ソリオとルーミーを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっちがいい!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

最近人気が高まっているのが「ソリオ」や「ルーミー」といったコンパクトカーです。

街乗りでも使い勝手がよく、家族で使うのに便利な一台。

「ソリオ」と「ルーミー」の維持費・燃費・乗り心地はどっちがいいのかをチェックしてみました。

スポンサーリンク

ソリオとルーミーの価格はどっち?

styling4-e1548396219483

引用:http://www.suzuki.co.jp/

全長が短めで背が高めのコンパクトカーは人気が高いです。

ボディが小さくて、取り回しが良くて、街乗りに便利な車といえば、「ソリオ」をや「ルーミー」が挙げられます。

日本の狭い道に合っていて、ちょうどいいサイズの車。

その「ソリオ」と「ルーミー」の価格はどうなのか?

車の維持費を含めた価格をチェックしてみました。

<ソリオ>

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/

ソリオには、「ガソリン車」と「マイルドハイブリッド車」と「ハイブリッド車」があります。

ソリオには、5つのグレードがあります。
・HYBRID SZ:217.9万円
・HYBRID SX:201.9万円
・HYBRID MZ:195.4万円
・HYBRID MX:170.3万円
・G:145.9万円

HYBRID SZ、SXがハイブリッド車。
HYBRID MZ、MXがマイルドハイブリッド車
Gがガソリン車です。

燃費重視の方は、リッター30キロを越える「ハイブリッド車」を選択するのがいいですよ。

<ソリオの維持費>
・自動車税:1200cc以下 34,500円
・任意保険:約4万円(契約内容により異なります)
・タイヤ代金:約6万円(2~3年)
・メンテナンス代金:10000円ぐらい(1年)
・ガソリン代:6000円(月)
・車検:約100,000円~150,000円

※自動車重量税は、車検の時に納付するため、車検代に含んでいます。

ソリオの自動車税は、1000cc〜1500ccで、34,500円です。

タイヤ代金は、グレードによって変わります。
タンクは、14インチ、15インチ車があり、15インチの方がタイヤ代は高めです。

また、車の維持費には、毎年5月に納める自動車税(34,500円)や任意保険もかかります。

ソリオの維持費は、合計すると、だいたい年間30万円ぐらいです。
(車検代を含んでいません。走行距離により変わります。)

次はルーミーです

<ルーミー>

スクリーンショット 2019-01-27 11.31.46

引用:https://toyota.jp/roomy/exterior/?padid=ag341_from_roomy_navi_exterior

ルーミーには、「標準車」と「カスタム」があります。

ルーミーカスタムは、外観デザインが通常車と異なり、エクステリアやインテリアに高級感があるのが特徴です。
より装備や快適性を重視したい方は、ルーミーカスタムの選択がいいと思いますよ。

ルーミーには、6つのグレードがあります。

ルーミーの価格はこのようになっています。
・X S・X:146.3万円
・G:168.5万円
・G-T:180.4万円
・カスタムG:183.6万円
・カスタムG-T:196.5万円

ルーミーの新車価格:146~200万円

ルーミーにかかる維持費はこのようになります。

<ルーミーの維持費>
・自動車税:1000cc以下 29,500円
・任意保険:約4万円(契約内容により異なります)
・タイヤ代金:約6万円(2~3年)
・メンテナンス代金:10000円ぐらい(1年)
・ガソリン代:8000円(月)
・車検:約100,000円~150,000円

自動車重量税は、車検の時に納付するため、車検代に含んでいます。

タイヤ代金は、グレードによって変わります。
ルーミーは、14インチ、15インチ車があり、15インチの方がタイヤ代は高いです。

維持費として、このようなガソリン代、オイル・タイヤ交換などのメンテナンス代、車検の費用が必要です。

車の維持費には、毎年5月に納める自動車税(29,500円)や任意保険もかかります。

ルーミーの維持費は、合計すると、だいたい年間30万円ぐらいです。
(車検代を含んでいません。走行距離により変わります。)

ソリオとルーミーを比較してみると、一番違うのが自動車税です。
・ソリオは1200ccのため、34,500円
・ルーミーは1000cc以下のため29,500円

ルーミーの自動車税は、エンジンが小さめで1000cc以下のため、普通乗用車の中でも安めなのはメリットです。

また、車の維持費のガソリン代は、選ぶグレードと走行距離により変わってきます。

「ソリオ」と「ルーミー」の維持費をチェックしましたが、サイズや排気量も近いため、2台の維持費の差は少ないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ソリオとルーミーの乗り心地や大きさはどっち?

styling3-e1548396585700

引用:http://www.suzuki.co.jp/

スズキ・ソリオとトヨタ・ルーミーでは、大きさや乗り心地はどっちがいいのか?

2台の車の大きさや乗り心地を比較していきます。

まずはボディの大きさの比較から。

<ソリオの大きさ>
全長 3,710 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,745 mm

<ルーミーの大きさ>
全長 3,700 mm x 全幅 1,670 mm x 全高 1,735 mm

ルーミーとタンクのボディの大きさを比較してわかることは、両方とも似たようなサイズということです。

車の横幅は、ルーミーの方が大きいです。

2台の車の車内の大きさも比較してみます。

<ソリオの車内大きさ>
室内長 2,515 mm x 室内幅 1,420 mm x室内高 1,360 mm

img03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/interior/

<ルーミーの車内大きさ>
室内長 2,180 mm x 室内幅 1,480 mm x室内高 1,355 mm

carlineup_roomy_interior_space_pic_01

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/space/?padid=ag341_from_roomy_in_space04

車内の比較では、大きな違いがあります。

ソリオの室内長が長いです。
・ソリオ:室内長 2,515mm
・ルーミー:室内長 2,180mm

室内の大きさではソリオが大きいといえます。

次は、車の乗り心地を見ていきたいと思います。

車の乗り心地に関しては、サスペンション形状が重要になります。

ハンドリングや車のクッション性に関わる部品がサスペンション。

<ソリオのサスペンション形状>
前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式

<ルーミーのサスペンション形状>
前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式

2台とも同じサスペンション形状です。
車内を広くとれる足回り形状になっています。

また、乗り心地に関わるのがタイヤサイズ

タイヤサイズにより、クッション性が変わり、タイヤの厚みがある方が、乗り心地を良く感じる傾向にあります。

<ソリオのタイヤサイズ>
・165/70R14 81S
・165/65R15 81S

ソリオのグレードGは14インチを装着しています。

<ルーミーのタイヤサイズ>
・165/65R14
・175/55R15

カスタムG-Tは15インチを装着しています。

「ソリオ」と「ルーミー」の比較では、足回り形状は同じでした。

タイヤサイズは、ソリオの方が大きめです。
タイヤのクッション性は、ソリオの方があり、柔らかめの印象です。

このような部分から、ソリオの方が足回りの感覚は柔らかめで、ハンドルの軽さにもつながりそうです。

一方のルーミーは、ソリオに比べると、ハンドリングはシャープな感じになると思います。

シートのクッション性は、両車ともそれほど良くないため、長時間ドライブはキツいかもしれませんが、「ソリオ」と「ルーミー」とも、柔らかめの足回りで街乗りを重視した設定になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソリオとルーミーの燃費はどっち?

pexels-photo-1537172

車を維持していく上で重要になってくるのがガソリン代。

ガソリン代は、車に乗れば乗るほどかかるので、距離を乗る方は気になる部分です。

走行距離の多い方は、燃費のいい車に乗った方が、車の維持費が安く上がりますよね。

月々かかるガソリン代を抑えようと思うなら、燃費の車を選ぶことは大事です。

「スズキ・ソリオ」と「トヨタ・ルーミー」ではどっちの燃費がいいのか?

2台の車の燃費を比較してみました。

燃費に関しては、グレードや駆動方式によっても異なってきますので、グレード別の燃費をチェックしてみました。

gas-pump-petrol-stations-petrol-gas-284288

<スズキソリオ・ガソリン車>
・最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
・最大トルク:12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・JC08モード燃費:24.8km/リットル

<スズキソリオ・マイルドハイブリッド車>
・最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
・最大トルク:12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・JC08モード燃費:27.8km/リットル

<スズキソリオ・ハイブリッド車>
・最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
・最大トルク:12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・JC08モード燃費:32.0km/リットル

ソリオはグレードの種類があり、燃費も選ぶグレードで大きく異なります。
ソリオの燃費:24.8km/リットル〜32.0km/リットル(JC08モード)

ソリオハイブリッドの燃費は、リッター30キロオーバーとかなり高い燃費になっています。

ソリオ「HYBRID SZ」の燃費が、32.0km/リットルと一番高いです。
この部分はソリオの大きな武器ですね。

ルーミーのエンジン

carlineup_roomy_performance_top_pic_04

引用:https://toyota.jp/roomy/performance/?padid=ag341_from_roomy_navi_performance

<トヨタ ルーミーX>
最高出力:69ps(51kW)/6000rpm
最大トルク:9.4kg・m(92N・m)/4400rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費:24.6km/リットル

<トヨタ・ルーミーG-T(ターボ)>
最高出力:98ps(72kW)/6000rpm
最大トルク:14.3kg・m(140N・m)/2400~4000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費:21.8km/リットル

駆動方式はともにFFです。
ルーミーG-T(ターボ車)は、1.0L直列3気筒インタークーラー付きターボエンジンを搭載しています。

両方ともレギュラーガソリン仕様です。
燃費の方はNAでリッター24kmとガソリン車の同じクラスでは、平均的な燃費です。

燃費の比較では、ソリオの方がルーミーよりも圧倒的にいいです。

ただし、車両価格は、ソリオHYBRID SZは217.9万円と200万円オーバーです。

ルーミーのターボ上級モデルのルーミー・カスタムG-Tは196.5万円です。

価格差は20万ほどありますが、燃費を重視するならソリオのHYBRIDが良いですよ。

img04

引用:http://www.suzuki.co.jp/

今回、ソリオとルーミーの 維持費・大きさ・燃費を比較してみました。

比較の結果は、維持費ではほぼ差がなく、車内の大きさは、ソリオの方が大きく、燃費はハイブリッドを選ぶ場合はソリオの方が良いです。

燃費の方は、ソリオがいいため、距離を乗る方なら維持費もソリオの方が安くなりそうです。

車のボディデザインの好みもあると思いますので、トータルで判断して選ぶのがいいのではないでしょうか?

ぜひベストな車を見つけてくださいね。

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク