ランドローバーディスカバリーの試乗レビュー情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ランドローバーの中核車であるランドローバーディスカバリーは、世界的にオフロードの名車として知られていますが、最新モデルの乗り心地が気になります。

人気のSUV車ということで多くの試乗レポートを見ることが出来ますが、今回はランドローバーディスカバリーの試乗評価についてまとめます。

また、試乗時に確認すべきポイントも合わせてご紹介します。

ランドローバーディスカバリー試乗レポートについて

ディスカバリ1

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

ますは試乗レポートとはどういったものなのかと、ランドローバーディスカバリーの試乗レポートから多く挙げられる特徴についてご紹介します。

試乗レポートとは

ディスカバリ3

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

試乗レポートとは、基本的にはクルマの専門家や評論家が、デザインや質感と合わせてクルマの走行性能や居住性などを様々な角度から解説し紹介することを意味します。

クルマはカタログだけでは把握しづらいポイントが沢山あります。

そんな分かりづらいポイントを、公平な目線で紹介してくれる試乗レポートは、クルマの購入を検討する上で、非常に参考になるコンテンツです。

また近年では、車種に特化したブログサイトや、クルマのユーザーからの声を集めたレビューサイトなど、ユーザーの意見を反映できる環境もあるため、ユーザー目線での試乗レポートもたくさんチェックすることができます。

試乗レポートの内容をチェックすると、やはりプロの細かい部分を見る点にはかないませんが、普段の走行シーンが共感できるものが多く、より日常で使用する際のメリット・デメリットが把握しやすい特徴があります。

クルマはそれぞれのユーザーで求めるポイントが違うため、全ての人が100%素晴らしいと感じることは、まずないと考えてよいでしょう。

素晴らしいクルマだと思って購入しても、実際に普段使用して見た時に初めて気づくデメリットという点も指摘されます。

購入後の後悔を回避できる一つの手段として、試乗レポートの内容を把握するとよいでしょう。

ランドローバーディスカバリーの試乗レポート

ディスカバリ8

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

伝統的に耐久性の強いボディと、どっしりとした安定感のある走行性能が特徴のランドローバーディスカバリーですが、2018年11月に発表された2019年モデルでも、多くの試乗レポートを見る限り、その特徴は継承されているようです。

さらに特筆すべきポイントとして、多くの試乗レポートで安全機能の充実が挙げられています。

先進的かつ実用性の高い、下記などの安全装備が標準搭載されることで、安全性能はさらに向上しています。

ランドローバーディスカバリーに標準装備されている安全装備

  • レーンキープアシスト
  • エマージェンシーブレーキ
  • 360度パーキングエイド
  • サラウンドカメラ
  • アダプティブクルーズコントロール
  • ブラインドスポットアシスト
  • パークアシスト

安全装備は走行時の事故を回避するためだけではなく、運転操作の向上にも役立ちます。

ランドローバーディスカバリーを始めとするSUV車は、車体が大きく背が高いため、運転が苦手な方には取り回しが少し不便なデメリットがありました。

しかし、運転操作をサポートする安全装備により、狭い道や駐車場での取り回しも非常に楽になった印象が強いということです。

ランドローバーディスカバリーの試乗評価は?

ディスカバリ4

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

続いては、一般ユーザーがランドローバーディスカバリーへの試乗を行って感じた、良い評価と悪い評価をそれぞれご紹介します。

ランドローバーディスカバリーの良い評価

ディスカバリ5

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

一般ユーザーも、サイズ感からは想像しづらい運転のしやすさを特徴として多く挙げていました。

安全装備だけでなく、視認性の高さもポイントとなったようでした。

そして走りに関しては、安定感を一押しする声が多かったです。

直進時の安定感もさることながら、カーブでも背の高いクルマ特有のふらつきが少なかったことを体感し、驚いている様子でした。

ランドローバーディスカバリーには、カーブを曲がるときに外側へふくらんだり、内側へ巻き込んだりする挙動を防止して、安定した走行をサポートする横滑り防止装置が搭載されています。

街乗りや高速走行でも、このような安定感は存分に体感できるようです。

また、室内の質感も非常に高く、快適なドライブが楽しめそうという意見も多く見られました。

シートはやや硬さはあるものの疲れにくい座り心地で、運転席と助手席シートは、前後・リクライニング・高さの調整が可能です。

そして、広い室内空間を確保しているので、ドライバーだけでなく同乗者も楽しめる雰囲気だと感じたようです。

海外メーカーのクルマは大柄にボディサイズにも関わらず、室内設計がアバウトになりがちな傾向にありますが、ランドローバーディスカバリーは広さが持つ快適性だけでなく、レジャーなどでも十分に役立つ、収納や荷室などの多機能性も特徴です。

ランドローバーディスカバリーの悪い評価

ディスカバリ10

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

一方で、ランドローバーディスカバリーについて、もう少し改善して欲しいポイントとして多く挙がっていた意見をご紹介します。

まず、一番多かった意見として、加速性能についてです。

ランドローバーディスカバリーについては、安定感のある走りが際立ちますが、発進時や高速の合流時には、思ったよりアクセルレスポンスがなかったという声もありました。

信号待ちでストップ&ゴーが多い街乗りのシーンでは、空いている時の発進時などに少しストレスを感じるかもしれないという意見も見受けられました。

ランドローバーディスカバリーはガソリン車とディーゼル車で、それぞれ違うエンジンが搭載されていますが、特にディーゼル車を試乗した方にこの意見は多かったです。

また、ランドローバーディスカバリーはその大きな車体から乗り降りが少ししづらい点も指摘されています。

シートが高いのか、特に女性や子どもがランドローバーディスカバリーに乗る際には、よじ登るような感じにも見えるようです。

快適性や走行時の安定感が際立つランドローバーディスカバリーですが、ユーザーによってはこうしたデメリットも感じられるようです。

試乗評価には、それぞれのユーザーが感じたことが素直に反映されます。

悪い評価もネガティブにとらえずに参考にしましょう。

ランドローバーディスカバリーの試乗時にチェックしたいポイント

ディスカバリ2

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

最後にランドローバーディスカバリーの試乗時に特に重点的にチェックしたポイントをご紹介します。

ランドローバーディスカバリーの内・外装を確認

ディスカバリ7

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

まずは試乗をする前に、ランドローバーディスカバリーの大きさや広さを体感しましょう。

今乗っているクルマとどのくらいギャップがあるのか把握をすることで、運転時の感覚や居住性を比較することができます。

そして室内の広さは、出来るだけ各座席に座り、横幅だけでなく天井の高さも確認しましょう。

ランドローバーディスカバリーは申し分ない広さだと言えますが、万が一窮屈に感じるのであれば、長距離ドライブの際に疲れが出てしまいます。

そしてSUVは車幅も重要になってきますので、サイズの全く違うクルマから乗り換える場合は、一般道の走行以外にも、ディーラーの駐車場などで実際に駐車してことをオススメします。

ランドローバーディスカバリーの運転のしやすさ

ディスカバリ9

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

ランドローバーディスカバリーのサイズ感を確認し終えたら、いよいよ試乗という流れになりますが、実際にチェックする項目は多岐に渡ります。

運転にまつわる項目だけでも、走行性能・加速性能・ハンドルの操作性・さらに視認性や安全性能など、じっくり調べようと思うと時間が必要になります。

平均的にディーラーで試乗できる1回の時間は、20分~30分程度と言われています。

もし、その一度でランドローバーディスカバリーの走行性能について全部把握をできないのであれば、遠慮なく再訪しましょう。

試乗は、複数回行うことももちろん可能です。

サイズ感や内装は一度見ただけでも把握がしやすいですが、運転のしやすさは感覚的な要素も入るために、試乗時のシチュエーションが変わるだけでも、違った印象となります。

特に、雨や夜などの視界が悪くなる時に、運転がしやすいかどうかというのは非常に重要です。

運転に関するチェックは怠らずに、しっかりランドローバーディスカバリーの特徴を掴みましょう。

ランドローバーディスカバリーの試乗についてまとめ

ディスカバリ6

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/30627

今回は、今回はランドローバーディスカバリーの試乗評価についてまとめました。

専門家やユーザーの試乗レポートは、良い部分も悪い部分もしっかり反映されるので、試乗に行く前に参考にすると良いでしょう。

そして、購入する前のギャップを防ぐために、しっかり確認したいことを準備してランドローバーディスカバリーの試乗に臨みましょう。

この記事を書いた人

オノケン
車が大好きで新車が出るたびに試乗に行っちゃいます。
自分の感じたことを皆さんに伝えていきたいと思います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1