、走破性を求めているため、燃費はそれほど気にしていないという声が多く見られました。

両車とも、位置付けとしてはクロスカントリーに近いSUVですから、好き好んでオフロードなどを走破する方におすすめしますし、車の設計もそこに力を入れています。

逆を言えば、あまりアウトドアには出かけないという方は、買っても性能を持て余してしまい、もったいないですよ。

 

私でしたら、4WDのハイブリッドを買いますね。それが両車の良さを1番活かす選び方です。

という事で、燃費に大差はありませんが、発売して間もないRAV4に頑張ってもらいたいので、RAV4の勝ちにします!

RAV4 vs エクストレイル室内空間はどっちが広い?

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

外観サイズはそう変わらないのですが、室内はどうなのか?

エクストレイルは2列・3列仕様とありますし、気になる所でしょうから早速見ていきましょう。

RAV4 エクストレイル
1895mm 室内長 2005mm
1515mm 室内幅 1535mm
1230mm 室内高 1270mm
1015mm 荷室長 1088mm

300mm(3列仕様)

2910mm 1列目~荷室まで 3093mm

 

室内空間はどこをとってもエクストレイルの方が広い結果に。

しかし、評判が良いのは2列シート仕様のみです。

7人乗りは、同じ室内寸法に3列シートを装備したため、シートは薄くて狭いです。

荷室も僅かなスペースしかないため、無理矢理感があって使い勝手は悪い印象。

また7人乗り仕様は、2列目のシートが薄く設計されているので、乗り心地が悪く、ロングドライブには向きません。

ですから、5人以上乗るのであれば、私はおすすめしません。

 

そして、数値で見ると劣るRAV4ですが、後部座席も広いです。

大人が乗っても余裕の広さに。アメリカでも売れてる位ですからね(笑)

オプションのパノラマムーンルーフを装備すれば、より広く感じますね!

口コミでも、室内が広いと評判です。

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

話は少しそれますが、エクストレイルはシートから荷室まで、全て防水加工してあります。

私は釣りをやるんですけど、シートが防水ではないので、本当に気を使うんですよ。

これは釣りやスノーボードをやる人には嬉しい装備ですね!

さて、ここまで室内空間を比較しましたが、公平に5人乗りで比較するならば、エクストレイルに軍配が上がる結果になりました。

RAV4 vs エクストレイル『フルフラットさ』比較

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

さて、車中泊で重要となるフルフラット機能。両車共にどんなスペースとなるのか、順番に見ていきましょう。

RAV4

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

2列目を前に倒してフルフラットにしますが、リアにかけて傾斜があります。

奥行き1880mmのスペースができますので、大人でも足を伸ばして寝れるスペースとなります。

リアシートの分割は6:4となります。

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

こちらも2列・3列仕様共に、シートを前に倒してフルフラットになり、約1800mmのスペースの奥行きが出来上がります。

こちらのリアシートの分割は4:2:4となり、例えば後部座席に2人乗っても、中央を倒す事でスノーボードの板を乗せる事もできます。

ただ、やはりリアにかけて若干の傾斜があるんですよね。

モデルチェンジ前は完全なフラットになったので、なぜ受け継がれなかったのか疑問です。

どちらも前後のシート間に多少の隙間はありますが、布団やマットを敷けば解消されるレベルに。

 

また、傾斜問題ですが、リアの方を頭にして足を高くして寝ると、日中の足の疲れが取れるという口コミもありましたよ!

私、そんな発想無かったですから、確かにな~とうなずけましたね。

傾斜を利用するってのも、1つの手ですよ。

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

さらには、傾斜では寝れない!って方は、低い方にクッションなどを入れて下さい。

その他、市販のシートマットを使えば厚みもあります。

翌朝体が痛いなんて事もありませんから、まずはお手持ちの布団などで試したりしながら様子を見て、余計なお金がかからないようにすると良いですよ。

という訳で、フルフラットさの比較は、大差はありせんが、RAV4に軍配が上がります。

RAV4 vs エクストレイル車中泊比較まとめ

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

さあ、いかがでしたか?

見て頂い通り、今回は似た者同士の比較だったので、どこを比較しても大差はありませんでしたね。

紹介はしませんでしたが、安全性能も素晴らしいのですが、似たりよったりで(^_^;)

 

ただ、アクティブに使うとなると、エクストレイルのようにシートや床が防水加工されてるというのは、とても大きいですね。

それ以外ですと……正直、甲乙つけ難い勝負です!それだけどちらもアウトドアにもってこいの車だって事ですよ!

あとはもう、外観の好みで決めてもらうしかないですよ、ホントに(笑)

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

筆者の私の好みは『RAV4』だったので今回は『RAV4』を勝利とさせていただきます。

記事を書いてみて、両車共に自信を持っておすすめできる車だと確信しました。

それでは、また!

アイキャッチ画像引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

アイキャッチ画像引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1