新型メルセデスベンツ GLAの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデスベンツの新型GLAの色・カラーは何色あるでしょうか?

新型メルセデスベンツ GLAの色・カラーの情報や、人気のカラーをご紹介します。

color_01

引用:https:/www.edmunds.com/mercedes-benz/gla-class/2017/

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ GLAのボディカラー

2017年4月マイナーチェンジによってメルセデスのアイデンティティを、より一層色濃くした新型GLA。

「GLA 220 4MATIC」を新たにグレードに加え、キャニオンベージュなど3色の新色を追加しました。

標準カラーはジュピターレッドとカルサイトホワイトの2色で、有償カラーとして7色のメタリックが設定されています。

ではGLAに用意されたカラーを見ていきたいと思います。

【ジュピターレッド】

color_02

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

メルセデスではおなじみのレッドです。

深紅のようで、ほんのり朱色が入っているのが特徴で一目見てジュピターレッドだとわかります。

赤いクルマといえば女性を連想させますが、最近では男性でもジュピターレッドを選ばれる方がいるようです。

【カルサイトホワイト】

color_03

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

こちらもメルセデス定番のソリッドホワイトで、GLAではダイアモンドホワイトなど他の白の設定がないため、一番の人気カラーとなっています。

カルサイトとは石灰(calcit)を語源とする鉱石でパワーストーンとしてもよく知られています。

【コスモスブラック】

メーカーオプション:67,000円

color_04

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

ホワイトに次いで人気の高いコスモスブラックはソリッドに見えますが若干のメタリックが入っているようです。

GLAの場合はブラックでもデザイン形状のせいなのか、ボディが大きく見え、どちらかと言えば迫力があってSUVらしさが際立っている様に見えます。

洗車に手間がかかる分、磨き上げられたコスモスブラックのGLAはカッコいいですね。

【エルバイトグリーン】

メーカーオプション:67,000円

color_05

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

Aクラスの専用外装色がGLAにも追加されることになりました。

グリーンといえばアストンマーチンやジャガー、MINIをイメージするのですが、このエルバイトグリーンというカラーもとても魅力的なグリーンで以前からあったかのように見るほどに自然に見えてきます。

エルバイトとはメルセデスお得意の鉱石の名前でトルマリンの中でもリチウムを主成分とするものをいいます。

エルバイト鉱石を見るとイメージ通りのカラーでした。

color_06

引用:http://www.anahitastones.com/earth/2011/12/82.html

【ポーラーシルバー】

メーカーオプション:67,000円

color_07

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

ポーラーシルバーもメルセデス定番の飽きの来ないカラーです。

汚れや洗車キズが目立ちにくい、ドイツのナショナルカラーなのですが、若い人には「おじさんぽい色」といった印象があるようですね。

ところがモデルがかわると随分と印象が違ってきます。

GLAのシルバーはおじさんぽくなく上質さが表現されているようです。

【マウンテングレー】

メーカーオプション:67,000円

color_08

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

SUVのマウンテングレーはとにかくクールで渋いです。

少々の泥はねさえ似合ってしまうような無骨さとマシーンナリーな力強さが感じられます。

【カバンサイトブルー】

メーカーオプション:67,000円

color_09

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

カバンサイトもパワーストーンです。

こうしてみるとけっこうな数のネーミングが鉱石からきていますね。

カバンサイトブルーは日本では、なかなか現車を見ることが難しいのかも知れませんが、一瞬ブラックに見えるような落ち着いたブルーです。

ブラックに飽きてきた方にはちょうどいいのではないでしょうか。

color_10

引用:http://www.autoworldnews.com/articles/27530/20170123/mercedes-benz-gla-2017-hinting-new-generation-gla-crossover.htm

【キャニオンベージュ】

メーカーオプション:67,000円

color_11

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

キャニオンとは谷、渓谷を意味しますので、文字通りグランドキャニオンなどのイメージでしょうか。

新鮮でとてもいいカラーです。

太陽光の下ではもう少しゴールドが強くみえ、SUVのたくましさのようなものが感じられます。

color_12

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

【オリエントブラウン】

メーカーオプション:67,000円

color_13

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

オリエントブラウンも現車を見ないことには、イメージのわかないカラーです。

もっともGLAのキャラクターを表現した色だともいわれていますが、他の写真では確かに重厚さのある濃いブラウンのようです。

color_14

引用:http://blog.goo.ne.jp/ilponte26/e/25b106978c08a6f703a255b04063b469

新型GLAのカラーラインナップはいかがでしたでしょうか。

2色のソリッドカラーに7色のメタリックペイント、どれをとっても魅力的なカラーでした。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ GLAのシートカラー

GLA180とGLA220 4MATICに用意されているシートカラーは標準装備のブラック(レザーツイン)のみとなっています。

color_15

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

GLA180のインテリアトリムはハニカムデザインです。

color_19

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

GLA250 4MATIC(受注生産)ではブラック(レザーARITICO)が装着されます。

color_17

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

インテリアトリムはブロックデザインアルミニウムで上質感が高くなっています。

GLA220 4MATICにもブロックデザインアルミニウムが採用されています。

color_18

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

Mercedes-AMG GLA250 4MATICではブラック(本革+レッドステッチ)です。

color_16

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

インテリアトリムはAMGデザインです。

color_20

引用:http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/gla/

⇒ 新型メルセデスベンツ GLAを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ GLAの色・カラー紹介まとめ

GLAもAクラス、Bクラス同様に若い世代に向け、新しいメルセデスユーザーを増やしていく役割をもっています。

そのためカラー設定もSクラスなどのバリエーションとは全く異なり、遊び心のあるものとなっているようですね。

例えば新色設定された「キャニオンベージュ」など、とても若々しいイメージになっています。

SUVなのだから、これくらいの個性があってもいいのではないかと思います。

color_21

引用:http://www.carmagazine.co.uk/car-reviews/mercedes-benz/mercedes-benz-gla-2017-review/

さて新型GLAのボディカラーは決まりましたでしょうか。

ディーラーの営業マンによると、やはりカラーで悩まれる方は本当に多いのだとか。

ですがほとんどの場合、最終的にはブラック、ホワイトとなるそうですね。

また現車が近くになくて確認できないなどの事情がある場合、家族旅行をかねて現車の展示がある遠方のディーラーまで行くこともあるそうです。

現車の確認が家族旅行のついでなのかもしれませんが、そこまでしてちゃんと見ておきたい気持ちはとてもよくわかりますし、その方が後悔がなくていいでしょう。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク