ベンツGLEの試乗レビュー情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデス・ベンツのSUVの歴史は長く、軍用などにも採用されているほどの実績があります。

ゲレンデヴァーゲンと言われているクラスですが、そのGの名前をシティ肌に変換したのがこのGLクラスになります。

今回はGLEの魅力や乗り味を掘り下げてみましょう。

GLE試乗してわかった良い点

image.MQ6.0.20171205080020

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gle/gle-suv/explore/gle-catalogues-errata.module.html

GLEは同じくメルセデス・ベンツから販売されていた、Mクラスの後継車という位置付けになっております。

メルセデス・ベンツは近年、車のクラスを表すアルファベットの棚卸しのように行い、Mクラスでは2015年以降から、M→GLEになりました。

ちなみにGはドイツ語のゲレンデヴァーゲンで頭文字で、Lはラグジュアリーの頭文字になります。

また末尾の頭文字は車のサイズを表しており、このGLクラスにはGLAやGLC、GLSがあり、その中の一台、GLEということになります。

そんなGLEの良い点を見ていきましょう。

ドイツ車らしい走り

mercedes-benz-1036354_640

ベタなタイトルですが、メルセデス・ベンツの走りはどこの国にも真似できない走りとなっております。

地面を掴んだら離さない接地感や、ハンドルを切った分だけ曲がる作りはメルセデス・ベンツならではです。

例えば、日本車のSUVの特徴でもある、雲の上を乗っているような乗り味や地面のショックを本当に上手にいなす作りも素晴らしいく、この乗り味はドイツ車には真似のできない柔らかさですが、ある意味、その対極とも言える乗り味です。

だからと言って、GLEは地面からの突き上げがあるのかと言いますと、ほとんどなく、車のショック吸収と、シートの程よい硬さの合わせこみが本当によく出来ており、上質な乗り心地を提供してくれます。

先ほども触れましたが、メルセデス・ベンツはオフロード車としての歴史がとても長いので、GLEはセダンのように乗れる車に仕上がっております。

オフロード車は元々、悪路を走破するために開発された車ですが、最近のSUVは街中でも走れるように開発されており、使い勝手良く改良されております。

GLEもその一台に仕上がっており、機能的な走りなので、誰が運転しても安全に車を動かすことができる性能、そして、トルクの太い力強い走りを体感することができます。

mercedes-benz-1036353_640

SUVなのに、セダンのような乗り味なのですが、トルクの太い走りはまさにSUV、視線が高いので、見渡しがいいので、加速していて気持ちいい、SUVだったことを思い出しながらも、カーブに進入すると、セダンのように綺麗な弧を頭に描きながら気持ち良く曲がれる、良い意味で期待を裏切ってくれる車です。

デザインの恩恵により走りや静粛性がアップ

mercedes-benz-1036359_640

最近のメルセデス・ベンツのデザインは同じようなフロント/リアデザインになっており、同じようなデザインばかりで違いがわからない、という声が聞かれますが、実はそれにはしっかりと意味があります。

メルセデス・ベンツは非常に空力に関しての研究を行っており、その高さは世界一と言われているほどになります。

車の静粛性や走行性能はこの空力デザインに大きく依存し、Sクラスから始まり、GLE然り、現在のメルセデス・ベンツはこのような丸みを帯びたフロントデザインがほぼ全モデルにも採用されています。

正面から受けた空気の流れを渦を巻かずに、しっかりとリアに流してあげるだけでも最高速度が変わってきますし、風切り音などの音量も変わってきます。

また何より、乗り味に大きな変化があり、例えば雨風の強い日など、風の影響を受けやすい日や場所などで特に安全に運転することができます。

しっかりと風を流せるボディは、安心した走りを提供できますし、運転者はもちろん、同乗者も安心して乗ることができます。

なので、メルセデス・ベンツはどのクラスでも同じ走りを提供するようにどのクラスにもこのデザインが採用されているわけで、ドイツ車のモノづくり理念でもある、機能的なデザインを取り入れた結果でもあるのです。

GLEの悪い点

mercedes-benz-1036355_640

では続いて、GLEの悪い点を見ていきましょう。

悪い点と言うよりも、気になる点と言い換えたほうが正しいかもしれませんが、その辺りを試乗を通して見えてきた部分を掘り下げていきましょう。

雲のような乗り味は無い

motorcycle-2475692_640

この辺りの話は好き嫌いの話ではありますが、ドイツ車は良い意味で硬い走りです。

この題のように、日本車のSUVのような乗り味はGLEにはなく、わかりやすく分けると、上質で硬い走りがドイツのSUVで、上質で柔らかい走りが日本のSUVという感じです。

SUVというカテゴリーでも、国によってここまでの違いが生まれるのも楽しい面ですが、日本車のような柔らかい上質な走りは、車の走り出しの時や運転時の緊張感などにも影響がありますので、好みの問題になってきます。

他のクラスと見た目が似ている

car-2359573_640

先ほど、メルセデス・ベンツは機能的なデザインを空気抵抗の関係上、全てのクラスにおいて同じようなフロント/リアデザインが採用されていますが、やはりどうしてもこのデザインが気に入らない、と言う声もありました。

上記の画像はGLEの下のクラスでもある、GLCの画像ですが、確かに、車にある程度詳しくないと見分けがつかないデザインとなっており、パッと見では見分けが付きづらいです。

このデザイン性は女性から聞かれることが多かったです。

しかし、補足ではありますが、メルセデス・ベンツに限らず、また車以外でも言えますが、ドイツの製品には性別を分けるようなデザインというのは存在しない、と言えるほどありません。

日本車は可愛らいしい車やかっこいい車と性別を分けるデザインがされていますが、ドイツ車はこのような車作りは一切せず、車の本質を見極めた機能的なデザインを行いますので、モデル全てに機能的なものを盛り込みますので、同じようなデザインになってしまうのです。

ナビ操作には少々慣れが必要

mercedes-benz-1470151_640

メルセデス・ベンツのナビゲーションのインターフェイスの名前はCOMANDシステムと言いますが、こちらの操作は正直、試乗の間で使いこなすのには時間が掛かります。

GLEクラス以外の車種に乗っていた、また過去に少しだけCOMANDシステムを触ったことがある人は問題ないでしょうが、初めて触る人は戸惑うことが多いでしょう。

ナビ操作はダイアル操作とタッチパッドの両方で操作できるので、どのようにカーソルが動くのかなどのギミックにも慣れが必要になってきます。

慣れてしまえば、問題ないのですが慣れるまでは正直、使いづらい、と感じる人も多いです。

機能的ものを追求している車ですが、このCOMANDシステムはまだまだ改善の余地があると感じました。

試乗してのGLEの総評は?

mercedes-benz-1036360_640

正直なところ、この車には悪いところは無い、と言えてしまうでしょう。

手放しでドイツ車を褒めちぎるのはあまり好きでは無いですが、メルセデス・ベンツはこのSUVというクラスにとても力を入れていることを感じることができました。

近年、SUVというジャンルが人気になり、音楽のジャンルのように既存のジャンルをアレンジして、その魅力を再発見をしたとも言えるのが、このSUVジャンルになります。

メルセデス・ベンツはいち早く、この新たなSUVを開発して、市場にGLAやGLCといった車を続々投入しました。

この二つはコンパクトSUVというジャンルですが、SUVのデザイン性をしっかりと残しつつ、コンパクトカーには無い車高の高さで居住性をアップさせ、また意外と嬉しいのが車高が高くなることで、乗り降りがしやすくなったのが、このSUVの良さでもあります。

先ほども少しだけ触れましたが、GLEは元々Mクラスというもので、アメリカ市場をターゲットにした車種でした。

そこからSUVの可能性や市場を広げるために、GLEという改名を行い、時代に合わせたデザインと使い勝手の良い車にして、より上質なものへとアップグレードさせました。

セダンに乗っていた方にGLEがおすすめ

tea-2005492_640

GLEはSUVというジャンルですが、見た目以上に洗練された走りと上質さを持ち合わせています。

セダンに変わるほどの性能を持っているGLEは、セダンよりも使い勝手が良く、ファッショナブルに乗りたい、セダンよりも積載能力を求めたい人にオススメの車です。

またセダンに乗っていなかった人にも、もちろんオススメで車高が高いので視線を高く運転できるので、少々大きなボディですが、慣れてしまえば問題なく乗りこなせる車でしょう。

当然、SUVとしての機能もしっかりと持ち合わせておりますし、自動ブレーキやインテリジェントライトなどの安全装備もしっかりと搭載されていますし、べGLE以外にも搭載されていますが、走行モードの変更を行うことができます。

mercedes-benz-1036356_640

サスペンションの硬さやステアリングの重さなどがモードによって変わり、GLEはSUVながらもスポーティーな走りの設定も可能になります。

実はこの走行モードの変更は技術の発展により、可能になったことで、瞬時に車の性能を変えられてしまうのは一昔前までの車では考えられなかったことです。

なのでGLEなどのSUVでもセダンらしい走りから、スポーティーな走りまで実現可能となりました。

またGLEはセダンのEクラスのSUVというイメージが強いので、内装などの上質さはEクラス譲りですので、がっかりすることはまず無いでしょう。

現在メルセデス・ベンツに乗っている人、またはこれからメルセデス・ベンツに乗ってみたい、または検討している人など、多くの方にオススメできる車なので、最寄りのディーラーに問い合わせて、試乗してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

うぐいす
車のことをよりよく知って、シェアして、ハッピーでアクティブなカーライフを目指そう。車も備えあれば憂いなしです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1