ダイハツトールの値段・価格を紹介!気になるグレードの違いを調査

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツのトールは、コンパクトサイズのトールワゴンとして、軽自動車から乗り換えられる方を中心に人気を集めている1台です。

トヨタ、スバルにOEM供給していることもあって、街中で見かけることも多くなってきました。

今回は、ダイハツ・トールの値段や価格、気になるグレードの違いなどについて詳しく調べてみました。

ダイハツトールの値段・価格を紹介

07_01_03

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

トールには、大きく分けて標準グレードとカスタムグレードの2つが存在し、それぞれに複数のバリエーションがあります。

気になるグレードごとの値段の違いをわかりやすく表にまとめてみました。

標準グレード

tallgrade1

カスタムグレード

tallgrade2

ダイハツ・トールの全体的な価格帯は、1,463,400~2,057,400円となっています。

それぞれ、2WD仕様と4WD仕様がラインナップされており、同グレードでの駆動方式による価格差は約17万円です。

最近は、軽自動車でも200万円近くになる車も少なくありませんが、軽自動車よりも排気量や室内に余裕のある車が同じような価格帯で購入できるのは嬉しいですね。

ダイハツトールのグレードの違いは?

01_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツ・トールには、駆動方式の違いを除けば、全部で8種類のグレードが存在しています。

グレードによっては、違いがわかりにくいものもありますので、それぞれの違いを説明してみます。

ちなみに、グレードの後ろに”SAⅢ”と表記されているものは、ダイハツの「衝突被害軽減ブレーキ」であるスマートアシスト3搭載車です。

標準グレード

07_01_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツ・トールの標準グレードとカスタムグレードの一番大きな違いは、外装のエアロとホイールのデザインです。

標準グレードでは、フロントマスクの開口部が大きく取られたデザインが特徴的です。

また、ベースグレードとなるXとX”SAⅢ”は、標準グレードのみのラインナップになっています。

07_01_01 (1)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

XとX”SAⅢ”は、ほかのグレードではオートエアコンなのに対して、エアコンがマニュアルになっているなど装備や選べるオプションの面でほかのグレードよりもかなり簡素なものになっています。

ほかのグレードでは、自発光式の2眼メーターを備えていますが、XとX”SAⅢ”では単眼式のシンプルなメーターが装備されています。

また、時間や外気温など様々な情報が表示されるマルチインフォメーションディスプレイも、他のグレードでは標準装備ですが、XとX”SAⅢ”には設定されていません。

その他、クルーズコントロールがついていなかったり、両側パワースライドドアが左側のみの設定だったり、スピーカーが少ないなど、全体的にXとX”SAⅢ”はかなり装備品を抑えられている印象です。

07_01_03 (3)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

標準グレードのシートはこのようなデザインのファブリック表皮になっています。

撥水加工はされていないようなので、汚れ等には注意が必要かもしれません。

07_01_01 (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ベースグレードのXとX”SAⅢ”とは異なり、「G”SAⅢ”」「G”リミテッドSAⅢ”」「Gターボ”SAⅢ”」には、オートエアコンが付いていたり、クルーズコントロールやインフォメーションディスプレイなどの装備が標準で装備されています。

価格的には、特別仕様車であるG”リミテッドSAⅢ”が最も高くなっていますが、走りの面ではターボ車であるGターボ”SAⅢ”の方がスペックが高いということもあって、実質的な最上位グレードになっています。

また、運転席のメーターについても、自発光式の2眼メーターが設定されており、燃費走行などの状況が確認できるエコインジケーターも装備されます。

ダイハツ・トールの標準グレードの違いをまとめると、装備が簡素化されたXとX”SAⅢ”がベースグレードとして存在し、その上にNAモデルのG”SAⅢ”、ターボモデルのGターボ”SAⅢ”、特別仕様車のG”リミテッドSAⅢ”の順に装備やオプションが充実していくようになっています。

カスタムグレード

07_01_02

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

カスタムグレードは、その名のとおりエアロや内装を中心に標準グレードをカスタムしたモデルが並んでいます。

標準グレードとの見た目的な違いで言うと、まずフロントマスクのデザインが大きく異なっています。

ホイールについても、14インチもしくは15インチのアルミホイールが設定されており、内装のメーターについても、カスタムグレード専用の自発光式2眼メーターが用意されています。

01_01 (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

カスタムグレードには3種類のグレードがありますが、基本的にはNAモデルとターボモデルの2種類で分かれています。

カスタムグレードにも「カスタムG”リミテッドSAⅢ”」という特別仕様車が用意されていますが、これはNAエンジンが搭載されたモデルです。

価格的には、NAモデルの4WD仕様車の方が高くなっていますが、走りのスペック的にはターボモデルである「Gターボ”SAⅢ”」の方が優れています。

07_01_03 (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

カスタムグレードは、内装も異なります。

一番わかりやすいのはシートの素材で、標準グレードが普通のファブリック表皮であるのに対して、カスタムグレードでは撥水加工が施されたものになっています。

また、音響面でも、標準グレードではスピーカーが2つもしくは4つなのに対して、カスタムグレードには6つのスピーカーが搭載されます。

カスタムグレードには、標準グレードのように装備が簡素化されたモデルが存在しないので、価格が高くなる分だけ外観や装備の面で充実したグレードとなっています。

ダイハツトールの評判は?

07_01_05

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツ・トールは、軽自動車で定番となったトールワゴンの形をした普通乗用車です。

普通乗用車ではありますが、軽自動車を一回りだけ大きくしたようなサイズで、排気量も1Lと、普通車としてはかなりコンパクトな車です。

軽自動車からのステップアップや、より走りや装備の面で充実した車ということで売れ行きは好調なようです。

07_01_04

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

また、トヨタやスバルにOEM提供することを前提に開発されたということもあって、このクラスの車の中ではかなりしっかりと作りこまれた車でもあります。

スズキのソリオとは非常に性格が近い車ですが、あえて燃費での勝負を捨て、その他の実用面での扱いやすさに開発コストがかけられたというだけあって、ファミリーカーとしてこの車を選択される方も少なくありません。

(燃費勝負を捨てたとは言っても、あくまでもコストのかかるハイブリッドの搭載を辞めたという話です。実際はとても低燃費な車で、JC08燃費では24.6km/Lを記録しています。)

軽自動車を中心に展開しているダイハツだけに、トールには軽自動車で培ったノウハウが多数つぎ込まれているようです。

価格的にも、軽自動車と同じような価格帯に抑えられており、室内の使い勝手だけでなく、燃費や走行性能といった部分でも必要十分な性能を備えているという、非常にコストパフォーマンスに優れた車と言えそうです。

ダイハツトール値段・価格・グレードのまとめ

07_01_06

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

ダイハツ・トールは、1,463,400~2,057,400円という軽自動車に近い価格帯でありながらも、普通車として軽自動車よりも室内のスペースや走行性能に余裕をもたせたスペックが魅力的な車です。

最近の軽自動車は、とても軽自動車とは思えないほど豪華な装備や広い室内空間を持っていますが、それでも軽自動車にずっと乗り続けるのは…と感じてしまう人も少なくありません。

そういう方々にとって、普通車でありながらも軽自動車に近い感覚で運転でき、使い勝手も軽自動車の延長線上にあるダイハツ・トールは非常に魅力的な選択肢ですね。

グレードについては、一見ややこしく感じますが、基本的には装備が簡素化されたX、NAモデルのG、ターボモデルのGターボの3種類を中心に展開されています。

カスタムグレードは、やや値段が高くなってしまいますが、スポーティな雰囲気が好きな方や、装備が充実したモデルが欲しい方にはとてもオススメです。

アイキャッチ画像引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

この記事を書いた人

まさ
小さいころから車が大好きで、
当時はすれ違う車の名前はほとんど全部言えました。

これから車の詳しい情報をわかりやすくご紹介していきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1