レクサスLSの色見本や色のランキングを紹介

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

新型レクサスLSには高級感のあるボディカラーが豊富に用意されています。

人気カラーやFスポーツ専用色についても解説しています。

ボディカラーは一度決めると変えられませんからこちらの記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

新型レクサスLSの詳しい色見本

car09-01

引用:https://cpo.lexus.jp/cposearch/detail?Id=43604L023777

法人個人問わず人気のレクサスは、塗装と光沢が美しいのが特徴の一つです。

どれを選んでも高級感があり繊細で他には無い色合いは、走っているだけで人目を惹く逸品です。

新型レクサスLSは、ハイブリッド仕様の「LS500h」と、ガソリン仕様の「LS500」の2種類があります。

共にベースグレードの他に4つの種類に分かれています。

ベースグレード・I pakage・version L・EXECUTIVEの色は、ソニッククォ―ツ・ソニックシルバー・ソニックチタニウム・ブラック・グラファイトブラックガラスフレーク・マンガンラスター・ソニックアゲ―ト・レッドマイカクリスタルシャイン他11色です。

ソニッククォ―ツ

01レクサスソニッククオーツ

引用:https://lexus.jp/models/ls/

ソニックシルバー

02レクサスソニックシルバー

引用:https://lexus.jp/models/ls/

ソニックチタニウム

03レクサスソニックチタニウム

引用:https://lexus.jp/models/ls/

ブラック

05レクサスグラファイトブラックガラスフレーク

引用:https://lexus.jp/models/ls/

グラファイトブラックガラスフレーク

05レクサスグラファイトブラックガラスフレーク

引用:https://lexus.jp/models/ls/

マンガンラスター

06マンガンラスター

引用:https://lexus.jp/models/ls/

ソニックアゲ―ト

07ソニックアゲート

引用:https://lexus.jp/models/ls/

レッドマイカクリスタルシャイン

08レッドマイカクリスタルジャイン

引用:https://lexus.jp/models/ls/

マンガンラスターはオプション塗装色となっています。

F SPORTはソニックシルバー・ホワイトノーヴァガラスフレーク・ソニックチタニウム・ブラック・マンガンラスター・レッドマイカクリスタルシャイン・グラファイトブラックガラスフレーク他9色です。

ソニックシルバー

09レクサスソニックシルバー

引用:https://lexus.jp/models/ls/

ホワイトノーヴァガラスフレーク

10レクサスホワイトノーヴァガラスフレーク

引用:https://lexus.jp/models/ls/

ソニックチタニウム

11レクサスソニックチタニウム

引用:https://lexus.jp/models/ls/

ブラック

12レクサスブラック

引用:https://lexus.jp/models/ls/

マンガンラスター

13マンガンラスター

引用:https://lexus.jp/models/ls/

レッドマイカクリスタルシャイン

14レッドマイカクリスタルジャイン

引用:https://lexus.jp/models/ls/

グラファイトブラックガラスフレーク

15レクサスグラファイトブラックガラスフレーク

引用:https://lexus.jp/models/ls/

オプション塗装はマンガンラスターとヒートブルーコントラストレイヤリングの2色です。

豊富な種類が揃っていて、選ぶ側からするとかなり迷ってしまう事でしょう。

中でも特に人気が高いのは、定番のソニッククォーツ・美しい白のホワイトノーヴァガラスフレーク・優雅に黒光りするグラファイトブラックガラスフレークなどです。

無論ブラックはいつの時代も定番中の定番です。

ちなみにガラスフレークは細かい粒子状の硝子が入っていて、繊細に光りとても美しい仕上がりになっています。

新型レクサスは全て「セルフリストアリングコート」と言う用法を採用しています。

小さな傷を自己修復する技術で、美しい色を長期間保ってくれる優れ物なのです。

洗車時などに付く細かい傷に強いので安心して扱えます。見本などを見比べて選ぶのも楽しいですが、実際に見て自分好みの色を探してみてください。

どれを選ぶかで随分印象も違ってくるので、じっくり吟味して選びましょう。

スポンサーリンク

レクサスLSの色は人気カラーを参考にしよう

car09-02

引用:https://cpo.lexus.jp/cposearch/detail?Id=081014004599

レクサスLSは豊富なボディカラーが揃っていて、どれが人気カラーなのか気になる人もいる事でしょう。

レクサスLSでは、全部で13色のボディカラーが用意されていますが、Fスポーツとそれ以外のグレードを選んだ場合には、選択出来るボディカラーもやや異なりが有ります。

ベースグレードを始めとした4グレードでは、11の色が用意されていますが、このうちマンガンラスターだけはメーカーオプションの特別塗装色となるため、16万2000円ほど高くなります。

Fスポーツの場合には9色の展開で、メーカーオプションとなるのは同じくマンガンラスターとヒートブルーコントラストレイヤリングの2色です。

同じように16万2000円高くなります。

これらの内レクサスLSの人気カラーはソニッククオーツとグラファイトブラックガラスフレーク、ホワイトノーヴァガラスフレークの3色です。

レクサスLSは法人契約が多いのですが、この事から一番の売れ筋は黒だと思っている人が多いかもしれません。

黒とグラファイトブラックガラスフレークを比べた場合には、黒の場合にべた塗りの黒という印象が強いですが、それに対し後者の場合にはやや明るめの黒で、光の当たり方次第で様々な色にも見えるでしょう。

フォーマルな場面であっても厳粛なイメージを保ちながら、さらにはそれ以外のシーンでも少しは遊び心も楽しめるという意味で、グラファイトブラックガラスフレークは非常にお得と言えます。

car09-03

引用:https://lexus.jp/models/ls/features/f_sport/

ホワイトノーヴァガラスフレークの場合には、Fスポーツ専用となっていますが、オーナーが自らハンドルを握るために所有しているケースが多い事が分かります。

レクサスLSのボディカラーは全ての色がセルフリストアリングコートを採用している物です。

これを採用することによって洗車などによる少しの小さな擦り傷などを自己修復する事が出来、まるで新車の時と同じような光沢とカラーを出来る限り長く保つ事に繋がります。

スポンサーリンク

レクサスLSを購入するにはボディの色を十分に検討して色比べが必須です

car09-05

引用:https://cpo.lexus.jp/cposearch/detail?Id=035010490766

レクサスLSは価格が1,000万円を超えるかなりの高級車です。

3.5リッターのエンジンを搭載していて、セダンではありますが、スポーツカーに負けない走りを実現することができます。

高級車故に失敗しない買い物を行うことが欠かせないので、その選択肢の中にはボディの色を最初に挙げることができます。

レクサスLSのボディの色は全グレードを合わせると13色が発表されています。

主なカラーはホワイト系とシルバー系、ブラック系とレッド系、ブルー系やガンメタ系なども存在しています。

どのような色でも落ち着きのある大人の雰囲気を醸し出している状態なので、失敗に感じてしまうことは少ないものですが、選択肢は数多くあるので慎重に選ぶことは重要です。

例えば単にホワイト系といっても純白に近いものと普通の白、少しメタリックが入っているものに分類できます。

ブラック系でも同様の選択肢があるので、購入の際には迷ってしまうことも想定できます。

レクサスLSは市街地を走行していてもあまり台数は多くは無い高級車なので、直接に全てのボディカラーをチェックすることは困難と言っても過言ではありません。

car09-04

引用:https://lexus.jp/models/ls/

最適な色比べの方法は用意されていて、ディーラーで提供しているカタログからチェックする方法もあります。

しかし、紙媒体の場合ではイメージが湧かないということも想像できるので、色比べをするにはレクサスが提供している公式のサイトをチェックすることが最も簡単です。

サイト上では各色別に360度回転させながら車体をチェックできるように工夫をしているので、フロントやサイドビューだけではなく全角度から比較検討することに最適なサイトです。

レクサスLSを購入する方の後の意向にも影響されることはあります。

もしも数年間で乗り捨てる場合では、中古車市場で人気のホワイト系やブラック系にすることで失敗を防げます。

逆に長く乗り続けることを検討している方のケースでは、本人の感性に任せて色選びをすることも間違いではありません。

スポンサーリンク

レクサスLSは色の種類が豊富!気になる色ランキングは!?

car09-06

引用:https://lexus.jp/models/ls/

レクサスLSには、オプションカラーを含めて11種類の色が用意されています。

車を購入する際には、その車種選び同様に色を何にするかも大切ですから、これだけバリエーション豊かなのは嬉しいポイントです。

では一体レクサスLSの購入者の中では、何色の車体が人気なのでしょうか。

まず最も人気が高いとされているのが、ソニッククォーツです。

ソニッククォーツはホワイトとシルバーの中間といった印象で、くすんだ白をイメージすれば判りやすくなります。

爽やかでクリーンな透明感を残しつつも、このくすみのおかげで主張が弱くなっているので、老若男女問わず選びやすい色なのかもしれません。

純粋な白との見分けは、意外と遠目からでも可能です。

無難に選びたいのであれば、こちらをおすすめします。

続いて第2位は、グラファイトブラックガラスフレークです。

あまり聞き慣れない名前ではありますが、その名の通り黒っぽいイメージを持っておけば問題ありません。

そこにガラスのような光沢さを併せ持ち、明るめに見えるのが特徴です。

シックでフォーマルとなるとやはりブラックなのですが、この色はそこにオシャレさを追求したい人におすすめできます。

そして第3位が、ホワイトノーヴァガラスフレークです。

こちらは第1位のソニッククォーツと比べて、完全に白に近い色になります。

更にここでもガラスフレークの名は出ており、同じく光沢で明るい印象のある白といった感じです。

女性からの需要が高いことでも知られ、最もオーソドックスと言ってもいいかもしれません。迷ったらこれだと、そう捉えておいてもいいでしょう。

もちろん男性が乗っても、全くおかしくはありません。

以上が、レクサスLSの色ランキングです。

こう見ると、やはり赤や青よりも白や黒の方が定番であることが判ります。

とはいえ、色によっては納期に差が出たりはするものの、一番は自分の気に入ったものを選ぶことです。

あくまで参考程度に留めておいて、あとは実際に目で見て決めてみてください。

キャッチ画像引用:https://lexus.jp/models/ls/

この記事を書いた人

マーサ
神奈川在住・定年を過ぎ時間をもて余しています。たまのドライブには湘南・箱根エリアを乗りまわしています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1