新型レクサス LXのスペック紹介! 特徴や性能は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

レクサスの新型レクサス LXのスペックはどうなっているでしょうか?

新型レクサス LXのスペックや、特徴などまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

新型レクサスLX主要スペック

starlightR

引用:https:/lexus.jp/models/lx/gallery/

新型レクサスLX570の主要スペックをご紹介しましょう。

全長×全幅×全高 5065mm×1980mm×1910mm

室内長/室内幅/室内高 2760mm×1650mm×1170mm

ホイールベース 2850mm

燃費消費率(JC08モード国土交通省審査値) 6.5km/L

エンジン種類 V型8気筒DOHC

総排気量 5,662cc

最高出力 277kW(377PS)

最大トルク 534N・m(54.5kgf・m)

駆動方式 4輪駆動(フルタイム4WD)

トランスミッション 8SuperECT(スーパーインテリジェント8速オートマチック)

最小半径回転 5.9m

車両重量 2720kg

車両総重量 3160kg

タンク容量 93L

使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

メーカー希望小売価格 11,000,000円(税込)

スポンサーリンク

新型レクサスLXの主要装備

新型レクサスLXは1つのグレードのみになります。

グレードは1つですが、オプションが色々あり迷ってしまいます。

標準装備のご紹介と、私が選ぶ新型レクサスLX570のおすすめオプションをご紹介させて頂きます。

img_gallery_08_09R

引用:https:/lexus.jp/models/lx/gallery/

◆新型レクサスLX570の主要装備

サイドステップ/リヤステップガード

トレセンLSD付トランスファー

マルチテレインセレクト

クロールコントロール(ターンアシスト機能付)

アクティブトラクションコントロール

マルチテレインモニター/パノラミックビューモニター

電動チルド&テレスコピックスアリング(オートアウェイ&オートリターン機構付)

リヤスポイラー

Lexus Safety Sysrem+(ブリテッシュセーフティシステム・レーンディパーチャーアラート・アダプティブハイビームシステム・レーダークルーズコントロール)

ブラインドスポットモニター・リヤクロストラフィックアラート・マルチテレインABS・タイヤ空気圧警告表示

LX010

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/equipment/

SRSエアバックシステム

三眼フルLEDヘッドランプ/ヘッドランプクリーナー

LX014

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/equipment/

UVカット機能付ウインドシールドガラス/撥水機能付UVカットガラス/UVカット機能付プライバシーガラス

オート電動格納式ドアミラー

イルミネーテッドエントリーシステム

スマートエントリー&スマートシステム

ドライブモードセレクトスイッチ(ECO/COMFORT/NORMAL/SPORTS/SPORTS+/CUSTOMIZE)

ムーンルーフ(チルト&スライド式)/アルミルーフレール

LX001

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/equipment/

オプティトロンメーター/4.2TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ/フルカラーヘッドアップディスプレイ

本木目(ウォールナット用)+本革ステアリング(パドルシフト付)&本革+本アルミシフトノブ

アナログクロック(GPS時刻補正機能付)

オーナメントパネル

カップホルダー/クールボックス

LX007

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/equipment/

セミアニリン本革シート(運転席ポジションメモリー付)

LX017

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/equipment/

フロント8Way調整式パワーシート

パワーバックドア(イージークローザー/上下・挟み込み防止機能付/上側)

LX012

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/equipment/

レクサスクライメイトコンシェルジュ(クライメイトコンシェルジュスイッチ・4席独立温度調整オートエアコン・シートヒーター・シートベンチレーション付シート・ステアリングヒーター)

レクサスLXプレミアムサウンドシステム

SDナビゲーションシステム(3メディアVICS・Blutooth携帯電話対応・DSSS対応・12.3ワイドディスプレイ)

G-Link(3年間無料)ヘルプネット・G-Security・オペレーターサービス・レクサス緊急サポート24・マップオンデマンド・Gルート検索・リモートメンテナンスサービス・エージェント・LEXUS Apps

スポンサーリンク

おすすめメーカーオプション

おくだけ充電 23,760円(税込)

LX011

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/equipment/

“マークレビンソン”リファレンスサラウンドシステム 261,360円(税込)
⇒ 新型レクサス LXを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

おすすめディーラーオプション

ナンバーフレーム(フロント・リヤ)&ロックボルト(ロゴ入り)セット 35,640円(税込)

img_number_frame_02R

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/dealer_option/recommended_item/

ホイールロックナット 16,200円(税込)

img_wheel_lock_nut_01R

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/dealer_option/recommended_item/

MODELLISTAエアロキットA (フロントスポイラー・リヤスタイリングキット) 塗装済 302,400円(税込)

img_modellista_hero_01R

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/dealer_option/exterior_modellista/

21インチアルミホイール&タイヤセット(ロックナット付) 594,000円(税込)

img_modellista_aluminumwheell_tire_01R

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/dealer_option/exterior_modellista/

カップホルダープレート 7,560円(税込)

img_cup_holder_plate_01R

引用:https:/lexus.jp/models/lx/spec_price/dealer_option/exterior_modellista/

新型レクサスLXとベンツGLEクラスとの比較

新型レクサスLXの競合車は輸入車の大型SUVが増える中多くありますが、値段やクルマの大きさなどからライバル車と言えるベンツGLEクラスと装備面などで比較してみましょう。

インテリアでは?

内装の豪華さはやはりレクサスに軍配が上がるでしょう。

やはり洗練されたフラッグシップSUVとして掲げるレクサスの高級感がよく表れているシートや内装は、SUVの中でもトップレベルだと言えます。

居住空間としては?

ベンツGLEに比べ、レクサスLXの室内特に3列目シートは足元が高く若干狭く感じられます。

ベンツGLEの方がラゲージスペースも広く680Lの容量があり、3列目まで人が乗っていても数泊が出来る位の荷物を収納できるほどなのに対して、レクサスLXは、3列目を収納しないと収納スペースの広さが確保できません。

安全性能では?

現在、レーダーセーフティ無料キャンペーンを展開しているベンツGLEは、アクティブブレーキアシスト、アテンションアシストなど世界水準の安全装備が設定されています。

対しレクサスLXも、レクサスのフラッグシップSUVというランクに値するLEXUS Safety System+を装備し、歩行者保護にも対応した機能を含む、4つの予防安全システムをパッケージ化させ、より高度な安全装備を設定しています。

安全性能では、先進の安全性能を持ったベンツとレクサス両社同格ともいえるでしょう。

img_01R

引用:https:/lexus.jp/models/lx/features/lexus_safety_system/

スポンサーリンク

まとめ

新型レクサスLXのスペックなどについてまとめさせて頂きました。

レクサス最高峰のフラッグシップSUVという格付けが表すだけのことはある、充実した高級感のあるレクサスらしい装備だと思います。

外国車にない、国産車独自の「痒い所に手が届く」的な充実した装備は、レクサスLXを選んだオーナーを納得させる装備です。

国産車でもない、輸入車でもないその中間の良い所取りしたクルマと言っても良いのかもしれません。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク