新型メルセデスベンツ Bクラスの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?2019最新

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

新型メルセデスベンツBクラスのボディカラーは、どれもデザインを引き立てる素敵なカラーばかりです。

ここまで良いカラーが揃っていると何色にしようか迷ってしまいます。

このページでは、新型メルセデスベンツBクラスのボディカラーの紹介や、人気カラーの紹介をしていきます。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ Bクラスのボディカラー全色紹介

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

どんな車でも純正オプション選びと同じくらいボディカラー選びは悩むところではないでしょうか。

新型メルセデスベンツBクラスでは「9色」のボディカラーから選ぶことができます。

それぞれのボディカラーの特徴を紹介していきます。

【ジュピターレッド】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

ジュピターレッドは深みのあるレッドで、Bクラスのコンパクトなボディをよりスポーティに引き立ててくれる色合いです。

昔は、レッド系は女性が選ぶ傾向にあり、女性らしさを象徴する色だと言われておりました。

しかし、このジュピターレッドに関しては、男性に女性にも合うカラーとなっております。

女性が乗るとエレガントで魅惑がある印象を与え、男性が乗るとスポーティな印象を与えるカラーなのです。

レッドは太陽や炎など、熱く活発なイメージがして、エネルギッシュな感じもさせてくれるカラーです。

視界に飛び込みやすく、目を引きやすい色合いで印象に残りやすいです。

また、レッド系のカラーは汚れが目立ちやすそうですが、実際は意外と汚れが目立ちにくく肥日頃の洗車もそれほど大変ではありません。

そして、夜にジュピターレッドを見ると、朱色に見えるためより目を引きます。

【カルサイトホワイト】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

カルサイトホワイトは定番のカラーで、もしボディカラーに迷ったとしたら選んでおけば後悔がほぼないカラーだと言えます。

ホワイトはどんなデザインでも見事にマッチします。

光を反射し最も明るく感じるのがホワイトカラーで、内装のブラックをさらに引き立ててくれます。

カルサイトは「繁栄」「成功」「希望」をもたらすパワーストーンです。

カルサイトホワイトは新型メルセデスベンツBクラスのデザインを、上品な印象を与えると共に車体自体も大きく見せる効果があります。

カルサイトホワイトはソリッドカラーであり、ベンツのメタリックホワイトのトレンドカラーである「ダイアモンドホワイト」は残念ながらBクラスには設定がありません。

【コスモスブラック】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

コスモスブラックは深みがある色合いで、程よいメッキ調パーツとの組み合わせで、高級な印象を与えています。

定番色のひとつなので周囲の車に溶け込みやすく、カラー選びで迷った時に選択すれば特に後悔はしないカラーです。

目立たないので、派手なカラーが苦手な人には最適な色合いだと感じます。

ブラック系カラーをしたベンツは、どうしても威圧的な印象を与えてしまいがちです。

しかし、それを超えるほどカッコ良い印象もあるので、デザインを引き立てたいという場合も候補に入れても良いカラーだと感じます。

ブラック系のボディカラーは汚れが目立ちやすいので、コーティングをして定期的に洗車をすることで、美しいボディを維持することが可能です。

ただ、汚れが大変目立つカラーですし、そもそもベンツは、その存在だけでもかなり目立つので、汚れたボロボロのボディだと、色々な意味で余計に目立ってしまいます。

コスモスブラックも誰が乗っていても違和感がなく、サマになりやすいカラーです。

※オプションカラー:67,000円

【ポーラーシルバー】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

ポーラシルバーはベンツの定番のです。

マットでクールな感じが、安っぽさを感じさせません。

もちろん、Bクラスのデザインも影響していると思います。

基本的にはシルバーというのは、上品でおしゃれな印象を与え、乗っている人に対しては穏やかで控えめな印象を与えます。

ポーラシルバーはBクラスのデザインをクールに見せるカラーで、しかも周囲に溶け込みやすい色合いでもあります。

余り目立つようなカラーではないので、目立つボディカラーが苦手だという人におススメです。

選んでもそれほど後する色合いでもないように感じます。

また、汚れや傷が目立ちにくい明るいシルバーなので、洗車も大変楽だと言えます。

※オプションカラー:67,000円

【マウンテングレー】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

マウンテングレーもポーラシルバー同様にクールな印象を与えるカラーです。

このようなシルバーは汚れが目立ちにくいと思っている人は多いですが、実際に所有してみると結構汚れが目立ってしまします。

私が所有する車も同じドイツ車で、マウンテングレーと同じく濃いめのグレーなのですが、野外駐車場に置いていると残念ながら結構汚れが目立ちます。

なので、私の場合は年に2回のコーティングと定期的な洗車を心がけて、ボディを美しい状態に保たせています。

また、マウンテングレーも周囲の車に溶け込みやすいカラーなので、目立ちたくないという人にはピッタリの色合いです。

※オプションカラー:67,000円

【オリエントブラウン】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

オリエントブラウンは落ち着いた色合いをしています。

ただし、街ではあまり見かけないカラーなので、人と被りにくい個性的なカラーと言えます。

人と同じカラーの車に乗りたくないという人には、最適なカラーだと言えます。

また、ブラウンカラーは格式高い落ち着いた印象を与える他にも、木の幹や土の自然なものも連想させるナチュラルカラーでもあります。

実は、見ていても優しく人と包み込んでくれそうな、暖かさやぬくもりも感じさせます。

ブラウンカラーは格式の高さが感じられる、上品に感じるカラーです。

※オプションカラー:67,000円

【カバンサイトブルー】


引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

2017年7月に新しく追加されたカラーです。

カバンサイトブルーは深みのある濃いブルーですが、暗い場所に行くとブラックカラーにも見える不思議なカラーです。

ブルーが与えるスポーティな印象よりも、深みがあってクールな印象の方が強いです。

そして、メッキパーツがボディカラーをより一層引き立てて、高級な印象も与えています。

ブルーカラーは海や水などの自然を連想するため、ブルー系を嫌う人は少なく、意外にも好む人の方が多い色合いと言われております。

濃いめのブルーなので汚れが目立ちやすいので、定期的なお手入れが重要だと言えます。

※オプションカラー:67,000円

【エルバイトグリーン】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

新型メルセデスベンツBクラスには、おとなしい色合いのカラーしか無いのかと思えば、個性的な色合いもありました。

非常に珍しいカラーで新型メルセデスベンツBクラスとは感じさせない、遊び心満載のカラーだと感じます。

深みのあるグリーンは、これまでのベンツというイメージを、大きく覆す色合いで見ていて楽しいです。

正直な感想ですし、悪い意味ではないですが、カエルみたいに見えました。

※オプションカラー:67,000円

【キャニオンベージュ】

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

薄いブラウンカラーで、落ち着いた印象を持つカラーです。

街中ではほとんど見かけないカラーで、オシャレな感じがします。

カタログに掲載しているカラーとは違い、実際に見るとかっこ良いです。

個性的な色合いなので、目立つカラーが苦手な人にはおすすめできません。

光の当たり方で、ゴールドにも見える色合いをしていてキレイなカラーです。

※オプションカラー:67,000円

以上がBクラスに設定されるボディカラーです。


引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

ベンツの本国であるドイツでは「バイオレット」や、「サウスシーブルー」「グリーン」などもラインナップされています。

非常に残念なのですが日本での販売は、されていないようです。

ですが、受注生産での販売もしているようなので、日本で販売していないカラーを求めているなら注文するとよいでしょう。

ボディカラー選びで後悔しないように、じっくりと選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ Bクラスの人気カラーと好きなカラー選び

定番のカラーですが、Bクラスの人気カラーは、コスモスブラックとポーラーシルバーです。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

コスモスブラックは威圧的なカラーに見えがちですが、ベンツの高級感をしっかりと引き出してくれ、上品なすっきりとした色味になります。

ポーラーシルバーも様々な場面でそのその顔を活かせるカラーとなっております。

このボディカラーのベンツBクラスはよく目にするのではないでしょうか?

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ Bクラスのボディカラー選び

車のボディカラーを選ぶときは、リセールバリューも気になりませんか?

一般的にはホワイト系やブラック系などは、リセールバリューが高いと言われています。

リセールバリューを気にしないで個性的な色を決めようとしても、家族がいるなら反対される可能性がありますよね。

私も経験ありますが、カラー選びは中々思い通りには行かないものです。

好きなカラーを選ぶならウェルカムプランは最高!


引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

カラー選びに迷った際には、思い切ってウェルカムプランで買えば、最初から残価が設定されるので査定を気にする必要はありません。

残価はおおよそ設定した年数で、その車の価値を最初に決めるというものです。

たとえば、設定したのが5年なら、今から5年後に、購入したBクラスの5年後の価値を予め設定をしておくというものです。

ということは、売れる金額が先に決まっているので、後はルール通りに決められた走行距離を超えないように、使用していけば良いだけですね。

ウェルカムプランは毎月の支払いが楽になるというプランであり、さらに3年~5年おきに買い換えるという場合は最適なプランだと言えます。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ Bクラスのボディカラー全色紹介まとめ


引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

悩んだままボディカラーを選んでしまうと、買ってしまったあとから後悔をしてしまうことがあります。

「一体どうしてこの色を選んでしまったんだ」

そのようなことにならないためにも、ボディカラーは慎重に選んでいきたいものです。

やっぱり色が気に入らないと言う理由だけで、半年で車を買い換えてしまう人も世の中にはいます。

ボディカラーで迷ったらとりあえず、候補のカラーを3つに絞り込み、その中から選んでいくのが、後悔しにくい選び方かもしれません。

一番無難な選択は、ホワイト系やブラック系を選んだほうが良いですが、基本的には好きな色を選ぶのが一番最適であり後悔しにくいカラー選びだと言えます。

ですが、悩みに悩んだ末でも決まらないなら、ホワイト系やブラック系などを選んぶほうが後悔しないのは間違いありません。

はっきり言えば、ボディカラー選びで、「これが正解!」というものはありません。

なので、何色でも良いという場合は、ホワイト系やブラック系を選び、好きな色が複数あるなら、ある程度候補を絞って、最終的に自分で選んだほうが良いと言えます。

アイキャッチ引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/b-class/b-class-hatchback/explore/model-year-update.module.html

この記事を書いた人

ゆきちもの
家族で車で出かけることが好きなアラフォー2児の父親です。
趣味は筋トレと野球。プロテインが味方です。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク