アウディQ2のオプション紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アウディQ2のオプションって買おうと思ったときに、どれが必要なのか、それほど重要でないのか選ぶのに迷ってしまいますよね?

とくに、メーカーオプションは注文後に取り付けることが出来ないので、非常に悩んでしまうところです。

アウディQ2を実際に買うときに、取り付けておいたほうが良いおすすめのオプションと、付けなくてもなんとかなるオプションを紹介していきます。

アウディQ2のメーカオプションでおすすめは?

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2のメーカーオプションで、取り付けたほうが良いと感じるものを紹介していきます。

オートマチックテールゲート

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2におすすめなのは、「オートマチックテールゲート」です。

アウディQ2に装備されるメーカーオプションで、ぜひ、取り付けを検討してほしいのは「オートマチックテールゲート」です。

両手が塞がるという機会が多いという場合は、必須の機能となるので取り付けておいたほうが良いでしょう。

特に、女性でバックドアの開閉が重いという場合は、「オートマチックテールゲート」は、長く乗ることを考えたら、ぜひとも取り付けておいてください。

独身男性なら特に必要としないと感じるかもしれませんが、ファミリー層で週末にたくさん買い物をするという家族は、何度も開け閉めすることになるので「オートマチックテールゲート」は必要と言えます。

ちなみに、「オートマチックテールゲート」は、ゲートが開く高さを最初に設定することができるので、天井が低い駐車場でゲートを開閉するときに、とても重宝します。

「オートマチックテールゲート」は前向きに検討してほしい一番のオプションです。

ナビゲーションパッケージ

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2のナビ機能ですが、おススメの点を簡単に言えばオービスの位置も教えてくれるということです。

確かにトヨタやレクサスの純正ナビでも、オービス情報はわかります。

でも、アプリをインストールしないとオービス情報はわからないのです。

アウディの場合は最初から何もしなくても、オービス情報を知ることが出来ます。

アウディのナビが「スピードにご注意ください」と、音声案内が発話されれば500m先にオービスがあるという感じです。

カメラマークが、ナビ画面の右上に表示されるので、すぐに目につくので安心です。

ただし、くれぐれも、安全運転を心掛けてくださいね。

アウディQ2の「コンビニエンスパッケージ」はお得?

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2のメーカーオプションでおすすめなのは、「コンビニエンスパッケージ」です。

コンビニエンスパッケージは、以下のような機能が付いています。

・アウディパーキングシステム
駐車するときにカメラやセンサーでアシストしてくれる機能
・リヤビューカメラ
バックするときに車のすぐ後ろを映す機能
・アドバンストキーシステム
キーを持って運転席に座れば、ボタンを押すだけでエンジン始動

オプションとしての価格は、「150,000円」です。

もっとも、アウディQ2のグレード「Audi Q2 1.0 TFSI sport、Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sport」には標準装備なので、検討する必要はありません。

アウディパーキングシステム

不慣れな場合はバック駐車に、不安を家事ている場合は「アウディパーキングシステム」がとても便利です。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

「アウディパーキングシステム」は、以下の2つの機能で成り立っています。

・前後のバンパーに備えた超音波センサーによる障害物の検出
・高感度リヤビューカメラによる後方死角の表示

障害物に近づくと、アラーム音がします。

イメージ的には、簡単なバックセンサーみたいなもので、障害物が近づくと段階的に音が鳴り続けます。

「アウディパーキングシステム」は後退時に、リアビューカメラによって後方の状況をディスプレイに、表示して後方の死角を減らします。

慣れてくるとセンサーによる警告音が障害物との距離によって違ってくるので、その音を聞き分けることで障害物が今どの辺りにあるかがわかるようになります。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

警告音に慣れてくれば、障害物ギリギリまで、寄せることができるようになるのです。

リアビューカメラ

リアビューカメラはバックをするときに、後方の状況をディスプレに表示してくれます。

後方に人がいたりすると、モニターに映し出されるので止まることが出来ます。

たとえば、スーパーの駐車場でバック中に子供が真後ろに飛び出してきても、後方の状況がわかるのですぐに停止することが出来ます。

アドバンストキーシステム

アドバンストキーシステムは、キーを持っていればセンターコンソールの上にあるボタンを押すだけで、簡単にエンジンが始動します。

ポケットの中にキーを入れていても、エンジンが始動するので大変ありがたいアイテムです。

ドアの施錠・解錠も自動的に行ってくれるので、両手がふさがっているときなど、ロックする手間がないので、スムーズに乗り降りができます。

アウディQ2メーカーオプションで付けなくてもなんとかなるものは?

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2に特に付けなくても困らないオプションは、「LEDヘッドライト」です。

「LEDヘッドライト」は太陽光に近い光で路面を照射することができるので、暗い夜などは大変前方が見やすくなります。

ヘッドライトは走行速度が約110km/h以上になると、自動的に照射範囲を拡大します。

「オールウェザーライト」は雨などの視界が悪い状況で、対向車の運転手が眩しいと感じないように、輝度を軽減させています。

昼も夜も視認性が高いLEDヘッドライトは、寿命が長くライトの交換もほぼありません。

ただ、価格は「190,000円」と高額になるので、そこまで払って取り付けるものではないかと思います。

また、LEDライトの路面の照らし方や、青白い色などは、好みもあるので、できれば、実際のLEDヘッドライトの光を確認してから検討した方がいいでしょう。

失敗しないメーカーオプションの選び方

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2のメーカーオプションやディーラーオプションって、非常に高いですね。

オプションをあれこれと取り付けるぐらいなら、標準装備として搭載しているグレードを買ったほうが、結果的に安く購入でき、納期も短くなることもあります。

新車を買うときは必要な装備が揃っているグレードを選び、オプションを少なくすればトータルの費用を抑えられることもあります。

メーカーオプションは後付が出来ないので、金銭的に困らないなら、取り付けておいた方が、後々後悔しなくてすみます。

たとえば、「オートマチックテールゲート」などは、とても便利な機能なので、気になっているなら、取り付けたほうが後悔はしないでしょう。

あとになって「やっぱり取り付けとけば良かった」と思ったところで、メーカーオプションは追加できないので、後悔することになります。

ディーラーオプションは後付できるので、迷ったら保留にしておいてまったく問題ありません

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

ディーラオプションを後回しにすることで、本当に必要なメーカーオプションを選択できるようになるので、お金の面でも余計な出費を減らすことができるのです。

新車費用を抑えたいならディーラーオプションは、最初は選ばないでメーカーオプションだけに絞って選ぶほうが良いです。

また、節税という意味でも、後からつけられるディーラーオプションは購入後にじっくり検討する方がいいdしょう。

というのも、購入時にオプションをたくさんつけていくと、オプションは車両本体に含まれることになるので、自動車取得税の税額もガンガンあがっていくのです。

節税という意味でも、ディーラーオプションを全てあとから付けるようにすれば、自動車取得税も増えないので費用を抑えることが出来ます。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2の場合は運転が不安なら、「コンビニエンスパッケージ」は必須の機能だと言えます。

他のメーカーオプションと迷っているなら、一番実用的なオプションを優先に選んだほうが、失敗しにくいといえます。

特にバックカメラも装備されるので、駐車場などでバックをするときも大変便利です。

運転に自信がないという場合は、運転の支援をしてくれるメーカーオプションを、優先的に取り付けたほうが良いと言えます。

まとめ

引用:https://www.audi.co.jp/jp/

アウディQ2に取り付けるメーカーオプションは、よく考えて取り付けを検討したほうが良いでしょう。

先にも説明した通り、メーカーオプションは、あとから付けることが出来ないからということと、かといって、あれもこれもオプションをつけるぐらいなら、標準装備になっている上級グレードを購入した方が安くなるということもありからです。

なので、アウディQ2を注文する前に、必要だと思うオプションと、上級グレードも含めてじっくりと検討する必要があります。

また、どのメーカーでも言えることですが、メーカーオプションは、抱き合わせ販売しているので不要なものまで付いてきます。

単品で注文は出来ないので、メーカーオプションは、じっくりと選んで、本当に必要なのかどうか、よくよく検討してから、注文しましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1