デリカD5の新型の内装に迫る!シートや色 パーツについても大紹介

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

MITSUBISHIのロングセラーミニバンであるデリカD5。

50年を超えるデリカの歴史を受け継いでいるデリカD5は、2019年にビッグマイナーチェンジをしますね。

今回は、そんな新型デリカD5の内装に着目していきます。

シートや内装色、内装パーツを要チェックですよ!

スポンサーリンク

デリカD5新型の内装シート!

デリカD5新型のシート構成は7人乗りと8人乗り

デリカD5にはシートとして、7人乗りシート8人乗りシートがあります。

どちらのシートも、3列になっているというのは変わらないのですが、7人乗りシートの方は2,2,3、8人乗りシートの方は2,3,3のシート構成になっています。

7人乗りでも8人乗りでもデリカD5のサイズは変わらないので、7人乗りシートの方がシートが分かれていて、とてもゆったりとしたスペースが確保されてますね。

画像で確認してみましょう。

7人乗りシート

スクリーンショット 2019-01-08 9.15.01

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/grade/standard01/

8人乗りシート

スクリーンショット 2019-01-08 9.14.44

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/grade/standard03/

こうやってみると、やっぱりシートが分かれている方がゆったりとした印象を受けますね。

シートのどちらのサイドにも肘掛けがついているというのもgood!

8人乗りシートの方も、8人乗れるというのは大きなメリットです。

用途によって必要な人数だったりが違うと思うので、自分の状況としっかり合わせて下さいね。

デリカD5新型のさまざまなシートアレンジ

デリカD5の3列シートはアレンジによって、さまざまな用途に対応してくれます。

デリカD5のシートアレンジについて詳しくみていきましょう。

ここで使用している画像はビッグマイナーチェンジ以前のデリカD5のものになっていますが、シートアレンジに関しては変更がされないので、新型のデリカD5についても同様に出来ますよ。

デリカD5新型の8人乗り

・フルフラットuti01_im_08

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

8人乗りシートの2列目と3列目を完全に倒すことによってベッドのような形にすることができます。

ミニバンの車内長の長さを活かして、広々とした空間を作り出していますね。

マットとかを少し用意するだけで、簡単に車中泊もできるでしょう。

uti01_im_09

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

1列目と2列目でフラットを作ることも可能です。

長距離運転で少し疲れたなって時に、ちょっとした休憩を取る場合なんかに便利ですね。

・デリカD5の最大積載uti01_im_06

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

とにかく物を積むことに特化したシートアレンジになっていますね。

2名しか乗車できませんが、多種多様な荷物を問題なく載せることができますね。

デリカD5新型の7人乗り

uti01_im_11

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

7人乗りシートの2列目は、左右に分かれているキャプテンシートになっています。

そのため、3列目をチップアップすることで、サーフボードのような長い物も簡単に入れられますね。

左右別々のチップアップが可能なことにより、本当にさまざまなシートアレンジをすることができます。

ここで紹介したシートアレンジ以外でも、考え方次第でもっと作れると思います。

あなたの状況に合わせたシートアレンジができるというのもデリカD5の魅力の1つですね。

デリカD5新型のシートは質感にもこだわりが

デリカD5の新型は、ビッグマイナーチェンジによってシートの質感のUPも行われていますね。

デリカD5のシートにつかわれている材質は2種類です。

その2種類というのが、ファブリックシートレザーシートです。

車に乗っているときには、常に座っていることになるシートの質感はとても大切ですよね。

1つ目の素材であるファブリックは、シートとしてはスタンダードな車のシートによく使用されている素材となっています。

ファブリックという素材のメリットとしては

・耐久性がとても高い

・通気性が良い

・比較的安価である

といったことが挙げられます。

新型のデリカD5のファブリックシートには、起毛調生地を採用することにより肌触りの良さを向上させています。

やっぱり触った時の感覚って重要ですね。

2つ目の素材のレザーは、誰もが知っていると思います。

少し高級な上位素材ですね。

新型のデリカD5でも上位グレードのメーカーオプションという位置付けになっています。

レザーシートの特徴は、何と言ってもその質感ですね。

本革を使ったシートの手触りや座ったときの満足感はファブリックシートのものとは一線を画すると言えるでしょう。

追加料金は確かにかかります。

ただ、質感を求めているのであれば、その金額以上の価値を得られると思いますよ。

新型デリカD5のグレードのうち、

G-Power Package、 Pにメーカーオプション

Gにメーカーセットオプション

となっています。

スポンサーリンク

デリカD5新型の内装色

続いては、デリカD5新型の内装の色をみていきましょう。

ビッグマイナーチェンジ後の新型デリカD5の内装色はベージュ内装とブラック内装の2種類となっています。

・ブラック内装スクリーンショット 2019-01-08 9.25.21

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/grade/standard02/

・ベージュ内装スクリーンショット 2019-01-08 9.15.01

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/grade/standard01/

デリカD5の内装の色はどちらも、基本的なコンセプトとしては落ち着いた雰囲気の内装色って感じですね。

デリカD5の中で攻めてる感じの内装ってどんな感じかと言われれば、以前販売されていた特別仕様車のアクティブギアでしょう。

pic_7 (1)

引用元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

オレンジをコンセプトとしたこのアクティブギアの内装は、その名の通りアクティブな印象を与えてくれます。

とても人気だった特別仕様車ですので、新型のデリカD5にもいずれ出てくると思いますね。

新型のデリカD5の内装色に戻りましょう。

まずは定番中の定番の内装色であるブラック内装です。

あなたがこれまで乗ってきた車のうちで、そのほとんどがブラック内装だったのではないでしょうか?

多くの人に選ばれる定番ということで、選ばれるだけの理由があります。

デリカD5は床の部分はブラックで固定されているので、ブラックの内装色は統一感が相当出ますよ。

次のベージュ内装は、明るいエレガントな印象を与えつつも、落ち着いた雰囲気も併せ持つ内装色になっていると言えますね。

デリカD5の雰囲気を崩すことなく、定番の色以外を選択したいというにはとてもぴったりな色になっているでしょう。

【こちらの記事も読まれています】

>>デリカD5をカスタム!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デリカD5新型の便利な内装パーツ

デリカD5の内装にはまだまだ工夫があります。

そんな中でも、便利だったり、素晴らしいデザインの内装パーツについてご紹介していきます。

・パネル

新型デリカD5のパネルには2種類あります。

サバ杢

section-03-type-img-1

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

バール杢

section-03-type-img-21

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

サバ杢は茶色を基調とした色で、バール杢は青を基調とした色になっていますね。

サバ杢の方は自然な力強さを、バール杢の方は洗練された品格の高さを演出してくれています。

このパネルのどちらを選ぶかでも内装の雰囲気はガラリと変わりますね。

・本革巻きシフトレバーsection-05-img (1)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

シフトレバーって運転中に握るものですよね。

よく触るそんなパーツの質感がとても良いと嬉しいのではないでしょうか?

シフトレバーに本革を採用することで、手にしっとりと馴染む、気持ちのいい質感を取り入れています。

・インストルメントパネル

181122_delicad5-interior-01

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

内装の顔とも言えるコックピットのインストルメントパネルです。

デリカD5の新型デザインでは水平基調のHorizontal Axisを採用することで、美しく整えられていますね。

・リラックスルームイルミネーション

uti04_im_02

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

デリカD5のリラックスルームイルミネーションはLEDの間接照明になっています。

ベージュの内装では白色のLEDを、ブラックの内装では青色のLEDをそれぞれ用いています。

それぞれの内装にぴったりの雰囲気のカラーのLEDが選択されています。

ベージュ内装にはエレガントさを、ブラック内装にはクールさを追加しているといった感じですね。

いかがでしたでしょうか?

車の内装というのは、ユーザーである私たちが相当重要視するポイントであるということで、メーカー側も相当力を入れているので、車ごとに細かなこだわりを見つけられると思います。

新型のデリカD5にぜひ乗ってみてくださいね。

アイキャッチ画像URL:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/standard/

この記事を書いた人

kk。
車の情報サイトを展開中です。

いろいろな車のコンテンツが充実しています。

1記事だけでは伝えられないこともたくさん紹介しています。

ぜひ他の記事も見ていって下さいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク