新型インプレッサスポーツの値引き情報! 相場や交渉術は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポーツタイプのハッチバックとして長く人気を保っているスバルインプレッサスポーツですが値引きが気になる方が多いのではないでしょうか。

今回はインプレッサスポーツの値引き相場や値引き限度額、値引き目標などを検証してみたいと思います。

インプレッサスポーツの値引き相場はどのくらい?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

スバルインプレッサスポーツはスバル独自の水平対向エンジンと4WD技術が進化したAWDシステムが特徴になっています。

さらには先進安全機能であるスバルアイサイトを装備して安全性にも定評がありますますファンを増やしていますね。

2019年4月現在のインプレッサスポーツの値引き相場は27万円という意見が多くありました。

クルマを購入する時の値引き交渉は苦手な方もいると思いますが少しのコツでそれほど難しくなく値引きを引き出す事ができますから実践してみましょう。

まずはインプレッサスポーツを購入する時に第1候補だと悟られてしまったら値引きは引き出しにくくなります。

車両本体値引きもそこそこのレベルでまとめられてしまいますからあくまでライバル車との間で迷っている事をアピールするのが大切です。

インプレッサスポーツのライバル車とは同じ様なコンセプトで価格帯が近く、よく競合に挙げられる車種が良いでしょう。

具体的にはトヨタカローラスポーツ、カローラフィールダー、マツダアクセラ、ホンダシャトルなどが考えられます。

インプレッサスポーツを購入しようと考えた時に見積もりを出してもらいますがライバル車の見積もりも必ず出してもらう様にします。

値引き交渉は一度で決めずに数回に分けて行うのが重要ですが途中でライバル車の見積もりを実際に見せれば真剣に迷っているのが伝わります。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

最初から制限いっぱいの値引きを出してくるセールスはいませんからまずはどの程度のサービスが見込めるか、セールスや販売店の雰囲気も合わせてみていきます。

面倒かもしれませんが10〜20万円の支払い額が違えば努力しただけの事はあると思います。

次には乗っているクルマを下取りに出すと思いますが査定がどの程度か出してもらいましょう。

同じメーカー以外ですと大抵は低い査定が出る事が多いと思います。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

これは中古車の流通システム上仕方がありませんから買取専門店でも査定してもらいましょう。

一括査定などを利用すれば数店舗で査定額がでますからその内で最も高い査定を出してきた買取店に売却するとよいですね。

もしディーラー査定の方が高ければ買取店には売却しなければよいですから積極的に利用しましょう。

インプレッサスポーツの値引きの限度はどこまでいけるか!?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

ここまではスバルインプレッサスポーツの値引き相場についてお知らせさせて頂きました。

ここではインプレッサスポーツの値引き限度額について検証してみたいと思います。

クルマの見積もりは車両本体価格と諸費用、販売店オプションに分けられています。

この内の販売店オプションの中でも値引き交渉ができます。

ナビゲーションやエンターテイメント系のオプションは価格も高いですが2〜30%程度の値引きは期待できます。

総額で30万円のオプションなら9万円程度の値引きは引き出せる可能性が高いですから交渉してみましょう。

値引きが欲しいあまりに尊大な態度や悪態をついてしまってはセールスも人間ですから最悪の場合は取引を打ち切られてしまう時もあります。マナーは守って気持ちの良い買物をするのが正しいと思います。

年間の季節の中で3月はメーカーの決算期になります。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

メーカーでもよい決算を出したいですから値引きもかなり緩んでくる傾向にあります。

できれば3月の初頭から交渉を始めて月末にはまとめられる様なスケジュールを立てられれば成功に近づきます。

ボーナスシーズンの7月や12月などもセールを行って値引きが引き出しやすい時期になりますから覚えておいて損はありません。

新車が発表されてまもなくの時期は注文も集まりやすいですから値引きはあまり期待できません。

マイナーチェンジをしたばかりのタイミングもやはり注文が取りやすいですから値引きは引き締められています。

フルモデルチェンジから少し経過して人気が今ひとつだと徐々に値引き幅が拡大してくる傾向がありますから慌てずに注文をするのが正解です。

クルマを販売する時の値引き限度額とはどのくらいなのでしょうか。

ディーラーはメーカーから完成車を仕入れて販売していますから仕入れ価格を下回っては赤字になってしまいます。

新車の仕入れ価格は店頭販売価格の7〜80%だと言われています。

200万円のクルマなら60万円の利益が取れるわけです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

ここから人件費などの経費が必要ですから値引きは10%の20万円程は可能になります。

この他にオプション販売やローンを組んだ時の金利、整備に出した時の部品代と整備費用が収益となりますし、販売ノルマを達成した場合はメーカーからのボーナスもありますから月末で達成可能な場面でしたら限度額以上の値引きの可能性もあるでしょう。

インプレッサスポーツのオプション込みの値引き限度額は車両本体価格と合わせて35万円だと言われています。

インプレッサスポーツでの値引き目標はここだ!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

ここまではスバルインプレッサスポーツの値引き相場や値引き限度額についてお知らせさせて頂きました。

ここからはインプレッサスポーツの値引き目標について検証してみたいと思います。

新車販売での値引き目標はどの様にたてればよいのでしょうか。フルモデルチェンジやマイナーチェンジ直後の注文が多い状態ではあまり値引きが期待できません。

これらのイベントから1年以上が過ぎた頃に販売が落ち着いてきたら値引き限度額の実現可能性が高くなります。

新車の見積もりから下取り車の査定の目処が立ってきたらオプションの値引き交渉に入ります。

車両本体値引きは限度がありますからプラスの値引きをオプションから引き出す戦略ですね。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

下取り査定は買取店で最も高い査定を出してくれたところに売却して頭金として用意します。

新車の時にはナビゲーションやエンターテイメントシステムを必ず装着すると思います。

さらにはドライブレコーダーやETCシステムなどを合計するとベーシックモデルでも15万円は必要になります。

仮に20万円だとすると6万円の値引きは期待できるのではないでしょうか。

ここで取りやすいのがカーコーティングです。

コーティングは用品と違い仕入れ価格が少ないですからサービスが引き出しやすくなります。

カーコーティングはユーザーにとってもメリットのある選択ですから是非施工してもらう事をお勧めします。

有効期間も様々な施工方法がありますから予算に合わせて値引き可能なものを選択するとよいと思います。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

また、メンテナンスプランを購入しておけばメンテナンスの時期にお知らせがきて定期点検が先払いで受けられます。

これらも値引きに含ませておけばあとあとのメンテナンスが安心ですね。

セールスが値引きを渋る様になってきましたらそろそろ購入を決めるタイミングが近づいてきました。

車庫証明などの手続きなども自分から警察署に取りに行けば2万円ほどは節約できます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

ガソリン満タンや端数のカットなど細かい調整をしてみます。

2,599,780,円といった見積もりから9,780円をカットして2,590,000円といった具合に金額を揃える事ができます。

値引きに限界が近づいてくれば販売店の責任者や上司の意見を仰ぐ様になりますからその辺りが値引き限度額と判断してよいと思います。

最後は気持ちよくハンコを押して気持ちの良い契約にしておくと顧客として大切にしてもらえると思います。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1