レクサスLSのオプション人気パーツや評判はどうか

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

レクサスLSの高級オプションについて解説しています。

エアロパーツやFスポーツ用などの人気パーツ紹介。

純正パーツなどでカスタマイズしたレクサスLSは下取り額も高くなるのでチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

レクサスLSはオプションも高級です

car10-01

引用:https://lexus.jp/models/ls/

トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスにおいて、最高級モデルとなるのがレクサスLSです。

初代から3代目まではトヨタセルシオとしても販売されていましたが、2006年に登場した4代目からレクサス専用車となり、スタイルも一新、これまでのおやじ臭い印象から、スポーティでかっこいいスタイリッシュなセダンに生まれ変わりました。

ハイブリッド車も加わり魅力がさらに増し加わりました。

そして現行型が登場したのは2017年のことでした。

プラットフォームを重心の低いGA-L(Global Architecture-Luxury)に刷新されたことによってさらにスタイリッシュなデザインとなりました。

そこで大径タイヤを採用することによって力強い存在感も生まれました。

4ドアセダンではありますが、欧州車などでも人気があるクーペのような流線形となっており、その美しい外観は好評です。

パワートレインは先代のV型8気筒4.6Lからダウンサイジングが図られ、422馬力を発揮するV型6気筒3.5Lツインターボエンジンが搭載されています。

car10-02

引用:https://lexus.jp/models/ls/

力強い走りとスタイリッシュな外観、また最高品質の内装など、レクサスのフラグシップとしてふさわしいモデルに仕上がっています。

レクサスLSには必要なものはすべて標準されているので、オプションはほとんど必要を感じないことでしょう。

メーカーからはさらに足元を引き締める20インチノイズリダクションアルミホイール(スパッタリング塗装)やドアトリムにカットグラスの技法で装飾を施したガラスを装飾できるドアトリムオーナメントパネル、またボディカラーの特別色としてマンガンラスターやヒートブルーコントラストレイヤリングを選ぶことができます。

特別色はプラス162,000円と、さすがはレクサス価格です。

ディーラーオプションでは必需品であるフロアマットが用意されていますが、丹後緞通と呼ばれる高級敷物で価格は約30万円です。

スポンサーリンク

レクサスLSのオプション人気パーツ (純正オプション)

car10-05

引用:https://lexus.jp/models/ls/features/f_sport/

レクサスLSのオプション人気パーツについてですが、現行モデルは通算5代目となり、2017年のフルモデルチェンジで、蜘蛛が糸を張ったようなメッシュのスピンドルグリルとリフトアップされたシャープなヘッドライトが特徴的です。

レクサスLSは純正オプションを展開しており、最も人気が高いのが電動ムーンルーフです。

電動ムーンルーフはメーカーオプションとして設定されています。

オプション人気が高いものに、エアロパーツがあります。

car10-03

引用:https://lexus.jp/models/ls/features/f_sport/

レクサス純正Fスポーツパーツ及びMODELLISTA、TRDが用意されており、フロントスポイラー、サイドスポイラー、リアスポイラー、スポーツマフラー、リアディフューザー、トランクスポイラーがそれぞれ異なるタイプで用意されています。

エアロカスタマイズすることで、スポーティーで高級感が増すため、オプション人気も高いです。

高級感を引き立たせるオプションにアルミホイールがあります。

19インチから21インチのスポークタイプで、足元をスタイリッシュに仕上げます。

car10-04

引用:https://lexus.jp/models/ls/features/f_sport/

これらのオプションはリセールバリューでもメリットがあり、カスタマイズしてある車両は、買い替えの際の下取りでも高値が付くことが間違いないです。

また、近年、中古車買取市場の成長が著しく、高級ブランドのレクサスは中古市場でも人気が高く、オプションがカスタマイズされているLSは人気が高く、中古市場でも高額で流通しています。

LSは最高級モデルであり、他のモデルに比べると多機能で標準装備されているシステムパーツが多いため、内装オプションに比べて外装オプションを設定するオーナーさんが多いです。

スポンサーリンク

レクサスLSのオプションやナビ評判はどうか

car10-006

引用:https://lexus.jp/models/ls/gallery/

このレクサスLSは、排気量が大きいだけでなくゆったりとした本革シートが彼らを積み込み安心して運転することができます。

腰痛を持っている人でも長時間の運転で痛みが伴うわけではありません。

また、助手席に乗っていても外からの音が聞こえにくく静かな空間を演出することが可能です。

もし、このレクサスLSを購入する場合にはオプションやナビ評判等を理解しておくと安心して購入することができるはずです。

オプションの中でも注目されているのは、ドライブレコーダーになります。

近年は、様々なところにカメラが付いていますが、防犯のためそして何かトラブルがあった時の証拠のためにより性能の良いものを取り付けたいところです。

それに加えて、リモートスタートもあり販売店で購入することが可能です。

やはり防犯対策も充実させておいた方がよいと考える人が多いため、このような商品が発売されました。

それ以外でも、純正のホイールから別のホイールに取り換えるような人もいます。

タイヤがわりと大きなサイズですので、料金も30万円ぐらいかかることも少なくありませんが、足元を変化させることで自動車のイメが大きく変わっていくのがポイントです。

img_01
引用:https://lexus.jp/models/ls/features/navigation_system/

カーナビゲーションの評判についてはどのようになっているかといえば、メーカーから発売されているものは走行している時にテレビを見ることができないタイプです。

ですが、オプションをつけることによりテレビを見ることができるきっとが存在しています。

テレビ好きの人にとっては、非常にありがたい商品の一つになるでしょう。純正のものでも、しっかりと行き先にアクセスしてくれるため利用していても不安な感じはないはずです。

スポンサーリンク

レクサスLSの純正オプションとして提供されているパーツ

car10-07

引用:https://lexus.jp/models/ls/gallery/

レクサスLSは、排気量の大きなV型の8気筒エンジンや出力の高いハイブリッドシステム、ツインターボエンジンを搭載して優れた燃費が低い性能と大幅にゆとりがある走行性能を誇っています。

おもてなしをされているような優れた乗り心地の良さや流麗でダイナミックなステイタスを感じさせるスタイリングなどによって世界中で支持されているプレステージセダンと競い合う存在として、たくさんの人たちから支持されている人気が高いモデルとなっているのです。

car10-08

引用:https://lexus.jp/models/ls/gallery/

ちなみにレクサスLS40系にはエクステリアや軽くて捻っても変形しない鍛造アルミホイールをより一層個性的で大胆に演出してくれるエアロパーツがたくさん販売されていました。

他にも足回りを固めるパーツやボディ、操舵性を高めてくれるサスペンションキットなど数多くの純正オプションが取り揃えられていたのです。

そしてレクサスLS50系には空力特性を高めて、より一層大胆なスタイリングを実現させるエアロパーツや口径が大きな21インチの鍛造アルミホイールだけではなく、後部座席の快適さが高まるフットレストなど数多くの純正オプションが取り揃えられています。

メーカーオプションを後付けすることは出来ませんが、原則として販売店が提供するオプションのときには後付けすることが可能です。

とは言っても、今現在現行している車種ではないので販売をすでに終了してしまっている商品も存在するため取り付けについてはディーラーや整備工場に問い合わせる必要があります。

キャッチ画像引用:https://https://lexus.jp/

この記事を書いた人

マーサ
神奈川在住・定年を過ぎ時間をもて余しています。たまのドライブには湘南・箱根エリアを乗りまわしています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1