新型スマート 納車時期情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデスベンツの新型スマートは納車までにどれぐらいかかるでしょうか?

新型スマートの納車の時期などの情報をご紹介します。

nosya_01

引用:http://www.caricos.com/cars/s/smart/2017_smart_forfour_brabus/images/6.html

スポンサーリンク

新型スマート 納車時期

着々と注目度が高まってきている新型スマート、その人気はシティコンパクトらしい知的なエクステリアデザイン、そしてリアにエンジンを配置し後輪駆動とするRRコンセプトによる運転のしやすさとラゲッジの余裕あるスペースと今まであったようでなかったクルマであることが理由です。

ノーマルエンジンは「もっさりしてパワー不足」という口コミが多いものの、反対に1.0Lなら妥当と割り切る人も多いようです。

ターボモデルが追加されたのですが、ノーマルエンジンとの価格差が41万円とややアップグレードするには悩ましいところです。

nosya_03

引用:https:/www.autoevolution.com/cars/smart-forfour-2014.html#agal_3

そして肝心の納期ですが、一番の人気グレードであるスマートフォーフォープライムは各店舗ごとの割り当てが少ないため、早くても6ヶ月待ちだといわれています。

人気も出てきていて注文が立て混めば1年待ちという可能性もあるので、購入を検討しているなら1日でも早く販売店に出向いてみることが大事です。

基本的には受注生産だと考えるといいかと思います。

nosya_02

引用:https:/www.autoevolution.com/cars/smart-forfour-2014.html#aeng_smart-fourfour-2014-09-5mt-90-hp

スポンサーリンク

スマートとトゥインゴ比較

新型メルセデススマートとルノートゥインゴは基本構造を同じとする兄弟車です。

よく価格差で比較されることが多いのですが、具体的な違いなどを見ていきたいと思います。

nosya_06

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/35259

<スマートの価格>

■スマート フォーフォーパッション……2,160,000円

■スマート フォーフォープライム……2,370,000円

■スマート フォーフォーターボ……2,570,000円

<トゥインゴの価格>

■トゥインゴ ZEN MT……1,710,000円

■トゥインゴ ZEN EDC……1,800,000円

■トゥインゴ INTENS…..1,890,000円

■トゥインゴ INTENSキャンバストップ…..1,990,000円

nosya_04

引用:http://www.renault.jp/information/passions/passions-twingo/rp-60-1.html

確かに兄弟車にしては、価格にだいぶんの違いがあるようです。

エクステリアやインテリアはそれぞれの好みの問題となりますが、パッと見てわかるほどスマートの方が立体的なデザインでトゥインゴの方はシンプルな印象です。

スマートもトゥインゴも欧州車らしいしっかりとしたサスペンションとボディの剛性を感じることができます。

車両重量はスマートが1,010kg、一方トゥインゴは1,060kgと見た目の印象とは逆のようです。

またホイールベースはスマート2,490mm、トゥインゴは2,495mmとなっています。

トレッドは逆に前後10mmずつスマートの方が狭いので、スマートがワイドに安定、トゥインゴは縦長となっています。

そのため直進安定性ではスマートの方がやや優れているでしょう。

nosya_05

引用:https:/www.autoevolution.com/cars/smart-forfour-2014.html#agal_2

パワー、トルクはスマートもトゥインゴも同じく90psと135Nm。

実燃費もさほどの違いはありません。

それなら安価な方のトゥインゴでいいのでは、となるところですが、兄弟車であるスマートとトゥインゴはライバル車とならないところがあって、きっちりと差別化されているのです。

違いはというと内装、装備がスマートの方がワンランク上だということ。

スマートフォーフォーターボには本革シート、シートヒーター、パノラミックルーフ、パドルシフト、スポーツペダルなどが標準装備になっています。

トゥインゴの方にはパドルシフト、タコメーターのオプションすらないので、まさしく兄弟車ではなくてクラス違いのポジションということです。

トゥインゴがフィアットなどをライバルに想定しているのに対して、スマートはMINIをかなり意識しているのではないかと思います。

nosya_07

引用:https:/www.autoevolution.com/cars/smart-forfour-2014.html#agal_4

スポンサーリンク

実例納車トラブル

もちろん、あってほしくない納車トラブルですが、全くないといった保証はありません。

そこで、過去に起こった納車トラブルを参考にしたいと思います。


■給油間違い

納車前、ディーラーが給油をする際、ハイオクを入れるべきところ、軽油をいれてしまったので納車できませんと言う連絡がありました。

すぐにエンジンの洗浄をしてもらい納車してもらったとのこと。


■ボディカラー間違い

納車日が来てクルマを受け取りに行くと、注文したのと違う色のクルマが用意されていました。

「注文したものを用意しなおしてください。」と申し出たけれど、注文書に記入されたボディカラーが間違っていたため、ディーラーからは「申し訳ありませんが、この色で勘弁してください。」と言われました。

いかに確認が大切かを感じさせるトラブルです。

その後、注文書に書いてあるのだからと担当営業マンも店長も強気になり、クレーマー扱いされたそうです。


nosya_08

引用:https:/www.autoevolution.com/cars/smart-forfour-2014.html#agal_7

出展:https:/www.bengo4.com/c_8/c_1841/c_1869/b_23110/

■納車場所

楽しみに待っていた納車の日になり約束の時間がきたのに、クルマが届けられないから販売店に電話をしたら納車は自分で販売店まで取りに行かなくてはならないことになっていました。

営業マンは取りに来てもらうのが当たり前になっているのかも知れませんが、数年に一度しか買わない客は勘違いすることもあります。

嫌な思いをしないためにも細かいこともしっかり確認をとる必要がありますね。


nosya_09

引用:http://www.smart-magazine.com/en/smart-forfour-edition-crosstown/

出展:http://syachu.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-e6bc.html

■納車日がどんどん遅れる

めまぐるしく納車日が変更になっています。

8月下旬納車 節電のため生産ラインがおくれる
9月中旬納車 生産が追いつかないため延期
9月24日納車 ビルダーの生産ラインの都合のため延期
10月1日納車 間に合わないかもしれないとの連絡を受け、延期を前提に延期
10月8日納車 10月1日に間に合うとの連絡を受け、変更
10月1日納車 妻の仕事の都合で不可能に。
10月2日納車 ← いまココ。

納車日が確定しないと、保険の切り替えの手続きができません。
でも、もう変わることはないだろうと、保険の手続きを完了させました。

これも意外とありがちなトラブルです。

とはいえ1ヶ月以上も納車が遅れるとなると保険の切り替えなど手続き上、面倒を感じます。

災害や工場の火事などによっても納期は大きく影響を受けるので、クルマの購入だけは余裕をもって臨みたいですね。

nosya_10

引用:http://www.smart-magazine.com/en/veronika-heilbrunner-smart-brabus-tailormade/

出展:http://kcam-flyer.blog.so-net.ne.jp/2011-09-30

⇒ 新型スマートを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

新型スマート 納車時期情報まとめ

さて新型スマートの納車状況についてはまだまだ情報が少ないというのが実情ですが、同じ工場で作られているトゥインゴの納車時期については約半年ということですので、スマートもそのくらいはかかってくるでしょう。

ですが、これから販売台数を伸ばしていくと予測されるクルマだけに徐々に納期は短くなっていく傾向にあるのではないかと思います。

メルセデスの体制がしっかりしているので、見込み在庫車なども増やしていくのではないでしょうか。

ただしスマートはボディカラーのカスタマイズが多様ですので、かなり絞り込んだ在庫となるかもしれませんね。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク