デリカD5vsエクストレイル徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地も比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

デリカD:5とエクストレイルは、一見かなり性格の異なる車ですが、どちらもアウトドアに最適な車として高い評価を受けています。

ミニバンとしての実用性とSUVの走破性を兼ね備えたデリカD:5と、SUVでありながらも街乗りや家族連れでも使いやすいエクストレイルは、1台で何役もこなせる懐の深い車だと思います。

今回は、価格帯が似ていてアウトドアにもってこいのデリカD:5とエクストレイルのどちらが買いなのかを、様々な面から比較してまとめてみたいと思います。

デリカD5vsエクストレイル 価格比較

color09

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

K0000766529

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

まず、参考としてデリカD:5とエクストレイルの価格帯を比較しておきます。

  • デリカD:5:2,408,400~4,055,400円
  • エクストレイル:2,231,280~3,804,840円

ミニバンとSUVということで、車のタイプとしてはかなり差がある2台ですが、価格帯が近いということから、アウトドアで使いやすい車を探しておられる方にとっては購入時に比較する車種ではないでしょうか。

両者の1番の共通点は、普通の乗用車に比べて悪路での走行性能が非常に高いということです。

SUVらしいスタイリングのエクストレイルはもちろん、デリカD:5もミニバンとは思えないほどの高い悪路走破性を持っています。

両者ともに、家族や友人を乗せて、街乗りからアウトドアまで気軽に楽しむことができるので、様々なニーズに応えてくれそうですね。

delicaxtrail2

この表は、デリカD:5とエクストレイルのボディサイズなどのデータをまとめたものです。

全長やホイールベースはミニバンであるデリカD:5の方が長くなっていますが、全幅を見てみるとエクストレイルの方が広くなっているようです。

車重を比べてみると、全長の長さやシートなどの差からデリカD:5の方が最大で500kgほど重くなってしまいますが、ヴェルファイアなどのLクラスミニバンと比較するとむしろ軽いほうかもしれません。

最小回転半径は、両者ともに5.6m程度とあまり大きな差は見られませんが、ホイールベースや全長が長い分だけデリカD:5の方が取り回しに苦労しそうな印象です。

color04

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

当然ですが、デリカD:5の全体的な見た目は普通のミニバンです。

この見た目でオフロードをグングン走って行けてしまうので、結構びっくりしてしまいますよね。

デリカD:5は、最低地上高が210mmと、ミニバンの中ではかなり高い車なので、小さいお子様などは乗り降りの際にやや苦労するところがありそうです。

img_eddbb372466e2846cc8098e5f95cbb45232727

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

現行モデルのデリカD:5は、最近のミニバンの中ではかなりおとなしめのデザインになっていますが、今度のビッグマイナーチェンジで見た目が大きく変わります。

デリカD:5の購入を検討している方で派手なデザインが苦手な方は、今のうちに現行モデルのデリカD:5を購入しておくか、新古車を探してみるのがいいかもしれませんね。

04131609_58ef24431a8ea_170516

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

対するエクストレイルは、先代モデルまでの無骨なイメージを刷新し、現代風の都会的なSUVらしいエクステリアデザインになっています。

走行性能や大人数で移動できる実用性などは置いておいて、よりSUVらしい車を求めたいという方であれば、今回の比較ではエクストレイル一択になりそうですね。

デリカD5vsエクストレイル 維持費比較

x-trail-snow-road

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

ここでは、デリカD:5とエクストレイルの維持費を計算してみようと思います。

どちらも走行性能が高く、ある意味趣味性の高い車なので、実際に所有するとどれくらいの維持費が必要なのかは知っておきたいですよね。

※ガソリン代は、年間1万キロ走行すると仮定し、執筆時点(1月26日)の全国平均価格(レギュラー:136.8円/軽油:118.3円)で計算しています。また、保険料と駐車場代については条件によって大きく異なるため同じ金額にしています。

デリカD:5の維持費

main001

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

デリカD:5には、ガソリン車とクリーンディーゼル車の設定がありますが、今回はそれぞれを4WD同士で比較してみました。

delicad5cost

ガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルの維持費を比べると、やはりクリーンディーゼルモデルの方が安く抑えることができていますね。

実際は、エコカー減税によって税金がやすくなったり、購入時に補助金が付いたりするので、そういった意味でもかなりお得です。

悪路も走れる耐久性の高い車という性格を考えてみても、デリカD:5にはディーゼルエンジンがベストマッチといえそうです。

エクストレイルの維持費

エクストレイル

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイルには、ガソリン車の他にハイブリッド車がラインナップされているので、それぞれを4WD同士で比較してみました。

xtrail2

こうして比べてみると、ハイブリッドモデルは維持費の面でかなり有利ですね。

デリカD:5のクリーンディーゼルモデル同様、エクストレイルのハイブリッドモデルもエコカー減税対象車なので、燃費だけでなく税金の面でもかなりお得です。

とはいえ、ガソリンモデルでも、デリカD:5よりは維持費を抑えやすい車なので、維持費の面が気になる方はエクストレイルを購入したほうが無難かもしれません。

デリカD5vsエクストレイル 燃費比較

visual2

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

ここでは、デリカD:5とエクストレイルの燃費がどの程度なのかをまとめていきます。

実際の両者のJC08モード時燃費を比較した表を作ってみました。

delicaxtrailnenpi

全体的に、デリカD:5よりも車重の軽いエクストレイルの方が燃費がいいようです。

ハイブリッドモデルの燃費を見てみると、とてもSUV車の燃費とは思えないですね。

デリカD:5も走行性能やサイズを考えればかなり健闘しているとは思いますが、ファミリーカーとして使われることの多いミニバンでこの燃費というのは少し残念な気がします。

デリカD5vsエクストレイル 乗り心地比較

x-trail_1707_performance_001.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

クルマのタイプとしては、ミニバンとSUVということで大きく異なる両者ですが、実際の乗り心地にはどのような違いがあるのかをまとめてみます。

デリカD:5の乗り心地

interior02

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

デリカD:5は、車体剛性がミニバンとは思えないほど高いおかげで揺れなども少なく、シートの作りもしっかりしているので快適な乗り心地です。

アルファードやヴェルファイアのような豪華さこそありませんが、車内には十分なスペースが確保されているので、家族全員で乗っても乗り心地に文句が出ることはあまりないでしょう。

2列目シートに関しては、8人乗りのベンチシートタイプと7人乗りのセパレートタイプが用意されています。

車自体のつくりが良いので、雪道などでも非常に安定した走りができることも、同乗者に安心してもらえるポイントの一つですね。。

interior03

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

デリカD:5は、通常のミニバンに比べて、悪路でのパフォーマンスを重視された車だけに、サスペンションは非常にしっかりとした作りになっています。

おかげで、全体的にカチッとした乗り味になるので、車高が高くてもコーナリング時の恐怖感などはあまり感じません。

カチッとした足回りとは言っても、サスペンションが固めに設定されているというわけでもないので、段差などでの突き上げ感も少ないです。

積雪地帯にお住まいの方や、ご家族でアウトドアに行かれるような方には非常にオススメしやすいミニバンですね。

エクストレイルの乗り心地

x-trail_1803_exterior_interior_th2_02

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイルは、SUVらしいしっかりとした足回りのおかげで、その乗り心地は若干固めだと感じる方も多いようです。

決して常に気になるような硬さではありませんが、路面の継ぎ目などでそれを実感しやすい車かなと思います。

しかし、こういった硬めの足回りのおかげで、運動性はかなり高いモノになっています。

街乗りメインのSUVとして作られた車ではありますが、そういった足回りの味つけがきちんとされているおかげで運転自体も楽しめそうです。

a69ed904dd5318d403d6ee042376afdd

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイルにも、3列シートが設定されているグレードがありますが、デリカD:5のようなミニバンとは違うので、3列目は乗り降りもしづらく、スペースもあまり広いとは言えません。

大人数での移動には適さない車かもしれませんが、シート自体の作りは評価が高く、長時間座っていても疲れにくい印象です。

また、横幅もこのクラスの車にしては広くなっているので、隣の同乗者との感覚も広く感じられます。

デリカD:5と比べると、車の全長が短い分、前の席とのスペースも確保しづらいですが、2列シートのモデルであれば充分快適に移動できるでしょう。

デリカD5vsエクストレイルの比較まとめ

delicaxtrail3

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

デリカD:5とエクストレイルという、一見共通点のない車同士を比較してみましたが、どちらもアウトドアにも街乗りにも使いやすい車ということで面白い比較になったのではないかと思います。

現行モデルのデリカD:5は、登場から既に10年以上が経過しているということもあって、各部に設計の古さなどを感じてしまいますが、それでもオフロードで使えるミニバンという唯一無二の存在感は他の車にはない魅力です。

次のビッグマイナーチェンジによって、見た目などが大きく変わってしまいますが、逆に現行モデルを狙っている方にとっては値引き交渉もしやすく購入しやすい時期と言えるのではないでしょうか。

エクストレイルも、200万円台から購入できるSUVということで、年齢層問わず人気の高い1台です。

お手頃なSUVが欲しいという方や、普段のドライブからアウトドアまで使える車が欲しいという方にとっては、エクストレイルはとてもニーズにあった車だと思います。

両者は実用的で趣味にも使いやすいだけでなく、価格帯も近いので、もっといろんな部分を比較してみても面白そうですね。

アイキャッチ画像引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/・https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

この記事を書いた人

まさ
小さいころから車が大好きで、
当時はすれ違う車の名前はほとんど全部言えました。

これから車の詳しい情報をわかりやすくご紹介していきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1