東京モーターショー2017にて、レクサスブースレポートまとめ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2017年10月27日から11月5日に千葉県幕張メッセで開催された東京モーターショーでは国内外の自動車メーカー各社から、未来を意識したコンセプトカーや近々に市場投入されそうなクルマなど、様々なクルマが出展されました。

その中から今回はトヨタとは一線を画したコンセプトを持つ高級車ブランドレクサスの動向についてお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

東京モーターショー2017:LT+Concept

自動運転の実用化を見据えたフラッグシップコンセプトカーとしてレクサスから出展されたクルマがLT+Conceptです。

フラッグシップセダンLSの将来像を示唆し、最先端技術を搭載したクルマになっています。

先進的かつ威厳のあるデザイン、2020年の実用化を見据えた自動運転技術の搭載など、レクサスの先見性を象徴するモデルとして開発されています。

レクサスお得意のスピンドルグリルが採用されていて、一見市販車の延長線上に位置するように感じるかもしれませんが、未来のクルマとしてありとあらゆる最新技術が採用されていますので、中身は全くの別物です。

非常にスタイリッシュなエクステリアで、非常におしゃれな感じがします。

LT+ConceptLT+Concept

引用:http://www.tokyo-motorshow.com/gallery/photo/01_190_Lexus/index001.html

LT+Concept2LT+Concept

引用:http://www.tokyo-motorshow.com/gallery/photo/01_190_Lexus/index001.html

スポンサーリンク

東京モーターショー2017:LS 500h

今回のモーターショーでは、2017年10月19日にフルモデルチェンジされた、新型レクサスLS500hが出展されました。

エクステリアはGA-Lプラットフォームを採用し、斬新なクーペシルエットに変貌しています。

また、インテリアはドアトリムの加飾が職人の技により先進的かつ独創的になっています。

また、ステアリングやシフトノブがエレガントな仕立てになっています。

さらに予防安全パッケージ「Lexus Safety System + A」を搭載していますので、これまで以上に安全に運転を楽しむことができるスペックへと進化を遂げています。

LS 500hLS 500h

引用:https:/lexus.jp/news/1710fair/

スポンサーリンク

東京モーターショー2017:GS F/RC F

LEXUSのスポーツモデルFは2007年にIS Fを発売して以降、「走りを楽しみたい人なら誰でも、運転スキルに関係なく笑顔になれるスポーツカー」を開発テーマとし、レクサスのスポーツイメージをけん引してきました。

F誕生10周年を記念した今回発表の特別仕様車は、操縦安定性を向上するパフォーマンスダンパーや、軽量チタンマフラーを特別装備し、Fの持ち味である走行性能をより高いレベルで実現しています。

外装部品にはCFRPを採用していますので、よりスポーティなイメージを強調しています。

また、エクステリアをマットグレーとし、インテリアはFのシンボルカラーであるヒートブルーをアクセントとした特別色とするなど、個性を際立たせたものになっています。

2018年春頃に全国のレクサス販売店を通じてGS F、RC Fの特別仕様車を台数限定で発売する予定とのことです。

GSFGS F

引用:https:/matome.response.jp/articles/958

RC FRC F

引用:https:/matome.response.jp/articles/958

東京モーターショー2017:LX

レクサスではSUVについても市販モデルのLX570が出展されていました。

特にモーターショーのために特別な仕様が施されたものではなかったのですが、高級ブランドレクサスの完成度の高さをうかがい知ることができます。

非常にごついつくりのLX570ですが、単にヘビーユーザー向けのクルマというわけではなく、非常に高級感のあるつくりになっています。

LXLX

引用:https:/www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9+LX+%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC&tbm=isch&source=iu&pf=m&ictx=1&fir=xEUBN3c-fNPPnM%253A%252CJAQZ9VQPpZ7NYM%252C_&usg=__6Ek4gFFd6m-Q4-z0MjCN6Tjd9c8%3D&sa=X&ved=0ahUKEwiWjrXZ2bXXAhWDurwKHXD5ArUQ9QEIKDAA#imgrc=wxsvpM69hiilKM:

東京モーターショー2017:IS

今回のモーターショーでは、市販車の出店が目立ったレクサスですが、ISもその中の1台として出展されていました。

特別仕様での出展ではありませんでしたが、レクサスの高級感は他のブースとは一線を画した雰囲気が漂っていました。

完成度の高いクルマをラインナップしているレクサスだけに、レクサスはあえてモーターショーに焦点を絞る必要がないのかもしれません。

ISIS

引用:https:/www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9IS+%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC&tbm=isch&source=iu&pf=m&ictx=1&fir=gCQlMrv4sretWM%253A%252CkGuJ7CpFKwMZwM%252C_&usg=__GoYMw1DMel-0d2dNhdQgr_mSqHg%3D&sa=X&ved=0ahUKEwi1_-iQ27XXAhWKUbwKHbJbA2EQ9QEIOTAD#imgrc=f8lGrIEzv-QGsM:

スポンサーリンク

東京モーターショー2017:レクサスブースまとめ

レクサスでは未来を見据えたコンセプトカーよりも、市販車に重きを置いているようで、通常のレクサスのショールームのような雰囲気でした。

トヨタとの棲み分けがしっかりとできており、購入意欲を掻き立てるような、拡販を狙った、他社とは異なる目的の展示になっていたのが特徴的でした。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク