新型フォルクスワーゲン up!の色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

フォルクスワーゲンの新型フォルクスワーゲン up!の色・カラーは何色あるでしょうか?

新型フォルクスワーゲン up!の色・カラーの情報や、人気のカラーをご紹介します。

UP_5_beat

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html

スポンサーリンク

up! のカラーバリエーション

UP_7

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html

フォルクスワーゲンのスモールカー、up!。デザインコンセプトは、”シンプルシンプル&クリーン”です。余計なものを削り取ったスマートな外装。

そして、内装にも日本車にはないシンプルなデザイン性を感じます。

シンプルなデザインを引き立たせるカラーバリエーションをご紹介します。

ボディーカラー

move_upカラー

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/color.html

high_upカラー

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/color.html

デザインがシンプルな分、鮮やかな色が似合いそうです。個性的でおしゃれなスモールカーは、どんなシチュエーションでも合いそうです。

内装・シートカラー

ボディカラーに対応するダッシュパッド、シートのカラーセットを用意されています。

interior

引用: http://up.volkswagen.co.jp/up/

move up!のボディカラー・インテリアバリエーション

move up!の内装は、ブラックを基調にした落ち着いた雰囲気です。ボディカラーがティールブルーの時のみ、シートのヘッド部分がブルーになります。

内装カラー_4moveup

引用: http://up.volkswagen.co.jp/up/

内装カラー_5moveup

引用: http://up.volkswagen.co.jp/up/

ダッシュボードは、ボディカラー:ハニーイエローメタリック、ディープブラックパールエフェクトがブラック。その他のボディカラーはブラック/グレーとなります。

high up!のボディカラー・インテリアバリエーション

シートとダッシュパネルのカラーコーディネートが、とても洗練されたおしゃれな雰囲気ですね。ボディカラーを選ぶ時にも、これだけおしゃれな設定があると楽しくなりますね。

内装カラー_1

引用: http://up.volkswagen.co.jp/up/

内装カラー_2

引用: http://up.volkswagen.co.jp/up/

内装カラー_3

引用: http://up.volkswagen.co.jp/up/

※ダッシュボードは、ボディカラー:タングステンシルバーメタリックがブラック。その他のボディカラーはブラック/グレーとなります。

< 対応表>

カラーコンビネーション

カラーコンビネーション2

●は標準仕様になります。

スポンサーリンク

人気カラーは

人気カラーについて、中古車市場に出回っているカラーを調査し、割合を算出しました。

上位のカラーをご紹介しますので、参考にして下さい。

カラー比率

やはり、日本人に人気の白が多いようです。ただ、ここで特筆すべき点は、赤色も白に迫る勢いで人気があるという事です。

そして、ティールブルーが人気があるのですが、シートの色のコンビネーションも人気の一因かもしれません。move up!だと、この色のみヘッド部分がブルーに設定されていますので、おしゃれですね。

日本車ですと、白や黒、シルバー、グレーが人気です。なかなか鮮やかな色は好まれない傾向にありますが、この点が特徴だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

色のプチ雑学

車の色を決めるのは、購入する際の楽しみの一つですね。色についての情報をお伝えしたいと思います。

色には、光を反射する色とそうでなく吸収する色とあります。up!にも設定のある白や黄色などの明るい色は、光を反射して熱を持ちません。

逆に、黒や茶色などの濃い色は光を吸収し、熱を持ちます。夏の日に駐車していた車に乗ろうとすると、すごく熱い時がありますよね。

色の特性からボディーカラーによっても違いがあるのをご存知でしたでしょうか。

炎天下の車内温度

車内温度に関しての興味深いJAFのユーザーテストをご紹介します。

各車両の室温を25℃に揃え、テストを実施しました。

  • 天候 晴れ
  • 気温 35度
  • テスト 午後12時から4時間、駐車条件の異なる車両(ミニバン)を以下の5台用意し、炎天下における車内温度を測定。
  1. 対策なし(ボディーカラー:黒)
  2. 対策なし(ボディーカラー:白)
  3. サンシェード装着
  4. 窓開け(3cm)
  5. エアコン作動

JAFテスト

何も対策していない黒色の車両の温度が高い事が判ります。ダッシュボードの温度はやけどしそうな程ですね。

次に参考にダッシュボードに置いた物の変化を見てみましょう。

  1. クレヨン
  2. スマートフォン
  3. 100円ライター
  4. 消せるボールペンで書いたメモ

この5種類の物をダッシュボードに置き、時間経過とともに状態変化を調べました。

JAFテスト2

車内でも一番温度が高くなるダッシュボードでは、1時間もするとクレヨンも溶けだし、卵も焼けてくるようです。

クレヨンも熱を吸収する黒から溶けだすという点で、置いてある物も色の違いで差があると言う事がわかりました。

例えば、仕事柄車内に物をたくさん置かなければならない方や、ペット、ベビー用品を載せている方は注意が必要ではないでしょうか。

データ参照: http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail2.htm

⇒ 新型フォルクスワーゲン up!を値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

まとめ

新車購入の際には、いろいろ迷う事も楽しみのひとつですね。ボディカラーもその中の一つと言えるでしょう。しかし、それぞれの環境や状況によって、頭に入れて置いた方がよい色についての知識もあるのではないでしょうか。

もちろん、好きな色を選ぶのが一番。そして、そんな知識の上に、安全のための対策をどうぞお忘れなく。楽しいドライブライフをお送り下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク